トンカットアリでテストステロンは増加する?注目の研究データ5つ

公開日:2022/09/29
更新日:2022/09/28

テストステロンブースターとして注目されているトンカットアリ。
実際にどのくらい効果的なのか、気になりますよね。
実は、トンカットアリはテストステロンに関する臨床データが豊富なんです。
今回は研究データを基に、トンカットアリとテストステロンの関係を解説します。

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

トンカットアリの作用とは?なぜテストステロンが増える?

テストステロンを増加させ、健康な体作りに役立つテストステロンブースター

気になる人は多いと思いますが、あまりに種類が多すぎて、どれがいいか迷ってしまいますよね。

トンカットアリも気になる成分の一つです。

マレーシア語で「アリの杖」という意味で、日本名はナガエカサ、英語名はロングジャック。

東南アジアの砂地や森に生える低木で、根の部分に精力増進、滋養強壮など様々な薬効があるとされ、特にマレーシアで栽培が盛んです。

テストステロン増加では、2種類の有効成分が研究者から注目されています。

ユーリコマノンという苦味成分は、テストステロンが女性ホルモン(エストロゲン)に変換するのを妨害し、男性ホルモンを抑制するホスホジエステラーゼ(PDE)という酵素も阻害するので、精巣でのテストステロン生成に役立ちつ成分です。

ユーリペプチドは男性ホルモンDHEAを刺激し、別の男性ホルモン(アンドロステンジオン)がテストステロンに変換するのを促します。

さらにSHBG(性ホルモン結合グロブリン)も抑え、遊離型テストステロンを増やす効果もあるようです。[1]

そんな有効成分を含有するトンカットアリ。

すごそうですが、テストステロンをどのくらい増やし、どんな効果が期待できるのでしょうか?

研究データを調べてみました。

 

トンカットアリのテストステロンに関する研究データ5つ

2022年8月に発表されたばかりのレビューが、トンカットアリによる男性のテストステロン増加を検証しています。

まずはこのレビューで厳選された臨床試験の結果を見ていきましょう。[2]

 

1.若い男性の心理状態と男性機能を改善

テストステロンを増やす?「テストフェン」の効果と副作用とサプリ

2021年にイギリスのリヴァプール・ジョン・ムーア大学で行われた臨床試験では、運動習慣のない18~30歳の若い男性がトンカットアリを摂取しました。

16名中8人がマレーシアの特許成分Physta(フィスタ)600mg配合カプセルを毎日摂取したところ、血液中のテストステロン濃度は2週間で平均871ng/dlから968ng/dlに増加。

一方、プラセボ(偽薬)を飲んだ8人は平均863ng/dlから790ng/dlに減ってしまっています。

トンカットアリ服用グループでは心理状態と男性機能の改善も見られました。

心理状態は、2週間で怒りが5%、疲労感が11%軽減。

性的機能の自己評価では、2週間後に射精が6%、8週間後に勃起が25%、全体的な満足感が33%改善しています。[3]

リヴァプール・ジョン・ムーア大学では、同じ年に同年代の被験者に対し、ほぼ同じ条件の試験がもう1件行われました。

こちらでもPhysta600mgを摂取した16人のテストステロン濃度が15%増える一方、プラセボを飲んだ16人では減少しています。[4]

 

2.アスリートの脂肪燃焼も促進

トンカットアリがアスリートの血液中のテストステロン濃度を高め、脂肪燃焼を促進したと報告する臨床試験(2017年、マレーシア大学)もあります。

被験者は週3日以上運動する20代男性20人、その内9人がPhystaを体重1kgあたり1.7mg摂取しました。

被験者の平均体重が60kg台なので、摂取量は1日120mg程度です。

5週間後、中程度の負荷で60分間ランニングさせて血液を調べたところ、9人のテストステロン濃度平均は0.63mmol/lから1.26mmol/lに倍増。

一方プラセボを飲んだ11人では0.67mmol/lから0.83mmol/lの増加にとどまっています。

それだけではありません。

Physta摂取者の悪玉コレステロール(LDL)濃度は0.17mmol/lから0.06mmol/lに下がりました。

これはプラセボ摂取者(0.16mmol/lから0.12mmol/l)の倍以上の減少です。

被験者のエネルギー消費も調べたところ、トンカットアリを摂取すると脂肪燃焼が促進され、糖質(CHO)の燃焼が抑制されることも分かりました。

Physta摂取者の脂肪燃焼率は5週間後に毎分0.71gに増えて糖質の燃焼率が毎分1.06gに減ったのに対して、プラセボ摂取者の脂肪燃焼率は毎分0.50gに減り、糖質の燃焼率は毎分1.40gに増えているのです。[5]

こうしてトンカットアリを摂取すると運動パフォーマンスが向上し、脂肪や悪玉コレステロールも減少すると確認されました。

 

3.中年男性の男性機能も改善

トンカットアリは、加齢による男性ホルモン欠乏症(ADAM)治療でも効果があると分かっています。

2021年、ブラジルのサンタカタリーナ州立大学では、40~50代の男性45人を対象に臨床試験をしました。

この試験では運動習慣の有無で被験者を区別しています。

運動習慣のない9人が乾燥エキス200mgを6ヶ月摂取すると、テストステロン濃度は278.2ng/dlから400.3ng/dlに増加しましたが、プラセボを飲んだ12人は281.5ng/dlから258.5ng/dlに減少してしまいました。

一方、運動を週3日60分以上続けた7人の被験者は、プラセボを飲んだにも関わらずテストステロン濃度が286.7ng/dlから370.8ng/dlに増加しましたが、200mgを摂取した9人は253ng/dlから374.5ng/dlに増加。

増加率では29%対48%ですから、その差は歴然です。

そして、勃起機能スコア(IIEF-5)でもトンカットアリ摂取の効果があり、運動習慣がある摂取者グループが一番改善しています。[6]

 

4. 中高年男性の体調と筋力改善

体調や筋力への効果について、2021年にマレーシアとインドの医師グループが50~70歳の被験者を対象に臨床試験を行なっています。

この試験では、健康ながら血液中のテストステロン濃度が低め(300ng/dl以下)の105人が35人の3グループに別れ、Physta100mg、200mg、プラセボのいずれかを摂取。

12週間後に血液中のテストステロン濃度、男性更年期障害スコア(AMS)、疲労度(FSS)、背筋力などを測定しました。

まずテストステロン濃度平均は200mg摂取グループが200.5ng/dlから225.0ng/dlに増加、12%改善です。

次に100mg摂取グループが187.3ng/dlから203.8ng/dlに増加で9%改善。

一方、プラセボグループは183.0ng/dlから177.9ng/dlで3%減少でした。

背筋力平均でも200mgグループが60.07kgから63.06kgに5%アップ、100mgグループは59.12kgから60.67kgで2.5%アップ。

しかしプラセボグループでは59.19kgから59.17kgに微減しました。

さらに、男性更年期障害スコア(AMS)、疲労度(FSS)、悪玉/善玉コレステロール(LDL/HDL)の比率でも、200mg摂取グループがもっとも改善しています。

100mg摂取グループがその次に改善、プラセボグループはほぼ変化なし、またはやや悪化という結果になりました。[7]

以上のようなレビュー結果から、トンカットアリはあらゆる世代の男性が期待できるテストステロンブースターであるといえます。

 

5.女性のテストステロンも増加

トンカットアリのテストステロンブースター効果は男性限定ではなく、女性を対象とする臨床試験でも報告があります。

2013年に南アフリカのウェスタン・ケープ大学で行われた臨床試験では、57~72歳の男性13人と女性12人がトンカットアリを400mg摂取したところ、5週間後には男女ともに血液中のテストステロン濃度と筋力が増加しました。[8]

2013年のアメリカとマレーシアの研究グループは、男性32人と女性31人にPhysta200mgを4週間摂取させています。

その結果、Physta摂取グループのテストステロン濃度はプラセボグループより37%多くなり、心理状態でも緊張(-11%)、怒り(-12%)、混乱(-15%)などのスコアでプラセボグループより改善したとのことです。

さらに、45~59歳の中年女性がトンカットアリ100mgを12週間摂取しつつ筋力トレーニングを行うと徐脂肪体重増加で効果があった事例など、フィットネスやダイエットでの効果も報告されています。[9]

トンカットアリは女性も試してみる価値がありそうですね。

 

個人差はあるがトンカットアリサプリは検討の余地あり

個人差はあるでしょうが、トンカットアリはテストステロンブースターとして期待してよさそうですね。

安全性についても、上記レビューでは1件の臨床試験での胃腸の問題やかゆみといった軽度な副作用以外問題は見つかっていません。

台北医学大学など台湾の2013年の研究によれば、ラットの致死量(LD50)が体重1kgあたり6g以上なので、死ぬほど食べるのは難しいようです。

人間の摂取量は、臨床試験を踏まえて数週間600mg摂取しても安全とされています。

健康上の問題や妊娠、授乳など特殊な事情がない人なら、日あたり摂取上限(ADI)は体重60kgで1日1.2gとのことです。[10]

摂取方法ですが、苦味があって食事で摂取しづらい成分のため、サプリがおすすめです。

ここで大事なのがサプリの品質。

リヴァプール・ジョン・ムーア大学の研究者によると、トンカットアリの本場マレーシアの基準では、適正なユーリコマノン配合比率はエキス100mlあたり0.8~1.5gとのこと。

しかし2015年のマレーシア大学の調査によると、マレーシアで入手できたトンカットアリ配合製品41種の内、重要成分ユーリコマノンを含有していたのは24種のみ。

しかも適正水準を満たしていたのはわずか11種だったのだとか。[11]

さらに、マレーシア市販品で鉛や水銀が検出された事例もあり、注意が必要です。[12]

そこでおすすめなのが、アメリカの特許成分であるLJ100配合製品。※「LJ」はトンカットアリの英語名Longjackの略称

臨床試験ではマレーシアの特許成分Physta(フィスタ)がよく使われますが、実はLJ100はPhystaと同一の成分なのです。

違いはHP Ingredients社がアメリカで特許を取得していることと名前くらいで、品質も安心できます。

気になるユーリコマノン配合量も、同社のEbookの7ページに0.8%以上とあり、適正水準です(EbookはFAQ ページの「Preview」ボタンからダウンロードできます)。[13]

ちなみにユーリペプチドも22%配合。

日本で入手できるLJ100配合サプリはこのページでいいものが見つかります。

https://steron.jp/11601/

テストステロン増加で精力増進、運動パフォーマンス向上、滋養強壮、ストレス軽減、シェイプアップ

トンカットアリでその願いがかなうかもしれません。

まずは1日100mg程度から始めてみてはいかがでしょうか。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事