--> 暇勃ち(ひまだち)とは?すぐに勃起を収める方法 | STERON

暇勃ち(ひまだち)とは?すぐに勃起を収める方法

公開日:2021/10/30
更新日:2021/10/24

意図せず勃起してしまった経験ってありませんか?
それ、暇勃ちっていうんです!
特に授業中やデスクワーク中などは、周りにバレないかヒヤヒヤしますよね。
なぜ暇勃ちは起こるのか、そのメカニズムと暇勃ちを収める方法を解説します。
これを読んでおけば、いざという時に焦らないで済みますよ!

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

暇勃ち(ひまだち)とは?メカニズムは?

暇勃ちとは、字のごとく暇なときに勃起する現象です。

もう少し詳しく言うと、何も考えていないふとした時や眠気を感じた時に、エロいことを考えていなくても勃ってしまう現象のことを暇勃ちと呼びます。

朝起きた時に勃起していることを朝勃ちって言いますよね?

朝ではなく暇な時だから暇勃ち…そのままでわかりやすいですね!

勃起は副交感神経が優位になっている時に起きやすく、眠かったりリラックスしているに暇勃ちが起きます。

交感神経が優位の時はペニスに血液を送る血管を平滑筋という筋肉がギュッと絞っています。

しかしリラックスして副交感神経が優位になると平滑筋が弛緩してペニスに大量の血液が流れ込みます。

これが暇勃ちのメカニズム。

勃起は副交感神経(リラックスしている状態)が優位な状況で起こり得ます。(引用:プライベートケアクリニック東京

つまり!つまらない授業中や会議中、さらにはデスクワークで単調な入力や確認作業の時などにも起こりやすいということ。なんとも恐ろしい話です…。

https://twitter.com/bot27036216/status/1446172288995368961?s=20

授業中は他のことで暇を潰せないので、興味のない科目だとボーッとしてしまいがち。

ついウトウトして気付いたらギンギンに暇勃ちしてた、なんてのはよくあるパターンです。

https://twitter.com/_BonBonChocola_/status/1447110579789778948?s=20

スーツは元々あまり余裕がないのでフル勃起するとかなり窮屈。

暇勃ちしてる時に来客対応や呼ばれて立たなきゃいけなくなったらジ・エンド。

へっぴりごしになっても隠せないので「萎えろ!萎えろ!」と念じるんですが、そんなことで収まるなら苦労しません。

同情するような同僚の目や”若いなぁ”とでも言いたげな上司の生暖かい目、女性からの冷ややかな視線に逃げ出したくなった人も多いことでしょう。

かといって授業中や仕事中にずっと緊張感を持続させるのは無理!

ということで、早急に萎えさせる方法を覚えておくことが一番の解決法です。

 

暇勃ち(ひまだち)を早く収める方法5選

なんで暇勃ちが起こるのかわかったところで、起こらないようにする手立てが無いのが暇断ちです。

じゃあどうすることもできないの!?

いいえ!暇断ちを防ぐことはできませんが、早く収める方法を伝授します!

 

1.頭の中で九九を唱える

エロいことに使う脳のキャパシティを九九によって奪ってしまおうという発想です。

九九に限らず、勃起やエロとは全く結びつかないことを考えましょう!

必死に、そして集中するほど脳に血液が送られ、その分ペニスに血が足りなくなり勃起が収まります。

コツはペニスをまったく気にかけないくらい没頭すること!

ペニスを意識してしまうとペニスにも血液が行ってしまい、中々収まらなくなってしまいます。

「勃起を収めるために集中しよう!」と考えるのもアウト!

「意識してしまう→収まらない→さらに意識してしまう」という負のスパイラルに陥る危険性が!

なので九九ならどれだけ早く全てを頭の中で言えるかタイムアッタクするなど全力で挑んでくださいね!

普通に1×1から順にではなく、1×1、2×1、3×1…や9×9から逆に唱えるなどアレンジするのもおすすめ。

 

2.トラウマや黒歴史を思い出す

こちらも暇勃ちから意識をそらす作戦です。

嫌な出来事を思い出して気分ごと萎えさせる方法は定番ですよね!

いちばん多いのが、嫌いな人の顔を思い浮かべるというもの。

https://twitter.com/ratenkeidesu/status/1029001592438046720?s=20

嫌いな人とのエピソードを思い浮かべたり、嫌いな人をフルボッコにする想像をするのがメジャー。

ただし毎回同じ人物を思い浮かべると、その人の顔を想像しただけで勃起するようになったなんて人もいるので注意が必要です。

https://twitter.com/yakann1866/status/1148919816352178176?s=20

アッコさんには失礼かもしれませんが、恐怖体験を妄想するのもアリ!

自分が怖いと思う有名人やキャラクター、それに合ったシチュエーションを何パターンか事前に考えておくと良いですよ。

https://twitter.com/be5ch/status/419905106776035328?s=20

こちらの人は恐ろしいことを想像して萎えさせる作戦のよう!

「恐怖でチンコが縮こまる」とよくいうように有効な手段です。

不安感を増すことで緊張状態になり勃起が収まります。

しかし精神的ダメージを負うのが欠点…。

 

3.両足を浮かせる

座っている時限定の方法ですが、両足を浮かせるのも効果が!

勃起はペニスに血液が大量に流れているのが原因なので、それを解決することで収まります。

足を上げると股間節周りの血管が緊張して収縮し、ペニスに血が流れにくくなるんですよ!

https://twitter.com/honekani/status/1419433947067412485?s=20

これなら机の下でこっそりできますね!

ちなみに勃起が収まる前に力尽きて足の力を抜いてしまうと一気にペニスにも血液が流れてしまうので注意!

最初からずっと足を上げ下げするか、収まるまで浮かせ続けるかのどちらかにしましょう。

https://twitter.com/YAK0306/status/615704334983020544?s=20

空気椅子は流石に授業や仕事中にはできませんが、周りに人がいない状況ならスクワットもおすすめですよ!

まあ周りに人がいないなら無理に収める必要はないんですが、トイレなどに避難して実践するなら有効な手段です。

 

4.全身の筋肉に力を込める

下半身に力を入れる

筋肉に力を入れると交感神経が優位になります。

上で説明した通り暇勃ちは副交感神経が優位になって起きる現象なので、この方法で収めることができるんです!

また、③と同様に力を入れることで筋肉が収縮し、ペニスに集中している血流を筋肉に分散する効果も!

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14187269244

主に下半身、特に足の筋肉に力を入れるのがベター。

ペニスに近く、かつ足の付け根に鼠径動脈が通っているので一番効果が期待できます。

 

5.腕や太ももを強くつねる

これはついウトウトしてしまい暇立ちしたときに有力な方法。

眠くて勃起した場合は抑えるのにまず目を覚ますのが大切!

立ち上がって伸びでもできる状況なら別ですが、授業中や仕事中ではそれも叶いません。

そんな時は痛みを与えるのが一番!

痛みによってペニスから意識をそらすと共に、リラックス状態から一気に覚醒することができます。

他にもこんな方法で収めている人も!

https://twitter.com/prank_24/status/1015221769110581248?s=20

これならさりげなくできそうですね!

ツボの場所をしっかり把握する必要がありますが、試してみる価値あり!

https://twitter.com/ryoma_tkb/status/793994475273994240?s=20

こちらは呼吸法です。

丹田というと勃起力を上げるためのチントレのイメージですが、やり方によっては収めることも可能!

やり方は、鼻から一気に吸って、丹田を意識しながらゆっくりと口から吐く、3秒ほど息を止めて我慢したらまた鼻から一気に吸うのを繰り返すだけ。

マスターするまで練習が必要ですが、覚えれば毎回使えるので良さそう。

ただ、静かな場所では鼻で一気に吸うときに呼吸音が気になるかも。

 

暇勃ち(ひまだち)しても焦るな!

勃起解消法と言ってもやり方は様々。

色々試して自分に合った方法を見つけましょう。

ただし、毎回同じ方法だと逆に平常時にはボッキしてしまう原因になる危険性が!

例えば2で紹介したように、毎回同じ人物を想像していたらその人を思い浮かべるだけで勃起するようになったなんて体験談もあります。

なので何種類か覚えておくのがオススメ。

ふいに気が付いたらフル勃起!なんて事態になったら焦りますよね!

しかし焦ってなんとかしなきゃと思うほどペニスを意識してしまい収まらないもの。

暇立ちした時はまず息を吐いて落ち着きましょう

それから対処法を実践することが大切です。

いざという時に焦らないためにも事前に対処法をマスターしておいてくださいね!

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※本記事内掲載のTwitter等SNS投稿の削除依頼はコチラよりメールでお願いします。3営業日以内に対応いたします。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事