動物だってオナニーがしたい!自慰行為をする動物18選

公開日:2022/04/20
更新日:2022/04/21

猿 オナニー

オナニーするのは人間だけだと思っていませんか?
それは大きな間違い。
実はオナニーしている動物はたくさんいるんです!
しかもオナニーの方法や理由は人間顔負けのものも。
今回はそんなオナニーをしている動物を18種紹介します。
これを知れば、動物園に行った時にマウントを取れること間違いなし!

  • 記者 WRITERステロンライター
    Leo

人間だけじゃなく動物もオナニーをしている

私たち人間は個々でさまざまな性癖を持ち、子供を作る目的以外でも性行為を楽しんでいますね。

セックスはもちろん、オナニーの方法も老若男女問わず人それぞれです。

では、人間以外の動物はどうでしょうか。

動物もセックス(交尾)をしますが、実は生殖だけが目的ではない動物も多数います。

オナニー(自慰行為)もしかり。

知らないだけで、オナニーをする動物は結構たくさんいるんですよ!

https://twitter.com/0Rt206/status/1514802590210408450

しかも、動物によってオナニーの方法も多種多様。

今回はオナニーをする動物にスポットを当て、18種類紹介していきます。

驚くべき動物界の性事情を覗いてみましょう。

 

学校では教えてくれない!オナニーをする動物18選

ではここから、オナニーをする動物を紹介していきます。

一体、動物たちはどんなオナニーをするのか楽しみですね。

もしかしたら新たなオナニー方法を取り入れるきっかけになるかもしれませんよ!

 

1.スジイルカ

イルカ スジイルカ

 

トップバッターは水族館の人気者、イルカです。

イルカの性欲の強さは有名で、オス同士でセックスの練習をするのだとか…!

https://twitter.com/sosokan/status/349537645292032001

しかし実はセックスの練習ではなく、同性愛やオナニーを楽しんでいる説もあるのです。

実際、1948年にカナダで発表された論文にも、イルカの同性愛・異性愛・自慰行為のそれぞれを確認したと記述されています。[1]

特にオナニーに関しては、個性的なオナニーを編み出したAV男優・し◯けんさんを凌駕するほどの工夫も。

なんと、イルカはうなぎを使ってのオナニーすることが確認されているんです。

アメリカのメディアMasyableによると、オスのイルカに布切れを与えたところペニスをこすりつけるように絡ませたそう。[2]

さらに、生きたうなぎをペニスに絡ませてオナニーした事実も紹介されています。

As seen in the video above, basically they find things to rub themselves on. That could be anything from the bit of fabric that this playful dolphin uses on its member to the bottlenose dolphin’s practice of wrapping “a live, wriggling eel” around its penis.(引用:Masyable

基本的にイルカは自分自身をこするものを見つけます。それは、遊び心のあるイルカがそのメンバーに使用している布地から、バンドウイルカがペニスの周りに「生きた、うごめくウナギ」を包む習慣まで、何でもかまいません。)

方法としては、うなぎをペニスに巻きつけながら海底にジグザグにこすりつけて『床オナ』するのだそうです。

うなぎがうごめく感じや、ヌルヌルが気持ちいいのでしょうか…!?

何でもオナニーの道具にしてしまうなんて、さすが好奇心旺盛なイルカらしいですね。

うなぎではありませんが、実際に水族館でイルカのオナニーを見たとツイートする方もいました。

https://twitter.com/haramawari_diet/status/1467492800669548546

「わぁ、イルカ可愛い〜」なんて近づいた途端に目の前でオナニーされたら…気まずい以外の何者でもありませんね。

そして、中にはもっと強烈なオナニーを楽しむイルカもいるようです。

可愛く賢い芸達者のイルカの中でも、特におしゃれな見た目をしているスジイルカ。

https://www.sankei.com/article/20201207-RX4SYOMWFVOL5EG4NUIICWGSUM/photo/MNA2G3ODFFNVZIXHNLOFPNUQGE/

白いボディーに青い帯模様がくっきりと入り、スマートな体つきが特徴です。

このスジイルカが、かなりヤバい奴。

Not to be outdone, male spotted dolphins masturbate by sticking their dicks in the sand and moving back and forth. Females also masturbate with sand — they just rub up against it.(引用:BuzzFeedNews

(負けじとオスのスジイルカは砂にアソコを突き刺して前後に動き自慰行為をします。メスも砂で自慰行為をします—彼らはただ性器をこすります。)

海底の砂にペニスを突き刺して前後に動く床オナなんて可愛いもの。

なんと、フグ毒を利用してキメセク&キメオナするのだそうです…!

https://twitter.com/_diethyl_ether/status/847675914045448192

画像のようにフグをつついたり噛んだりして微量のフグ毒(テトロドトキシン)を出させ、海水で薄めて含みトリップ状態に。

ハイになって遊びながらキメセク&キメオナをしちゃうんです。

https://www.youtube.com/watch?v=LvUAiY_Xqxo&t=76s

少しわかりづらいですが、海面付近のイルカが精子らしきものを噴出していますね。

キメセク・キメオナは人間がやったら犯罪行為。

しかしイルカの世界では当然取り締まられず、自由に性を楽しんでいます。

https://twitter.com/ALISON_airlines/status/1417034864528744449

人間界では成し得ない秘密の楽しみ…イルカが少し羨ましいですね。

”し◯けんさんを凌駕するオナニー”の意味がおわかりいただけたはず。

良い子の皆さんは、決して真似しないでくださいね!

 

2.ペンギン

ペンギン

続いては水族館のアイドル、ペンギンです。

ペンギンと言えばヨチヨチ・ペタペタと歩く姿が可愛らしく、セックスやオナニーとは無縁のキャラクター性を持っていますよね。

しかし意外にも、南極でショッキングな光景が目撃されたそうです。

ペンギンの性事情は遡ること110年前、1912年に英国スコット南極探検隊によって発見されました。[3]

探検隊員のひとりであるジョージ・マレー・レビック氏は、アデリーペンギンの観察を記録する中で同性愛行為・幼いペンギンに対する虐待、メスの死骸との交尾などを発見。

レビック氏はペンギンの異常ともとれる行動に非常に恐怖を感じたそう。

さらに記録の中には、ペンギンが氷の上を滑り生殖器を刺激していたと記されています。

たまたまそう見えただけじゃないの?って思いますよね。

しかし、実際に水族館でもペンギンがオナニーしている様子が目撃されているんです。

動画を見てみると、地面にピコピコと股間をこすりつけているのがわかります。

ちなみに、レビック氏が記した記録の中でペンギンの性行為に関しては当時あまりに衝撃的だったため、2012年になるまで隠蔽されていたのだとか…。

ペンギンの可愛いイメージを覆す発見でしたね。

 

3.コウモリ

コウモリ バット

続いてはコウモリ。

コウモリと言えば、集団で暗い洞窟の中で逆さまにぶら下がっている印象が強いですね。

見た目の奇妙さやホラーなイメージからあまり良い印象がなく、一般的に生態を詳しく知る人は少ないでしょう。

しかし生物学者の間では生態に関する研究がさかんに行なわれており、性行為に関するデータもいくつか発表されています。

2009年、科学メディア「Live Science」は、広東昆虫学研究所(中国広東省広州市)の科学者によってコウモリが交尾の際にフェラをする姿が発見されたと報じました。[4]

観察で記録した20回の交尾のうち、14回はメスがオスのペニスを舐めていたそうです。

また、反対にオスがメスの性器を舐める、いわゆるクンニも行なわれていたのだとか。

研究者の見解によると、コウモリの習性である集団行動において、仲間意識を高めるための社会的グルーミング行為(毛づくろい)が関係していると考えられています。

さらに、より繁殖の成功率を上げるためにオーラルセックスを採用しているといった見解も。

コウモリにとってオーラルセックスには以下のメリットがあるようです。

  • フェラ…射精に導きやすくする
  • クンニ…排卵やホルモンの分泌を促す(妊娠しやすくする)
  • 少しでも長引かせて他のコウモリとの交尾を阻止する
  • オス・メス間で絆を深める

ちなみに同研究では、メスがオスのペニスを1秒フェラするごとに交尾の時間が6秒延びたと判明しています。

とはいえ、グルーミングや繁殖の成功率アップだけで説明しきれないのがコウモリの自慰行為

なんとオスのコウモリが自分のペニスを自分で舐める「セルフフェラ」も目撃されているんです…!

https://www.youtube.com/watch?v=4AixnHM0-0Q

また別の動画では、交尾中にメスの相手をしつつセルフフェラで射精しているオスも。

こちらはコウモリのフェラシーンが撮影された貴重な映像。

射精のようなものの見られるので、ぜひ見てみて下さい。

交尾中にセルフフェラで射精してしまっては、もう単なるオナニーの見せつけになってしまいますね(笑)

もしかしたらオーラルセックスが気持ち良すぎると気づき、セルフフェラするようになったのかもしれません。

 

4.オランウータン

オランウータン

続いては、森の人・オランウータン。

人間に近い知性を持つチンパンジーに次いで、頭が良い動物です。

オナニーと言うとオスのイメージが強いですが、オランウータンの場合はメスのオナニーが半端ない…!

まず、オスメスともに木の枝や葉をうまく使ってオナニーをします[16]

メスの場合は性器をこすりつけるだけでなく、なんと木の棒などをディルド代わりにオナニーしちゃうんです!

https://twitter.com/naka773/status/894225417313202176

さらに、オスの目の前でオナニーをしてセックスに誘うのだとか…!

It is not unheard of for a female orangutan to initiate sex with a male by creepin’ up on him and masturbating near him.(引用:BuzzFeedNews

(メスのオランウータンがオスに忍び寄って近くで自慰行為をし、オスとセックスを始める行動はよくあります。)

ある獣医はメスのオランウータンに手を掴まれ、性器を触るようせがまれたと語っています。

「僕が担当していたメスのオランウータンは、発情期になると僕に“せがむ”んです。つまり、僕の指を自分の陰部に持っていって触らせようとするのです!」と衝撃発言。(引用:TOCANA

人間の女性より積極的ですね!

オランウータンは動物であるぶん羞恥心がないだけで、人間の女性も心の内には同じ性欲を秘めているかもしれません。

恥ずかしがらずに欲望をさらけ出せるオランウータンが少し羨ましく思えますね。

 

5.アジアゾウ

ゾウ アジアゾウ

続いては絶滅危惧種、アジアゾウ。

日本では大きな動物園であれば見られるゾウです。

ゾウと言えば最大の特徴は長い鼻。

さて、ゾウのオナニーともなると、なんとなく想像がつきませんか?

そう。長い鼻を使ってオナニーするんです。

https://twitter.com/hugs05866336/status/1255741088976928768

ペニスを鼻でこするだけでなく、鼻をオナホ代わりにしている可能性もあります。

https://twitter.com/hi_im_ikatan/status/443784498858053632

器用に動く鼻は吸引もできるので、最強のオナホかも…!?

また、岩にペニスをこすりつけてオナニーしている様子も映像で残されています。

そして、ゾウが自由に動かせるのは長い鼻だけではありません。

実はペニスも動かせるのです。

というのも、ゾウのペニスは1〜1.5mと非常に長くS字に湾曲しているため、交尾の際メスの膣に挿入しやすいようペニス付け根の筋肉が発達しています。

https://scienceblogs.com/tetrapodzoology/2008/06/25/to-masturbate-an-elephant

自らペニスを動かして挿入できるベストポジションに持っていくんですね。

交尾だけで終わらないのがゾウのすごいところ。

よく動くペニスの特徴を活かしたオナニーが、腹部にペニスをペシペシと打ち付けて刺激する方法です。

このように、ゾウは自分の身体の特徴をフル活用してオナニーをしています。

余談ですが、飼育員がゾウの精子を採取する際は手でペニスを刺激しても射精しないため、直腸に腕を突っ込んで前立腺を直接ガシガシと刺激するそうですよ。[5]

ちなみにメスのクリトリスは40cm以上に達する場合もあるのだとか。

メスもオナニーしたら物凄い快感を得られそうですね!

 

6.トカゲ

トカゲ

続いてはトカゲ。

トカゲ科の中では、特に縄張り意識が強いウミイグアナのオナニーが確認されています。

人間以外の動物は比較的強いオスがオナニーする傾向にある中、ウミイグアナの場合は弱いオスがオナニーをするようです。

理由は交尾にかかる時間にあります。

ウミイグアナは交尾の際、射精まで3分ほどかかるそう。

弱いオスは交尾中に強いオスに襲われてしまうため、交尾前にオナニーをしてすぐ射精できるよう準備しておきます。

即イキできる段階までペニスを舐めたり石にこすりつけたりして刺激し、メスに飛び乗ったらすぐにペニスを突き刺して射精するのです。[6]

弱いオスが生殖するために編み出した戦略とも言える方法ですが、オナニーしてから交尾すると受精率が41%も上昇したと判明しています。[7]

さらに、ウミイグアナ以外に飼育下のトカゲでもオナニーを見たというツイートが…。

https://twitter.com/rasukaru_108/status/611517775173939200

排泄(おしっこ)の可能性も否めませんが、もしオナニーだとしたら早くお嫁さんを見つけてあげてほしいですね。

 

7.ウマ

馬

続いてはウマ。

ウマと言えば『馬並み』など巨根を指し示す言葉があるため、ペニスが大きいイメージですね。

ウマもまたゾウと同様、長いペニスを動かせます。

https://www.buzzfeednews.com/article/alexkasprak/the-ol-bounce-and-press

オナニー方法もゾウと同じく、下腹にペニスをペシペシと打ち付けて刺激するんです[13]

人間がウマやゾウのように手放しオナニーができれば、空いた手で他もいじれるうえに、いつでもどこでもバレずにオナニーできちゃいそう。

一方、メスのウマは支柱や木などあらゆる物に性器をこすりつけてオナニーするようです。

While males like to slide their penises against their underbellies, females are known to rub up against posts or other objects — and they have even been observed secreting a type of female ejaculate mucus.(引用:LIVESCIENCE

(オスはペニスを下腹に滑り込ませるのが好きですが、メスは支柱やその他の物体にこすりつけられることが知られており、ある種の女性の射精粘液を分泌する様子さえ観察されています。)

射精粘液、つまりは潮吹きするという意味でしょう。

オナニーで潮吹きしちゃうなんて、メスのウマは相当エロいようですね…!

また、オスも跨がれる物体に対してペニスをこすりつけ、オナニーしているところが目撃されています。

https://twitter.com/DXM_dog/status/1285543343959633920

実はこの習性を利用し、ウマの精子を採取する際にはメスウマの模型を用いる場合が多いようです。

https://www.youtube.com/shorts/tpR4zN7d1aw

まるで公開ラブドールオナニーですね…!

ちなみにウマは1回に平均5Lもの量を射精するそう。

牡馬の一回の射精量は平均約5L。バケツ半分ほどの量を一度に射精します。これが平均的な量でそれより多い馬もいれば少ない馬もいます。(引用:競馬情報

上の動画のお姉さんは精子を受け止める容器を持っていますが、果たしてこぼさず採取できるのでしょうか…。

 

8.ネコ

猫

続いてはネコ。

近年の猫ブームにより、ネコを飼う人は年々増加しています。

特にオスネコを飼っている人は、一度はネコのオナニーを見た経験があるはずです。

ネコのオナニー方法は、『ふみふみ』。

毛布やクッション、ぬいぐるみなど柔らかい物を前脚で交互に揉む、あの”ふみふみ”です。

https://twitter.com/chobichannel816/status/1514450870863556610

ネコがふみふみするのは、子猫の頃の名残と言われています。

母猫のおっぱいの出をよくするためにモミモミする行動が、成猫になっても甘える時に出てしまうのです。

子猫は、母乳を飲むときにお母さんのおっぱいを前足で押すことで、母乳が出やすくなるようにしています。

これが、ふみふみをする本来の目的です。

なので、多くの場合は離乳して成長するにつれてこの仕草はみられなくなり、子猫も母猫から自立していきます。

でもおうちで飼われている猫ちゃんは、飼い主さんというお母さんのような存在がずっとそばにいてくれます。

そのため、子猫の気分がいつまでも抜けずに、ふみふみをすることがあると考えられています。

成猫が飼い主さんに対してふみふみをするのは、飼い主さんを信頼して、慕って、甘えている証拠です!

また、クッションやぬいぐるみに対してふみふみをするのも、安心しているときやご機嫌なときであると考えられます。(引用:アイペット損害保険株式会社

しかし実は、ネコがふみふみする目的は甘えるためだけではありません。

ふみふみ中のオスネコをよく観察すると、股間を毛布などにカクカクと押し付けているのがわかります。

さらに毛布などを噛んでいる場合もあるでしょう。

ネコが発情期であれば、自慰行為をしてしている可能性が高いと言われています。

というのも、ネコは交尾の際、オスがメスの後ろ首を噛んで捕まえておくからです。

https://gifmagazine.net/matome/1231

ちょっと可哀想ですが、カクカク腰を振りながらふみふみしているオスネコの股間を開けてみると、ペニスが出ている場合があります。

https://www.youtube.com/watch?v=tKITV0HYtiI

かくいう筆者も愛猫の自慰行為を何度も目撃していますが、少量ながら毛布に射精らきしものをされた経験が…。

ちなみに去勢済みだとしても、ふみふみオナニーをします。

成長するにつれて自慰行動は減っていきますので、心配はいりません。

もし愛猫が毛布などでオナニーしていたら、優しく見守ってあげてください。

どうしても気になる場合は無理にやめさせるのではなく、猫じゃらしなどで思いっきり遊ばせて気をそらしてあげましょう。

 

9.セイウチ

セイウチ

続いては、セイウチです。

セイウチの身体はとても大きく、手足の代わりにヒレがあります。

さて、そんな体型のセイウチはどうやってオナニーするのでしょうか。

実はセイウチの身体は非常に柔軟で、口がペニスまでバッチリ届くんです。

テレビの動物番組などで、セイウチが腹筋を行う芸を見た経験はありませんか?

お腹側にも背中側にも、しっかりと曲げられます。

http://www.seiuchi.com/qq/museum-f/seiuchi_meets_seiuchiA2.htm

さらにヒレはまるで手のように器用に動かせるので、手コキもできちゃうんです。

Male walruses are among those flexible animals that enjoy not only manual self-stimulation, but also oral. The marine mammals have been known to use their flippers to get the job done, and their mouths for so-called self-fellation.(引用:LIVESCIENCE

(オスのセイウチは、手動の自己刺激だけでなく、経口も楽しむ柔軟な動物です。海棲哺乳類は、足ひれを使って仕事をこなし、口をいわゆる自己フェラチオに使うと知られています。)

実際に、水族館でもセイウチのオナニーは多数目撃されています。

https://twitter.com/mks676/status/629329230631862273

思ったより巨根ですね(笑)

ヒレで撫でるようにペニスをしごき、恍惚の表情を浮かべています。

水族館のセイウチショーで魅せる芸達者ぶりは、オナニーにも活かされているんですね。

 

10.チンパンジー

チンパンジー

続いてはチンパンジー。

よく「猿にオナニーを教えると死ぬまで繰り返す」と言われていますが、死ぬまではいかなくとも頻繁にオナニーするようです。

人間と98.8%同じDNAを持つチンパンジー[8]はとても賢く、時に人間じみた行動をしますね。

人間がオナホやバイブなどのアダルトグッズを使うように、チンパンジーは木や葉っぱなど20種類以上の道具を利用してオナニーするのだそう[17]

2018年、ウガンダでは落ちていたペットボトルにペニスを突っ込んでオナニーするチンパンジーが確認されています。[9]

https://nypost.com/2021/09/29/horny-chimp-masturbating-with-a-sex-toy-could-be-a-first-study/

さらに驚くべきは、生きたカエルを使ったオナニー。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw2815182

カエルの口にペニスを突っ込み、腰を振る姿が目撃されています。

生きたオナホと化したカエル…なんだか気の毒ですね。

また、メスのチンパンジーも負けていません。

やはり木や葉っぱなどさまざまな物を使ってオナニーしますが、なんとマンゴーを膣に入れてオナニーしている様子が目撃されているんです[18]

このように、チンパンジーはオスメス問わず性欲が強いとわかります。

有り余る性欲は、売春行為にまで…!

研究者がタイ国立公園のチンパンジーを観察した結果、メスは肉と引き換えに交尾を提供している様子が観察されました。おそらくこの現象は野生においてもみられるものであると考えられ、進化人類学研究所のクリスティーナ・ゴメスは、「長期的にみても、野生のチンパンジーは肉と性を交換していることが強く示唆される」と述べています。(引用:バイオハックch

チンパンジーのオスはメスに食料を対価として渡し、交尾をしてもらうのだとか。

人間界でも売春が横行していますが、チンパンジーは本当に人間じみた動物ですね。

 

11.ヤマアラシ

続いては身体が鋭い針に覆われたインパクト強めの動物、ヤマアラシ。

『ヤマアラシのジレンマ』なんて有名な言葉がありますね。

ヤマアラシのジレンマ

鋭い針毛を持つヤマアラシは、互いに寄り添い合おうとすると、自分の針毛で相手を傷つけてしまうため、近づけない、というジレンマ。(引用:weblio辞書

しかしヤマアラシは、そんな言葉はお構いなしと言わんばかりに過激な交尾をします。

なんとオスがメスに尿をぶっかけるんです…!

マニアックプレイをかますヤマアラシですから、性欲の強さは言わずもがな。

オスメスともにオナニーをします。

まず、メスは支柱やケージ、食器、挙句の果てには食べ物にまで性器をこすりつけてオナニー

“As the mating season approached, the female porcupine would often rub her genitals on structures such as food and water dishes, sticks, and the cage wire,” researcher Albert R. Shadle reported in a 1946 paper.(引用:LIVESCIENCE

「交配期が近づくと、メスのヤマアラシはしばしば餌や水皿、棒、ケージワイヤーなどの構造物に性器をこすりつけました」と研究者のアルバートR.シャドルは1946年の論文で報告しました。)

また、別のケージにいたオスはメスのオナニーを見て同様にケージや食器にペニスをこすりつけたそうです。

In anticipating to mate the female, the male rubbed himself on his food and water dishes, the wire cage, and even held a stick with his two front hands and used it to rub his penis.(引用:IFLS

オスはメスとの交尾を期待して、食べ物や水皿、ワイヤーケージでこすり、両手で棒を持ってペニスをこすりました。)

さらにオスは2通りの器用なオナニーも。

1つは片方の前脚でペニスを持ち、3足歩行しながらオナニーをします。

もう1つは両前脚で棒を持ち、跨るようにペニスにあてがった状態で歩行

つまりは”お馬さんごっこ”の状態ですね。

https://onl.la/SDvMmLn

棒と地面がこすれる振動で快感を得ているようです。

なかなか高度なオナニー方法だと思いませんか?

しかも、お馬さんごっこオナニーによって射精にまで至る場合もあるそうです。

地面を歩くことで震動が棒から局部に伝わるらしい。雄はオルガスムスに達して棒切れに精液を付着させることもあるとのこと。(引用:町人思案橋・クイズ集

絶頂を求めて試行錯誤するあたり、なんだか人間味があって面白いですね。

 

12.カメ

カメ

続いてはカメです。

『ウサギとカメ』の物語もあるように、のんびりしたイメージのあるカメ。

しかし意外にも性欲は強く、オスは成熟するとすぐに自慰行為を始め、岩などの硬い物体にペニスをこすりつけるそうです。

Male turtles start masturbating as soon as they’re sexually mature, pushing their terrifyingly large and ornate organs against hard objects, sometimes squeaking with what sounds like delight.(引用:GIZMODO

オスのカメは、性的に成熟するとすぐに自慰行為を開始し、とても大きなペニスを硬い物体に押し付け、時には喜びのように聞こえる音で鳴きます。)

なんと、オナニーしながら歓喜の声をあげるのだとか…!

筆者も半信半疑ながら動画を見てみました。

すると本当に気持ちよさそうな声をあげていたんです!

カメがこんな声を発するなんて驚きですよね。

飼育下にあるカメは、動画のようにスニーカーやサンダルに跨ってオナニーします。

おそらくメスのカメと勘違いしているのでしょう。

なんだか切ない気持ちになりますが…声をあげるほど気持ちいいみたいなので結果オーライかもしれませんね(笑)

 

13.カンガルー

カンガルー

続いては、有袋類であるカンガルーです。

カンガルーのメスはお腹に育児嚢と呼ばれる袋を持ち、赤ちゃんカンガルーがひょっこり顔を出しているイメージが強いでしょう。

一方オスはメスの2〜3倍ほどの体格をしていて非常に筋肉質です。

中にはボディビルダーもびっくりするほどゴリマッチョなカンガルーも。

https://twitter.com/CAPBOY_by_TOM/status/1182657456385724419

オスのカンガルーは太い尻尾で身体を支え、大きく発達した後ろ脚を使ってメスを奪い合う戦闘をします。

https://ikimono-matome.com/red-kangaroo/

もちろん勝者にはメスとの交尾が待っていますが、メスが妊娠・出産してもオスは一切子育てに関与しません。

では何をしているのかと言うと、また別のメスと交尾するために戦いに明け暮れたり日向ぼっこをして過ごしたりと、まるでろくでなし亭主のような状態。

挙句の果てには交尾だけで飽き足らず、オナニーをし始めるんです。

カンガルーは前脚が短く、後ろ脚が長くて太いがために立った状態ではペニスに手が届きにくいそう。

したがって、ほとんどのカンガルーは寝転がった状態でオナニーをします。

https://onl.la/A7XTKS7

…なんだか少しマヌケな姿ですね(笑)

ろくでなし亭主感に拍車がかかっています。

そしてなんと、立ったまま器用にタマタマをいじるカンガルーもいました…!

両前脚で交互に玉を持ち上げ、プルンプルンとさせています。

ペニスだけでなく玉の気持ちよさまで知っているなんて…カンガルー恐るべし。

 

14.イヌ

犬 イヌ

続いてはネコ同様ペットとして多く飼われている動物、犬です。

犬は愛くるしい姿や芸を覚える賢さなどがとても人気ですが、正直ちょっと引いてしまう場面に出くわした人も多いはず。

そう、腕などにしがみついてヘコヘコ腰を振るあの行動です。

https://gifmagazine.net/post_images/1987624

思い立ったら来客中でも外出中でもお構いなしだったりするので、気まずい思いをした飼い主さんも多いでしょう。

しかし犬のオナニー(マウンティング)もまた普通の行動。

犬がマウンティングするのには、いくつか理由があります。[10]

  • 発情期
  • 交尾の練習(成熟していない子犬)
  • 優位性を示す
  • ストレス発散

いわゆる『赤チン』が出ていたら、ほぼ発情期によるマウンティングとみてよいでしょう。

去勢をすれば自慰行為の頻度は減少しますが、完全にはなくならないケースも多々あります[19]

また、オナニーをするのはオスだけではありません。

メスでもオス同様、腕などにしがみついてヘコヘコする場合があります。

発情期でもないのにヘコヘコを頻繁に繰り返すようであれば、ストレスが溜まっているなどの可能性もあるので、たくさん遊んであげたり過ごす環境の見直しをしたりと配慮してあげましょう。

 

15.アラゲジリス

リス

続いてはあまり聞き慣れない名前の動物、アラゲジリス

主にサバンナや熱帯の感想した土地に生息する、とっても可愛らしいリスです。

しかし可愛い容姿とは裏腹に、どこか違和感がありませんか?

https://billy-animal-blog.hatenadiary.jp/entry/about-xerus-inauris

そう、タマタマが…でかい!!

まるで後から取って付けたような大きな睾丸がぶら下がっています。

画像のアラゲジリスは主にケープ地方に生息する「ケープアラゲジリス」。

ケープアラゲジリスに限らず、リスの仲間は繁殖期になるとここまで大きくはないものの睾丸が発達するそうです[14]

なぜケープアラゲジリスの睾丸がこんなに大きくなるのかは、暑い気温の中での体温調節や繁殖率をアップさせるためと考えられていますが、明確にはわかっていません。

そして、面白いのがアラゲジリスのオナニー。

繁殖期には交尾の前後を問わずオナニーするというのです[15]

よほど性欲が強いと思いますよね。

しかし、アラゲジリスがオナニーする目的は欲求を解消するためではありません。

セントラルフロリダ大学のジェーンM.ウォーターマン氏の研究では、アラゲジリスはオナニー(セルフフェラ)によって精子が通る管を洗浄していると結論付けています。[11]

分析の結果、唾液には抗菌性があると判明しており、交尾の前後でペニスの中までキレイにしているのだそうです。

ペニスを清潔にすると、交尾時オスメスともに性病の感染を予防できます。

さらに交尾後は精子の残りを取り除き、こちらも性病の感染予防につながるのです。

本能的に性病予防を徹底するアラゲジリス。

コンドームをつけずに挿れてくる男性に見習ってほしいものですね。

 

16.アイベックス

アイベックス続いてもあまり聞き慣れない名前の動物、アイベックスです。

アイベックスは長く立派な角をもつ野生のヤギで、主にヨーロッパの山岳地帯、中央アジア北部やアフリカ北部の高山に生息しています。

角は湾曲してゴツゴツした質感。

年に1度の繁殖期には、大きな角を使ってメスの奪い合いをします。

勝者はメスと交尾できるのですが、中にはメスの気を引くために目の前でオナニーをして誘惑するオスもいるというのです。

Male alpine ibexes will sometimes try masturbating around a female in an effort to win her favor.(引用:BuzzFeedNews

(オスの高山アイベックスは、メスの好意を勝ち取るために、メスの周りで自慰行為を試みる場合があります。)

オナニーの方法は、自分のペニスを舐めたり岩にこすりつけたり

https://www.juzaphoto.com/galleria.php?t=72596&l=en

オナニーの際に精液らしき液体が確認されており、この液体の匂い(フェロモン)でメスを誘引しているとも考えられています。

ただ、ペニスから出ている液体が射精であるのか排尿であるのかの論争は決着がついていないようです。[12]

鋭利な崖や岩場でオナニーしてペニスが傷つかないのか気になりますね。

 

17.トリ

続いてはトリ。

一言に「トリ」と言ってもさまざまな種類が存在しますが、ほとんどが発情期になると自慰行為をするようです。

トリには直腸・排尿口・生殖口を兼ねる”総排出腔”と呼ばれる器官があり、糞尿や精子(オス)、卵(メス)はすべて総排出腔から出てきます。

そしてオスもメスも、総排出腔をケージやとまり木、おもちゃなどにこすりつけてオナニーするというのです。

Male birds masturbate by bending their tails under an object — such as a toy, perch, or even a human’s hand — and then rubbing their cloacas on it, explained Dr. Marge Wissman on BirdChannel.com, a resource for pet owners.

A female bird will lift her tail to one side and back up onto an object to rub her cloaca on it.(引用:LIVESCIENCE

ペットの飼い主向け情報サイトBirdChannel.comのMargeWissman博士は、オスの鳥は、おもちゃやとまり木、さらには人間の手などの物体の下で尻尾を曲げ、その上で総排出腔をこすって自慰行為をすると報告しています。 メスの鳥は尻尾を片側に持ち上げ、総排出腔をこすります。)

オスとメスで少しだけオナニーの仕方が違うんですね。

こちらはオスのインコが自慰行為をしている様子。

オスが尾を下に向けてこするのに対し、メスは尾を上げていわゆる「シャチホコポーズ」をします。

https://ameblo.jp/mmana-nico/entry-12563479850.html

トリの場合、発情が多発すると総排出腔をこすりすぎて出血したり、卵を産みすぎて衰弱してしまったりと心配事も多々あります。

ペットでトリを飼っている飼い主さんは、過剰に発情しないようケージ内に置く物や環境に配慮してあげなければいけません。

 

18.コモンマーモセット

https://sarucom.com/common-marmoset/

 

最後はコモンマーモセット。

コモンマーモセットはブラジル東部から中部にかけての地域に生息する小型のサルです。

耳のふわふわした白い毛と小鳥のような鳴き声が非常に愛らしく、ペットとしても人気があります。

どんなに可愛くても、やっぱりおサルさん。

オスのコモンマーモセット、特に飼育下にいるコモンマーモセットは自由に交尾ができないため、オナニーで欲求解消をします。

Male common marmosets, at least in captivity, have been known to suck their own dicks when they are unable to mate in their social group.(引用:BuzzFeedNews

(オスのコモンマーモセットは、少なくとも飼育下では、社会集団で交尾できないときに自分のペニスを吸うと知られています。)

つまりモテない可哀想なやつだけがオナニーをするのです。

なんだか同情しちゃいますね。

オナニーの方法は、ペニスを吸ったりこすりつけたり

実際にペットとしてコモンマーモセットを飼育していて、手の上でオナニーされた方もいるんです。

透明で見づらいですが、ゼリー状のものがおちんちんの先っぽからでました。私の手のひらに飛びついてきて交尾を始めたんです。
よく猿でも自分より下等にみている者に対してはマウンティングをすると聞きますが、でもマルモの様子はそんな感じではない気がしました。
「ペチャペチャぺチャ」と体(手のひら)を舐めるような感じで口からそのような音を出します。そうすると気持ちが興奮するのか?ペニスが勃起します。
そして腰をへコヘコ動かして交尾?をはじめました。たまたま指と指の間にペニスが挟まったので、それで「交尾が成功?」したと思い、射精?したようです。
不思議です・・・。実に不思議。もし家に顕微鏡があるのなら、出てきた液体を観察してみたかったです。匂いはマーモ臭がきつい様な・・・結構くさかったです><(引用:個人ブログ

射精された液体がこちら。

https://blog.goo.ne.jp/marumarumarumo/e/05a44550ec5f497f2383c01cf05f8789

ちなみに人間を含めた動物の中で、コモンマーモセットの射精までの時間は約5秒と最速!

したがって、オナニーも「ヘコヘコヘコ…ピュッ」と一瞬の出来事のはずです。

早漏男性の皆さん、動物界において人間の早漏は早漏じゃないので思い詰めないでくださいね。

 

オナニーの回数で動物に負けるな

人間以外にオナニーする動物たちを紹介しましたが、いかがでしたか?

今回紹介した動物以外にも、実に個性的なオナニーをする動物はたくさんいます。

彼らは人間と違って羞恥心がないため、本能のまま・自由気ままにオナニーを楽しんでいるでしょう。

もっとも優れた知性を持つ動物である人間も、負けていられませんね。

さすがに人前や公共の場ではNGですが、ぜひ動物たちのオナニーを参考にオリジナルのオナニー方法を編み出し、存分に楽しみましょう!

また、動物たちのセックスや性にまつわる雑学を知りたい方は、こちらの記事も併せて読んでみてくださいね。

乱交する動物がいる?動物のセックスや性にまつわる雑学20選

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERLeo

    3度の飯より猫が好きという主婦ライター。猫のようにツンデレな性格で、恋愛経験も豊富です。読者が知りたい性のお悩みを好奇心旺盛に調査・解説していきます!

FOR YOUあなたにおすすめの記事