--> アナル舐め(アニリングス)が危険な理由3つと安全なやり方5つ | STERON

アナル舐め(アニリングス)が危険な理由3つと安全なやり方5つ

公開日:2021/10/11
更新日:2021/10/08

アナル舐めは汚い・衛生面が気になると感じて挑戦できない人が多いプレイです。
でも「舐めたい・舐められたい」と思っている人がいるのも事実。
なぜなら時にはセックス以上の気持ち良さや、背徳感・被虐感・支配感などを得られるから。
今回はアナル舐めに挑戦したいあなたに、安全なアナル舐めのやり方をお伝えします。

  • 記者 WRITER
    テリーウーマン

アナル舐め(アニリングス)とは?危険な理由3つ

アナルを舐めたり舐められたりするのはお好きですか?

アナル(肛門)の入口周辺は、神経細胞体の末端である神経終末が密集しており、刺激を受けると非常に気持ちいい性感帯。

舌を這わされただけでお尻がビクッと浮いてしまいます。

また、肛門はタブーとされる部位。アニリングスはフェラやクンニよりも背徳感・被虐感・支配感のレベルが圧倒的に高いため「こんなことをさせてる」「こんなことをしてる」という感情がセックス以上の興奮を誘うんです。

そのためアナル舐めにハマってしまう人が続出し、風俗でも「アナル舐め」というメニューがあるほど。

普通のカップルでも行なっているであろうアナル舐め。非常に気持ちがいいのは間違いありませんが、場所が場所だけに危険もしっかり伴います。

舐めるほうも舐められるほうも肛門舐めのリスクをしっかり把握し、安心安全なアニリングスをマスターしましょう。

 

1.腸内細菌が口から入って感染症になる

ご存じの通り、肛門は排泄をする部位。

多種多様な微生物が生きている腸内細菌の中で便が作られ、直腸を通り最終的に肛門から排出されます。

そのため、肛門周辺にも腸内細菌が多く潜んでいます。

腸内細菌はティッシュで拭いたりシャワーで洗ったりした程度では、完全には除去しきれません。

肛門に腸内細菌が残っている状態でアナル舐めをすると、高い確率で口に入ります。

その結果、口を介して細菌が移動、身体のいたるところに細菌が蔓延し病気や性感染症になるんです。

アナル(肛門)をなめる行為(アニリングス・リミング)は便の中にいる菌などを口の中に入れるのと同じです。他の性行為とは若干違った性病にかかってしまう可能性があります。(引用:KARADA内科クリニック性病専門サイト

主な腸内細菌は病原性大腸菌O-157、その他大腸菌・ウェルシュ菌・黄色ブドウ球菌など。

また肝炎ウイルスもあり、感染すると急性肝炎を引き起こします。

【アニリングスによる感染の恐れがある病気と症状】 [参照]

  • A型肝炎:発熱・だるさ・黄疸(目や顔が黄色くなる)・吐き気・嘔吐
  • 赤痢アメーバー症:発熱・腹痛・血便
  • 細菌性腸炎:発熱・腹痛・嘔吐・下痢・血便
  • 梅毒:陰部にしこりや潰瘍ができる・体にブツブツができる・目が見えにくくなる等

これらが重症化すると入院が必要になるケースもあり、病気によっては長期化する恐れも。

実際アニリングスを気軽に行った結果、痛い目に遭った人達もいるんです。

https://twitter.com/Eykerz/status/1425580817359675397

「相手が気持ちよくなってくれるから」と奉仕の精神で対策もせずアニリングスをやってしまうのも考えものです。

https://twitter.com/6ZVaxq7Se8ILlFQ/status/1413201893090742275

風俗店でもアニリングスによる感染症を発症してしまうとなると、やはり肛門舐めのリスクを軽く見ている人は少なくありません。

そして舐める側だけでなく、舐められる側にもアニリングスのリスクは存在します。

 

2.舐められる側も感染症のリスクがある

対面座位

アニリングスをする側とされる側がキスをしたりすることで腸内細菌等が口から口に移動し、体内に取り込まれる恐れがあります。

また女性の場合は膣が近いこともあり、肛門⇔膣の交互舐めによる感染も。

アナルをはじめとする膣や口の中などの粘膜は、病原体の侵入を阻止する角質がないため、感染を引き起こしやすいんです。

https://twitter.com/nyan_moechan2/status/1418191906048143360

このように、興奮しすぎてついつい性器と同時舐めをしたりキスをしたりすると、相手の身体を傷つけてしまう本末転倒な結果を招く恐れがあります。

 

3.単純に嫌がる人が多い

女性が断る

いくら自分がアナル舐めが好きだからと言って、相手も同じ気持ちとは限りません。

前述したように肛門は排泄する部位。

誰しも“肛門は汚い場所”として認知されているので「アナルを舐めるなんて言語道断」という価値観を持った人も当然います。

アナル舐めを本当に嫌がる理由は主に3つです。

  • 汚い場所だから
  • 恥ずかしい
  • 感染症が心配

どんなに洗って綺麗にしているとしても、肛門への意識はそう簡単に変えられません。

あなたが無理にアナルを舐める&舐めさせることがあるとしたら注意が必要です。

有名AV男優しみけんさんはスカトロ好きでもあり、アナル舐めが大好き。

しみけんさんは撮影でもねちっこいアニリングスを行い、その結果AV女優の吉沢明歩さんから共演NGを頂きました。

アナル舐めが嫌いな女優からはすぐにNGを喰らってしまうとのこと。しかし嫌がられるとさらに興奮して舐めてしまうらしく、吉沢明歩との絡みでは50分の尺の中で30分アナルを舐め続けてしまい、一発NGを食らってしまったそう。(引用:アナル好きのための総合サイト

AVは仕事であるのが前提ですが、プロ意識が高いAV女優でさえも嫌だと主張しています。

どんなイケメンからされても嫌なものは嫌。

「汚いから舐めないで」と言われても”アナル舐めの前振り”と勘違いする人もいますが、相手の主張を無視してアニリングスを行ってしまうと一発で嫌われてしまう可能性だってあるんです。

https://twitter.com/shiorin_3150/status/967764838888873984

そもそも肛門を性感帯として責める行為自体がノーマルプレイではありません。

アナル舐めは自分基準ではなく、相手基準で判断する必要が大前提と考えたほうが賢明です。

 

安全なアナル舐め(アニリングス)のやり方5選

アナル舐めのリスクを把握したうえでアナル舐めを行うには、当然対策が必要です。

安全なアナリングスを実現する、おすすめのやり方をご紹介いたします。

 

1.デンタルダムを使う

女性のクリトリス

デンタルダムとは、フェラやクンニをはじめとするオーラルセックスによる性感染症予防グッズとして作られたシートです。

もともとは歯医者などの局部治療のために使っていたラテックス製の薄いシートを、オーラルセックスに用いる人が現れたのがきっかけ。

そのためアダルトグッズのメーカーによって商品化されたというわけです。

舌の熱感や粘膜のプリッとした感触もしっかり伝わり、アニリングスの感染予防としての役割を十分に果たします。

また、性病や肛門の匂いなどの不安要素も排除できるんです。

こちらのデンタルダムは、グッと指を押し付けても簡単に破れず、アナルの中まで舌を入れるドリル舐めなども可能!

バリエーションは6種類のフレーバーと、それらが1個ずつ入ったアソートの計7種類。

色付きのシートなので、アナルに貼り付いたビジュアルも嫌らしく視覚的な興奮も得られます。

肛門舐めをやってみたいけど衛生面が…といった悩みも、これがあれば解決しますよ!

 

2.手軽に行うならラップで代用

食品用ラップもアナル舐めの性感染症対策にピッタリ。

ラップなので舌の感触など”舌のナマ感”は落ちますが、どの家にも必ずある日用品。

お金をかけずサッと使える利便性の高さがあります。

オーラル専用のシートはラテックス特有の匂いを消すためにフレーバーが施されていますが食品用ラップは無臭。

エッチな雰囲気になってアナル舐めができる!でも対策グッズが何もない!というときの代用品としてピッタリなんです。

https://twitter.com/iHFggWidfUpQ31Q/status/1171010349203542016

日用品を使ってエッチなことをしている背徳感も相まって興奮が高まります。

破れない限り、菌を貫通させませんので安全・安心・そして経済的にアニリングスを堪能できますよ!

 

3.代用品で擬似アナル舐めを味わう

舐めてくれる人がいない!でも舐められたい!そんな時は代用品で擬似アナル舐めを体験しましょう。

粘膜と同じような感触のこんにゃくや、濡らした時の感触が這わせた時の舌にそっくりな濡れ筆などがおすすめ。

こんにゃくは温めるとさらに”舌感”が出てグッド!

筆は水ではなくタップリのローションで濡らすと気持ちよさが倍増します。

https://twitter.com/gavbriel_/status/1165815421057978368

実際に舐めてもらわなくても、あなたのアナルに相手の顔を近づけて代用品でアナルをぷるぷるされるだけでもアナル舐めに近い興奮が!

筆の大きさや硬さによって刺激も違うので、バリエーションたっぷりの疑似アナル舐めが堪能できますよ!

 

4.物理的な快感ならアナル舐めグッズが最強

舐める

デンタルダムのようなバリア感も嫌、疑似アナル舐めじゃ物足りない!

安全にアニリングスの物理的な快感を堪能したい欲張りな人は、舐めグッズを使うしかありません。

アダルトグッズのなかには、フェラやクンニが大好物な人のために口だけなどのパーツに特化したグッズがあるんです。

舌のような柔らかさを再現し高速でビロビロと動く舌バイブや、フェラのように口の形をしているオナホ。

それらのグッズをアナル舐めに使うというわけです。

おすすめはクンニ用の舌バイブ。特にこちらの「ZEMALIA魔舌」という商品は、凶感・凶悪と言われるほどの悪魔的舌バイブです。

2時間のフル充電で連続40分稼動可能。人では実現できない夢の長時間アナル舐めだってできちゃいます。

しかも加熱機能もあって、さらにナマ感を堪能。

魔舌 GIF

舌先でウネウネと小刻みに動く様を見てください!これがあなたのアナルを這わせてると想像するだけでアナルが疼いてきませんか?

もはや人に舐められる以上の気持ちよさになるのは確実。

挿入も可能なので、これならアナルをほじくり回してアナルドリルなんてことも出来ちゃいます!

舐められた瞬間、恥ずかしい声が出ること間違いなしです!

本サイトでは「ZEMALIA魔舌」の詳しいレビューがあります。一人でアナル舐めをとことん堪能したい人はこちらも併せてご覧ください。

【上級者向け?】噂のおもちゃ『魔舌』を使った感想レビュー

 

5.どうしても生で舐めたいなら殺菌ケア必須

「生の舌で生のアナル舐めじゃないとアナル舐めとは認めない!」

それだけアニリングスを愛する人は、もはやリスクがあるからこそハマってしまう背景もあるのかもしれません。

グッズを使ったアナル舐めは、感染症のリスクをシャットダウンする目的のため、どうしても人間特有のナマ感覚は劣ります。

ナマ舐めを外したくないのであれば、肛門・口を清潔にするしかありません。

しかし前述したグッズを使うよりもリスクがあることをご理解ください。

こちらは敏感な肛門周辺部を清潔にする洗浄グッズです。

殺菌成分が配合されているため、肛門周辺の腸内細菌を除去できます。

伸びがいいフォームタイプで痔・下痢・便秘でも肛門を刺激しない優しい感触。

しかし、アナルの内部まで塗布するのは危険なため、アナル舐めの最中に肛門内の腸内細菌が口内に入り込む可能性は十分にあります。

そして口内洗浄には、うがい薬に使われるイソジンがおすすめ。

風俗嬢もご用達のイソジンは、殺菌効果に優れているためプレイの前後に使用します。

イソジン®とは、感染症の原因となるウイルスや細菌、真菌などに対して殺ウイルス・殺菌効果があるPVPI(ポビドンヨード)を有効成分としたうがい薬などのブランドです。(引用:イソジン公式

ただし、口のなかに口内炎や傷がある場合はイソジンを使用したとしても、感染リスクはグッとあがる可能性があるので注意が必要です。

このように肛門と口内の殺菌を徹底することで、アナル舐めによる感染リスクを極力減らすことができます。

 

アナル舐めはリスクを理解して安全に楽しもう

アナル舐めは感染症のリスクはあるものの、得られる快感は随一。

リスクを承知で今日もアナル舐めを堪能している人もいるでしょう。

しかし、大切な人を傷つけてしまう恐れもあるのが性感染症の怖さ。

リスクを正しく理解したうえで対策をとってアナル舐めを楽しみましょう。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※本記事内掲載のTwitter等SNS投稿の削除依頼はコチラよりメールでお願いします。3営業日以内に対応いたします。

  • 記者 WRITERテリーウーマン

    某大手出版社で働く傍ら個人的に興味のあるラブグッズ記者としても活動。
    女性目線でカップルで楽しめるちょっとドキドキするアイテムを調査していきます!

FOR YOUあなたにおすすめの記事