チンポジの種類全5つと危険性4つ!ベストは上向き下向き?

公開日:2019/06/25
更新日:2019/06/27

ベストなチンポジと種類

男性の永遠のテーマと言えば「チンポジ」。
上向きが良いのは下向きがいいのか。
それぞれの特徴と注意点を紹介します。
チンポジを何処よりも真剣に調査してみました。

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    HIROKI

男性であれば誰でも意識した事のあるチンポジ。専門家や医師からすると馬鹿らしいのか、真剣なコメントや記事はほとんど見当たりません。しかしチンポジは日本だけではなく世界中の男性が気にしているテーマです。

今回はそんなチンポジについて出来る限り真剣に調査をしてみました。ベストなチンポジとは?チンポジの注意点とは?種類と医学的根拠に基づいた注意点を紹介します。

 

チンポジとは

下着を履いた男性

チンポジとは造語で、チンコのポジションを短縮した言葉です。英語では「direction to place penis in underwear」等と表現される事が多いです。

医師や専門家が明確にこのチンポジがベストというコメントや発表をしている論文や専門記事は調査の結果発見する事が出来ませんでした。

ちなみに大手下着メーカのワコールが2016年に行った調査の結果、チンポジにこだわりを持っている男性は全体の55%で、一日にチンポジを2回以上直している人は7割以上いる事が判明しました。つまり大半の男性はチンポジにこだわりを持っているのです[1]

男性がチンポジを気にする主な理由は配置場所によっては違和感や痛みの原因になるからです。ゆったりとした部屋着やジャージを着用している際は大した問題ではありませんが、スーツやタイトなジーンズを履いている際はチンポジによってはかなりの違和感や不快感が発生する場合もあります。

 

チンポジの種類と特徴

まずはどんなチンポジがあるのかと、そのチンポジを行っている男性の感想や意見を調査してみました。

 

1.意識せずに下向き

下向きのチンポジ

日本人で比較的多いとされているのが何もせずにペニスが下向きの状態になっているチンポジです。基本的にはブリーフやボクサーパンツを履いている男性に多いとされています。タイトなスーツなどを着用している場合は、必ずどちらかにペニスが寄ってしまいますが、ゆったりとした服装であればペニスを真下にした状態をキープ出来ます。

基本的には下着を履いていないナチュラルな状態に最も近いため、ほとんどの男性が下向きのチンポジを好む傾向にあります。しかし下向きのチンポジの注意点は勃起した時に目立ちやすいという事です。

いつもはムスコを下に向けてるのに、キツめの勝負下着を履いてきたせいで、ムスコが横を向いているではないかっ!しかも、キツめのパンツだから、パンツとの摩擦で大蛇降臨してしまいそうだ。(引用:Yahoo知恵袋

このようにきつめのアンダーウェアやタイトなスーツを着ている時に勃起してしまうと、かなりの確率で下向きのチンポジの場合不快感を感じてしまうでしょう。

 

2.下向きで左右のどちらかに寄る

左に傾いているチンポジ

下向きの中でも大半の男性のチンポジは左右のどちらかに寄っていると言われています。特に毎日スーツを着て出勤しないといけない男性の場合、必ずどちらかに寄ってしまうようです。

メディアのr25が300名の男性にアンケートを取った結果、左向きは38.7%で右向きは23%とかなりの割合で左向きに寄っている傾向があります。

医学的な根拠はないようですが、「名古屋山の手形成クリニック」の 鈴木院長はオナニーをする際、日本人のほとんどは右手を使うため、無意識のうちに左側に押し込んでしまっている事が影響しているのではとコメントをしています。

普段と違う方向にペニスが寄ってしまう事はかなりの違和感や不快感に繋がるため、チンポジを修正するケースのほとんどはこの左右の入れ替えと言えます。

 

3.上向きで固定

上向きの真っすぐのチンポジ

同じくr25の調査結果によると、15.7%の男性はペニスを上向きの状態で固定しているそうです。上向きはタイトなボクサーパンツやブリーフタイプなど伸縮性の強い生地の下着の場合に可能なチンポジです。

上向きのチンポジを好む人の意見を調査してみました。

自分は上向きにしてます。そのほうが勃起したときに、目立ちにくいし、窮屈じゃないから。これは自論ですが、下向きにすると、チンポが圧迫されて形が曲がるのではないか?と思っています。(引用:Yahoo知恵袋

私も上ですよ。普通じゃないのかな?気にもしてませんでした。一番落ち着くでしょ。(引用:Yahoo知恵袋

上向きで固定している男性の感想を見る限り、最も多かったのはやはり勃起した時に目立ちづらいという理由です。しかし勃起の角度は人によって異なるのであまり上向きに立たない人にとってはメリットはないかもしれませんね。

 

4.上向きで左右どちらかに寄る

上向きのチンポジ

上向きのチンポジも実は種類が複数あり、左右のどちらかに寄せている男性が多いようです。上向きで固定はしていたいものの、勃起した時にパンツから飛び出てしまうのが不快なため左右どちらかに寄せて配置しています。

俺はローライズボクサーパンツ穿いてます。チンコは真上に収めたいんだけど、上からはみ出そうになるんで、右斜め上方向に収めてます。上方向でいいんじゃないすか?
中には下方向にチンチン収める人もいるみたいっすけど、勃起したらつっかい棒みたいになって、パンツの中で窮屈になって痛いと思います。(引用:Yahoo知恵袋

フィット感のあるローライズタイプの下着を好む男性や勃起した時のペニスのサイズが大きい人にとってはベストなチンポジのようです。

 

5.その他

全裸の男性

かなりの少数派ではありますが、パンツを履く事自体に違和感を感じるためノーパンを好む男性もいるようです。今回紹介した4つのスタンダードなチンポジ以外の位置を日頃からキープしている男性は0.7%程はいるようです。

 

チンポジと関わりの高い危険性

基本的に医学的な根拠に基づくベストなチンポジというものは存在しません。しかし最適なチンポジを探すうえで意識すべき点はあります。無理やりチンポジを変える事には様々なデメリットが存在するのです。

 

痛みや違和感の原因

下半身の痛み

まずやめた方が良いチンポジとして挙げられるのが痛みや違和感を感じる配置です。痛みや違和感を感じているという事は体が危険信号を送っているという事です。

特に亀頭は粘膜質で出来ており男性の体の中でも最も敏感な部位です。亀頭周辺の皮膚は体の中でも非常に薄く傷付きやすいため、痛みを感じる場合はそのチンポジはベストではないという事です。

また亀頭の痛みだけではなくペニスに違和感を感じる場合も注意が必要です。日本新薬によればペニスの動脈の太さは約1mm程度と、心臓(3~4mm)や脳の動脈(5~7mm)よりもはるかに細く繊細なのです[2]。ペニスを無理やり湾曲させてしまうようなチンポジをする事で、ペニス内部の血管にダメージを与えてしまい勃起力低下やEDのリスクになる可能性は大いにあり得るのです。

 

精子の質や量が低下

精子

チンポジを無理やり固定させるために圧迫感が強い下着を着用する事にもリスクはあります。圧迫感の強い下着を履く事により発生しやすい症状が男性不妊です。

圧迫性の高い下着は睾丸に密着する事で周辺の温度を高くしてしまいます。実は精子にとって高い温度は天敵なのです。精子は熱に弱く、正常な精子を保つ最適な温度は体温よりも低い35度と言われています[3]

また睾丸を圧迫してしまう行為も非常に危険視されています。BBCの発表によれば、タイトなウェアを履いて長時間自転車にのるアスリートは通常の男性よりも圧倒的に健康な精子の量が少ないそうです[4]

アメリカの大学(Colorado State University)によれば精子生成のサイクルは74日から約120日とされています[5][6]。そのため数カ月ほど意識する事で男性不妊を改善出来るケースは多いですが、無理やりキツイ下着を着用する事には危険性もあるのです。

 

会陰圧迫による勃起不全

ストレスに悩む男性

ペニスから肛門の間の会陰と呼ばれる部分には勃起に重要な血管がたくさん詰まっています。手術以外でもこの会陰周辺に強い圧力や刺激が加わってしまう事により、立ちが悪くなる事は良くあります。

つまり無理やり上向きに固定するために小さいサイズや圧迫性の強い下着を着用する事で、勃起力が低下しています事もあるのです。健康的な強い勃起力を維持するためには出来る限りナチュラルな状態を維持する必要があるのです。

 

悪臭の原因になる

匂いを気にする女性

無理やりチンポジを固定するために密着性の高いパンツを履く事で発生するリスクは性機能の低下だけではありません。最も注意すべきはペニス周辺の湿度が高くなる事による匂いの発生です。

匂い以外にもペニス周辺の湿度が高くなる事で菌が発生しやすくなり、皮膚病の原因になってしまう事もあります。チンポジ以上にペニス周辺の清潔感を保つ事は大切です。

 

ゆったりとしたパンツがベスト

男性向け下着

ベストなチンポジは人によって異なります。上向きでも下向きでもその人が違和感を感じていないのであれば、問題はありません。しかし無理やり普段と違う方向に固定しようと圧迫性の高い下着を着用するのは危険です。

最近では違和感のないチンポジをキープするために開発された男性向けの下着も販売されています。男性のチンポジにフォーカスを当てた下着を紹介します。

 

ワコール:肌側ポジフィット構造採用パンツ

ワコール独自のクロス構造(特許取得)により歩幅が広いエクササイズ歩行への変化が期待できるパンツ。ムレ軽減や熱や湿気を逃がす構造が導入されている下着です。チンポジが気になる男性からダントツ1位の人気を誇ります。

 

グンゼ:通気性にこだわったBODY WILD

腰・裾切りっぱなしでウエストゴムをなくした事で解放感にこだわったのがAIRZ(エアーズ)シリーズの特徴。低圧力なのでベストなチンポジをキープしつつ、ペニス周辺へのダメージを軽減できるのが特徴。

 

【まとめ】ベストなチンポジとは

チンポジを無理に直す必要はありません。確かに毎日維持しているチンポジによって勃起の角度やペニスの傾きに変化が発生する可能性はあります。

しかし無理やり違和感や不快感を感じるチンポジに矯正する事には勃起力低下や男性不妊等のより深刻とも言えるデメリット発生のリスクがります。

出来る限り自然な状態をキープする事が健康で大きく強い勃起を維持する一番の近道です。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERHIROKI

    STERON編集部
    メディカルハーブコーディネーター資格保有者
    漢方や天然の食材の効果、効能に関する専門家として天然由来成分の男性機能への影響を日々調査、研究している。STERON記者として自然療法の知識を活用したメンズヘルスケア関連の記事を執筆、監修している。アメリカに留学した経験があり、海外のヘルスケアにも精通。

FOR YOUあなたにおすすめの記事