増大サプリや器具をおすすめしない5つの理由

2019.01.27

女性が断る

男性であれば誰でも気になるペニスのサイズ。
そんなサイズが増大するといったサプリやクリームの広告をよく目にしますね。
本当に効果はあるのでしょうか?増大商品を冷静に分析します。

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    HIROKI

大きいのが正義!と言わんばかりに雑誌やネットでペニスの増大サプリやクリーム等の広告を目にします。

男性であれば誰でも自分のペニスをより大きく、より硬くしたいと考えるのは当然の事でしょう。

増大サプリやクリームの口コミには1カ月で5cm大きくなった、太くなったといった内容のものを見ますね。なんか怪しいなとは思いつつ、男性であれば一度は試してみたいと思ってしまう。そんな男性の好奇心を突く商品が増大サプリです。

増大サプリやクリームは本当に効果があるのでしょうか?医学的な根拠に基づき、効果を解説します。

 

増大サプリとは

ペニスのサイズ

増大サプリやクリームという明確な定義の商品はありません。なぜならこれらの商品は医薬品ではなく、健康食品の扱いのため、ペニスが増大するといった効果効能を記載することが出来ないからです。

つまりよく広告や口コミで目にする増大サプリとは、利用者や商品を宣伝している第三者にそう呼ばれているだけなのです。

もちろん何の効果もない商品というわけではなく、性機能の改善に有効な成分を含んでいるサプリがほとんどです。

とはいえ、飲むだけ、塗るだけで、ペニスが何センチも長くなるのかと聞かれると、そこには疑問点がたくさんあります。

今回はよくネットや広告で目にする「短期間でペニスが劇的に大きくなる」といった口コミに対して、医学的根拠に基づき、冷静な分析をします。
あくまで第三者の口コミに対する冷静な分析であり、商品に対する否定ではありません。

 

注意が必要な理由5つ

今回ペニス増大サプリを利用する前に注意をして欲しい一番大きな理由として、誇張表現があります。

もちろん増大サプリと呼ばれる製品の多くには、精力や性機能を向上させる有効成分が含まれています。しかし、口コミに関しては飲むだけ塗るだけでペニスが長くなるといった、誤解を招いてしまうものがたくさんあります。

なぜこのような口コミに注意すべきなのか、その理由5つを紹介します。

 

配合成分

サプリの成分

増大サプリやクリームの主な成分はアルギニンやシトルリンといったアミノ酸です。

これらの成分を摂取する事により、ペニスのサイズが増大するような医学的な根拠はありません。医学的な根拠のあるアルギニンやシトルリンの効果効能は、体内の一酸化窒素(NO)の分泌を促進する事による、血流改善です。

それではなぜ増大サプリにはアルギニンやシトルリンが多く含まれているのでしょうか?

その答えは血液の循環機能促進によるED(勃起不全)の改善効果です。

勃起力低下は生活習慣や年齢により、若いころよりも血液の循環機能が低下している事が原因となるケースが多いのです。そのため、アルギニンやシトルリンを摂取して、血流を改善する事により、性的な刺激を受けたときに下半身にいつもよりも豊富に血液を送る事が出来るようになります。

このメカニズムを利用して、勃起時のペニスをより硬く、大きくするための商品が作られています。

つまり増大サプリの主成分はペニスを長くするのではなく、勃起力を高める事により、若いころのようなサイズや硬さを取り戻すメカニズムなのです。

 

安全性

怒っている医師

続いて増大サプリの安全性についてです。基本的に増大サプリの主成分であるアルギニンやシトルリンはアミノ酸の一種で、医薬品ではないため、副作用の心配は少ない、安全性の高い成分です。

注意をしてい頂きたいのがペニスを大きくする効果があると噂をされいてるエクササイズ(チントレ)です。

手で行うものと、器具を使うものが存在増す。いずれもペニス周辺の血液の循環を高めるためのマッサージ効果しかなく、ペニスが長くなる医学的な根拠は存在しません。

ペニスや睾丸を刺激すると、細胞組織を痛めてしまい、EDの原因になったり、精子の量を減らしてしまうリスクもあります。

 

ペニスの成長期

ペニスの成長

体と同じようにペニスにも成長期というものが存在します。

幼稚園児のころは小さかったですが、大人になるとサイズが大きく、太くなります。そんなこともあり、ペニスはまだまだ成長するのでは?と期待する方も多いでしょう。

ペニスの成長期は基本的には思春期と同時に始まり、20歳前後で成長が止まる事が多いです。男性ホルモンを増やす事により、サイズを大きくするのに成功した事例もありますが、かなりレアなケースでしょう。

 

手術でも困難

手術

サプリやクリーム、チントレ以外で増大効果があるのでは?と噂されているのが手術です。

ペニスの増大手術と呼ばれるものは主に3種類あります。

  • 脂肪吸引:ペニスの根本の脂肪を吸引して、長く見せる手術
  • じん帯切断:ペニスと恥骨の間にあるじん帯を切断して長く見せる手術
  • 脂肪の移植:ペニスに体の他の場所の脂肪を移植する手術。(自然に体に吸収されていしまうので持続的な効果はない)

しかしいずれもサイズを大きくすのではなく、大きく見せる、もしくは一時的に太くする効果のものがほとんどです。

また、増大手術には失敗事例も多々あり、一生性機能を失ってしまった患者さんもいるため、細心の注意が必要です。

 

医学的な根拠

医師が反対

ペニス増大サプリやクリームに口コミほどの効果がない一番大きな理由は、やはり医学的な根拠が少ないことです。

増大系の方法や商品のほとんどが、血液の循環機能の改善による勃起力アップを目的とした商品です。飲むだけ、塗るだけでペニスが長くなる、太くなる効果のある成分は医薬品でもないでしょう。

 

おすすめしたい方法

精力を高める

今回は増大サプリの効果に関する口コミを冷静に分析しました。飲むだけで勃起時でもないペニスが劇的に大きくなるような効果のある商品はないでしょう。

しかしもちろんアルギニンやシトルリンといった成分には血液の循環を促進して、性的な刺激を受けたときに、より多くの血液をペニスに送る効果はあります。つまり劇的にペニスのサイズを大きくする効果はなくても、若いころのような勃起力やサイズを取り戻すことは可能です。

若いころのような精力や勃起機能を取り戻すために効果的とされている成分を紹介します。

  • 性欲:亜鉛、マカ、バイオペリンなど
  • 勃起力:アルギニン、ランペップ、シトルリン、クラチャイダムなど
  • 健康的な精子:亜鉛、セレン、コエンザイムQ10、ビタミン群など

これらの成分は勃起機能など精力向上だけではなく、体の健康の維持促進にも非常に効果的な天然成分です。

日頃から心身ともに健康でいる事が性機能改善には一番効果的です。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERHIROKI

    STERON編集部
    メディカルハーブコーディネーター資格保有者
    漢方や天然の食材の効果、効能に関する専門家として天然由来成分の男性機能への影響を日々調査、研究している。STERON記者として自然療法の知識を活用したメンズヘルスケア関連の記事を執筆、監修している。アメリカに留学した経験があり、海外のヘルスケアにも精通。

FOR YOUあなたにおすすめの記事