精力と勃起力を高めるスポーツ8つ!これから運動を始める男性へ

2019.02.25

勃起力と精力改善に効果的なスポーツ8つ

歳をとると病気にかかりやすくなったり、ちょっとしたことでケガをしてしまうなんてことがあるのでは?

体の中と外から徐々に弱くなっていると感じることも多いのではないでしょうか。

中でも特に衰えを感じるのが性欲や勃起力といった性機能。男性の尊厳と威厳のためにも、できることなら、逞しく保ちたいですよね。

世の中には、いくつになっても精力が強く、活力に溢れている男性がいます。そんな年をとっても精力の強い元気な男性の共通点は心も体も健康なこと。

それには身体のトータルケアが必要なのです。

そこで今回は、そんな身体のトータルケアの中でも筋肉量や運動能力に直結するスポーツと精力や勃起力の関係性をお話しします!

 

スポーツをするメリット4つ

もちろん一時的に勃起力を高めるED治療薬や、性欲や精子の質など精力全般を高めることを目的とした精力剤やメンズサプリなども販売されています。しかし重要なのは身体のトータルケア。

サプリメントだけに頼るのはおすすめではありません。

日頃から健康的な生活を送ることこそが精力改善には最も重要なのです。

特に、スポーツは性機能の改善にとても効果的。

まずは、昔のような精力を取り戻すためにスポーツをすべき理由を見ていきましょう.

 

男性ホルモンを増やす

テストステロン

性欲の減退や勃起力の低下といった性に関する悩みの多くは男性ホルモンの分泌量が影響しています。

精力の源ともいわれている男性ホルモンの一種であるテストステロンは思春期から多く分泌が始まり、30歳ごろになると分泌量が低下します。

30歳を過ぎてから精力が低下した、やる気がなくなった、歳をとって丸くなったと言われるのはこのテストステロン量の低下による部分が大きいのです。

このテストステロンを増やすために、運動が有効なのです。実際に、定期的な運動にはテストステロンの分泌量を増やす効果があります[1]

テストステロンには性欲の向上や健康的な精子を増やす妊活効果もあるので、不妊に悩む男性にも効果が期待できますよ。

 

血液循環機能を強化

血流改善

勃起力の低下(ED)には、肉体面の低下や、精神的な憂鬱感など様々な原因があります。

一番大きな原因は血液循環機能の低下です。

勃起とは性的な興奮を感じた時に、下半身にたくさんの血液を送り込むことで発生します。

つまり、血液をスムーズにペニスに届けられる必要があるのですが、普段から運動をせず、カロリーの高いものばかりを食べている肥満男性は、血管にも脂肪や悪玉コレステロールが蓄積されており、勃起力が低下するケースが非常に多いのです。

スポーツには勃起力低下の原因となる肥満の改善効果に合わせて、強い勃起に大切な健康的な血流を促進する効果もあるのです。

国際性機能学会(ISSM)は定期的な運動は性機能改善はもちろんのこと、ダイエット、男性ホルモンの分泌促進、メンタル面の改善効果まであると発表をしています[2]

 

ストレスの緩和

精神面も健康的な男性

実はストレスは性欲減退勃起力低下の隠れた大きな原因なのです。

海外の調査によると精神的な負担の大きな兵士や、戦争経験者は通常の男性の3倍もEDの割合が高い事が判明しました[3]

スポーツには肉体面の健康だけではなく、メンタルヘルスの改善にも効果的なのです。

スポーツをするとセロトニンと呼ばれる神経伝達物質を増やす効果があります。このセロトニンが減少すると、うつ病になりやすくなったり、すぐにイライラするといったネガティブな感情が発生しやすくなるのです[4]

定期的に運動をしている人は運動をしていない人よりもうつ病の発症率が44%も低いと言われています[5]

 

女性からモテる

健康的でモテる男性

なんだかんだスポーツをする一番の目的は女性からモテる事でしょう。体を鍛えればもちろん女性にウケる体形を作れます。

また健康的でテストステロンの分泌量が多い男性の体臭には女性に性的な興奮を与える効果もあることが判明しています[6]

休日ごろごろしている男性よりも、スポーツをしていてさわやかな男性の方が女性からモテるのは当然ですね。

 

勃起力や精力を高めるスポーツ8選

どのようなスポーツでも身体を動かすことは健康に良いことです。今回はその中でも勃起力や性欲の向上に効果的な運動を8つ紹介します。

 

ウォーキング

スーツを着て歩く男性

まずは一番難易度の低いウォーキングです。

歩くだけで本当に効果があるのか疑問を持つ方も多いでしょう。しかしウォーキングの本当の効果は筋力アップや運動神経の向上ではありません。

本当の目的は血液の循環機能と心肺機能の強化なのです。

ウォーキングは心臓と足という一番距離のある区間で血液を行き来させる運動。そのため他の運動よりも、血流の改善効果を期待出来るのです。

アメリカのヘルスケア機関の「WebMD」によると一日約2マイル(3.2キロ)は勃起力の改善に効果があると発表しています[7]

 

ジョギング

ジョギングをする男性

ウォーキングよりもさらにおすすめをしたいのがジョギングです。

ジョギングはもちろんウォーキングと同様に、勃起力改善に重要な健康的な血液循環機能を促進する効果があります。

また走るという行為は体を温めて、脂肪燃焼率を高める効果もあるのです。運動をして体温が1度上がるだけで、基礎代謝量が13%も上昇すると言われています[8]

どんなスポーツをするにしてもまず最初にジョギングを行うだけで、勃起力低下の原因である肥満を改善する効果を高めることができます。

しかしジョギングには注意点も存在します。走り過ぎは精力を低下させてしまう可能性があるのです。

月に130キロ以上のジョギングは体内のテストステロンの量の低下に影響をしていしまいます[9]

テストステロン量の低下は性欲減退や勃起力の低下の引き金になってしまいます。

おすすめは、朝の4キロ程度を毎日走ること。ジョギングによるテストステロンの向上と、朝日を浴びることで生成されるビタミンDのテストステロン分泌促進効果をダブルで受けることができますよ!

筆者が実際に試したことがあるランニングシューズをご紹介しますね。どちらも軽めで非常に走りやすいシューズです!

 

王道のNIKE:ズームシリーズ

NIKE AIR ZOOM SPEED RIVAL 6 (フォトブルー/ジムブルー/ウルフグレー/ブラック)

created by Rinker
  • 中長距離に特化した反発力のあるソール
  • 性能を高く、コスパが良い

 

最新テクノロジーのReebok:フレックスウィーブ

Reebok スピード TR フレックスウィーブ M メンズ

created by Rinker
  • 5km前後のランニング専用のシューズ
  • ファッション性の高さは注目ポイント

 

トレイルラン

トレイルランをする男性

ジョギングにアドベンチャー要素を付けたいのであれば、山を走るトレイルランがおすすめです。トレイルランとは一昔前は山岳レースと呼ばれており、山岳地帯で行うマラソンのような競技です。

山の斜面を走るため、通常のジョギングよりも心肺機能や血液循環機能を鍛える事が出来ます。

さらに体の中で一番大きい筋肉である大腿四頭筋を鍛えられるのがポイント。この大きな筋肉を鍛える事により、効果的にテストステロンの分泌量を増やすことができるのです。

また、大腿四頭筋は第2の心臓とも呼ばれており、鍛えることで血流を改善し、勃起力を高める効果も期待できます[10]

もちろん通常のランニングよりもアドベンチャー要素が高く、ケガをする確率も高くなるので、シューズやウェアはトレイル専用のギアを選ぶことが大切です。

実は、筆者はトレイルランニングもしています。いくつかのシューズを試しましたが、サロモンが一番のおすすめです!

 

トレイルラン強豪国フランスのブランド:サロモン

SALOMON SPEEDCROSS 4 GTX NOCTURNE 2 ブラック×ブラック×ブルー

created by Rinker
  • アルプスで誕生したマウンテンスポーツ専門ブランド
  • クイックレース技術採用でワンタッチで靴紐を調整

 

元プロアスリートが立ち上げた本格派ブランド:On

クラウドベンチャー WP【On Cloudventure Waterproof スポーツ ランニングシューズ ランシュー】

created by Rinker
  • トップアスリートも愛用するスイス発のOn
  • 足の疲労軽減に特化したクラウドテック技術

 

フットサル

フットサルを行う人たち

イギリスのニュースメディアの「Daily Mail Online」によるとサッカーをした後、男性のテストステロン値が30%も上昇する事が判明したそうです[11]

サッカーは有酸素運動のジョギングと無酸素運動の全力ダッシュをバランスよく混ぜだ競技です。そのため血液循環機能や心肺機能筋力がバランス良く鍛えられます。

とはいえ、土地の少ない日本ではサッカーをする場所の確保が難しいですね。おすすめは都心部でも比較的場所を確保し易いフットサルなどがお勧めです。

最近は個人フットサルなども活発に行われています。一見さんでも気軽に参加できる会場もあるので、探してみてくださいね。

 

水泳

水泳をする男性

水泳は実は陸上で行うスポーツよりも、ケガのリスクが低いスポーツです。さらに、水の抵抗を受けながら行うスポーツであるため、効果的にカロリーを消費できます。

水の中での運動は水圧により、陸上よりも負荷がかかるため筋力を鍛えて、テストステロンを増やす効果があります。また、浮力があるため、足を滑らせても転んでケガをするリスクもないでしょう。

さらに水圧で肺に負荷がかかるため、心肺機能も鍛える事が出来ます。

精力低下の大敵である肥満体形の改善にはもってこいのスポーツです。体重が気になるのであれば、まずはケガなくカロリーを消費できる水泳を試してみるのはいかがでしょうか?

 

歳をとって始められる柔術

ブラジリアン柔術

最近ブームが気始めているのが格闘技です。PRIDEが無くなってから格闘技ブームは低迷していましたが、最近はRIZIN(ライジン)も始まり、総合格闘技に興味を持ち始めている男性も多いのではないでしょうか。

素人に格闘技なんて出来るわけないだろ!」と思うに方におすすめなのが柔術(ブラジリアン柔術)です。グレイシー一族は柔術マスターとして総合格闘技の舞台でも活躍をしていましたね。

柔術とは打撃なしの格闘技で、レスリングに関節技を混ぜたスポーツです。そのため打撃によるケガが不安、若くないけど格闘技を体験したいという男性の間で、健康目的として人気になり始めている競技です。

格闘技なので、筋力アップによる性機能改善はもちろんの事、勃起不全の大敵であるストレスを発散させる効果もあります。なにより格闘技をやっている男性がモテるのは容易に想像が出来ますね。

 

男性でもヨガ

ヨガ

ここまで比較的体を鍛えるスポーツを紹介してきました。

続いて紹介するのは激しい動きの少ないヨガです。

単なるストレッチのイメージが強いヨガですが、実はヨガの神髄は呼吸法にあります。

適切な呼吸法にヨガのポーズを合わせる事により、血流の改善やストレスの緩和を促す効果があるのです。

高いリラックス効果で体の内部から、勃起力低下の原因でもあるストレスを緩和させるのはおすすめです。

 

もちろんスポーツジム

スポーツジムに通う人たち

スポーツばかりを紹介してきましたが、もちろんスポーツジムに通う事も精力の改善には非常に効果的です。

ランニングマシーン心肺機能や血液循環機能を強化すれば、勃起力の改善も期待出来ますし、筋力をつけてテストステロンを増やせば性欲アップや健康的な精子を増やす事も可能です。

なによりも駅近のジムは会社の帰りにもサクッと寄る事が出来ます。

運動はもちろん精力向上に効果的です。しかし大切なのは定期的にしっかりと通う事なのです。たまにハードなトレーニングを少ししただけでは、劇的な性機能改善は見込めないでしょう。

もし家の近くにジムがあるのであれば、まずはジムに通い始める事をおすすめします。

 

運動不足はEDの原因

健康的な男性と肥満男性

運動不足による肥満ストレスの蓄積、男性ホルモンの低下性欲の減退や勃起力の低下を招く大きな原因です。

バイアグラなどの医薬品はあくまで一時的な勃起状態を作る効果しかありません。また、医薬品なので当然ですが副作用の危険性もあります。

本当の意味で若いころのような強い精力を取り戻したいのであれば、定期的に運動やスポーツをする事が一番の近道です。

運動をしてしっかりと栄養を取っって、質の良い睡眠を意識する。この3つに勝るものはありません。

また、天然成分のサプリメント(精力剤)などはしっかりと運動をする事により、さらに高い効果を得る事が出来ます。

運動にプラスアルファで性機能改善を目的としたメンズサプリを利用するようにしましょう。また、サプリを選ぶ際はしっかりと信頼の出来る商品を選ぶようにしましょう。

最後に勃起力の改善を目的としたおすすめのメンズサプリを3つ紹介します。

 

その1:リピート率トップのレッドドラゴン

おすすめの精力剤「レッドドラゴン」

  • アルギニン、ランペップ、亜鉛、マカ、バイオペリンなどを推奨量ピッタリ配合したメンズサプリ
  • 勃起力改善と性欲アップの両方を目的とした成分配合

 

その2:現役医師が開発監修のぺプチア

ペプチアのテーマ

  • メンズヘルス業界の現役医師の小林先生が開発監修
  • 本格的な精力サプリなのにお手頃な価格でコスパ良し

 

その3:指定医薬部外品のプロキオン

プロキオンのテーマ

  • 厚生労働省から指定医薬部外品の承認を受けてた高い信頼性
  • 現役最高齢セクシー男優が愛用している話題のサプリ

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

FOR YOUあなたにおすすめの記事