--> オイルオナニーが気持ちよすぎ!やり方と使えるアイテム13選 | STERON

オイルオナニーが気持ちよすぎ!やり方と使えるアイテム13選

公開日:2021/03/25
更新日:2021/03/26

オイルオナニー

普段のオナニーに一味追加するだけで革命が起きます。
しかも自宅にあるグッズで!
今回紹介するのはオイルオナニーのやり方と使えるアイテムです。
ぬるぬるてかてかのオナニーに興味がある人は参考にして下さいね。

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

オイルオナニーの魅力とは

「普通のオナニーじゃ満足できない!」「もっと新しくて強い刺激が欲しい!」と思う方も多いことでしょう。

そこでおすすめなのが、オイルオナニー。

オイルオナニーでは、通常のオナニーでは感じることのできない快感を味わうことが可能です。

今回は、そんなオイルオナニーの魅力とオイルとして使える道具をご紹介していきます!

 

塗るだけでエッチな気分に

激しいオーガズムを感じる女性

男女問わず、性器にオイルを塗ると滑りが良くなり、通常よりも気持ちいい感触を楽しむことができますよね。

また、今回紹介するハンドクリームなどを本来とは違うエッチな目的に使っていることによって、ゾクゾクとするような背徳感も湧いてきます。

一般的にオナニーにはローションを使う方が多いですが、オイルではまた違った快感を堪能することが可能。

ベビーオイルなどを利用すれば肌がかぶれる心配も不要なので、肌が弱い方でも安心ですよ。

 

敏感な部分を強く刺激できる

ホットアロマオイル

オイルオナニーでは、通常のオナニーよりも強い刺激を楽しむことが可能です。

亀頭や金玉など、自分の敏感な部分を集中的に刺激すれば、破格の快感が押し寄せてきます。

オイルオナニー

https://twitter.com/FjC2TqD2GAInrWk/status/1369547908069036041?s=20

僕も一度オイルオナニーをしたことがありますが、「こんなに気持ちいのか!」と驚いている間にフィニッシュしたほどです。

また、オイルを塗ることで性器が感じやすくなるので、少しの刺激でも強い快感を楽しむことができますよ。

 

家にある物ですぐにできる

オイルを手に取る画像

「オイルオナニーって、アダルトショップでオイルを買わなきゃいけないんじゃないの?」と考える方もいます。

実際、アダルトショップや通販などで専用のオイルを購入してオナニーをすれば失敗することはありません。

しかし、ベビーオイルやサラダ油など家にあるもので代用することもできます。

むしろ、「専用のオイルより、家にあるものの方が気持ちいいじゃん!」という発見がある場合も。

身近に使えそうなものがあれば、積極的に利用していきましょう。

 

オイルオナニーに使える物15選

それでは、オイルオナニーに使える物の紹介に入っていきましょう!

 

1.サラダ油

サラダ油を塗る女性

サラダ油の特徴はかなり粘り気が強く、ローションと同じような感触を楽しむことができる点です。

実際、ローションの代わりとしてサラダ油を使用し、オナニーが捗ったという声もあります。

オイルオナニー

https://twitter.com/uttokoshabutaro/status/248444680520491008?s=20

サラダ油は家庭にある可能性が高く、ない場合もスーパーなどで簡単に入手することができる点も大きなメリット。

また、ローションよりも価格が安いので、節約したい方には最適です。

「ぬるぬるした感触を楽しみたい」という方は、ぜひ一度試してみてください。

 

2.オリーブオイル

オリーブオイルローション

先ほどのサラダ油に比べて、より膣内の感触に似た気持ちよさを味わえるのがオリーブオイル

サラダ油より粘度が高い分、愛液でぬるぬるになった膣内の感触を再現することが可能というわけです。

オイルオナニー

https://twitter.com/black_taitsu/status/1325419649299750912?s=20

こちらもサラダ油と同様非常に入手しやすく、隠匿性も高いです。

しかし、粘度が高い分、オナニー後に肌が痒くなってしまうケースも。

オイルオナニー

https://twitter.com/tobarimaru/status/1164535317057028096?s=20

ただ、気持ちよさは折り紙付きなので、一度試してみる価値は十分にあるでしょう。

 

3.ハンドクリーム

クリーム

ハンドクリームの大きなメリットは、オナニーで気持ちよくなりながら性器の肌ケアもできるという点です。

ハンドクリームを塗った手でオナニ-すれば、当然クリームの成分が性器に染みこみますよね。

その結果として、気持ちよくなりつつチンコのコンディションも良くなるという、まさに一石二鳥の方法です。

オイルオナニー

https://twitter.com/Toriniku_good98/status/1238122829821837312?s=20

また、ハンドクリームは粘性が高く、ローションのようにすぐ蒸発する心配もなし。

ねっとりとしたスローオナニーを楽しみたい方には最適ですよ。

 

4.ベビーオイル

ベビーオイルを塗りたくった脚

ベビーオイルは、ほどよいヌメリを楽しめるうえに、後片づけが楽なのが特徴です。

サラダ油などと比べると少し粘度は落ちますが、垂れる心配もなく掃除も簡単にできます。

また、ベビーオイルは男性だけでなく、女性の愛用者も多数。

乳首や肩など、全身にオイルを塗りたくってじっくりと楽しむという熟練者もいました。

オイルオナニー

https://twitter.com/uswHQszTV9AkZYF/status/1194514136060710913?s=20

 ベビーオイルなので肌にも優しく、家族には「美容目的」といって誤魔化すことも可能。

薬局などで簡単に手に入れることができる点も大きなメリットです。

 

5.クレンジングオイル

クレンジングオイルローション

「あまりベタベタすぎるのは好きじゃない。ちょっと滑りが良くなるぐらいがちょうど良い」

そんな方におすすめなのがクレンジングオイルです。

クレンジングオイルは比較的粘度の低いものが多く、なめらかな気持ちよさを楽しむことができます。

また、クレンジングオイルは美容用品なので、「オナニー後に性器がツルツルになった」という声も。

オイルオナニー

https://twitter.com/superababamode/status/1002773621549363201?s=20

オナニーに飽きたら、美容目的として使うことも可能。

家族などに怪しまれる心配もありません。

ただ、クレンジングオイルは種類が多く商品によって粘度に差があるので、 自分に合うものを見つけ出すようにしましょう。

 

6.乳液

クリームを塗る男性

「敏感肌だからローションなどを使うと肌が荒れる」という方には、乳液での代用が非常におすすめです。

乳液は肌を保湿する商品なので、肌にダメージが及ぶ心配も必要なし。

オイルオナニー

https://twitter.com/theNinja/status/34577727864446976?s=20

また、乳液の甘い香りを女性の香りとして設定し、オナニーを楽しむ猛者もいます。

オイルオナニー

https://twitter.com/bountybrody/status/664285050624610305?s=20

乳液自体はサラサラしているものが多いですが、それでも十分刺激を楽しむことができます。

どこの家庭にも置いてある可能性が高く、購入する際も非常にリーズナブルな値段で入手することが可能ですよ。

 

7.石鹸

お風呂に入るカップル

石鹸もローションのようなぬるぬる感があり、お風呂場でオナニーをすればそのまま洗い流せるので後処理も楽です。

しかし、石鹸に入っている成分が性器に深く染みこんでしまうと、炎症を起こしてしまうケースも。

事実、SNS上でも石鹸オナニーの被害者となってしまった方のツイートがたくさんあります。

オイルオナニー

https://twitter.com/ku_9_q/status/1327655022679650304?s=20

僕も一度、小さい頃に石鹸が性器に染みこんでしまったことがありますが、悶えるほど痛かったことを覚えています。

なので、個人的には石鹸オナニーはおすすめできませんが、好奇心旺盛な方は一度試してみるのもアリです。

 

8.リンス

リンスローション

オナニーしたいけどローションがないという場合、代わりとしてリンスを用いる方も少なくありません。

ほどよい粘り気と滑りの良さは好き嫌いがあるものの、ハマればクセになってしまう気持ちよさです。

しかし、リンスも先ほどの石鹸同様、性器が炎症を起こしたり腫れたりするケースがあります。

オイルオナニー

https://twitter.com/Rikka0923/status/1285174710444060679?s=20

ただ、全員が全員リンスオナニーをして性器が傷んだということではもちろんありません。

普通のオナニーに飽きた方は、一度試してみるのもおすすめです。

 

9.馬油

馬油ローション

馬油とは動物性の油脂のことで、シャンプーなどにも使われている成分です。

肌に優しいので、肌が弱い方でも安心してオナニーに用いることができます。

感触としてはローションよりも少しサラサラとしており、馬油を塗った部分を刺激すればかなり気持ち良くなることが可能です。

オイルオナニー

https://twitter.com/syu07kyoupan/status/405941728558841856?s=20

馬油はネットショッピングなどで簡単に入手できますが、これまで紹介したものに比べると少しお高めです。

リッチなオナニーを楽しみたい気分になった時などに使用してみるのが良いでしょう。

 

10.卵

卵白ローション

「え?卵オナニーなんか存在するの?」と困惑する方がほとんどだと思いますが、卵オナニーは実際にあります。

生卵の白身の部分はほどよくドロッとしており、ローションを使う時のように性器に塗るととても気持ちいいです。

また、上級者は余った卵を膣やアナルの中に挿入すると、二度美味しい。

オイルオナニー

https://twitter.com/CooL__VodKa/status/1063054808439898112?s=20

「食べ物を自慰行為のために使っている」という背徳感が湧き上がり、より興奮が高まる効果も期待できます。

家族や同居人も、まさか卵がオナニーに使われるとは思わないので、バレる心配も少ないですよ。

 

11.マーガリン

バター

普段はパンに塗って美味しく味わうマーガリンですが、性器に塗って気持ちよくなるのもマーガリンの1つの使い方です。

マーガリン自体は脂の塊なので、オナニーの際は潤滑油の役割を果たし、普段よりも滑りが良く気持ちいオナニーができます。

あまりメジャーな方法ではありませんが、実際にマーガリンオナニーをしてみたという報告も。

オイルオナニー

https://twitter.com/_hayaton/status/1191690248972980224?s=20

ただ、終わった後は当然マーガリンの匂いが性器につきます。

オナニー後は、マーガリンを塗った場所を速やかに洗いましょう。

 

12.ニベア

ニベア

保湿クリームとして有名なニベアですが、ニベアのぬるぬるとした感触は、実はオナニーにぴったりです。

僕も一度だけしたことがあるのですが、ローションやオナホなどとはまた違った独特の気持ちよさがありました。

オイルオナニー

https://twitter.com/o_ji04/status/1354494928215101440?s=20

また、ニベア自体に保湿成分が含まれているので、肌が荒れる可能性も低いです。

それどころか、オナニー後に性器がスベスベになっているなんてことも。

オイルオナニー

https://twitter.com/ryichotanu/status/1270709485779075074?s=20

1つ約300円と、ローションやオナホよりも安価で入手できるのも魅力です。

 

13.ワセリン

ワセリン

ワセリンもニベアなどと同じく肌に優しい成分で構成されているので、敏感肌の方におすすめ。

ベトベト感がかなり強いので、じっくりと濃厚なオナニーをしたい方に好まれる傾向があります。

オイルオナニー

https://twitter.com/yurikahideam/status/1324322057845288961?s=20

また、ローションのように床に垂れることもなく、使い勝手が良いのもワセリンのメリット。

肌が乾燥した状態でオナニーするよりも、ワセリンで湿り気を与えてオナニーした方が快感も倍増。

価格も安く、コスパを追求する方にはおすすめです。

 

14.マッサージオイル

マッサージオイルはローションのような粘り気こそないものの、肌表面の潤滑力を高め気持ちの良いオナニーを提供してくれます。

実際、「ローションよりもマッサージオイルの方が気持ち良い」という声も。

オイルオナニー

https://twitter.com/QUEEFBABY/status/934069894924005377?s=20

マッサージオイルを使用する際は、市販のものよりもアダルト目的に製造された商品を使用するのがおすすめ。

例えば、NLSの「ホットアロマオイル」の場合、リラックス効果がある成分と媚薬的な成分が掛け合わされています。

それでいて、市販のマッサージオイルよりもリーズナブルな価格。

オナニーはもちろん、パートナーとのセックスの際に使用してみるのもおすすめです。

 

オイルオナニーでローションと一味違う感触を楽しもう

オナニーに使用する潤滑剤といえばローションという印象が強いですが、オイルでは一味違った感触を楽しむことができます。

また、今回紹介したように様々な道具を使えるのもオイルオナニーのメリット。

「最近、オナニーがマンネリ化してきた」という方は、ぜひ今回紹介した方法を試してみてください!

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※本記事内掲載のTwitter等SNS投稿の削除依頼はコチラよりメールでお願いします。3営業日以内に対応いたします。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事