SVAKOM IKERを使ってドライしてみた10つの感想レビュー

公開日:2022/05/15

男女ともに人気のラブグッズブランド・SVAKOMのアナルバイブ『SVAKOM IKER』がヤバすぎると話題になっています!
なんでも、”叩く”機能でメスイキ必至!?なのだとか…。
一体どんな機能か気になりませんか?
今回はSVAKOM IKERの詳細と、実際に使ってみた感想を徹底レビューします!

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

SVAKOM IKERの特徴

近年のアダルトグッズの進化が止まりません!

中でも特にアナルバイブの進化には目を見張るものがあります。

今回ご紹介するSVAKOM IKER』は、世界中でヒットしている超人気アナルバイブ

発売と同時にネットでも話題に!

https://twitter.com/1MK83bwn5akyBws/status/1515706762250366982

ハマリ過ぎて装着したままで寝る男性まで?!

https://twitter.com/lovetoy2020/status/1479802202957180931

この男性は遠隔調教を楽しんでいるようです。

様々な使い方をしていますが、いったいSVAKOM IKERとは一体どんなアイテムなのでしょうか?

まずはSVAKOM IKERの特徴を一緒に見ていきましょう。

 

特徴1.ノック機能がついた新しいアナルバイブ

SVAKOM IKERはノック機能を始めとした最新機能が満載のアナルバイブです!

IKERに搭載されている機能で特筆すべきはやはり『ノック機能』でしょう。

先端が前立腺で指でトントンと叩くように刺激!

まるで指で前立腺マッサージをされているようなリアルな快感はIKERならではです。

これまでのアナルバイブは、ただ震えるか、ローリング機構を備えた超ハイエンドなグッズがほとんど。

そんな中、IKERはまったく違うアプローチでドライオーガズムに導いてくれるためアナラーから注目が集まっているんです!

他にも11種類の振動モードを備えており、しかも5段階で調節可。

そして、SVAKOM IKERは専用アプリをダウンロードすればスマホと同期し、すべての操作をスマホで行えるんです!

Wi-Fi環境さえ整っていれば、どんなに離れた場所にいてもスマホでIKERを制御できるためカップルのプレイにもぴったり。

その上、IKERは完全防水なのでメンテも楽で至れり尽くせり、人気が出るのも当然ですね!

 

特徴2.世界トップクラスのラブグッズブランドSVAKOMの商品

SVAKOM IKERは信頼性の高さも特筆すべき特徴のひとつです。

SVAKOMは2006年に生まれた米国のブランド。

スタイリッシュなルックスと高い性感性を両立したアイテムは世界中ので高く評価されています。

レッドドットデザイン賞やIFデザイン賞を受賞するなど、デザイン性の高さでは他のブランドの追随を許しません。

そしてSVAKOMは、これまでも数々のヒット作を生み出しています。

代表作にはローターの定番Elmerや電撃バイブAlina』、男性用アイテムではコックリングの『Winni』や『Tammy』も有名!

さらに、SVAKOMのアイテムには全て一年間の品質保証がついているのも特徴です。

これは自社のアイテムに自信がなければできません!

SVAKOMは知名度・実績ともに、十分信頼するに値するブランドと言えるでしょう。

 

特徴3.昇天したアナラーの口コミが続出

SVAKOM IKERは口コミ評価が非常に高いのも特徴です。

昇天したアナラー男性が続出中!

口コミを一部ご紹介しますね。

価格が安かったので正直舐めてました。
スマホ操作といい、タッピングでの刺激といい開発してくださってありがとうと言いたい。
メスいき最速到達した。エネマグラ系をやりこんでいる人なら瞬殺だと思う。
もし壊れたらと思うと数台ストックしておきたいくらい気に入った。(口コミ引用:BEYourLover

低価格につられて購入した男性ですが、速攻でメスイキ!

何台もストックしたいほど気に入ったそうです。

アナルプラグとしてはやはり、前立腺をトントン叩く動きがたまらない。ピンポイントで刺激できるのが、今までのバイブだけの商品とは大きく異なります。

スマホがリモコン代わりになって、各種モード切り替えや、強弱も自在に操作できるのもよい。簡素なリモコンや本体のボタン操作するタイプが多かったので、これは良いと思います。

充電もマグネットタイプになっており、防水も安心できる。

高級感のある外箱に収められており、ぱっと見では、アナルプラグが入っているとは思わないでしょう。
質感の高い収納袋も付いており、満足感が高い商品です。(口コミ引用:Amazon

前立腺をノッキングする機能に夢中になった男性。

スマホと同期する機能や、IKERの高級感にも大満足のようです!

久しぶりだったこともあり、お尻はほぼリセット状態。先端が入るまで1時間程度かかりました。
その後数十分かけて慣らし、電源を入れるとよくわからないうちに気持ちよくなってしまいました。
お尻は久々なのにすぐにイッてしまいました。メスイキなんて1年に1回程度成功すれば良い程度だったのにすごいイカせ力です。
やはりSVAKOMはやってくれますね。トトトトト…と叩く動作が素晴らしいです。
これまでの非電源anerosやパチモンのバイブとは比べ物になりません。
欲を言えば先端がもう少し細くなると良いのですが、これ以上細くなると圧迫感が足りないと言うお告げなのでしょう。
ちなみに全部入らなくても奥に当たるまで入れればちょうど良いポイントになります。(口コミ引用:BEYourLover

久々のアナニーにSVAKOM IKERを使ってみたユーザー。

ブランクがあったにも関わらず、ノック機能ですぐにイッてしまったそうです!

このように、SVAKOM IKERは多くのアナラー男性を瞬時に魅了するアナルバイブのようです。

しかし、ちょっと先端が大きいという口コミもあったので、この点も含めて私が実際に使って検証していきたいと思います!

 

SVAKOM IKERを使って気づいた10の点をレビュー

お待たせしました!

ここからは私が実際にSVAKOM IKERを購入して使ってみた感想をレビューしていきます。

IKER購入を検討中の方はぜひ参考にしてくださいね!

 

1.購入はBeYourLoverがおすすめ

SVAKOM IKERの購入はBeYourLoverが一押しです。

IKERはAmazonや楽天でも購入できますが、BeYourLoverが最安値。

販売店BeYourLoverAmazon
値段5.999円10,101円
割引・初回登録で500円分のポイントがもらえる
・キャンペーンによる10%〜20%の割引あり
特になし
送料無料無料
発送ルール営業日18時までの注文・支払いで当日発送primeなら翌日発送
おすすめ併せ買い商品SVAKOM VICKアナル用ローション

圧倒的にBeYourLoverが安いですね!

何より、BeYourLoverはSVAKOMの正式代理店なので、当然IKERも正規品で1年間の保証がつきます。

送料が無料な上、中身がわからないように配達してくれるため、実家暮らしの方も安心ですね。

BeYourLoverにはSVAKOMを始め、コスパがよく高性能なアイテムが勢ぞろいなのでグッズの併せ買いもおすすめですよ!

 

2.滑らかでスベスベなボディは見ただけで挿れたくなる

BeYourLoveでSVAKOM IKERは注文の翌日到着!

さっそく開封していきたいと思います。

シンプルなダンボールを開けるとSVAKOM IKERのパッケージが登場!

おしゃれです、洗練されています!

SVAKOM IKER

男なので女子ほど見た目にはこだわりませんが、やはりオシャレだとテンションあがりますね(笑)

そしてSVAKOMはパッケージの紙が厚くてすでに高級感があります!

パッケージを開いて、いざSVAKOM IKERとご対面。

…と思ったら別のパッケージが出てきた!

こちらも高級感があってブランドの財布が入っていそうな雰囲気。

SVAKOM IKER

では開けてみます。

じゃーん、こちらが今話題のSVAKOM IKERです。

SVAKOM IKER

本体もおしゃれ!

上品さが漂っていてアナルバイブ特有のいやらしさは一切ないですね。

SVAKOM IKER

パッケージから出すとこんな感じです。

箱も本体もとにかく高級感があって、チープなアナルグッズにはない存在感が!

ちなみに内容物は、本体充電ケーブル説明書、そしておもちゃ袋でした。

SVAKOM IKER

個人的にはおもちゃ袋がめちゃくちゃ嬉しいです!

しかもしっかりした布地にSVAKOMのロゴ入りで高級感あり。

そして説明書は、日本語表記もあるのでグッズ初心者の方も心配いりませんよ!

とにかく見た目には大満足、この値段(5,999円)でこの高級感、さすがSVAKOMです!

 

3.ヘッドは想像の1.5倍大きかった

さて次はSVAKOM IKERを実際に手に取ってチェックしていきます。

触り心地はスベスベ&サラサラでずっと触っていたくなるレベル!

高級アナルバイブに勝るとも劣らない触感に感動しました。

もちろん嫌な匂いやベタ付は一切ありません。

しかし、大きさは想像の1.5倍でした!

私は自他共に認めるアナルバイブ好きなので、いろんなバイブを所持していますが比較してもデカい!

私のお気に入りのネクサスレボと比較してもIKERは大きいです。向かって右がネクサスレボ、左がSVAKOM IKERですが、パッと見てもIKERは大きいですね。

SVAKOM IKER

ヘッドの大きさを比較してみましょう。

まずはネクサスレボヘッドの最大径は3.6cm.

SVAKOM IKER

ちなみに日本人の平均的なペニスが3.7cm程度なので馴染みのある大きさ?

一方、SVAKOM IKERのヘッドは最大径が約4.06cm。

SVAKOM IKER

最低でも4cmのアナル拡張が終っていないと挿入しずらいでしょうね。

ちなみに経験上、まったくの無拡張状態だと頑張って3cm程度が限界です。

ただ肛門周りをよくほぐしてローションをつければ意外とスムーズに入る場合も!

SVAKOMには他にもVICKというアナルバイブがあり、IKERより一回り細いので初心者はまずはVICKで慣らすのがおすすめですよ!

 

4.操作は複雑な分バリエーション豊富

それでは次は作動確認をしていきます。

まずは充電から。

充電口は背中の下の方にありました。

SVAKOM IKER

マグネット式なので充電が楽々!

実際に充電ケーブルを刺してみます。

SVAKOM IKER

充電がうまくできているとSVAKOMのロゴが点滅します。

SVAKOM IKER

わかりやすいし、オシャレ!

ちなみに、約1時間でフル充電でその後は連続1時間連続使用ができます。

充電が早いのは嬉しいですね!

操作は非常にシンプル。

ボタンは2つあり、上が「Sボタン」下が「Cボタン」です。

オン/オフはSボタンを長押し、その後は押す度に振動パターンが変わります。

SVAKOM IKER

振動はなんと11パターン、しかも5段階で調節できるという高性能ぶり!

そして待望のノック機能は「Cボタン」を押すと発動します。

ノック機能も5種類搭載していて、ボタンを押す度に変わるシンプル操作。

そしてSVAKOM IKERはボタンの位置が絶妙!

SVAKOM IKER

手に持つとちょうど親指が当たるので、パッパッと操作できます。

SVAKOMってこういう痒いところに手が届く系の工夫が多いので使いやすいんです!

 

5.振動とノック刺激はどちらもパワー十分

それではいよいよ振動とノック機能をチェックしていきます。

まずは振動から。

振動はかなりの衝撃です!!

SVAKOM IKER

バイブの先端だけじゃなく全体が震えているのがわかりますね!

ズンズンと骨盤まで響きそうな重厚なバイブレーションに興奮してしまいました(笑)

値段が安いので正直パワーは期待していなかったのですが、さすがSVAKOM!

そしていよいよ待望の「ノック機能」

SVAKOM IKER

あまりに速すぎてカメラでは捉えきれません!

しかし超スローにしてみたところ…

SVAKOM IKER

ちゃんとノックしています!

くいっくいっと動いていますね。

これが前立腺に?なんて考えただけで息子が元気になってしまいました!

 

6.スマホアプリで操作ができて便利

早く使いたい気持ちを押さえつつ、スマホアプリの設定を先に済ませてしまいます。

まずはアプリのインストールから。

iPhoneにもandroidにも対応しているので、スマホで「SVAKOM」アプリを探しましょう。

SVAKOM IKER

アプリをダウンロードしてしまえば、すべての操作がスマホからできるようになります!

アプリを開いた状態でIKERの電源を入れるとまずは「接続中」と表示されます。

SVAKOM IKER

表示が「完了」になったら準備OKです。

SVAKOM IKER

設定自体はあっという間でした!

『リモコンモード』にすると、即座にスマホで全モードの切り替えが可能に。

本体に触れずにスマホで操作できるので、挿入してパンツを履いちゃえば入れっぱなしもOKです。

SVAKOM IKER

反応は上々!

感度が良くタイムラグが生じないので操作が面白い(笑)

そしておすすめは『タッチモード』。

SVAKOM IKER

指でスマホの画面をなぞると振動が発生するんです!

タッチモードは自分でやるのもいいですが、目の前にいるパートナーにやってもらうと興奮すること間違いないですね。

他にも音楽に反応する音楽モードや、IKERが勝手に刺激してくれる自動モードなどたくさんの機能付き!

追々、全部使ってみたいと思います!

 

7.挿入は角度に馴れば意外とスムーズ

実験していたらムラムラがMAX!

いよいよ実際に使っていきたいと思います。

まずはローションをIKERと息子の両方にたっぷり塗ります。

先端をアナルに押し当ててぐっと力を入れてみましたが…入らない?

アナル拡張は終ってるし、他のアナルバイブは入るのに!

SVAKOM IKER

一瞬焦りましたが、角度が問題だったようです。

ヘッドの飛び出している部分を最初に挿入すればスムーズ!

SVAKOM IKER

ヘッドさえ入れば後は余裕でした!

ちょっと角度をつけて挿れていくとスムーズです。

SVAKOM IKER

ヘッドを腸壁の上の部分に押し当てながら挿れていくイメージを持つといいかも?

根元まで全て挿れ終わると達成感がすごいです!!

アナルの中がパンパンに満たされ、押し広げられている異物感がやばい!

腸壁が四方から圧迫され、さらに先端がしっかり前立腺にヒットするので、ただ挿れただけで気持ちいいです。

このまま手動で出し入れするだけでもイケそうな気配すらします!

初心者で挿入が難しい、挿れたはいいけどキツすぎる!という場合は、細めのアナルバイブを先に使って中を広げておくといいですよ!

 

8.ノック機能は声が勝手に出るほどの衝撃!

挿入が無事済んだので、電源をON!

まずは注目のノック機能からいきます。

スイッチを入れると、普通の振動とは明らかに違う刺激が直撃!

ズンズンと響く振動がお腹の中から浸透していく感じです。

でも特にやばいのは発信源である前立腺付近。

まるで前立腺を揺さぶられるような刺激です!

SVAKOM IKER

あまりの気持ち良さに思わず女の子みたいな声が口から漏れてしまいます…

さらに強くすると、快感が前立腺だけじゃなく下半身全体に広がります。

腰が砕けそうな快感に頭は真っ白、怖くなって思わず一度スイッチを切ってしまいました!

こんな感じで前立腺を絶え間なく刺激されるのですからたまりません。

SVAKOM IKER

一呼吸置いて再度ノック機能をオンにしたら…

体の芯から快感が沸き上がり、鳥肌と声が止まりません。

息子はもちろんフル勃起で先端からは透明な液が垂れまくり。

最後は大きな波に飲み込まれるようにしてイッてしまいました。

でも射精はしておらず…そう、1回目の使用でメスイキをしてしまったのです!

ネクサスでも、エネマグラも何回かトライしてからやっとメスイキできたのに…

SVAKOM IKERのノック機能がやばいという口コミの意味を実感しました!

 

9.パートナーに遠隔操作してもらう羞恥心でドライ到達

まさかの初回メスイキで呆然としていた私。

でもあまりにも気持ちよくて余韻でまたムラムラ。

そこで次はパートナーに遠隔操作をしてもらうことにしました!(※パートナーに遠隔操作をしてもらうには、相手のスマホにもアプリをインストールする必要があります。)

スマホの画面で「リモートモード」をタップして「リモートモードを開始」を選択します。

そうすると相手を自分の’’部屋’’に招待できるので、適当に名前をつけましょう。

SVAKOM IKER

今回は「STERON」にしましたが名前はなんでもOKです。

部屋の名前を設定するとIDが作成されるので、表示されているIDをパートナーに送ります。

パートナーは自分のスマホからもらったIDで入室するだけ!

SVAKOM IKER

「確認」をタップして準備完了です。

これで2台のスマホとSVAKOM IKERが繋がります。

Wi-Fi環境さえ整っていれば、どんな遠距離でも遠隔操作ができますよ!

遠距離、出張、旅行など相手がどんな遠くにいても遠隔プレイが楽しめるって最高ですよね。

SVAKOM IKER

準備が完了したところで遠隔プレイ開始!

いつ来るか?という興奮ですでに息子はギンギン、お尻が疼いて仕方ありません。

散々焦らされ、待たされた頃にいきなり下半身に衝撃が!

予期せぬ攻撃に思わず声が…その後もランダムにくる刺激に翻弄されました…

最初は別室にいたパートナーですが、慣れてきたら目の前で、スマホを見せつけるように操作を始めます。

パートナーの目の前で悶絶する姿を見せる恥ずかしさで気持ち良さが倍増。

自分はSかと思っていましたが、どうやらMな一面もあるようです(笑)

その後は20分ほどまったりした刺激が続いていたのですが、いきなり刺激を最大にされたら快感が急速しまたドライに突入!

射精時のような絶頂感が5回ほど繰り返され、最後はイキっぱなし状態になりました。

最後は興奮したパートナーがペニスを手コキしてきて射精!

連続ドライの後だったからか、ドクドクと大量の精子が出ました。

メスイキの後の射精でぐったりですが、深いオーガズムに身も心も満たされまくりでした!

これはハッキリ言って癖になります。

もう普通のオナニーは無理かも…

 

10.完全防水で後片付けも楽ちん

イキ過ぎてしばし呆然とした私ですが、楽しんだ後は後片づけ。

賢者タイムからの後片づけはかなり面倒ですよね。

でもSVAKOM IKERは完全防水なので使い終わった後は、丸洗いして乾かすだけ。

どんな気持ちいいグッズでも、後処理が面倒だとどんどん使わなくなるもの。

でもSVAKOM IKERはメンテも楽々なので、後片づけを気にすることなくガンガン使えますね!

性能、デザイン、そしてユーザビリティも◎と、IKERは自分史に残る最強グッズでした!

 

SVAKOM IKERはこんな人におすすめ・おすすめできない

ここでは、SVAKOM IKERを実際に使ってみて私が感じた、IKERがおすすめの人・おすすめできない人を発表します!

アダルトグッズには相性が何より大切!

自分のニーズに応えてくれるグッズでないと大きな満足感は得られないので、ぜひ購入前の参考にしてくださいね。

 

こんな人にはおすすめ

  • ドライオーガズムを体験したい人
  • 他のアナルバイブでイケなかった人
  • アナル中級者以上
  • 完全防水のアナルバイブが欲しい人
  • ブランド志向の人
  • パートナーと遠隔プレイを楽しみたい人

SVAKOM IKERは実はすべてのアナラーにおすすめしたいアイテムです!

その中でも、これまで他のアナルバイブやエネマグラではドライオーガズムを体験できなかった方におすすめ!!

他のアイテムとはアプローチが全然違うので、他では無理でもIKERならイケる可能性が限りなく高いからです。

またスマホと同期できるので、カップルで遠隔プレイを楽しみたい方にも最適ですよ!

 

こんな人にはおすすめできない

  • アナル拡張が終っていない人
  • ローリング系のアナルバイブが欲しい人

SVAKOM IKERは最大径が4cmを超えるため、アナル初心者は挿入できない可能性があります。

初心者の方は、同じくSVAKOM  VICKがおすすめです。

IKERより一回り小さいのでスムーズに挿入できますよ!

ノック機能はついていませんが、前立腺をピンポイントで刺激し開発できるので最初のアナルバイブとしてもぴったり。

 

総括

今回はSVAKOM IKERの特徴と実際に使ってみた感想をレビューしました。

IKERはこれまでにないノック機能を備えた最強アナルバイブ!

これまでいろんなアナルバイブやエネマグラを試してきた私ですが、IKERのノック機能には文字通りノックアウトさせられました。

「ドライオーガズムなんて一生無理」と諦めている人はぜひお試しを。

きっと今回こそ夢のメスイキを達成できるはず!

パートナーとの遠隔アナル責めも癖になるレベル、非日常的な刺激に我を忘れてしまいました。

ぜひみなさんも、SVAKOM IKERでアナルの快感と男の悦びを愉しみ尽くしましょう!

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事