【NLSランキング常に上位】まだ名前がありませんをレビュー

公開日:2022/04/20

日々新商品が発売されるオナホ業界で、10年以上にわたり人気を誇り続けている『まだ名前がありません』。
シンプルなのに生身の女性のアソコを思わせるリアルな快感が得られると話題になっています。
今回は「まだ名前がありません」の詳細と実際に使ってみた感想をレビュー!
ロングセラーの秘密を解き明かしてみましょう!

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

まだ名前がありませんの3つの特徴

オトコのオナニーのお供と言えばオナホ!

その証拠にオナホ人気はウナギ登りで、現在は数千を超えるオナホが販売されています。

星の数ほどあるオナホの中で、圧倒的な人気を誇るのが今回ご紹介する『まだ名前がありません』。

2012年に発売されてから今日まで衰えぬ人気を誇るロングセラーです!

https://twitter.com/kaguratinzuri/status/1210310631863115776

Twitterでも「まだ名前がありません」は話題です。

何度も買い直すほどハマってしまった男性も!

https://twitter.com/sinpy04/status/1149327876220575744

こちらの男性は「まだ名前がありません」は生のアソコに近いとコメント。

発売から10年たっても人気のオナホとは一体どんなアイテムなのでしょう?

まずは一緒に「まだ名前がありません」の特徴を見ていきましょう。

 

特徴1.「まだ名前がありません」は夢の人口マ○コ

「まだ名前がありません」の最大の特徴は生々しいまでのリアルさです!

素材にこだわり内部構造を熟考して結果生まれたのは”人口マ○コ”

中は二重構造になっており、手前と奥で異なる快感が楽しめるのも大きな魅力です。

奥に進むに連れて締め付けが強く、構造も複雑になり快感がクレシェンド!

そしてリアルな快感に加え、見た目の卑猥さも多くのユーザーを惹きつけます。

黒ずみがある赤味ボディは女性のアソコに限りなく近いグロテスクさ。

ヒダや膣壁もリアルで、まるで生の女性と対峙している錯覚に陥るでしょう。

触感も見た目もリアルで疑似エッチが2,800円で楽しめるとは、ロングセラーになるのも納得ですね!

 

特徴2.NLSとトイズハートのコラボなので間違いなし

「まだ名前がありません」はNLSとトイズハートのコラボアイテムです!

NLSは創業22年の老舗アダルトグッズメーカー。

国内最大規模の品ぞろえとオリジナルアイテムの販売で人気のメーカーです。

そして、トイズハートもまた1983年に創立された歴史あるアダルトグッズブランド。

様々なグッズを開発&販売していますが、特にオナホには定評があります。

「まだ名前がありません」は国内の主要2メーカーがダッグを組んで生まれたオナホ!

知名度も実績も抜群のメーカー2社のアイテムなので間違いなしでしょう。

 

特徴3.「まだ名前がありません」は口コミ評価も上々

「まだ名前がありません」は口コミ評価が非常に高いのも特筆すべき特徴です。

オナホの目利きが多いNLSでも口コミ評価は4.3/5.0と高いスコア!

口コミの一部をご紹介しますね。

パワーリングでギンギンになったところで、オナホ用ローションを3プッシュして使っています。

バキューム具合やゾリゾリ感がたまらないです。
15度ずつ角度を変えて使っています。変えるたび、いちいち気持ちいい(^ ^)

コレより気持ちいいオナホがあれば教えて下さい。
皆さんの評価にも納得。(口コミ引用:NLS

色んな角度で「まだ名前がありません」を使っている男性。

角度を変える度に違う快感を楽しめると絶賛しています。

ピーシーズと一緒に初めてオナホールとして購入しました。
感想としては、大満足でした…(笑)

最初使用した時は、確かに手よりも少しにゅるにゅるした感覚で、気持ちいいなぁくらいだったのですが、空気を抜いて使用した途端に、初めて自分でいくつもりが無かったのにいってしまうという経験が出来ました。

一度これを使ってしまうと、手に戻れないくらいの中毒性があります…。危険ですがオススメです(笑)(口コミ引用:NLS

こちらの男性は「まだ名前がありません」のバキューム感にドハマリしている様子。

オナホに勝手にイカされる経験をしたようです!

自分もリピーターです。今まで幾つか試して来ましたが、これは群を抜いて気持ちよかったです。

それで耐久性の話ですね~。皆さんが仰っているように、確かに耐久性は低いですね。
すぐに入口部分にある割れ目から裂け目が生じて、そのまま使い続けてるとどんどん下に裂けて行きます。

まあ、「質感と剛性」。この相対する物をバランス取るのは難しいと思いますが、そこをなんとか!もうちょっと長持ちする物をお願いします!(口コミ引用:NLS

これまで試したオナホの中で抜群に気持ちいいと絶賛するユーザーも!

しかし気になる点も…

入り口部分がすぐに裂けてしまうとコメントしています!

オナホ選びにおいて耐久性はかなり大切なポイント、これは無視できない情報です。

しかし使ってみないことにはわかりません…

今回も実際に私が「まだ名前がありません」を購入して検証していきたいと思います!

 

まだ名前がありませんを使って気づいた10の点をレビュー

お待たせしました!

ここからは私が「まだ名前がありません」を購入して使ってみた感想をレビューします。

これから購入を考えている方はぜひ参考にしてくださいね!

 

1.購入できるのはNLSだけ

「まだ名前がありません」の購入はNLSオンリーです!

一部のオークションサイトでたまに出品されるかもしれませんが、やはり発売元であるNLSで新品を購入するのがベストでしょう!

販売店NLS
値段2,860円
送料5000円以上で無料
発送ルール営業日14時までの注文は当日発送
中身がわからないように梱包
おすすめ併せ買い商品ローション

ちなみに商品名は、”まだ名前「が」ありません”です。

「まだ名前はありません」で検索すると、他のアイテムがヒットするので気をつけましょう。

NLSは中身がわからないよう梱包してくれるので安心です。

しかも、コンビニ受け取りもできるので実家暮らしの方にとっては嬉しいですね!

NLSはオナホはもちろん、ローション・バイブ・ローターなど、ありとあらゆるグッズが1万点以上揃っているので、気になるグッズを買い併せするのもおすすめですよ。

ちなみに商品代金5,000円以上で送料無料です!

 

2.処分に困らないシンプル梱包

「まだ名前がありません」は注文の翌日到着!

さっそく開封していきます。

こちらがパッケージ!

シンプル!

オナホのパッケージってエロさ全開のものもあって処分に困りますよね(笑)

でも、まだ名前がありませんなら捨て方に頭を悩ませる必要はありません。

実家でも普通にゴミに出せるのはありがたい!

パッケージオープン。

薄っすらとピンクの物体が見えます。

そしていよいよ「まだ名前がありません」とご対面。

中身は、本体と1回分のローションでした。

うっかりローションを切らしてしまっていても安心。

さすがNLS&トイズハート、かゆいところまで手が届いています。

「まだ名前がありません」は間近で見ると迫力満点でした!

外が半透明なので中が透けて見えるのがなんともエロティック。

なんだか未知の生物のようでもあり、神秘的ですらあります!

独特の存在感とエロさにしばし見入ってしまいました。

パッと見はグロくないのも個人的には好印象です!

 

3.最適化された重さと大きさ

「まだ名前がありません」は大きさと重さが絶妙!

大きすぎるオナホは場所を取るため使いづらく、かといって小さすぎるオナホは物足りなさが否めません。

でも、まだ名前がありませんは大きすぎず小さすぎず、まさにベストサイズ!

計測したところ約20cmでした。

これなら隠し場所にも困りませんね(笑)

重さについても、重すぎず軽すぎず最適な重量感です。

個人的には軽いオナホより重いオナホの方が気持ちいいのですが、重いと腕に負担がかかって疲れちゃうんですよね!

「まだ名前がありません」は約300gでした。

ちなみに300gは、だいたいリンゴ1個分です!

めちゃくちゃ軽くはありませんが、しっかりした重量感があり、なおかつロングプレイもイケちゃう重さですね。

そして口コミで「耐久性が低い」という気になる口コミがあったので実験してみました。

かなり力を入れて引っぱってみましたが裂ける兆候はまったくありません。

柔軟性があってしっかり伸びます。

実際に使ってみないことには断定はできませんが、耐久性には問題なさそうというのが私の所見です!

 

4.脂っぽいオイリーなシリコン

「まだ名前がありません」はけっこうオイリーです。

シリコン製のオナホはどれもある程度は仕方ありませんが、気になる方もいるはず。

どれほどオイリーか実験しました。

「まだ名前がありません」を紙の上に置いて10分程度放置。

すると…

脂が染み染みに!

これを手に持つのは嫌だ…なんて方は「ベビーパウダー」使いましょう。

パウダーが脂分をブロックしてくれるので、ベタベタが気にならなくなるんです。

私が愛用しているのは『ジョンソンベビーパウダー』。

世界中の赤ちゃんに愛用されているジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社のベビーパウダーです。

新生児に使えるほど安全性が高いので、オナホに使っても問題なし。

表面にベビーパウダーをまぶすだけ。

これで一気にサラサラになります。

シリコン特有のオイリーな匂いもなくなるので一鳥二石!

ジョンソンベビーパウダーは使いたい分だけをさっと出せるのでおすすめです。

 

5.ペニスを掴んで離さない強力バキューム

準備が整ったのでいよいよ「まだ名前がありません」を使ってみます!

触っているうちにムラムラしてしまい、息子は120%戦闘態勢。

ローションをたっぷり塗ってからゆっくり挿入すると…うおっ!

触感はかなり女性のアソコに近いです!

しかもかなりキツキツ、ミシミシと押し入る感覚がたまりません!

そして手前のイボ状の突起がゾリゾリ刺激してきて、思わず声が漏れてしまいました。

そして奥まで挿入すると中が真空状態になりバキューム開始!

ホールがみっちりとペニスに密着してきます!

バキューム力はこれまで使ったオナホの中でもトップレベル。

ペニスに吸い付いて離れません。

ピストンの度に聞こえるジュポジュポがまたエロい気分を高めてくれます。

最後はエロ動画を見つつフィニッシュ!

普段はできない中出しを満喫しました。

THEオナホのような人工的な気持ち良さじゃないので、本当にエッチしてる錯覚を楽しめて大満足です!!

 

6.上下反転して使うとゴリゴリが亀頭裏を刺激

「まだ名前がありません」は上下逆さにして使うと更なる快感を楽しめます。

上下反転させると、本来は亀頭の上部に当たるよう設計されているゴリゴリが亀頭裏を直撃!

このゴリゴリが敏感な亀頭の裏をピンポイントで責めてくるんです。

ゆっくりストロークしたら、女の子みたいな声が出てしまいました。

これはいい!!

アップでゴリゴリをご覧ください。

女性の名器「数の子天井」の逆バージョン?なんて思いつつ快感に震えた私です!

ゴリゴリされる度に下半身に甘く痺れるような快感が走ります。

個人的には、普通に使った時に比べ快感が1.5倍増し。

口コミでも同じような感想があり、私だけじゃないんだ!と嬉しくなりました(笑)

私は裏スジを刺激するのが好きなのですが
このオナホを上下逆さにして使うと上部にあったイボイボ丘がいい感じに裏スジを刺激してくれて・・・もうたまりません!(口コミ引用:NLS

ちなみにローションをたっぷりつけると快感がさらに増すのでお試しあれ!!

 

7.カリに引っかかる子宮ポケット

「まだ名前がありません」は計算し尽くされた内部構造でした!

手前のブツブツは癖になる気持ち良さですが、オナホの奥にぽっかりとある空間も非常にナイス。

奥に窪みがあるのがわかりますか?

この「子宮ポケット」が気持ちいいんです!

ピストンするとカリが引っかかり悶絶レベルの快感。

亀頭で奥を小突く度に背筋がゾクゾクします!

女性の子宮口近くの感触に激似なので、射精した時の満足感は筆舌に尽くし難いものがあります。

これは他のオナホではなかなか楽しめません!

さすがNLSがこだわって何度も試作を繰り返しただけはあります。

「まだ名前がありません」を使う時は奥もしっかり堪能することをおすすめします!

 

8.粘度の高いローションがおすすめ

オナホを使う時の必需品と言えば「ローション」。

でもどのローションを使うかでオナホの気持ち良さが全然変わってくるってご存じですか?

ローションは大きく分けて、粘度が低いサラサラ系と粘度が高いネバネバ系があります。

粘度が低いローションはオナホの内部構造がペニスにダイレクトに伝わります。

一方、粘度が高いローションはペニスの表面に膜を張るので刺激がマイルドに。

「まだ名前がありません」のように、強力なバキュームを楽しめるオナホの場合は粘度が高いローションでペニスを保護しつつ、まったり快感を堪能するのがおすすめです!

低粘度系のローションの中でも私の一押しは『ブラン・シークレット シック』。

人気国内メーカー「RENDS」の超人気シリーズなんですよ!

RENDS ブランシークレット シック 250ml

シックは、同シリーズの中でもっとも高粘度。

白濁したねっとりしたローションが糸引く様子はエロくて、見ているだけで興奮します!

ペニスの表面を保護するように摩擦から守りつつ、しっかり快感は楽しめるのでオナホとの相性は抜群。

「まだ名前がありません」の強力バキュームを余すことなく楽しめます!

しかも、乾いてきたら水を足すだけで粘度が復活する優れモノなんです!

ボトルがオシャレで普通に部屋に置いておけるのも気に入ってるポイント。

手コキやエッチの時にも使えるので一本常備しておいて損はないローションですよ!

 

9.耐久性に不安があるから裏返し洗いは厳禁

「まだ名前がありません」は普通に使う分には耐久性に問題なし!

何度か使ってみましたが、入り口も中も裂ける兆候はありません。

でも念のため、洗う時は慎重になりましょう。

つい裏返して洗いたくなりますが、絶対にNGです!

ちなみに裏返しNGに関しては、NLSも明記しています。

※メンテナンス時
ホールは基本的に一部を除き、どれも裏返しは破損の原因になると言われておりますが、こちらのタイプは二重構造の為、特に裏返し洗浄はなさらない様ご注意くださいませ。(引用:NLS

裏返しでの洗浄は破損の原因となってしまうと書かれていますね!

洗浄する時は、蛇口から出る水の水圧を利用したり、指を入れて洗浄しましょう。

 

10.内部の自然乾燥は不可能

非貫通式のオナホは洗浄した後の湿気が悩みの種ですよね!

「まだ名前がありません」」は入り口が狭いので、中を自然乾燥させるのは不可能です。

かなり入り口が狭いのがわかりますね。

しかも内部構造がかなり複雑なので凹凸の間にたまった水が乾きにくいんです。

かと言って、中が濡れたままにしておくと雑菌が繁殖したりカビの原因に!

異臭が発生してしまう場合もあるので、確実に中は乾かしたいところ。

そこでおすすめなのが『Rouly 珪藻 除湿スティック』です。

使い方は至ってシンプルで、洗浄後に「まだ名前がありません」に挿入するだけ。

約15秒で中の水分を吸い取ってくれるんです!

実際に使った様子がこちら。

本当に20秒程度で中が乾きました!

速攻で乾くので2回戦、3回戦をしたい時にも便利。

防カビ、除湿、消臭効果があるため、常にオナホを清潔な状態で使える超お役立ちグッズですよ!

 

名前がまだありませんはこんな人におすすめ・おすすめできない

ここでは私が実際に使ってみて感じた、名前がまだありませんがおすすめの人・おすすめできない人を発表しましょう。

私はオナホ選びで一番大切なのは「相性」だと思っています。

自分の求める快感をどこまで実現してくれるか?それがオナホのすべて!

どんな評判の良いオナホでも方向性が違うとイマイチ感はぬぐえないので、ぜひ購入前の参考にしてくださいね。

 

こんな人にはおすすめ

  • 強力なバキュームオナホが欲しい
  • 亀頭を責めるオナホが欲しい
  • ヒダヒダ系のオナホが苦手
  • コスパ重視の人

「まだ名前がありません」はリアルな快感を楽しめる非常に完成度が高いオナホ

10年以上売れ続けているのも納得です。

バキューム感が凄いので、バキュームフェラが好きな方なら試して損はないでしょう。

亀頭を包みこみピンポイントで責めるギミックも素晴らしいです!

ヒダヒダ系のオナホがいかにも作りものっぽくて苦手な方は、「まだ名前がありません」なら強烈な快感が楽しめるはず。

 

こんな人にはおすすめできない

  • ヒダヒダ系のオナホが欲しい
  • バキュームオナホが好きじゃない
  • 脂っぽいオナホが好きじゃない
  • 裏返して完璧に洗いたい
  • 重量級のオナホが欲しい

「まだ名前がありません」はヒダヒダ系のオナホが好きな人には不向きかも。

ヒダヒダがまとわりついてくるオナホ特有の刺激が欲しいなら、『20HAND』がおすすめです!

20HANDはオナホを得意とする「PEACH TOYS」の人気アイテム。

ソフトな快感とハードな快感の2つを1度に楽しめるお得なオナホなのです。

内部のヒダが亀頭や裏筋を逆なでしてくる快感がたまりません!

しかも500g超えで重量感もあるのでハードな腰振りにも対応。

20HANDも実際に私が使ってみてレビューしているのでぜひチェックしてみてください!

 

総括

今回は『まだ名前がありません』の特徴と使った感想をお送りしました。

まだ名前がありませんは、浮き沈みが激しいアダルトグッズ業界で10年以上も売れ続けている超ロングセラーアイテム!

実際に自分で使ってみて、その理由がハッキリわかりました。

これがあれば生身の女性はいらない…とまでは言いません(そりゃ本物が一番です)。

でも、かなり本物に近い快感が味わえるのは間違いなし。

2,800円で疑似エッチが楽しめるのでコスパも最高です!

ぜひあなたも「まだ名前がありません」で手軽に生の快感を味わってみませんか?

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事