プロテインで精力はアップするのか?筋トレでモテる6つの理由

公開日:2019/02/08
更新日:2019/07/16

筋トレの後に飲むプロテイン
筋力をアップさせるプロテインには実は精力アップ効果もあります。
プロテインが体に与える効果6つを紹介します。

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    HIROKI

元々アスリートや若い男性が主に飲んでいたプロテインシェイクや粉末

最近では多くの中高年男性もスポーツジムに通っており、若い人も顔負けのストイックなトレーニングをしています。

スポーツジムに通う理由は、健康の維持、筋肉量アップ、スタイル改善など様々です。

しかし根本にはかっこいい体を作って、女性からモテたいという男性らしい理由があるのではないのでしょうか?

そんなモテボディを作るサポートをしてくれるのがプロテインです。プロテインを飲む事により、筋肉量を増やす効果があるのはもちろんですが、実は筋トレとプロテインの組み合わせは精力改善にも効果的なのです。

精力も筋力も女性からモテるための活力という意味では根本は同じです。

 

プロテインの効果は

プロテインとはタンパク質の事

以外と知らない人も多いかもしれませんが、プロテインとは英語で「タンパク質」を指します。

ご存知の通り、タンパク質には人間の筋肉や髪の毛、肌などを作る非常に重要なエネルギー源です。

プロテインシェイクや粉末はタンパク質をより効率的にに摂取するためのサプリメントの一種です。

筋トレをして、筋肉が傷ついたときにエネルギーとなるタンパク質をしっかりと摂取すると、回復をしたときに以前よりも筋肉が大きくなります。

筋肉量が増えるメカニズム

  • トレーニングで筋肉に付加を掛け
  • 筋肉が一時的に傷つき、回復を始める
  • 回復時に栄養(プロテインなど)をしっかりと摂取する
  • 筋肉が以前よりも大きくなる

プロテインを飲むだけでは筋肉量アップには劇的な効果はありませんが、トレーニングとセットで飲む事により、より高い効果が期待出来ます。

また、筋トレとプロテインで逞しい体を作る事には女性からモテるための精力を高める効果もあるのです。

 

プロテイン&筋トレのメリット

体を鍛えて、プロテインを飲む事には一体どんなメリットがあるのでしょうか?
筋肉量を増やす以外の主なメリットを紹介します。

 

性欲を高める

性欲を高める効果

年齢と共に衰えを感じるのはボディシェイプだけではありません。

中高年になってヒシヒシと実感するのが性欲の減退です。

プロテインやたんぱく質が豊富な食材はテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種を高める効果があります。この男性ホルモンが増えると性欲は強くなる傾向があります。

強い精力を持っている男性に必要不可欠なのが、健康的な性欲の強さです。

 

精液の量が増える

精液と精子の質への効果

プロテインを豊富に取って筋トレをする事はテストステロンを増やす効果があります。

このテストステロンを増やすメリットの一つが精子や精液の質向上です。テストステロンの多い男性ほど精子の質(運動率や形状)が高く、精液の量も豊富です。

精子や精液の質と量の低下は男性不妊の原因にもなります。

健康的な精子や豊富な精液の量は精力の強さの表れですね。

 

女性に性的な刺激を与える体臭

テストステロンのフェロモンに振り向く女性

定期的にトレーニングをしており、筋肉量の豊富な男性はテストステロンの量が高い傾向にあります。

アメリカで行われた実験によると、テストステロン量の豊富な男性の体臭には女性に性的な興奮を与える効果がある事が判明したそうです[1]

プロテインによる筋肉量アップには女性からモテる逞しい肉体作りを促進する効果もありますが、実は体臭にもモテ要素を追加してくれるようですね。

 

どんな服でもおしゃれに見える

Tシャツを着ている筋肉質の男性

男性よりもファッションに非常に敏感な女性

とはいえ女性が男性に求めるファッションで一番重要なのがシンプルさらしいです。良く聞くのがジーパンにTシャツ1枚が一番良いという意見です。

しかしTシャツとは男性の体形がもろに見えてしまうファッションです。

もうお分かりですね、筋肉量の少ないガリガリの男性や肥満体形の方はどうやってもTシャツ1枚とは相性が悪いのです。

 

テストステロンは顔つきも変える

男性ホルモンが豊富な男性の顔つき

プロテインに直接顔つきを変える効果があるのかどうかはわかりません。

しかし筋トレとプロテインの摂取による、テストステロン量の増加は顔つきを変える効果がある事がわかっています。テストステロンとは男性ホルモンの一種であるため分泌量が増えると、より男らしい顔立ちになるのだそうです。

主に影響をする部分としては顔周りの脂肪量の低下、眉毛やひげが濃くなる、より屈強な骨格になるなどです。

実際にテストステロン量を増やす取り組みを行ったイギリス人の顔の変化を捉えた動画があります。

実はこの動画に出てくるイギリス人はなんと女性だそうです。より男らしい顔つきを求めて、整形ではなく、テストステロンの注入療法を実施したそうです。

もちろん筋トレとプロテインの組み合わせは、テストステロンを体内に直接注入するほどの劇的な効果はないかもしれません。

しかし、定期的なトレーニングは体内のテストステロン量を着実に増やし、より男らしい外見作りを促進する作用があるのです。

 

より積極的な性格に変わる

活力あふれる男性ビジネスマン

実はテストステロンは体の外見だけではなく、性格やメンタル面にも影響を与えるのです。

テストステロン量の多い男性ほど、より積極的で判断力が高い事がわかっています。

また、海外の研究チームによると、テストステロン量の多い男性はストレス耐性が強く、うつ病になりにくいそうでです[2]

 

精力と筋力の両方を高めるには

精力の強い男

適量のプロテインを摂取する事は筋力だけではなく、スタミナや性欲、精子の質といった強い精力に必要不可欠な能力の向上が期待出来ます。

しかしトレーニング方法やプロテインの種類によっては逆に精力を低下させてしまうリスクもあるのです。

 

ソイプロテインには注意を

筋肉は付けたいけど脂肪は付けたくないという理由で人気な商品がソイプロテインです。ソイプロテインは名前の通り植物性のタンパク質(主に大豆)が原料です。

実はソイプロテインの原料である大豆には女性ホルモンと同様の働きをしてしまう場合があるのです[3]

男性にも女性ホルモンは少量存在していますが、女性ホルモンが一定量を超えてしまうと、性欲低下や勃起力減退(ED)、精液の量低下など、精力減退のリスクがあるのです。

女性ホルモンと同様の働きをする食材としてはビールなどがあります。そのため精力を改善したいと考えているのであれば、ビールを飲む習慣もおすすめは出来ません。

 

こんな運動は逆効果

精力を高める効果が期待出来る運動や筋トレですが、やり方によっては逆効果です。

特に注意が必要なエクササイズが自転車です。自転車のサドルが長時間ペニスと肛門の間の会陰に圧力を与える事により、周辺の組織や血管にダメージを与えてしまう危険性があります。

会陰周辺には性機能の維持に重要な血管などは集中しており、過度の刺激は勃起力低下や、男性不妊の原因になってしまいます。

またマラソンなどの過度の有酸素運動も非常に危険です。体の疲労回復に全てのエネルギーが回ってしまうため、精力が低下するリスクが高いとされています。

 

精力サプリを組み合わせる

筋力を増やすためにプロテインを利用するのと同じ用に、精力を効率よくアップさせるには専用のサプリの利用が効果的です。

メンズサプリや精力剤と呼ばれるサプリメントには男性の性欲を高める効果のある亜鉛やビタミン群、バイオペリン等の成分や、勃起力アップ効果の高いアルギニン、シトルリンといった成分がバランスよく配合されています。

もちろん定期的なトレーニングとプロテインは精力の強い体作りにおすすめです。

しかしより効率よく精力を改善するには、専用のサプリメントの利用が効果的です。精力剤やメンズサプリと呼ばれる商品はプロテインと同様、医薬品ではなく、天然成分が原料なので、副作用の心配も少ないです。

プロテインとメンズサプリで体の外側だけではなく、内側からも魅力的な体質作りをしましょう。

 

筋トレとプロテインは精力アップ効果あり

精力

定期的なエクササイズとプロテインの利用は精力の源になるテストステロン(男性ホルモン)を増やす効果があります。

健康的な肉体を作ることは精力を高めるうえでも非常に大切な事です。

もちろん筋トレ以外でも健康的な生活習慣を送る事が重要です。精力減退は体に異常が起きているサインでもあります。

精力改善のためにも定期的な運動、質の良い睡眠、食事やサプリでしっかりと栄養を取る事を意識してみましょう。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERHIROKI

    STERON編集部
    メディカルハーブコーディネーター資格保有者
    漢方や天然の食材の効果、効能に関する専門家として天然由来成分の男性機能への影響を日々調査、研究している。STERON記者として自然療法の知識を活用したメンズヘルスケア関連の記事を執筆、監修している。アメリカに留学した経験があり、海外のヘルスケアにも精通。

FOR YOUあなたにおすすめの記事