ラブホでローションプレイは危険!最悪買取も?9つの注意点

公開日:2019/06/30
更新日:2019/09/16

ラブホは家で出来ないプレイが出来る場所です。
その一つがローションプレイ。
しかし好き放題やった結果、賠償金支払いが発生する事もあるようです。
ラブホでローションを使う際の注意点9つを紹介します。

  • 記者 WRITER
    Bella Vita

ラブホでのローションプレイ

赤いローション

ローションプレイ、やってみたいなと思いながらも、自宅では汚れてしまうのでなかなか出来ない…そんなカップルも多いはずです。

そんな時にオススメなのがラブホ

潤滑油としてローションを使ってのセックス、視覚的にも楽しいヌルヌルプレイ、一度はやってみたいローション風呂など、ラブホであれば思う存分ローションプレイを満喫することができます。

とは言え、気をつけないといけない事がいくつかあります。今回はラブホテルでローションを使う際の注意点をわかりやすくご紹介します。

 

注意すべき9つの事

ラブホでのローションプレイで注意すべきことには一体どんなものがあるのでしょうか?

注意点を守ることで、より安全により楽しくローションプレイを楽しむことができます。

 

1.ローションがないラブホもある

ラブホテルのベッド

出鼻をくじくようで申し訳ないのですが、ラブホの中にはそもそもローションが置いてないというところもあります。

  1. バスルームや洗面所に置いてあるラブホ
  2. 部屋の中の自販機で販売しているラブホ
  3. ローションをまったく置いてないラブホ

だいたいこの3パターンに分類されます。

絶対にローションを使いたいという方は、事前にローションの有無を確認するか、持参するのが確実ですね!

 

2.マットプレイが出来るのはごく一部

マットを持つ女性

「ラブホでのローションプレイと言ったらマットプレイでしょ!」という男性の方も多いと思いますが、実はマットプレイができるラブホテルはごく一部です。

マットプレイを楽しむには専用のマットが必要。かなり場所を取りますし、清掃の手間もあるのですべてのラブホが設置しているわけではないんですね。

マットの有無はラブホのHPで確認できますので、マットプレイがしたい方はデート前に必ずチェックしましょう。そして、マットがないからと言ってバスルームの床の上でやるのは危険です。

ローションはかなり滑るので、滑った勢いで体や頭を強打してしまう可能性もあります。

マットプレイは必ずマットの上で楽しみましょう!

 

3.ベッドにこぼすと行為後気持ち悪い

汚れたベッド

彼女が濡れにくい、挿入の時に痛みを感じる、オーラルセックスが苦手…。こんな場合にベッドでローションを使う方は多いと思いますがその際も注意が必要です。ラブホでは「自分の家じゃないし」とつい大量のローションを使いがちですよね。

その時はノリと勢いで気になりませんが、セックスが終わって冷静になると時にものすごく後悔します。ローションで濡れたベッドのヒヤッとした感触とベタつきは想像以上の気持ち悪さです。

ローションを使うと快感が高まり女性は感じやすくなり愛液の量も増えます。ローションと愛液でベッドが大変なことになるかも…。

寝る場所がない!なんてことにもなりかねませんので、ベッドでローションを使う際はバスダオルを敷くようにしましょう。

 

4.ローション風呂は専用商品を持参

お風呂に入るカップル

「ローション風呂」一度はやってみたいですよね。でも、ローション風呂=お風呂にローションを入れる、ではないのです!

普通の潤滑剤やローションをお風呂のお湯の中に入れても、トロトロにはなりません。ローション風呂には専用商品が必要です。「ローション風呂の素」がいるわけです。

一回分(約30g前後)が個別包装になっているを置いてあるラブホも稀にありますが、普通は用意されていません。ローション風呂の素は、アダルトグッズショップはもちろんのこと、楽天やAmazonでも買うことができますよ。

彼女の好きな香りのものをチョイスすれば、彼女のゴキゲンも感度もアップ間違いなし!ローション風呂を楽しんだ後は、お湯を抜いてさっと後始末しておくのもお忘れなく!

▼ラブコスメのローション風呂の素なら女性にも引かれません!

 

5.思っているより滑るので注意

女性の足とお風呂

ローションは想像以上に滑ります。

特にバスルームで使う場合は注意が必要です。

このように、楽しめればまだ良いのですが、滑った拍子に頭を強打すれば最悪の場合、死に至ることも。

滑って立てなくなるという状況は、冷静に見るとかなりお間抜けです。お互い裸ですし、彼女は恥ずかしさでいっぱいに。二度とローションプレイに応じてなくなる可能性もあるので、しっかりとエスコートしてあげてくださいね。

 

6.行為後は後始末を徹底

後片付けをするカップル

「ラブホテルでなら、好きなだけローションプレイができる!」なんて考えている方はきっと少なくないはず。しかし、いくらお金を払っているとは言え、最低限のマナーは守るようにしましょう。

もし自分が清掃員だとして、ヌルヌルのバスルーム、ベトベトのベッドを見たらどんな気持ちになるでしょう?先ほど、ローションは思ったより滑るので注意が必要というお話をしたばかりですが、これは利用者のみならず清掃員に対しても配慮すべきことです。

自分たちが使った部屋を掃除していて、滑って転倒、なんてことになったら大変です。実際に清掃員のこんな声が…。

あまりに汚すと次から行きづらくなってしまいますし、ローションプレイが終わった後は、自宅でしたつもりで後始末する、という気持ちを持ちたいものです。

 

7.最悪の場合シーツ買取も

支払い

ラブホではなんでもあり!というのは間違いであるということはすでにお話しましたが、ある程度の汚れはラブホ側は想定済みです。

どのラブホでもシーツは交換してクリーニングに出しますし、ラブホの利用料金にはシーツのクリーニング代も含まれていると考えてOKです。

しかしこんな例も…

ラブホテルでの弁償について。
いつもいくラブホテルだったのですが、
入室してすぐに電話が鳴り
「前回利用されたときに掛け布団を汚されたのでクリーニング代を5000円お願いします。」と言われました。(引用:Yahoo知恵袋

シーツに関しては寛容なラブホが多いですが、染みなどの汚れがマットレスや掛布団にまで及ぶと、場合によっては弁償させられることもあります。

ラブホだから何をしてもいい、というのはマナー違反ですし、そんな姿にパートナーは幻滅するかも…。いくらラブホといえども、常識の範囲内で利用するようにしてくださいね。

 

8.ローションとコンドームには相性がある

コンドーム

意外かもしれませんが、ローションとコンドームの相性は非常に重要です。

ローションには実に様々な種類のものがあります。その中には「油性」のローションがありますが、実は油性のローションはコンドームとの相性が最悪です。

ローションに含まれる油分がコンドームを溶かしてしまい、破れやすくなります。最悪の場合、セックスの最中に穴が開いてしまうことも。そのまま使い続けると、コンドームを使っていないのと全く違いがない状況になります。

自分で購入していないローションを使うときには、しっかりと成分をチェックしましょう。ラブホテルのローションの中には成分が明記されていないものも。そんなときはそのローションは使わない方が賢明です。

おすすめは水溶性のローションを自分で持ち込んでしまうことです。彼女と一緒にローションを選んでみるのも、意外と面白いのでおすすめです。

▼コンドームにやさしい水溶性のローションならこれが間違いなし!

created by Rinker
相模ゴム工業
¥670 (2019/09/23 18:20:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

9.ローションの質は期待しない

怒る女性

ラブホに置かれているローションの質にはあまり期待しないようにしましょう。

ほとんどのラブホでは、業務用のローションを使用しています。業務量=質が悪い、とは必ずしも言えませんが、デリケートな肌の方はいつも使っているものを持参した方がよいでしょう。

ローションに限らず、化粧水やクレンジングなどのアメニティも同様です。使用した翌日に発疹が出たり、かぶれたりする人が一定数います。敏感肌の人は「ポリアクリル酸ナトリウム」が含まれるものはNGです。

アソコが腫れたり痒くなって、泌尿器科や婦人科を受診した…。なんてことになったりしてはラブホデートも台無しですし、しばらくセックスできなくなるので注意が必要です。

 

【まとめ】後の人の事を考えて楽しもう

普段はなかなかできないローションプレイ、ラブホテルはそんなローションプレイに最適な場所です。

とは言え、後の人のことも考えて楽しむようにしましょう。細かな気づかいができる男は、女性からも好印象ですよ!

ローションはセックスのマンネリ化を防いだり、苦手なプレイを楽しくするために最適なアイテムです。ヌルヌルした感触は中毒性も高く、今までのセックスがまるで別物レベルで気持ちよくなった!なんて声も。

ぜひアナタも注意点を守ってぜひアナタもラブホでローションプレイを楽しんでくださいね!

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERBella Vita

    欧州在住のセクシャルライター。これまで執筆した性に関連する記事は10万PV/月の人気記事を含め1000記事以上!女性ならではの視点から、男性の悩みに刺さるような記事・セックスライフを充実させるためのいろはを提供する記事執筆を心がけています。セックスがより楽しく気持ちよくなる方法をわかりやすく解説することで、あなたの人生を豊かにするお手伝いします。

FOR YOUあなたにおすすめの記事