--> 巨根好きは異常性癖!?診断9選 | STERON

巨根好きは異常性癖!?診断9選

公開日:2021/09/28
更新日:2021/09/24

巨根好き

世の女性を虜にする巨根。
巨根好きは多いけれど、それ、もしかしたら異常性癖かも…!?
適度な巨根では満足できない人は「ファロフィリア」の可能性があるんです。
今回はファロフィリアの特徴を紹介します!
ファロフィリア診断もできるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

巨根好きは異常性癖?ファロフィリアとは

「セックスするならやっぱり巨根じゃないと」というあなた。もしかするとそれはただの巨根好きではないかもしれません。

今回は、巨根好きの方が該当する可能性のある異常性癖について解説していきます!

ファロフィリアとは、大きいペニスや性機能の高い男性に対する性的嗜好のことを指します。

では巨根好きとどこが違うかというと、ファロフィリアの方は大きければ大きいほど興奮を感じるということです。

単なる巨根好きの場合、いくら大きいペニスが好きだといってもやはり限度があります。あまりにも大きすぎると身体に負担がかかりますし、挿入すらできない可能性もあるでしょう。

その点、挿入すら不可能なほど大きなペニスに魅力を感じるファロフィリアは、異常性癖に分類されます。一般的な巨根好きが魅力を感じるのは、「適度な巨根」ですからね。

なお、ゲイの方にもファロフィリアに該当するケースがチラホラとあります。

次の章ではファロフィリアかどうかを判断する基準を9つご紹介するので、自分が当てはまっているかを考えながらご覧ください!

 

ファロフィリア診断9選 当てはまった巨根好きは…

それでは、ファロフィリアかどうかを診断する9つの基準を見ていきましょう!

当てはまった巨根好きは、異常性癖かもしれません…

 

1.巨根かどうかでパートナーを探している

 

ペニスのサイズを測る

パートナーを選ぶ基準は人それぞれ。容姿や性格、社会的地位に財力などなど、様々な条件がありその中でも優先順位があるのが普通です。

しかし、「巨根かどうか」をパートナー選びの最重要項目にしている方は、あまりお目にかかりません。顔やお金よりもペニスの大きさを重視しているのですから、もはや筋金入りの巨根好きと言えるでしょう。

巨根

https://twitter.com/lino_a_a/status/1352102561549938691?s=20

そして、ツイートのように、巨根かどうかでパートナーを探している場合、ファロフィリアである可能性がかなり高いです。

皆さんも、巨根かどうかでパートナーを探していませんか?「ついつい相手の股間の膨らみ具合を見て、大きさを吟味してしまう…」というような方は、特に要注意です。

自分ではただの巨根好きだと思っていても、心の奥の奥には特殊な性癖が眠っているかもしれません。

 

2.平均以下のペニスだと萎える

小さいペニス

パートナーと行為をする際、「小さいペニスよりは大きいほうが良い」と思うのは自然なことです。

しかし、普通の場合ペニスの大きさが全てを決めるわけではありません。相手の性格やテクニックなどを考慮し、結果として平均以下のペニスでも満足している人が多いのも事実です。

ところが、ファロフィリアはペニスの大きさを最も重視するため、平均以下のペニスだと萎えてがっかりしてしまいます。他の魅力があろうとも、ペニスが小さいというその一点が相手に対する評価を著しく低下させるのです。

合コンで1ヶ月前に知り合い、付き合って2週間になる彼氏と先日初めて性行為に及びました。しかし、彼のペニスがとても小さくて途中で冷めてしまいました‥。
(中略)
正直、彼とまた性行為に及びたいと思えません‥。彼に対し大変失礼なことを言っているのは承知しておりますが、この先付き合っていける自身がありません‥。元彼が大きかったこともあり、どうしても比較してしまいます。
(引用:Yahoo!知恵袋)

性格が合わなくて別れるカップルは多いですが、男のペニスが小さくて別れる羽目になったカップルはあまりいませんよね。したがって、上の質問をされた方はファロフィリアの可能性が高いです。

別れるまでは発展しなくても相手のペニスの小ささに冷めることが多いという方は、ファロフィリアに該当するかもしれません。

 

3.とにかく人のサイズが気になる

出会った人や芸能人、あるいはAV男優など、とにかく人のペニスの大きさが気になるというのもファロフィリアの特徴です。

目の前にいる人のサイズを妄想してみたり、男友達に大きさを聞いてみたりしたことはありませんか?

ファロフィリアの人というのは巨根への興味が尽きません。以下の様な記事に好奇心がそそられ、ついつい閲覧してしまうのです。

クリックしたくなったあなたはファロフィリアかも?

【サイズ別】15~25cm以上の 巨根を持つAV男優18名

【16~22cm以上】サイズ別巨根の持ち主芸能人23名

筆者が高校生の頃、クラス中の生徒にペニスの大きさを聞いてまわった女子生徒がいました。周りの女子はもちろん男子にも引かれるレベルでしたが、彼女は恐らくファロフィリアだったのでしょう。

ペニスのサイズに対する飽くなき興味、ファロフィリアに該当する人が往々にして持っているものです。

 

4.黒人とセックスがしたいと思う

逞しい黒人

世間一般的に黒人=巨根というイメージがあり、それは事実です。

ペニスのサイズの世界平均がおよそ13cmなのに対し、アフリカの人々は平均15cm~17cmほどの大きさを持っています。

日本人の平均がおよそ11cmですから、黒人は圧倒的に巨根です。

そんな黒人とセックスがしたいと思う方は、やはりファロフィリアに該当する可能性が高いです。

もちろん、様々な理由があるかと思いますが、一番強いのは「日本人では体験できない巨根と一戦を交えたい」という気持ちでしょう。

興味本位でも、黒人とのセックスが頭によぎった経験がある方は、ファロフィリアなのかもしれません。

 

5.巨根を挿入した時の圧迫感や痛みにすら興奮する

普通、巨根を挿入した際の痛みや圧迫感は嫌われます。巨根とのセックスは女性にすれば負担のかかることなので、一般的には巨根は人気がありません。

プロであるAV女優の中にも、アソコのサイズがデカすぎる男優さんに共演NGを出す人がいるぐらいですからね…。

しかし、ファロフィリアの方は挿入時の痛みや圧迫感ですら、好意の対象になるのです。

痛みは普通の人と同じく感じるのですが、その痛みに興奮したり酔いしれるのがファロフィリアの特徴となります。

巨根

https://twitter.com/BhutJolokia_/status/1437778074276450311?s=20

じゃあファロフィリアにはMが多いのかと思うかもしれませんが、そういうことでもありません。ムチやビンタなどのSMプレイから発生する痛みは、ファロフィリアにとって興奮の対象になりません。

SMでするような痛みを伴うプレイは嫌いだけど、巨根を挿入した時の痛みは好き」というのが、ファロフィリアの嗜好なのです。

 

6.巨根によるイラマチオ願望が強い

バナナをくわえる女性

ファロフィリアの方は、通常の挿入以外にも巨根を感じられるプレイを好む傾向があります。

ノドに入りきらないほどのペニスを強制挿入されるイラマチオは、挿入以外で巨根を感じやすくファロフィリアには人気のプレイです。

優しい愛撫より、イラマチオをした方が巨根を濃厚に感じることができるプレイの方がファロフィリアには好まれます。

また、ここで重要なのは「巨根」によるイラマチオ願望があるという点です。巨根かどうかは問題ではなく「イラマチオされたい」と思う場合は、単純にMかイラマチオ好きかのどちらかになります。

過去、パートナーとセックスしている最中「キスや愛撫なんかいいからイラマチオされたい!その方が巨根を楽しめるのに!」と思ったことはありませんか?

巨根によるイラマチオ願望があるなら、ファロフィリアの可能性大です。

 

7.動物の巨大なペニスが好き

馬や象、クジラなど、とにかく巨大なペニスが好きな方はファロフィリアである可能性があります。

人間では飽き足らず、過去に馬や象のペニスについて検索した経験はありませんか?

また、動物のペニスを楽しめる獣姦も、一部のファロフィリアには人気が高くなっています。実際、以下のツイートのように獣姦と巨根好きがセットになっていれば、ファロフィリア確定と考えても問題ありません。

巨根

https://twitter.com/pixivwiseman/status/507434146616967168?s=20

人間離れした動物のペニスを魅力的に感じるのは問題ありませんが、勢い余って現実でも獣姦をしないよう気をつけましょう…。

 

8.巨大なペニスっぽいものにも目がない

ペニスのような形をした巨大な石など、巨根を彷彿とさせるものについつい視線を送った経験はありませんか?

ファロフィリアに該当する人というのは、とにかく巨大なペニスっぽいものには目がないのです。

これが加速すると何を見ても巨根が想起され、もはや日常生活がままならないということだってあり得ます。

また、旧石器時代などには、男性の性器を象った石棒が信仰儀礼の道具として使用されていました。これがファロフィリアと直接関係があるかは不明ですが、遠い昔から巨大な性器には何か人を惹きつける神秘的な力があったことは事実です。

石や木などを見て興奮するのは自由ですが、あまりにも顕著になると何かしらのトラブルが起きる可能性もあるのでほどほどにしておきましょう。

 

9.フィストファックに憧れる

フィストファックとは、膣や肛門に腕を挿入する行為のことです。

ペニスの何倍も太い拳の挿入ということで、身体への負荷はかなり高いプレイ。一般的には敬遠されるのが当然ですが、ファロフィリアの中には「とにかく太いものを」ということで憧れたり実践する人もいます。

ここまでくるともはや巨根が関係なくなってしまいましたが、「太いものを挿入したい」という欲求はファロフィリアに共通する心理。

フィストファックへの憧れは、ファロフィリアの中でも稀な傾向なので、心当たりのある方は要注意です。

 

巨根好きもほどほどに…

ファロフィリアは異常性癖と分類されてはいますが、人に迷惑をかけるようなものでは決してありません。

しかしながら、巨根とのセックスなどで自分の身体を傷つける可能性は高いといえます。

性癖なので仕方ない部分はありますが、過剰な巨根好きはやはり危険です。

ほどほどの大きさやプレイで満足できることが一番望ましいでしょう。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※本記事内掲載のTwitter等SNS投稿の削除依頼はコチラよりメールでお願いします。3営業日以内に対応いたします。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事