-->

ハイヒールに興奮したらM?ヒールフェチ男子の心理7つ

公開日:2021/04/06

    Mな男に多いハイヒールフェチって一体何?

    ハイヒールは、女性ならではの曲線美を強調してくれる素敵なアイテムですよね!

    ハイヒール

    少し筋肉質なふくらはぎ、柔らかそうな太もも、引き締まった足首…。思わず触れたくなるような魅力があります。

    そんなハイヒールにフェチを感じる男性は多数!

    彼らはハイヒールの持つ上品でサディスティックな雰囲気にエロさを感じるです。

    ハイヒール フェチ

    https://twitter.com/Sonic_758/status/990360907191468032

    確かにハイヒールを履いているのは「セクシーで強い女性」という印象がありますよね。

    そしてフェチが成熟するとハイヒールそのものに魅力を感じる人も出てきます。

    中でも人気が高いのは履き古したハイヒール

    すり減ったヒール部分や蒸れた靴の香りがたまらないんだとか。

    ハイヒールフェチです。 履き古したハイヒールを入手する方法をいくつか教えて頂けないでしょうか。(口コミ引用:Yahoo!知恵袋

    M気質な男性を次々と魅了するハイヒール。

    彼らは一体、ハイヒールのどんな部分に惹かれてしまうのでしょうか。

     

    ハイヒールフェチ男性の心理とは

    ここからはハイヒールフェチ男性の心理を7つご紹介します。

     

    1.Sっ気のある女性に踏まれたい

    過激なSMプレイ

    尖ったピンヒールでぐりぐりと踏まれたい…。

    そんな願望を持つ男性は少なくありません。

    Sっ気のある女性にハイヒールを履かせると容赦なしに踏まれます。

    自分の筋肉にめり込んでいく、ヒールが痛気持ち良い

    ハイヒールフェチ

    https://twitter.com/cinaan_s_player/status/1365238923455209472?s=20

    まさに奴隷。

    情けない自分に屈辱感と羞恥心を感じ、常に興奮しっぱなし!

    平たい部分で顔面を踏みつけられるのも、これまた至高

    普段見られない靴裏まで拝めるなんて、ハイヒールフェチにはたまらないですよね!

     

    2.女装を完璧な物にしたい

    赤いハイヒール

    ハイヒールは女性ならではの靴ですよね。

    また、ヒールの高さが高ければ高いほど、男性は女性に魅力を感じます。

    つまり、ただの女装よりもハイヒールを履いた方がより女性に近づける!

    自然と腰もくびれて全体的にしなやかなラインが出せちゃいます。

    ハイヒールフェチ

    https://twitter.com/310310miomio/status/1286097090859302913?s=20

    男性と言われないとわからないクオリティの高さ!

    男とわかっていても、フェチ要素満載で興奮してしまいます…。

    特に艶のある黒いニーハイとハイヒールの相性は抜群ですね!

    女装したことがない男性も、一度試して見る価値があるのではないでしょうか。

     

    3.履いていた女性の匂いに興奮する

    複数の女性の足の匂い

    ハイヒールは見た目の美しさと裏腹に、とにかくめちゃくちゃ蒸れます。

    脱いだ瞬間にもわ〜んと蒸れた香りが充満。

    良い匂いとは言い難いですが、これがまたちょっとクセになる匂い!

    1日中頑張って履いていたハイヒールの香りは格別です。

    ハイヒールで蒸れた足を舐めるなんて、ハイヒールフェチにはご褒美でしかありませんよね。

    足の甲と足裏では香りが全然違います!

    特に指の間のツンとした香りは、さらに興奮を掻き立ててくれますよ。

    ハイヒールフェチ

    https://twitter.com/MISTRESS_nonoka/status/1255342335971528705?s=20

    新品で踏みつけられるよりも、使用済みの方が嬉しいですよね!

    かぐわしい香りを嗅ぎつつ、女王様のお仕置きに身をゆだねましょう。

     

    4.高身長の女性に憧れる

    ハイヒールを履いた長身の女性

    自分よりも背の高いスラーっとした女性が好きな人も。

    モデルのような近づきがたい印象に憧れを抱きます

    それを手っ取り早く叶えてくれるのがハイヒール。

    普通体型の人でもハイヒールを履くだけで、スタイルが見違えるほど良くなります!

    ハイヒールフェチ

    https://twitter.com/6doRiku/status/1371247977541496833?s=20

    背伸びしてるような可愛げも、パリコレモデル風もハイヒールで味わえる。

    つまり、ハイヒールは最高

    さまざまなヒールの高さを試して、目線の違いを楽しみたいものです。

    ハイヒールフェチ

    https://twitter.com/komugikonekone/status/1051836615939616768?s=20

    ハイヒールから伸びる脚の曲線美は格別です。

    モノクロにすると曲線がさらに際立ち、かなりエロティック

    ミニスカから覗く太とももなんて、感謝を述べたくなるほど魅力的ですね!

     

    5.パンストの魅力をより高めてくれる

    蒸れたパンスト

    ハイヒールといえば、パンストは外せません。

    「履いてる意味あるの?」っていうくらい透け透けなパンストは、露出狂のようで超エロいですよね!

    ついつい、通勤途中のOLの太ももに気を取られちゃいます。

    そこに、魅力的なハイヒールが加われば最強の組み合わせ。

    ハイヒールフェチ

    https://twitter.com/kkk_mmm_pansuto/status/1154616764979748865?s=20

    ハイヒールに収まる窮屈な足先がたまりません!

    パンストを脱ぐまでは指の間の換気なんてできないので、匂いも蓄積されています。

    ハイヒールを脱いだ後は、パンストごとしゃぶりつきたいものですね…。

    そこから足コキなんてプランもおすすめ笑。

     

    6.ボンテージとセットで見ていたい

    一本鞭を持つ女王様

    ハイヒールを履くとボンテージがよく映えます。

    エロエロな衣装と攻撃的なピンヒールが視覚をダイレクトに刺激!

    ああ、早くお仕置きされたい…。

    見ているだけで興奮度数が上がっていくのを感じられます。

    ハイヒールフェチ

    https://twitter.com/yumemiramu/status/1369982005681684483?s=20

    やはりハイヒールを履くと、足首からお尻までのラインが素晴らしいですね。

    ペタンコの靴ではこうはいきません。

    黒い網タイツが脚の筋肉の凹凸を際立たせてくれるのもGood。

    ハイヒールフェチ

    https://twitter.com/madixa_toon05/status/1371367538022490115?s=20

    女王様といえば、ブーツハイヒールは欠かせません

    ブーツが太ももまで覆っていて、動くたびにテカテカ光って超エロい!

    一目見ただけで、これ以上ないご奉仕の気持ちが湧き上がってきますよ。

     

    7.ヒールの先端を挿入されたい

    長いヒール

    M男性のアナルにヒールを挿入!

    行き過ぎたハイヒールフェチの終着駅と言っても過言ではないです笑。

    ついには、ハイヒールで物理的に性的欲求を満たしたくなります。

    いきなりは挑戦するのは非常に危険

    アナル拡張をしてから挑むことを強くおすすめします。

    ハイヒールフェチ

    https://twitter.com/SMsecret2/status/1173562910225784833?s=20

    20cmピンヒールの刺激は、言葉に表すことはほぼ不可能!

    アナルに挿入した時、どんな世界が待っているのでしょうか。

    ハイヒールの底力は計り知れませんね。

     

    ハイヒールフェチの人はMより

    ひとえにハイヒールフェチとはいっても、ライトなものからハードなものまでさまざまでしたね。

    グッと来た人はMかも

    そんな自分に蓋をせず、新たな世界に飛び出してみましょう!

    今までとは比べ物にならないほどの充実感が待っていますよ。

    ハイヒールを買って眺めるもよし、仲の良い女性にプレゼントして履いてもらうのもおすすめ。

    ぜひ、ハイヒールフェチの世界を知っていただけたら幸いです。

    ※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

      FOR YOUあなたにおすすめの記事