ペニスって大きく出来るの?増大に関する気になる6つの質問

公開日:2019/03/19
更新日:2019/07/14

ペニス増大は可能なのか

ペニスのサイズは男性なら誰でも気になるでしょう。
自分のサイズが平均くらいなのか、小さいのか、大きいのか。
ペニスを増大する方法はあるのか?
そこで今回はサイズを気にする男性が知りたい6つの質問に回答します!

  • 記者 WRITER
    江原 まさと(STERON編集部)

小さいペニスは良くない事なのか

疑問

男性にとってペニスのサイズとは自信を示すものとして大切なものでしょう。「大きくて力強い勃起ができる」というだけで、なんとなく力が湧いてくるものですね。

ペニスが小さいことにネガティブな印象を抱く男性が多く、「大きくしたい」、「どうすれば増大できるのか」などとググる男性はたくさんいます。

もちろん男の自信や女性に堂々と出来る以外でも、ある程度のペニスのサイズを持つことにはメリットがあるのです。

医学的な目線からペニスのサイズ向上を見た場合、一番のメリットは不妊のリスクを低下させられること。女性の膣の深さはおよそ8cmとされています[1]。つまりそれよりも勃起時のサイズが小さい場合は、子宮に精子が届く可能性が極端に低下してしまうのです。

実際に7cm未満のペニスはマイクロペニスや小陰茎症[2]と呼ばれ、治療を受ける事が推奨されています。

 

ペニスの平均サイズはどれくらい

サイズを測る

日本人と世界のペニスの平均サイズは約13cmです。外人はペニスのサイズが大きいと言われていますが、実は世界平均は日本と同じ約13cmなのです。

 日本世界
ペニスの長さ13.56cm13.12cm
ペニスの直径3.18cm3.5cm

アフリカやヨーロッパ諸国の男性のペニスサイズは世界的にも非常に大きい事が報告されていますが、アジア諸国なども含めたときに日本人のサイズは自信を持っても良い大きさなのです。

▼サイズについてより詳しく知りたい場合はこちらの記事をご覧ください。

あなたのペニスは本当に小さい??日本人の平均サイズと女性の希望サイズ

 

女性が理想とするサイズは

女性の理想

他人のと自分のペニスサイズを比較したくなる気持ちをわかります。

しかし本当に重要なのは女性が理想とするサイズを理解することです。ウェブ上で女性を対象に行われたアンケートでは、女性の理想のサイズは13.7cmと出ています[3]。つまり、女性が理想とするサイズは平均よりも少し大きいくらい。

「とにかく大きいのが正義!」と思われがちですが、大きすぎても女性は良い印象を受けません。逆にサイズが大きい事によって、挿入時にお互いの痛みの原因となり気持ち良いセックスは困難になることもあるんですよ。

 

昔よりも小さくなる事はあるのか

下半身の悩み

若いころと比較して、ペニスのサイズが小さくなると感じる男性がたくさんいるのは事実です。年を取ると共に、筋力の低下や血行の悪化により、性的な刺激を受けても昔のように十分なサイズに勃起しないケースがあります。

まだまだ若い場合でも運動不足や喫煙、肥満など日頃の生活習慣によっては勃起時のサイズの低下や、ED等で悩む場合も珍しくはありません。

また、前立腺の手術ペニスもが小さくなる原因の1つです。手術はもちろんのこと、前立腺肥大の治療薬もペニスを小さくすることがわかっています。

脂肪は物理的にも視覚的にもペニスが小さくなる原因。特に下腹部に脂肪がついている場合、ペニスはより小さく見えるでしょう。

▼ペニスが小さくなる原因についてはこちらの記事をご覧ください。

ペニスが小さくなる7つの原因【医師監修】

 

ペニスの増大は可能なのか

ペニスのサイズを測る女性

「女性の理想は平均的なサイズである」と言われても大きくしたいと思う男性は多いでしょう。実際にペニスを増大させることはそもそも可能なのでしょうか。答えは「可能ではあるが、期待しすぎは厳禁」です。

勃起とは、海綿体に血液が流れ込むことによって発生します。つまり、海綿体の最大サイズが勃起の最大サイズとなるのです。しかし海綿体の成長は10代後半で止まる人がほとんどです。そのため、成人後にいきなり海綿体が大きくなることは期待できません。

ただし血流の改善やテストステロン量を増やすことで、勃起時のペニスを昔のように大きく、硬く出来る可能性はあります。これらの方法は中折れや勃起力低下の改善にもつながるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

ペニス増大に効果的な4つの方法

ペニスを大きくする主な方法は主に次の4種類です。いずれも100%安全で劇的にサイズを大きくするような方法ではないので注意しましょう。

 

その1:ペニスを自分でマッサージする

マッサージを受ける男性

マッサージでペニス周辺の血行を促進させ、末端神経までしっかりと血液が行き渡ることで、結果的に勃起時のペニスサイズを大きくする方法です。ジェルキングやミルキングなど、いくつかのマッサージ法があります。

自宅で直ぐに出来る簡単な方法ですが、あまり強く握り過ぎたり、長時間行う事により逆に勃起力を低下させてしまうリスクもあるので注意しましょう。

 

その2:増大アイテムを利用する方法

ペニス増大ポンプ

ペニスのサイズを大きくするため増大器具と呼ばれる商品があります。

例えばエクステンダーという商品はペニスに装着し、少しずつ伸ばす方向に圧力をかける機械です。また、ペニスの増大パンツなども存在します。通気性の高さや血流の促進効果などの機能性を利用して、勃起力の改善を目的とした商品です。

 

その3:増大サプリ(精力剤)を利用する方法

サプリメントを利用する男性

もちろん体の中から体質を変化させるサプリメントもあります。いわゆる増大サプリと呼ばれる商品です。

明確に増大サプリや精力剤として認定されている商品は存在しません。主に精力の源であるテストステロンの分泌促進や下半身の血液循環機能の改善効果により、勃起力を強くする事が目的です。飲むだけ塗るだけでペニスが劇的に伸びたり、太くなるような商品ではありません。

主にアルギニンやシトルリン等のアミノ酸やミネラル分など天然の成分が原料であるため、副作用のリスクは少ない健康サプリの一種です。

▼自信増大に効果的なサプリについてはこちらの記事をご覧ください。

【増大サプリランキング】選び方と効果に基づくおすすめ10選

 

その4:クリニックでの増大手術

手術

小陰茎症などで物理的に生殖機能に悪影響を及ぼす場合は泌尿器科で治療を受けることができます。ただし対象はペニスのサイズが7cm未満の場合のみです。

平均程度の大きさや、少し小さいくらいの人が受けることができる増大の処置は、「ヒアルロン酸注入」や「脂肪注入」になります。いずれの方法も多少のリスクが伴い、実際に死亡事故も発生しています。

また、ヒアルロン酸や脂肪注入の効果は数ヶ月程度。徐々に体内に吸収されてしまうため、徐々に効果が失われていきます。

これらの増大手術は最も効果を感じやすく、簡単な方法ではありますが、継続性や手術のリスクを考えるとあまりおすすめできる方法ではありません

▼増大手術の危険性についてはこちらの記事をご覧ください。

ペニス増大手術の失敗の確率は?事例と注意すべき事

 

健康的な血流を取り戻す事が近道

血流改善

ペニス増大を目的とした方法や商品はたくさん存在します。しかしペニスの成長が20歳前後で止まっている以上、いずれの方法でも劇的に大きくするのは現実的ではありません。

特に増大器具や手術などはペニスに深刻なダメージを与え、勃起機能を失ってしまう可能性もあります。

ペニスを大きくしたいのであれば、若いころのような力強い勃起力を取り戻すことが重要です。そのためにはテストステロンを増やし、健康的な血液循環機能を取り戻すことが効果的。

▼若々しい勃起力を取り戻す方法はこちらの記事で詳しく説明しています。参考にしてくださいね。

ED改善に効果的な方法11選!若い頃の勃起力を取り戻す

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITER江原 まさと(STERON編集部)

    STEORN編集部
    「性をロジカルに」をモットーに記事を執筆。これまで感覚的に語られてきた”性”というテーマを学術的・科学的根拠に基づいて伝えていきたい。ティーコンシェルジュの知識を活かし、健康問題の解決に向けたハーブティーのブレンドもこなす。

FOR YOUあなたにおすすめの記事