【人柱レビュー】Amazon格安カメラ付きバイブ使ってみた

公開日:2021/12/29
更新日:2022/02/09

カメラ付きバイブ

セックスやオナニーをしているとき、アソコの中を観察できたら…って思ったことありませんか?
実は4,000円くらいで叶っちゃうんです!
カメラで見ながらすれば、プレイの幅が広がるはず。
でも安すぎるのはちょっと不安ですよね…。
そこで今回は格安カメラ付きバイブの詳細と、実際に使ってみた感想をレビューします!

  • 記者 WRITER
    テリーウーマン

名もなき格安カメラ付きバイブを購入した経緯

最近は収納に困るほど数多くのアダルトグッズを所持している私。

ふと「自分の膣内を見てみたい」って思ったんですよ。

自分の膣内って自分で見れないじゃないですか。

まさに秘部という感じが神秘的だし、膣内が自分の目で見れたらオナニーが楽しくなるのはもちろん、もっと濃いプレイが出来るんじゃないか?と。

早速私はカメラ付きバイブを調べました!

 

1.アソコの中を観察するプレイがしたかった

カメラ付きバイブが欲しいなと思ったのは、自分の膣内を見れたらこの上ない羞恥心が溢れてくると考えたからです。

パートナーにアソコを観察されて「濡れてるね、いやらしいね」とか言われるとゾクゾクしますよね?

カメラ付きバイブがあればそんな言葉責めがさらに活きると確信したんです。

バイブを突っ込んで中を徹底的に観察されて「いやらしい膣内が丸見えだよ」とか言われるだけでめちゃくちゃ恥ずかしいし興奮するはず。

挿入されたままクリや乳首の性感帯を責めて、膣がキュキュッと動くのが見れたら…。

私にとってカメラ付きバイブは、羞恥SMプレイに欠かせないグッズに成りえるんじゃないかと思ったんです。

 

2.カメラ付きバイブの中でも超格安だった

考えるだけで興奮してきた私は、さっそくネットでカメラ付きバイブを調べることに。

ただカメラ付きバイブってあまり需要がないのか2種類しかなかったんですよね。

あのSVAKOMからもカメラ付きバイブが発売されてたみたいですが2017年に廃盤になっていました。

カメラ付きバイブ

金額は3万円近くだそう…やっぱりカメラ付きバイブの価格は高いみたいですね。

でも現在販売されている2種類のカメラ付きバイブ、ひとつは金額が12,000円ほど、そしてもうひとつが4,000円前後だったんですよ。

カメラ付きバイブ

この価格の開きは一体何が理由なのかはわかりませんが、4,000円で同じような機能が楽しめるのはかなりの格安と見れます。

聞いたことがないメーカーなので恐らく中華製でしょうか。

私も中華製のグッズは他にも持っていますし、何より安いので試したい気持ちが大きくなってきました。

 

3.口コミはどちらもイマイチ…?

ただ気になるのが口コミがイマイチってところなんですよね。

まずは4,000円前後のカメラ付きバイブから

当然アプリをインストールしても英語のみ。日本で販売するなら日本語表記も必要だと思う。ありえん。。(口コミ引用:Amazon

日本語表記がないのは”海外製アダルトグッズあるある”ですよね。

ただバイブは繋げちゃえば案外使えることもあるので、なんとかなりそうな気もします。

こちらは12,000円のカメラ付きバイブの口コミも覗いてみました。

さらにこいつのWiFiは、パスワード無しでアクセス可能で、変更も追加もできないのぞき見放題。ゆえに、カメラ付きバイブのカメラ部分がゴミ。しかも、バイブ部分も酷い。バイブ機能は本体ではON/OFFできず、アプリからしか操作できず、振動も弱い。ピストン機能は結構揺れます。というかこれが実質バイブ機能。伸縮はしないのでピストン機能?替えのアタッチメント、ハイパワーピストンは先端にバネが少しあるだけで、そのバネはほぼ動かないので、変えてもほぼ違いが無い。よってバイブとしても二流。(口コミ引用:Amazon

フルボッコにされています。

ただ、満足している人もいるはいるので精密機械特有の当たりハズレも否めない気が。

やはりオナニーグッズマニアの私からすると、欲しいグッズをこのまま買わないで終わらせることはできません。

なので人柱になったつもりで私はどちらも購入いたしました!ででーん。

カメラバイブ

対照的なパッケージが比較する意欲を掻き立ててくれますね。

この記事では右側の中華製の格安カメラ付きバイブを徹底レビューしていきます!

 

格安カメラ付きバイブ使って気づいた5つの点をレビュー

由緒あるブランドでも、定番メーカーでもないアダルトグッズのレビューは不安もある反面、楽しみでもあります。

なかなかニッチなグッズなだけに、ここは遠慮なく格安カメラ付きバイブを使ってしっかりレビューいたしますね!

 

1.ぱっと見のクオリティは高い!

さっそく外観を見てみましょう。

届いてみて思ったのが非常にシンプルでおしゃれということ。

カメラ付きバイブ

中華製品とはいえSVAKOMにも似たパッケージ、というかこれもうパクr…なんでもありません。

とにかく外見まではとても好印象です。

では取り出していきます。

カメラ付きバイブ

凹凸の加工がなく、キレイな曲線を描いたバイブとこのカラーが上品さを物語ってます。

ちなみにローションでヌルヌルになっても、バイブ全体をしっかり洗える防水設計です。ますますSVAKOM感が出ていますね。

普通のバイブよりも細身なので、処女でも挿入しやすそうだと感じました。

カメラ付きバイブ

こちらはカメラ部分。先端にカメラを内蔵しているので奥の子宮口まで見れるということに。

これで膣内を捉えるのか…と喉が鳴りますね。

外観の観察はこれくらいにして、バイブを触ってみましょう!

 

2.口コミの通り挿入はスムーズにいきそう

手触りは非常に滑らかでスベスベ

もちろん匂いやベタつきもなく、女性のためのおしゃれなアダルトグッズといったビジュアルはまずますですね。

また、フォルムも先端がGスポットに当たる人体工学設計アジア女性のデータを参考に造られているようです。

カメラが内臓されているからか、柔軟性はなく全体的に硬い印象。

とはいえ、表面のエラストマー(TPE)素材が上質でツルっとしているので、硬めではあるものの挿入感に影響はないのではと思いました。

実際口コミでも、挿入に対しての評価は良いようです。

初めて買うので心配だったのですがすごく良かったです!サイズもちょうど良く、大きすぎず小さすぎずという感じでした!色もかわいいし気にいりました。(口コミ引用:Amazon

軽く叩いてみたところ、やはりカチカチですね。

カメラ付きバイブ

あくまでもレビューのためにやっているので、実際に叩かないようにしてくださいね。

シャフトは大きすぎず小さすぎずとの口コミがあったので実際に測ってみました。

カメラ付きバイブ

一番太いところで3cm程度。日本人男性の平均的なペニスサイズ(約3.5cm)より細く、確かに挿入は楽そうですね。

これならグッズ初心者でも安心です。

お次はバイブの真ん中の直径です。

カメラ付きバイブ

真ん中の直径は約2cm。

最大直径と最小直径の差は約1cm前後と、挿入後も圧迫感を感じずスムーズに操作ができるようです。

 

3.操作も想像の10倍簡単

実際に充電して動作確認を行なっていきます。

カメラ付きバイブ

底面にコードを差し込み、いざスタート!充電は1.5時間でフル充電完了です。

ボタンは2つ。下側のボタンを押すと電源が入ります。

カメラ付きバイブ

すると、スマホのWi-Fi画面でAiSee-○○の表示が出てくるので繋げてみましょう。

専用アプリはこの時点でダウンロードしておいてください。

ちなみにiPhone/iPad/Android系スマホに対応します。

カメラ付きバイブ

Wi-Fiをセットしたら、アプリでホームマークのボタンをタップします。

カメラ付きバイブ

するとカメラがスタンバイ状態になり、いつでも撮影を開始できる状態に!

カメラ付きバイブ

うおー見えているー!

この時点でまあまあ感動しちゃいました。接触の影響で繋がらない可能性も見込んでいたので(笑)。

ちなみに動画や写真を保存することも可能!いいショットを保存しておけるのは嬉しいですね。

では実際、カメラを使って撮影していきましょう!

 

4.ライトのお陰で思ったよりも鮮明に映る

値段も値段なので、正直カメラの画質はあまり期待してなかったんですよ。

膣内が見えるだけでも興奮するしいいかなって。でも思ったより鮮明に映ってくれました!

実際にオナホで内部を撮影してみたのでカメラ映像をご覧ください。

カメラ付きバイブ

見てください!

オナホのデコボコした内部構造までしっかり分かるじゃないですか!

安いし期待してなかったぶん“お主なかなかやるのでは!?”と感じたほど。

もちろん自分の膣内も見ましたよ!

快感とはまた違った興奮で、いろんな角度から観察しちゃいました。

ツヤツヤで妖しい膣内が新鮮で、写真や動画で撮影しまくる始末(笑)。

羞恥プレイもそうですが、医療プレイなんかにも絶対取り入れたいと思いましたね。

 

5.カメラワークを快感と両立させるのはかなり難しい

もうひとつ重要なのがバイブの威力。

バイブは6パターンあり、スマホで振動の周波数を調整することができます。

これがおまけとは言わせないほどパワーが強くて、カメラ抜きにしても良質なバイブと言えるほど!

カメラ付きバイブ

私も実際挿入して、シャフトの絶妙な角度がGスポットに当たってめちゃくちゃ気持ちよかったです!

ただ、カメラはまっすぐ穴の真ん中を移さなければならず、快感を維持したまま膣内をしっかり映すのは難しいと感じました。

こちらはオナホを使った失敗例。

カメラ付きバイブ

このようにバイブをあちこち動かすと何を撮っているのかわからなくなるんですよね。

気持ちいい時の内部をカメラに収めきれず、ピントを合わそうと頭が集中すると快感がどっかに行っちゃう…という悪循環に。

なのでオナニーの時は快感と撮影を両立させるのは難しいと感じました。

バイブでは気持ちよさを、撮影では興奮を重視して使い分けるほうがいいのかもしれません。

逆に羞恥プレイや医療プレイなど、パートナーありきで使うとめちゃくちゃ楽しめると思います。

 

まとめ:使って気づいた長所と改善点

カメラ付きバイブを実際使ったうえで、長所改善点に分けてまとめてみました。

 

長所

  • 圧倒的安さにも関わらずしっかり役割を果たせる
  • アプリの操作が慣れれば簡単
  • 防水設計

まず何よりも、カメラ付きバイブとしては値段が安い!

バイブの威力、ソフトな挿入感もグッド!バイブ単体として見ても申し分なし

日本語表記がないだけに最初は操作に手間取りますが、慣れさえすれば問題ないレベルでした。

また防水レベルは“一定水深の条件に水没しても内部に侵入しないレベル”のIPX7。

プールお風呂でも使えて場所を選ばない汎用性の高さもグッドです!

話のネタに買ってみるのもアリですね。なかなか需要が少ないグッズなだけに、面白がってくれる人はいるはず。

また、カメラ付きなのでさまざまな羞恥プレイの幅は広がると感じました。

じっくりアソコやアナルの内部を観察する時に使える素晴らしいグッズです。

 

改善点

  • 画質はもう少し向上させてほしい
  • もう少し太さがある方が内部をかき分ける画像が撮りやすいと感じた

画質は思った以上にクリアだったものの、もう少し向上させてほしいと欲張りながら感じました。

ディテールがしっかり見えていたほうが、言葉責めも細かくより卑猥に出来ますしね。

また、挿入感で問題ない細身のシャフトが、かえって内部の広がりを妨げているようにも感じました。

もっとバイブが太ければ膣内が広がって見やすくなるはずです。

 

というわけで、今回はAmazonで格安カメラ付きバイブのレビューでした!

総合的に見て、私はこのバイブ買ってよかったと感じましたね。

いろいろなプレイに使えそうなので、さっそく今夜パートナーと一緒に試したいと思います!

気になった方はぜひ購入してみてくださいね。羞恥心がめちゃくちゃ煽られますよ!

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERテリーウーマン

    某大手出版社で働く傍ら個人的に興味のあるラブグッズ記者としても活動。
    女性目線でカップルで楽しめるちょっとドキドキするアイテムを調査していきます!

FOR YOUあなたにおすすめの記事