【その手があった】セックスしたい時に使える合図15選

公開日:2022/05/17
更新日:2022/05/16

セックスに誘う時、「Hしよう」とストレートに言える人は少数。
しかし、ちょっと工夫すれば自然にセックスの流れに持ち込めるんです。
気負わず簡単に使える合図があったら便利なうえ、円滑で充実した性生活が送れますよね。
今回はセックスしたい時に使える合図15選を紹介します。
早速、今夜から試してみてくださいね!

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

セックスしたいけど言えない…そんな時は合図を送ろう

「セックスがしたい!でも、上手く誘えない…」そんな悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

いくらセックスがしたくても、ストレートに誘うのは恥ずかしいものですよね。

そんな時、さらっと使えて、かつ相手に断られてもあまりダメージを受けない軽い合図があればとても便利です。

お互いの性生活が充実するうえ、普段とは違う誘い方に相手はドキッとする可能性も。

今回は、上手くセックスに持ち込むための15の合図をご紹介します!

 

セックスしたい時に使える合図15選

それでは早速、セックスしたい時に使える15の合図を、1つずつ詳しくみていきましょう。

今日から実行できるものばかりなので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

 

1.枕元にコンドームを置いておく

一番定番の合図であり、最も無難にセックスに持ち込める合図です。

相手の視界にコンドームを入れることで、「セックスがしたい」という意思を誤解なくアピールできます。

加えて、コンドームをきちんと装着するエチケットがあると併せてアピールできる、非常に便利な方法です。

主に男性側に多い合図ですが、女性がしても何らおかしくありません。

また、枕元以外にもお風呂場やベッドサイドなど、色々な場所が合図として使用されています。

中にはテーブルの上にコンドームを置く変わり種もあるようです。

https://twitter.com/katamimi_j/status/1263486370628026368

間接的にではあるものの、セックスの意思を確実にアピールしたい方にはおすすめの合図です。

 

2.マッサージをしてみる/お願いする

ボディタッチをしながら自然にセックスへとなだれ込むために、マッサージほど便利な方法はありません。

コンドームやアダルトグッズを使ってのアピールが恥ずかしい場合は、マッサージからスタートしてみるのも良いでしょう。

実際、「肩や背中を揉んでいたら、いつの間にかエッチが始まっていた…」というカップルはたくさんいるようです。

「自分からエッチを誘うのは恥ずかしいので、『マッサージして』ってお願いすることはあります(笑)。だいたい、肩や背中をもんでもらっているうちに、エッチになだれ込む…というパターンです」
(口コミ引用:PROLO)

自分からマッサージをしてあげたり、逆にマッサージを依頼してみたり。

男女関係なく自然な流れでできるので、とても使いやすい合図ですよね。

アダルトグッズを使ってのアピールに比べて、いやらしさが少ないのもメリットです。

日常の延長でセックスを始めたい方は、ぜひ使ってみてくださいね。

 

3.精力剤を飲む姿を見せる

精力剤を飲む姿を見せることも、一つ有効なアピールになります。

精力剤の用途はセックスしかないため、女性側にも間違いなく意思が伝わるでしょう。

加えて、精力剤を飲んで臨戦態勢に入る姿が男らしくてカッコいいという印象を女性に与えさえします。

ペニスの勃起も促進されるため、非常に充実したセックスが楽しめることは間違いありません。

1つ注意しなければならないのは、精力剤を飲んでいると相手に理解させる必要があることです。

中身を出した箱やラベルをさりげなく相手の視界に入れるなど、工夫しながら精力剤を飲んでいるとアピールましょう。

 

4.お風呂上りに下着を着ない

場所がホテルの場合、大抵はバスローブが用意されています。

お風呂上りに下着をつけずバスローブだけを着れば、セックスがしたい気持ちをさりげなくアピールできるでしょう。

世のカップルの中でもメジャーな合図です。

逆に、お風呂上りに下着を着ていると、セックスをする気がないと受け止められる場合もあるようですね。

https://twitter.com/makunss/status/1494480867489894400

この方法の一番の魅力は、何よりもいやらしさがない点です。

ボディタッチをするわけでもなければ、何かアダルトなグッズを使うわけでもありません。

全くいやらしさを感じさせないため、とても良いムードでセックスを始められます。

付き合って間もないカップルなどには、非常におすすめの方法です。

 

5.ボディタッチをする

ボディタッチもまた、セックスの合図として定番です。

相手の胸や腕を軽く触りながら、いつの間にかセックスへとなだれ込む流れになります。

まずは軽く触っていくのがポイント。

いきなりベタベタ触ると、相手に嫌悪感を抱かれる可能性があります。

徐々にボディタッチの激しさを上げていき、最終的にハグに持っていくなどすれば、もうセックスは目の前です。

ボディタッチは、前戯との境界がとても曖昧です。

だからこそ、「気づいたらセックスが始まっていた」なんて状況を作り出せます。

また男性の場合、いきなり挿入をせずボディタッチから始めれば、女性からの好感度もアップするでしょう。

 

6.イエスノー枕を使う

イエスノー枕とは、人気番組「新婚さんいらっしゃい」の出演者に配られていたグッズです。

セックスがしたい時には「イエス」の面を、したくない時は「ノー」の面を向けておくと、言葉を交わさずともセックスの意思を伝えられます。

バラエティーの悪ふざけのようなグッズですが、意外と世間からは好評。

まず便利であるのはもちろん、遊び感覚で使えるグッズだからです。

https://twitter.com/bainanoka/status/1251090844628553729

そんなイエスノー枕ですが、現在はネットで手軽に購入可能。

価格も2,000~3,000円と、手の届きやすい値段となっています。

セックスの合図としてはもちろん、マンネリ化したカップル間へのスパイスとしてもおすすめのグッズです。

 

7.相手をじっと見つめる

「目は口程に物を言う」と言いますが、アイコンタクトでセックスの意思を伝えてみましょう。

セックスに上手く誘えない方は、恥ずかしさから相手と目を合わせていないケースが多いためです。

しかし、お互いがじっと見つめ合う時間は、セックスに入る前段階としてとても重要。

アイコンタクトは、もはや前戯の一部なのです。

https://twitter.com/vivi_nishi/status/1123072709582155777

また、じっと見つめ合っていると徐々に興奮が高まってきます。

お互いの興奮が最高潮になった段階でセックスを始められるのも、この方法のメリット大きなメリットです。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、恥ずかしさを振り切って相手をじっと見つめてみましょう。

 

8.露出度の高い服を着る

女性限定の方法ですが、露出度の高い服を着るとセックスに持ち込みやすくなります。

谷間が見える服や短いスカートは、やはり男性の視線を誘うものです。

直接的に誘うのが気が引ける場合には、服の露出度でアピールしてみるのも良いでしょう。

実際、露出度の高い服をセックスの合図として使っている女性は少なくありません。

https://twitter.com/SEXeverySEX/status/1235474385667907585

ボディタッチなどを組み合わせれば、ほぼ確実にセックスに持っていけます。

男性の視線をくぎ付けにしている感覚にも浸れるので、セックスに至る過程まで楽しみたい方にはおすすめの方法です。

 

9.次の日の予定を聞く

セックスをした翌日、特に午前中は潰れる場合が多いはず。

したがって、次の日の予定を聞けば、セックスしたい気持ちを遠回しにアピールできます。

相手も恐らく勘付くので、答え次第でセックスできるかどうか決まると言えるでしょう。

相手に予定がなければ、セックスに至れる可能性はとても高いです。

逆に相手に予定があった場合は、無理にセックスを求めても嫌われるだけ…。

予定がある場合は潔く引き下がり、次の機会を待つ方が賢明でしょう。

また、この方法は失敗してもそれほどダメージがありません。

とにかく無難な方法で誘いたい方は、ぜひ試してください。

 

10.足を絡ませる

「ベッドに入ったけどどうすれば良いか分からない…」「良いボディタッチが思いつかない…」

そんな方におすすめなのが、お互いの足を絡ませる方法です。

キスやボディタッチに比べて難易度が低く、かつお互いの興奮を引き出せます。

実際、足を絡ませる仕草は多くの人から「興奮する」と人気なのです。

『足を絡ませてくる仕草はマジでエロい。これされるとマジでムラムラする』(27歳/営業)
(口コミ引用:Woman excite)

さらに、心理学的には足を絡ませる動作は「性的に満足していない」気持ちを表すとされています。

ウッド氏は、もしあなたのパートナーがベッドで足を触れ合わせていたり、絡み合わせているのならそれは感情的に満足していないか、性的に満足していない気持ちの表れだといいます。
(引用:TABI LABO)

つまり、足を絡ませればセックスがしたい気持ちを相手の心にアピールできるのです。

多くの効果が期待できる方法なので、ぜひ一度実行してみましょう。

 

11.部屋の明かりを暗めにする

男女問わず、セックスの時は電気を消す人が多数派です。

電気を消してムードを演出するとお互いの興奮が高まる、などが理由として挙げられます。

したがって、部屋の明かりを暗めにしておくのはとても良いアピールです。

明かりが暗くなり視界がぼやければ、お互いの恥ずかしさを和らげられます。

ただ、話している最中に突然暗くするなど、不自然なやり方は逆に印象を悪くしかねません。

相手がいない時に暗くするなど、さりげない形での実践が大切です。

 

12.相手の布団に潜り込む

ホテルなどでベッドが二つある場合、ずっと別々のベッドに入ってしまうのは良くありません。

相手と距離ができてしまい、セックスに持ち込むのが難しくなってしまいます

隙を見て、相手の布団に潜り込むようにしましょう。

二人で同じ布団に入れば身体が密着し、お互いの興奮も高まっていきます。

同じ布団に入れば、今までに紹介したようなボディタッチやアイコンタクトも可能です。

いわば最も基本的なアピールとも言えるので、中々一歩を踏み出せない方は、同じ布団に入ることからスタートしてみましょう。

 

13.終電をあえて逃す

終電を逃してセックスに持ち込む…AVでよくあるシチュエーションですが、現実でもよく使われている方法です。

家までの距離にもよりますが、終電を逃せば基本的にどこかに泊まらざるをえません。

無理に引き止めるのはNGですが、相手が嫌なそぶりを見せていなければ二人でホテルや自宅に向かいましょう。

この方法は相手に断られる可能性が低いことがメリットです。

終電を逃した相手を見捨ててしまえば、何らかの罪悪感が生じます。

その際に発生した感情が、後のセックスの興奮材料になる場合もあるでしょう。

自宅からは離れた場所で遊ぶ際などには、特におすすめの方法です。

 

14.自分からキスをする

上手くセックスに持ち込めない人ほど、焦ってすぐに挿入しようとする傾向があります。

しかし特に男性の場合、いきなり挿入しようとするのは良い印象をもたれません。

むしろ、軽いキスからスタートした方が、良い流れでセックスを始められます。

事実、男女問わずキスを重視する人はとても多く、キスの相性が悪いと雰囲気が盛り上がらないケースもしばしば。

https://twitter.com/usogamisama/status/1523661018458509314

じっくりとキスをすればするほど、後のセックスもより盛り上がるのです。

セックスしたい気持ちに加え、相手に「好き」という思いを伝えるためにも、キスほど最強の方法はありません。

 

15.ベッド専用の香水を使う

ベッド専用香水とは、セックス時のムード作りのために製造された香水です。

セックスが盛り上がるためには、香りも非常に需要な要素。

身体を密着させた時、相手が汗臭かったりすると気分が萎えてしまいますよね?

ベッド専用香水を使えば、密着した時に相手を興奮させる香りを身に纏えるのです。

現在はネットで簡単に購入できるので、入手に対するハードルも高くありません。

たくさんの香水が売られていますが、「リビドーベリーロゼ」などの商品は特に人気です。

https://twitter.com/ringohimelv1000/status/1510593832089718785

基本的には女性の利用者が多いようですが、男性が使用しても全く問題ありません。

当日は香水を振りかけて、ぜひ充実したセックスを楽しんでください。

 

セックスの合図で充実した性生活を送ろう

直接言葉を使わずとも、それとなくアピールできるセックスの合図はたくさんあります。

むしろ、言葉を使わない方が余計興奮する場合もあるでしょう。

ぜひ今回の記事を参考に、上手にセックスへ誘い、充実した性生活を送ってくださいね!

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事