射精後の疲労感を軽減する4つの方法

2019.01.16

射精後の疲労感を回避する

一度味わったらやめられなくなる射精時の快感。男性のオーガズムはやはりやみつきになりますよね。しかし射精後は倦怠感や眠気に襲われ、何も手につかなくなる…という快感の副作用も生じます。そこで、今回はどうにかして射精の快感だけを味わいたい!という方のために、射精後の疲労感を軽減するための方法をご紹介します!

  • 記者 WRITER
    小澤 アレックス(STERON編集部)

射精後はどうして疲労感や倦怠感を感じるのでしょうか。その理由に迫り、軽減するための方法を解説していきます。まずは疲労感の理由から見ていきましょう。

 

射精後の疲労感を感じる理由

射精後の疲労感を感じる理由は?

射精後に疲労感が発生するのは「プロラクチン」と呼ばれるホルモンが原因です。実はこのプロラクチンが異常に発生することで男性はインポテンツや乏精子症、頭痛、視野障害に陥ったりすることもあります。そもそも性的な興奮は、快楽物質のドーパミンによって生じますが、プロラクチンはこのドーパミン働きを抑えるはたらきも持っています。男女ともに、プロラクチンが分泌されるとドーパミンのはたらきが弱まり、性的な興奮を覚えなくなるのです。

そのため、射精後はドーパミンの興奮作用が抑えられ、女性の体に興味も湧かなくなります。そしてプロラクチンによって倦怠感が引き起こされます。このとき眠気や、まれに頭痛を伴うこともありますが経験はありますか。

余談ですが、女性は授乳期間中このプロラクチンが分泌され続けているため、子育てをしている間は性的な興奮を覚えないといわれています。こうした理由から、男性が射精後に倦怠感や性的欲求の減退を感じるのはプロラクチンが原因であると言えそうです。

また、セックスによる射精とオナニーによる射精でもプロラクチンの分泌量は変化します。セックスによって射精した場合、オナニーに比べて4倍の量のプロラクチンが分泌されたという報告があることから、オナニーに比べてセックスのほうが賢者タイムが長引く可能性があり、倦怠感も強く感じやすいといわれています[1]

 

射精後の疲労感を軽くするための4つの方法

原因がわかったことで、対処の方法も考えられるようになりました。プロラクチンの分泌を抑えることができれば、射精の快感を残したまま倦怠感や疲労感とおさらばできるかもしれません。ここからは実際にプロラクチンの分泌を抑えながら射精するための方法をご紹介していきます。いずれの方法にも「性的な覚醒度を高める」という共通点があります。覚醒度が高まれば、射精後もスッキリしていられるんですね。ぜひこちらの方法を参考に、試してみてください。

 

射精の回数を減らす

射精の回数を減らすことで疲労感の回避

射精の回数を減らすことで、覚醒度を高めることができます。

また、ドーパミンなどの興奮物質は生活習慣によっても増減しますので、毎日オナニーをしていると、週一でオナニーをしている人に比べてドーパミンの分泌量が低下し、各制度が低くなります。もし毎日、もしくは数日置きに一度のペースで射精しているのであれば、射精の感覚を空けることで倦怠感を減少させることができます。

また、倦怠感や疲労感が残っている状態で射精をしてしまうと、翌日にもその倦怠感を引きずることになりますので状況はどんどん悪くなっていきます。オナ禁とおなじ要領で、射精を我慢して期間を空けてみましょう。

 

性機能の改善を図る

性機能の改善による射精後の疲労回避

過度なアルコールを摂取してからセックスやオナニーをすると性的な覚醒度が低いまま射精することになってしまいます。覚醒度が低いと射精後のプロラクチン分泌量も高まりますので、疲労が残りやすくなります。セックスをするときは飲み過ぎないようにしましょう。

また、EDなどの性的な機能不全を抱えていると満足な刺激を得られないまま射精することになりますので、やはり性的な覚醒度は低いままです。性機能の改善には、生活習慣の見直しや治療、バイアグラなどの医薬品、精力剤の服用が挙げられます。

アルギニンサプリで性機能改善!効果効能を解説【医師監修】

 

身体のトータルケア

トータルケアでも射精後の疲労は軽減できる

射精後に疲労感を残さないためには、健康でしなやかな身体を作る必要があります。運動不足を解消し、喫煙や暴飲暴食を避けることで疲労から回復しやすい身体を手にできますので、日頃の習慣を見直して身体のトータルケアを心がけましょう。また、睡眠不足は疲労回復の大敵です、睡眠時間はしっかり確保するようにしましょう。

勃起力は回復出来る!改善のための生活習慣8つ

 

バランスのよい食事

バランスの良い食生活も射精後の疲労回避に有効

栄養のある食事を摂ることで、射精後の疲労感を減少させることができます。サーモンや柑橘系の食品などを口にすると血行が良くなり、疲労回復効果があります。疲労が少ない状態を保つことで、射精後にも疲労が残りづらくなります。

なかなかレトルト食品などではこうした効果が得られないので、最近手軽な食事しかしていないという方はこの機会に食生活を見直してみませんか?

【栄養士が教える】精力向上に必要な6つの栄養素と食材

 

エナジードリンクは射精後の疲労に効果ある?

射精後の疲労にエナジードリンクは効果ある?

徹夜が続く時期や多忙で疲労がピークになったときにはエナジードリンクなどを飲む方は少なくないでしょう。実際に私も飲んだことが多くあります。たしかに、エナジードリンクを飲むことで、倦怠感や疲労感を感じなくなりますよね。

そこで、セックス後の疲労感にもエナジードリンクが効くんじゃないか?考えたことがあるのではないでしょうか。エナジードリンクは疲労感に対しては効果があります。ただし、カフェインの作用で脳が覚醒しているため、疲労感を感じなくなっているだけで疲労を「回復」しているわけではない点に注意してくださいね。

あくまでも、忙しい期間だけ元気を前借りするという意識で飲用するようにしましょう。疲労を感じないからといって「疲れていない」と考えてしまうのはかなり危険です。

 

まとめ:射精後の疲労感は興奮物質の減少が原因

射精による疲労感や倦怠感はプロラクチンが原因、そのプロラクチンを減少させ、疲労を感じにくくするための方法を解説してきました。

どれもすぐに試せて効果的な方法なので、ぜひ今日から意識してみてくださいね。射精は強い快感を伴いますが、その結果として支払う代償がこうした疲労感や倦怠感です。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITER小澤 アレックス(STERON編集部)

FOR YOUあなたにおすすめの記事