水っぽい精液は危険?原因と改善方法を解説

公開日:2018/12/23
更新日:2019/07/14

水っぽい精液が出る原因

最近精液が水っぽい、色が薄い・・
そんな事を感じた事はありませんか?
精液は体の健康状態を映しだす鏡でもあります。
水っぽい薄い精液が出る原因をお伝えします!

  • 監修者 SUPERVISER
    かわい先生(医師)

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    HIROKI

自分の精液をじっくりと観察したことはありますか?

射精直後の精子は通常は半固形のドロドロした白い液体で、射精されてから10分ほどすると液化されます。

ただし人によっては薄く水っぽい精液がいきなり出てくる事もあります。水っぽい薄い精液は精子の質(運動率や形)が低い可能性が高く、男性不妊のサインと言われる事もあります。

もちろん体の状態によって一時的な症状で深刻な問題ではない場合もありますが、継続的に水っぽい精液が出る場合はしっかりと原因を知り、対策を取ることが重要です。

今回は精液が水っぽくなる原因と対策について解説します。

 

精液が水っぽくなる4つの原因

精液が薄くなる症状にはいくつかの原因が考えられますが、改善のできる場合もあるので、早めの対策を検討しましょう。

 

1.精子の濃度の低下

精子が不足している

男性不妊の約90%は精子が原因とされています。

精子の質には4つの要素があり、どれか1つでも欠けてしまうと不妊症のリスクが高まります。

良い精子の4つの条件

  1. 精子の濃度
  2. 形とサイズ
  3. 運動率
  4. 精液量

水っぽい精液が出てくる原因のひとつとして、精液中の精子濃度が低下している可能性があります。

膣内に射精された精子のうち、子宮までたどり着けるのはたったの1%です。卵子まで到達できる精子はさらに少なくなります。そのため、精子濃度が低く精子の数が少ない場合、子宮までたどり着ける精子の数が非常に小さくなり、受精できない事態に陥ります。

男性不妊の改善において、精子濃度を向上させることは、非常に重要なポイントなのです。
ちなみに、自然妊娠が可能とされている精子の数の基準値は1,500万/mlと言われています[1]

精子濃度の低下は普段の食生活や体の健康状態など、複数の原因が考えられます。いくつか主要な原因を紹介します。

  • 栄養分の不足:男性機能を維持するにはエネルギーとなる栄養が必要です
  • ホルモンバランス異常:男性ホルモン量が少ないと健康的な精子を作る事は出来ません
  • 性感染症:生殖器における炎症は精子の量の低下リスクがあります
  • 腫瘍:睾丸内の腫瘍は精子の生成に悪影響を及ぼします。
  • 逆行性射精:まれに手術の副作用として精液が膀胱に逆流してしまうケースがあります[2]

もし自分の精子の状態に少しでも不安があるのであれば精子検査をしてみる事をおすすめします。本格的なものからスマホ1台ですぐに調査出来るキットもあります。

自宅で出来るおすすめの2つの精子検査キットを紹介します。

TENGAヘルスケアから発売されているMEN`S LOUPE

created by Rinker
TENGAヘルスケア(テンガヘルスケア)
¥1,085 (2019/07/18 01:06:40時点 Amazon調べ-詳細)
  • 何よりコスパが良い約1,300円で4回も検査出来る
  • 自分の精子が見てみたい!という人におすすめ

 

GOOD DESIGN賞を受賞しているSEEM

リクルート 精子セルフチェック Seem(シーム)キット(iPhone専用)リクルート RECRUIT

created by Rinker
¥4,979 (2019/07/17 12:32:31時点 楽天市場調べ-詳細)
  • 大手のリクルートが開発販売する安心の商品
  • スマホの動画解析で瞬時に精子の状態を分析

 

2.射精の頻度が高すぎる

オナニー

射精の頻度が多すぎる場合も精液を薄くしてしまう原因の一つです。

よくあるのがオナニーの頻度が高い事です。精液を満タンにするには健康的な男性でも約2日程度かかると言われています。

実際に一日の間にオナニーや性行為を複数回行うと2回目以降は量が少なく、水っぽい精液になってしまうのを経験したことがある方も多いのではないでしょうか。

自慰行為は体に様々な影響を与えるため、自分に最適な射精の頻度を見つけることは意外と重要です。

オナニーはさまざまなメリットがあることがわかっていますが、やりすぎは禁物です。

 

3.亜鉛の不足

亜鉛

亜鉛はミネラルの一種で男性には必要不可欠な成分です。

亜鉛が不足すると男性機能の低下、ED鬱状態食欲不振のリスクになります。薄い精液の主な原因も亜鉛不足である場合があります。

亜鉛摂取のメリット

  • 質の良い精子の生成:亜鉛は精子の数の増加や正常な形の強い精子を生成[3]
  • 精力の向上:亜鉛は勃起障害の改善にも効果的[4]
  • 疲労の回復:亜鉛は免疫機能や自己治癒力を高める[5]

亜鉛は体内に一定以上をため込むことが出来ないため、定期的に最適領を摂取する必要があります。厚生労働省によると成人男性の場合は一日当たり約11mgが最適な摂取量とされています[6]

過剰摂取には副作用があるため、サプリなどで摂取する場合も用量用法を守って利用するようにしましょう。

 

4.早漏は精液量に影響

早漏

男性の性の悩みの一つとして早漏があります。実は性行為やオナニーを開始してからあまり時間が経過していない状態で射精をする場合は精液の量は少なくなりがちです。

早漏にも様々な原因がありますが、自慰行為ですぐに出すことに体が慣れてしまうと早漏になる場合も多いと割れています。

最近ではテンガが開発した早漏改善オナホールも発売されているので試してみてはいかがでしょうか。

 

精液の色は重要なのか

精液の色

精液は健康状態により若干色が変わる場合があります。

昔と比べて色が変わったなと感じた場合はしっかりと対策や治療を行いましょう。

精液の色ごとに考えられる症状を紹介します。

  • 透明:精子の数が少なく、生殖機能の低い場合が多い
  • 赤っぽい:前立腺やその他血管内の炎症や流血の可能性があるため、医師への相談がおすすめ
  • 黄色っぽい:尿道の炎症や前立腺の肥大、尿が混じっている可能性があるので医師への相談がおすすめ

 

水っぽい精子の最適な対策は?

女性医師のコメント

精液が水っぽくなってしまう原因はいくつか考えられますが、いずれの原因でも性機能が低下している可能性が高いです。

性機能を向上させるためのキーワードはテストステロンです。

テストステロンは男性ホルモンの1つで、性機能と密接な関わりのある成分です。例えば、思春期に異性に対する興味や性欲が発生するのはこのテストステロンの影響だと言われています。

水っぽい精液を改善するためには、このテストステロンの分泌量を増やしましょう。健康的な精子を増やす効果もあるため、一石二鳥です。

 

定期的な運動や筋トレ

筋トレ

テストステロンを増やすためには筋トレは欠かせません。

テストステロンのレセプターは肩や太ももの周りに多く存在しているため、そこの筋肉を鍛えることが効果的と言えるでしょう。すぐにできる運動ではスクワットがおすすめです。

太ももの筋肉を鍛え、テストステロンの分泌を増やすだけでなく、PC筋と呼ばれる勃起に関連する筋肉も鍛えることができるため、勃起力の向上、早漏改善などの効果も期待できます。

また、心肺機能や血液循環を鍛えるジョギングやウォーキングもEDの改善に効果的です。

 

タバコとお酒は危険

タバコを吸う男性

ちょっと一服、この動作も精子の質に影響を与えています。

喫煙者と非喫煙者の精液の質(精液量・精子濃度・運動率・精子の奇形率)を比較したアメリカの研究によると、喫煙者は全ての項目において、非喫煙者よりも悪い値が出ました。喫煙者の方が圧倒的に精液の質が低かったということです[7]

さらに、喫煙はDNAレベルの損傷が発生するということも報告されておりますので、たとえ数値化できるパラメータが正常値でも将来的に問題が出てくる可能性は十分に考えられます[8]。また、精子の質以外でも、タバコは性機能に悪影響を及ぼします。喫煙者は非喫煙者に比べてEDの発症率が高いとされています。

タバコほどではありませんが、アルコールも精液の質を低下させることがわかっています。

アルコールの摂取は性機能に関連するホルモンに悪影響を与えます。イタリアで行われた研究では、アルコールを毎日摂取する人と、時々もしくはほとんど飲まない人では、毎日飲む人の方が精液の質が低かったと報告しています[9]

またお酒はEDの原因にもなるので注意しましょう。

 

睡眠でストレスをコントロール

しっかりとした睡眠をとる

テストステロンは1日を通して、安定して生成されているわけではありません。

実は副交感神経が活発になる睡眠中に多く分泌されています。そのため睡眠時間が減少するとテストステロンが十分に作られなくなり、性欲の低下、性機能の減退が発生するのです。どんなに忙しくても6時間程度は睡眠時間を確保するようにしましょう。

また、ストレスもテストステロンに悪影響をもたらします。

ストレスを感じたときに生成されるコルチゾールと呼ばれるホルモンはテストステロンの生成と同じプロセスで生成されます。そのため、コルチゾールが作られている間はテストステロンが効率的に生成されなくなるのです。

精液の質を保つためにもしっかりと睡眠を取り、適度にストレス発散をしたいですね。

 

食生活の改善

食生活の改善

栄養のバランスがしっかりしている食事を取ることも精液の質を保つためには非常に重要です。

健康的な精子を増やすには亜鉛等のミネラル分の摂取が重要です。亜鉛は牡蠣やレバーなどの豊富に含まれています。また勃起機能の改善にはアルギニンシトルリンと呼ばれる血流を促進する効果のある成分の摂取が効果的です。

筋トレをした後にタンパク質を摂取するのと同様に、しっかりと有効成分が摂取出来ていないと性機能や精子の質も低下してしまいます。

 

サプリメントで効率的に

サプリメント

精液を健康に保つためにも、栄養素の摂取は非常に重要ですが、忙しいと食事だけで全てを賄うことは難しいでしょう。

そんな時はサプリメントを活用するのも1つの方法です。錠剤タイプであれば、かさばらず手軽に飲めるため、忙しい人にもぴったりです。

コンビニやドラッグストアで販売されているサプリも良いですが、性機能改善に特化したメンズサプリの方が効率的です。

さらに、必要な栄養素が全て入っているので、食生活を大きく変更する必要もありません。医薬品ではないので副作用の心配が少ないところもおすすめの理由の一つです。

 

水っぽい精子は性機能低下のサイン

おびえている男性

男性不妊や勃起障害(ED)、性欲減退など男性には相談しづらい性の悩みが年齢と共に増えていきます。

このような悩み改善には手術や医薬品といった選択肢もありますが、日ごろの生活習慣が原因の場合が多い性の悩みを一時的に薬の力で治しても、同じ生活を送り続けている限り、同様の症状が発生します。

中高年でも若いころと同様の性機能を維持している方の多くは、日ごろから運動をして必要な栄養素をしっかりと摂取しいます。

精力が強いアスリートやアダルト業界のセクシー男優には2つの共通点があります。

  • 健康的な肉体を維持している
  • 性機能を高める栄養へのこだわり

心も体も健康な状態を維持して、中から性の悩みを解決していきましょう。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERHIROKI

    STERON編集部
    メディカルハーブコーディネーター資格保有者
    漢方や天然の食材の効果、効能に関する専門家として天然由来成分の男性機能への影響を日々調査、研究している。STERON記者として自然療法の知識を活用したメンズヘルスケア関連の記事を執筆、監修している。アメリカに留学した経験があり、海外のヘルスケアにも精通。

  • 監修 SUPERVISIONかわい先生(医師)

    内科医/産婦人科医/薬剤師
    薬学部で薬に関しての専門的知識を勉強し、薬剤師免許を取得。
    不妊に悩む患者さんをより多く助けたいと考えて、医学部受験を決意。
    愛知県内の大学病院で薬剤師として勤務する傍ら、医師免許を取得。
    「医学」と「薬学」の専門家として、不妊と性に悩む患者を救う産婦人科医として活躍中。

FOR YOUあなたにおすすめの記事