チントレは効果がないうえに危険?やめた方が良い5つの理由

公開日:2019/01/10
更新日:2019/07/05

NG

EDの改善やペニスのサイズ増大を目的に行われるチントレ。
実はメリットよりもデメリットが多いと言われています。
チントレと危険性、おすすめの精力改善方法を紹介します。

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    HIROKI

男性であればチントレという言葉を聞いた事がある方は多いのではないでしょうか?

チントレは道具なしで自宅で直ぐに出来る方法から、専用のアイテムを使って行う方法など様々な種類があります。

いきなり結論になってしまいますが、世の中で噂されているチントレの多くは医学的な根拠が少なく、危険性が高いです。

今回は効果的と噂をされているチントレとその効果、危険性について解説を致します。

 

チントレとは

精力改善

まずチントレとは何かを簡単に説明いたします。

基本的にチントレとは明確な定義はありません。

主に次の3つを目的に行うエクササイズやトレーニングというのが一般的なチントレに対する理解です。

チントレの主な目的

  • ED改善:勃起力の減退や中折れを改善を目的とした勃起力アップ
  • サイズ増大:ペニスのサイズをより大きく、もしくは昔のようなサイズを取り戻す
  • その他:早漏や遅漏などの性行為の持続時間に関するもの

男性であれば誰もが一度は悩んだ事があるのではないでしょうか。

 

主な方法と効果

まずは効果があるとされている主なチントレとその効果を紹介します。

ジェルキング

ジェルキング

ジェルキングと呼ばれるチントレは器具を使わずに手で行うエクササイズです。

マスターベーションと同じようにペニスを手で握り、上下をさせる事により、ペニス周辺の血液循環の機能を改善する事が目的です。

ジェルキングの方法

  1. 指で輪っかを作りペニスを握る
  2. 上下にゆっくりと動かす
  3. 数十秒~数分間継続する

 

ポンプ

ポンプ

日本ではあまり馴染みのない器具の一つとして、ペニスの吸引ポンプがあります。

ペニスをポンプ内に挿入して、空気を抜くことにより、ペニスのサイズを増大させる事が目的の器具です。

▼増大ポンプの本当の効果についてはこちら

ペニス増大ポンプに効果はあるのか?専門家が語る5つの事実

 

クランピング(リング)

コックリング

クランピングも日本では認知度の低い器具です。

ゴム製の輪っか(コックリング)を使用します。メカニズムとしては勃起したペニスにリングをはめる事により、ペニス内に溜まった血液が抜けるのを防ぐ仕組みです。

勃起状態を半ば強制的に維持することが目的です。

 

エクステンダー

エクステンダー

エクステンダーはかなり本格的な器具です。

ペニスの矯正器具で、数カ月間ペニスを固定して、少しづつ矯正器具のサイズを伸ばしていくことにより、サイズ増大効果を得る事が目的です。

専門機関による実験では3カ月間のエクステンダー装着で、平均して1.5cmほどサイズが増大した結果が出ました[1]

 

クリーム

クリーム

こちらは日本でも良く目にする商品です。

主に増大クリームやローションと言われており、ペニスに直接塗る事により、サイズアップを図る商品です。主成分としてはシトルリンアルギニンなどの血液循環を促進する効果が高い成分が配合されています。

血流の改善は勃起力アップに効果的なので、実際にはペニスの増大というよりは勃起力を高める事がねらいのようです。

▼増大クリームについての詳細はこちら

ペニス増大クリームは本当に効果がある?代表的な6商品

 

チントレをおすすめしない5つの理由

効果があると言われているチントレ5種類を紹介しました。

もちろんペニスのサイズアップやEDの改善効果を実感した男性がいるのも事実です。

しかし注意をして頂きたいのは効果以上に、危険性が高いというところです。STERONがチントレを積極的におすすめできない理由を解説します。

 

医学的な根拠が少ない

チントレをおすすめ出来ない一番大きな理由として、有効性を証明する医学的な根拠が少ない事です。

ペニスは基本的には思春期の終わりと共に、成長が止まるとされている部位です。それを無視して大きくする事に関しては医学的にもあまり見込みがないです。

 

ペニス周辺の組織を痛める

特に器具を使ったチントレで一番後悔をしている男性が多いのが、過度なチントレによるペニスへのダメージや後遺症です。

ペニス周辺の血管や組織は体の中でも最も繊細な部分です。特に吸引ポンプやエクステンダーなどはペニスが内出血をしてしまったり、流血をしてしまったりと深刻な症状に悩む男性が多いです。

 

不妊のリスク

器具を使わなければ安心というわけでもありません。

例えば手で行うジェルキングというチントレは過剰に行ってしまうと、男性不妊の原因を引き起こしていしまいます。ジェルキングを行う際に、睾丸を圧迫してしまう事により、精子の質や数が低下してしまうリスクがあります。

 

誇張表現が多い

ペニスに塗るクリームなどで多いのが広告や口コミなどにおける誇張表現です。

他の器具なのもそうですが、クリームなどは特に価格が高いため、その分あり得ないほどの効果を前面に押し出している事が多々あります。

 

EDの原因になる

せっかく勃起力向上やサイズアップのために、チントレをしても逆効果になってしまうケースもあります。

過度なチントレでペニス周辺の組織や海綿体にダメージを与えてしまうと、勃起時に上手く血液が送り込まれず、勃起力の低下やEDの原因になってしまいます。

 

増大させるおすすめの方法

ポジティブな評価

自然療法をおすすめしているSTERONとしてはあまり無理なチントレには反対です。最後にSTERONが安全性と医学的根拠の2つに基づくおすすめの方法を紹介します。

 

筋トレで男性ホルモンを増やす

男性の勃起力や性欲を高めるにはテストステロンという男性ホルモンの分泌量を増やす必要があります。

男性ホルモンは筋肉量が多いほど、分泌量が増える成分です。もちろん腕立て伏せやダンベルなどで上半身を鍛える事も重要ですが、人間の体の中で、一番大きな筋肉は太ももの大腿四頭筋と言われています。またスクワットには勃起の持続力を高める効果もあると言われています。

精力が強い代名詞でもあるセクシー男優のしみけんさんも下半身のトレーニングを推奨しています[2]

▼精力を高めるための筋トレの詳細はこちら

精力を強くする筋トレ10選!20代の立ちとムラムラを

 

質の良い睡眠を取る

精力の源であるテストステロンが分泌されるのは睡眠時です。質の良い睡眠がとれていないと、テストステロンの分泌量が減少してしまいます。

また睡眠には心身の疲労を回復させる効果もあります。睡眠不足の男性はストレス等のネガティブな感情を抱きやすくなります。ストレスはれっきとしたEDの原因の一つです。

調査にによるとストレスやトラウマを抱えている男性は健康的な男性よりも3倍もEDになりやすいとされています[3]

 

精力を高める成分を取る

3つの中で最も重要なのが、精力向上に有効な成分を推奨量分しっかりと取る事です。もちろん日頃からの健康的な食生活は重要ですが、それだけでは必要量を摂取するのはほぼ不可能です。

おすすめは男性向けのサプリや精力剤です。勃起力を高めて、ED改善やサイズアップには体内の一酸化窒素の分泌を増やすアルギニンやシトルリンなどが有効とされています。

また性欲や精液の量を増やすには亜鉛等のミネラル分が効果的です。

男性機能改善を目的としたメンズサプリは近年様々な商品があるので、是非一度ためしてみてはいかがでしょうか。

【精力剤ランキング】専門家の選び方&おすすめサプリTOP10

 

チントレよりも日々の生活を見直そう!

精力アップ

精力の向上に一番重要なのは健康的な生活習慣です。チントレで無理やり勃起力を高めたり、バイアグラなどの医薬品で一時的に勃起状態を作り出しても、それは根本的な解決にはなりません。

日頃から健康的な生活を送り、しっかりと栄養を取る事により、年齢とは関係なく精力の強い若々しい体質を取り戻すことが出来ます。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERHIROKI

    STERON編集部
    メディカルハーブコーディネーター資格保有者
    漢方や天然の食材の効果、効能に関する専門家として天然由来成分の男性機能への影響を日々調査、研究している。STERON記者として自然療法の知識を活用したメンズヘルスケア関連の記事を執筆、監修している。アメリカに留学した経験があり、海外のヘルスケアにも精通。

FOR YOUあなたにおすすめの記事