--> 運転中にオナニーする人の心理と止めた方が良い〇つの理由 | STERON

【危険】運転中にオナニーする人の心理と止めた方が良い6つの理由

公開日:2021/03/30
更新日:2021/03/29

スリルと背徳感が味わえる運転中のオナニー。
軽い気持ちですると交通事故に限らず、人生が事故るようなリスクがあるのです。
今回はそんな危険性をとことん解説します。

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

運転中にオナニーをする理由とは

車内でオナニーをする。s

それだけでは物足らず、運転中にもオナニーをしてしまう。

そんな変わった性癖を持っている人って、実は数多くいるって知っていましたか?

ここでは、なぜ運転中にオナニーしたくなってしまうのか、夢中になってしまうのか理由を考えていきます。

また、運転中のオナニーはやめるべきなのか、罪に問われることはあるのかなども解説していきます。

 

露出欲やスリルを満たす事が出来る

車の中でのオナニー、運転中のオナニーの醍醐味は「見られるかもしれないドキドキ感」

「もしかしたら今すれ違った車の人、自分のオナニー姿を見てたかも…?

「信号止まったら隣に車が来て、こっち見てる気がする!恥ずかしい、だけど気持ちいい!

そんな風に考えて、ドキドキしながらオナニーしている人というのは、実は数多くいます。

運転中 オナニー

https://twitter.com/mesato3p/status/1316118980185079810?s=20

実は、自分の恥ずかしい姿を見られていることで興奮する人は多くいます。

しかし、簡単に露出することはできない…

そんな時、車というのは「室内」でありながらも「外」の世界でもある環境なのです。

見られたらどうしようというドキドキを、手軽に味わうことができるのが「車」と言えます。

 

以外と外からはバレないから

車でオナニーをする人は、バレてほしいけどバレてほしくない、そのギリギリの背徳感に溺れたい人!

運転中 オナニー

https://twitter.com/HaNa_hanase69/status/1371263546114281472?s=20

バレるかもしれない、けど意外と見えないから簡単にはバレない、そんなドキドキ感がより興奮を生み出してくれます。

スモークを付けることで、より外からは見えないようにしつつ、露出しているような感覚を味わえます。

特に1番目につくのはやはりフロントガラス

フロントをしっかり暗くすることで、外からはかなり見えなくなります。

運転中 オナニー

https://twitter.com/k_suzuki0119/status/1138620793317863424?s=20

もちろん、サイドからも見られる可能性はあるため、全ての窓ガラスに入れてもいいかも。

ただ、スモークを入れなくても意外とばれないと言われるのが車内オナニー、運転中オナニー。

なぜなら運転中は、他の車の中の人まで気にしないから!

運転中 オナニー

https://twitter.com/kedarusou/status/1187256124598128640?s=20

そう思うと安心してオナニーできてしまいますね。

 

一人っきりになれる時間だから

オナニーをするうえで、1人になれないからできないというのは大きな問題です。

しかし、「意識して1人になれる場所」があります。それは「車」です!

通勤中や移動中、1人で運転している時というのは、意外とオナニーチャンス!

運転中 オナニー

https://twitter.com/sakbe48_/status/1346397731057672197?s=20

もちろん、車を運転することなく、オナニーのためだけに車に乗ることも可能です。

しかし、通勤や移動のついでにオナニーをする人が多いようです。

運転している方がオナニーしてるとバレにくい、多くの車とすれ違い興奮できるなど理由はさまざま、人によってはまるポイントは違いそうです。

 

歩行者に興奮してしまいがち

運転中のオナニーの最大のメリットは、そこら中にオカズがあること!

意外とゆっくり見ることができて楽しいのは、歩行者です!

人通りの多い道では歩道やお店、公園などいたるところに歩行者がいます。

信号待ちなどで歩道や横断歩道を歩く歩行者を見て、オナニーの手の動きが早くなるの否めません。

運転中 オナニー

https://twitter.com/mh21_fox_motiy/status/1327884725541715970?s=20

いつもなら思いつかないようなことで興奮したり、妄想が広がったり。

そんな気分が高まった状態でのオナニーは最高に決まっています!

 

運転中や車の中でオナニーをすべきではない6の理由

ここまでは車内オナニー、運転中オナニーの良さを解説してきました。

ここからは、車内、運転中にオナニーすべきではない理由を説明していきます。

実はかなり危険を伴う運転中オナニー。

ここから読み進めていくと、今までの見られるかもという背徳感のドキドキ感は一気になくなっちゃう!?

むしろ、事故の原因になる、罪に問われるかもという危険認識のドキドキ感の方が強くなるはずです。

なぜやめるべきか、その理由6個を細かく説明します。

 

1.オナニー中の脳は幼児レベル

オナニー中というのは快楽が脳を支配しているため、一時的に脳が幼児レベルまで退化していると言われています。

そんな幼児レベルの脳で、車の運転なんてできるのでしょうか。いや、できるはずがありません。

しかも、もしもそんな状態で事故を起こしてしまったら…

事故の理由はオナニーによる危険運転となってしまうかもしれません。

怪我をして病院に運ばれる際、恥ずかしい姿を見られる、匂いでオナバレしてしまう可能性もあります。

運転中 オナニー

https://twitter.com/Assorted_fruits/status/436616103318798336?s=20

そもそもオナニーをしているということは片手運転になます。

とっさのときにハンドルを切れない、そもそもオナニーに気を取られて瞬時に反応できないなど、多くの問題が生じています。

運転中のオナニーというのは事故を起こしやすくなる、そしてそのあと恥ずかしい事態になることが想定できます。

 

2.匂いや汚れ、アイテム等で確実にバレる

オナバレの原因のトップ3に入る、匂い、ティッシュの後処理問題

自分ではしっかり隠したつもりでも、他人からは意外とばれてしまいます。

この匂い問題、車では思っている以上にしっかり残り続けます。

車というのは密室、なおかつ気密性も高くなっています。

そのため、匂いがシートなどに染み付き、十分に喚起したとしてもなかなか取れなくなってしまいます。

ティッシュでも匂いが残り、大量のティッシュを見られてしまうとオナニーを勘ぐられてしまうこと間違いなし!

自分ではしっかり痕跡を消したと思っていても、実はかなりバレやすいので注意が必要です。

 

3.SNSで晒される

近年SNSの多様化により、自他ともにいつの間にかSNSに晒される機会というのが増えているって知っていましたか?

そんな中、運転中のオナニーというのは話題性、批判含めてバズりやすくなっていると言えます。

つまり、車内オナニー、運転中のオナニーはより晒される危険性というのは高くなっています。

意外と車の外からは見えない、人から見られていないと安心しきっているからこそ、危険なのです。

運転中 オナニー

https://twitter.com/pllpinfo/status/712633037821902848?s=20

もしかしたら見られたくて運転中にオナニーしている人もいるかもしれません。

しかし、わざと見せたわけではなくても罪に問われる可能性があります。

細かくはわいせつ物陳列罪、青少年育成健全法違反の項目で説明していきます。

 

4.実のところ他の車から見えている

スモークなどの工夫をしても意外と見られている車内。

見られていない、中は見えないと思っているのは自分だけだと気付いてください。

特に、バスやバイクなどの車高が高い車などからは、車の中を見られやすいって知っていましたか?

自分の目線よりも下なので視界に入りやすく、オナニーしている本人の視界には入りにくい。

なんとも残念な現象になっているのです。

バスやバイクの人も気になって見ているというよりも、視界に入ってしまって「見えてしまった」人たち。

そんな「見えてしまった」ものがオナニーだなんて、見てしまった側が「被害者」と言えます。

 

5.わいせつ罪で逮捕の危険性

運転中のオナニーを見られるリスクは精神的な問題のみにとどまりません。

通報されてしまった場合は、わいせつ罪で捕まってしまう可能性すらあるのです…。

わいせつ罪の正式名称はわいせつ物頒布罪。わいせつ物である「オナニー」を「見れらる危険がある所で行なった」、すなわち公然と陳列したと見なされ逮捕されます。

第175条(わいせつ物頒布等)

1 わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、二年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする。
2 有償で頒布する目的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする。

(引用元:弁護士法人中村国際刑事法律事務所

実際に車内で下半身を露出、車外の人に通報され、公然わいせつとして現行犯逮捕されている事例もたくさんあります。

 北海道札幌市北区の100円ショップ駐車場に駐車した軽自動車内で下半身を露出したとして、40歳アルバイト従業員が逮捕された。 ~中略~ 駆けつけた警察官がズボンを下ろしたままスマートフォンを操作している男を発見し、公然わいせつの疑いで現行犯逮捕した。(引用元:livedoor NEWS

現行犯逮捕以外にも、ナンバーによる追跡で逮捕された事例まで…

気持ちよくなるためにオナニーをしているはずなのに、捕まって、罰金や懲役になるなんて、誰もが望まないこと。

しかし、その行為1つで前科者になってしまう可能性があるのです!

 

6.青少年健全育成条例違反でも逮捕があり得る

車での淫らな行為を見られた場合、わいせつ罪のみならず、条例によっても罰せられてしまいます。

18歳以下にオナニーなどの性行為を見せつける行為は、青少年育成健全条例違反になるからです。

青少年育成健全条例は、簡単に言うと18歳以下の青少年にとって性的に有害なものを制限する内容。都道府県によって異なりますが、違反により2年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。

実際に、車での性行為を中学生に見せつけたカップルがお縄にかかっています。

ド変態な齢の差カップルが御用となった。11月29日、性行為を中学生に見せたとして、62歳の男性と26歳の交際相手の女が、埼玉県青少年健全育成条例違反容疑で逮捕、送検されたのだ。(引用元:exciteニュース

「見られたけど、子どもだからどうせ分からないだろう」なんて安心してオナニーしていると危険です。

罪に問われないためには、車内オナニー、運転中オナニーをやめるしかありません

 

運転中のオナニーは危険

いかがでしたでしょうか。

車内オナニー、運転中オナニーというのは自分が考えている以上に危険だと、気が付いたと思います。

事故の可能性はもちろんのこと、罪に問われて前科がついてしまう可能性まで…。

オナニーは、命の危険や社会的立場を失わない方法ですることをおすすめします。

本当にそこまでして車内、運転中にオナニーがしたかったのか、今1度しっかり考え直してみてください。

快適なオナニーライフになりますよう、お祈りしております。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事