精子を飲むと妊娠する噂は本当?実は妊娠リスクのある行為4つ

2019.02.14

妊娠に関する疑問を持っているカップル

精子を飲むと妊娠する噂は本当なのでしょうか?
コンドームを付けていれば避妊は完璧に出来るの?
意外と知られていない妊娠のリスクのある行為を紹介します。

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    HIROKI

男性も女性も想定外の妊娠は避けたい状態の一つでしょう。

女性にとって、子供を授かるということは人生における大きな転換点ですし、中絶を選択した場合、体を傷つけてしまうリスクもあります。

男性からしても、仕事やプライベートに集中をしたい時期に、パートナーが意図せず妊娠をしてしまったら素直に喜べないでしょう。

想定外の妊娠を避けるためにはもちろんコンドームを利用がマスト。

しかし、挿入時以外はコンドームを付けていない男性は意外と多いです。

それは、挿入しなければ、妊娠しないと考えているから。しかしながら、事実は少し異なります。

そこで今回は挿入時以外で妊娠の危険性がある行為を紹介します。

 

精子を飲む(ゴックン)と妊娠する?

精子を飲む女性

多くの男性の夢のプレイの一つでもある「パートナーが精子を飲む」行為。

実は、女性の意見では好きな男性の精子だとしても、飲む行為には抵抗を持っている人が多いようです。

しかしアダルト動画では頻繁に行われる行為であることから、パートナーの女性にお願いしたことのある男性はかなり多いのではないでしょうか。

ちなみに、こんな噂を聞いたことはありませんか?

精子を飲むと妊娠する可能性がある

精子が生存するには一定の湿度が必要とされています。人間の体のほとんどは水分なので精子が生存するのに適した環境には思えます。

実際に精子を飲む事により妊娠する可能性はあるのでしょうか?

安心してください。アメリカの医療サイトのYoung Men’s Healthによると、精子を飲む事による妊娠はないと明言をしています[1]

消化器官と卵巣は繋がっていないことがその理由です。口から侵入した精子が、消化器官内で生存することは不可能とされています。

精子を飲むと妊娠するという噂はあくまでただの都市伝説です。

しかし精子を飲むことによるリスクはあるので注意しましょう。例えば、性病感染や精液へのアレルギーを発症することもあります。

 

実は妊娠のリスクがある行為4つ

精子を飲む事による妊娠の可能性はありません。しかし、安全だと思っていても実は妊娠の可能性がある行為があります。

意意外と知られていない妊娠リスクのある4つの性行為を紹介します。

望まない妊娠を避けるためにも危険性の高い行為をしっかりと理解しておきましょう。

 

射精前にペニスを抜く

精液が垂れている

コンドームを持ち合わせていない時や、より強い刺激を求めるとき、どうしてもコンドームを付けずに挿入した経験があるのではないでしょうか。

「膣内で射精しなければ妊娠のリスクはないだろう」。こう考えて、コンドーム無しで挿入してしまうのではないでしょうか。

実は、途中まで生で挿入して、射精直前だけペニスを抜く行為でも妊娠する可能性は十分にあります。なぜなら、射精前から精子が漏れていることがあるからです。

射精前に尿道から分泌されることがある我慢汁(カウパー腺液)にはもともと精子は含まれていません。しかし精管から漏れ出した精子がカウパー腺液に混じってから体外に出る可能性は多いにあります。

成城松村クリニックの松村病院長は次のように説明をしています。

カウパー腺液自体には精子は含まれていません。ただ、精子は精管の膨大部というところに蓄えられているのですが、そこから漏れ出た精子がカウパー腺液に混入することがあります。精子も一定数ないと妊娠には結びつきにくいですが、カウパー腺液に混じった精子によって妊娠する可能性は否定できません(出典:NEWSポストセブン

より気持ちの良いセックスを求めるのは理解できますが、妊娠のリスクをしっかりと分かったうえで行為を行うようにしましょう。

 

膣外部に精液をかける

違和感を感じる女性

基本的に女性の膣内に精子が入り込まない限り、妊娠することはありません。

そのため、素股やその他の女性の体の部位にペニスが触れるだけでは、妊娠することはないでしょう。

しかし注意が必要なのは女性の膣の入り口付近に精液が付着してしまうことです。なぜなら、膣の入り口に付着した精液が膣内に侵入してしまう可能性があるから。この場合、妊娠の可能性はゼロとは言い切れません。

特にお酒を飲んでいる時は、判断力が鈍っているので注意をしましょう。

 

アナルセックス

女性のお尻

精子を飲むことでは妊娠しないように、アナルに精液が入っても妊娠することはありません

アナルと卵巣はもちろん繋がってはいないからです。しかし、アナル内で射精された精液が垂れることで、女性の膣内に侵入する可能性はあります。

女性のアナルと膣入り口は多くの男性が考えているよりも近くに位置しているので、アナルから流れ出るとすぐに到達してしまうことに、注意しましょう。

アメリカの医療サイトの「WebMD」によると、アナルセックスによる妊娠の事例は報告されていないが、理論上はありえるとコメントをしています[2]

 

コンドームは100%ではない

欠陥のあるコンドーム

コンドームを付けていれば絶対に妊娠はしないだろうと思っている男性は多いのではないでしょうか。

実はコンドームを付けていても100%妊娠を防ぐことはできません

医療サイトの「Planned Parenthood」によると、正しくコンドームを付けていれば妊娠の予防率は98%、誤った使用方法の場合はなんと避妊率が85%まで低下をしてしまうと発表しています[3]

誤ったコンドームの使用方法は主に次の3つです。

  • コンドームが根本まで装着されていない
  • 自分のペニスに最適なサイズではない
  • 古いコンドームを利用している

ちなみにですが、女性用のコンドームの避妊確率は男性用コンドームよりも低いとされており、正しく付けていても95%、誤った装着方法の場合は79%まで低下するようです[4]

▼代表的な避妊方法と妊娠率のまとめ

 コンドーム低容量ピルリズム法避妊手術
どんなもの?ペニスに被せて使うゴム製の避妊具使用者は女性。女性ホルモンを含んだ錠剤基礎体温から排卵日を予測し避妊の目安にする方法卵管や精管を切るか縛るかする避妊手術法
理想的な使用方法で一年間の避妊率2%0.3%0.4〜5%0.1〜0.5%
一般的な使用方法で一年間の避妊率18%9%24%0.5〜0.15%

 

まとめ:精液を飲んでも妊娠はしない!でもリスクはあるので注意が必要!

精液を飲んでも妊娠することはありません。「妊娠するかもしれない」と考えていたカップルには朗報ですね。

ただし、リスクがゼロではないことはしっかりと理解しておきましょう。

また、想定外の妊娠を避けたいのであれば、コンドームを装着しないセックスはご法度です。

しっかりと装着してセーフセックスを楽しみましょうね。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERHIROKI

    STERON編集部
    メディカルハーブコーディネーター資格保有者
    漢方や天然の食材の効果、効能に関する専門家として天然由来成分の男性機能への影響を日々調査、研究している。STERON記者として自然療法の知識を活用したメンズヘルスケア関連の記事を執筆、監修している。アメリカに留学した経験があり、海外のヘルスケアにも精通。

FOR YOUあなたにおすすめの記事