--> 【衝撃】オナクールが気持ち良い理由と辞めた方が良い理由 | STERON

【衝撃】オナクールが気持ち良い理由と辞めた方が良い理由

公開日:2021/02/27

下半身を冷やしてオナニーすると究極に気持ちいい。
そんな噂を聞いたことはありませんか?
今回はそんなオナクールのメカニズムと行う上でのリスクを解説していきます。

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

オナニーをする際に“オナクール”をすると気持ち良さがUPすると噂があります。

今回はそんなオナクールのメリットや体験談を詳しく紹介していきます。

 

オナクールはどれほど気持ち良い?

オナクール

オナクールは、太ももの付け根(鼠径部)を冷やしてからシゴくオナニー法です。

冷やすだけで、いつもより強い快感や射精感を手軽に得ることができるとして話題になりました。

はじまりは2006年頃、オナクールをして快感を得た男性が2chに投稿したことから広まったのです。

男限定ですまないんだが、とてつもない快感のオナニー発見した。俺、さっきこけて大たい骨の辺りを両方打って氷で冷やしてたんだが、急にオナニーしたくなってやってたら、目の前ブラックアウトしそうなくらいとんでもないのが来る。(口コミ引用:2ちゃんねる

オナクールを発見した男性は「今世紀最大の発明者」なんて言われ、多くのオナニストから崇められています。

そして最近になり、世の男性陣の間でオナクールが再沸騰しています。オナクールについての噂は絶えず、チャレンジャーが続出しているのです。

オナクール オナニー

https://twitter.com/tomoyo_tcyk71/status/1347529482953912324

外から雪を持ってくるほどオナクールが気になっていた男性も…。それほど話題になっている証拠ですね。

オナクール オナニー

https://twitter.com/ura_Pink_ch/status/1311126495666950144

ハッシュタグをつけて拡散される人気っぷり。

確かにちょっとした準備で気持ちいいオナニーができるとなれば、気になってしまうのは当然ですよね。

 

オナクールのやり方や快感の仕組みは?

毛細血管

オナクールをやってみたい男性の為に、実践方法と仕組みをレクチャーしていきます。

とはいえやり方は簡単。鼠径部をビニール袋や氷嚢などで冷やしその後一気にペニスをしごくだけです

血管がたくさん通っている足の付け根を冷却することで毛細血管が収縮し血流が緩やかに。その後オナニー・射精で血流が一気に促進され、急速に血が流れて強い刺激が生まれる仕組みになっています。

ここまで手軽で気持ち良さそう…とメリットばかり感じるオナクール ですが、実は危険性やリスクもあるのです…。

 

オナクールの危険性とリスク

オナクールは気持ちいいだけのおいしい話ではありません。

当然リスクが伴うので、しっかり理解する必要があります。

 

リスク1.凍傷の危険性

凍傷

噂を信じるあまり、オナニーに夢中になってしまい凍傷する危険性が…。

凍傷はただ感覚がなくなるだけと軽視されがちですが、酷い場合水疱などの組織傷害を引き起こすケースもあります。

凍傷は早急に治療されなければ組織傷害は不可逆的なものとなる。凍傷に冒された部位は組織の虚血によって最初は紫色に変色し、低酸素状態により神経障害を生じ知覚が失われる。初期の神経障害は可逆的であるが、神経組織が壊死すると不可逆的になる。病状が進行すると治療を開始しても、水疱を生じるなど火傷による組織壊死に似た状態になる(引用:Wiki

寒冷に慣れていない人は、ほんの数秒の寒冷曝露で凍傷になる危険性があるので、興味本位でオナクールをしようとすると痛い目を見ることに。

特に皮下脂肪の少ない人や、皮膚病や糖尿病などの持病がある人は凍傷のリスクがかなり高いので、オナクールはおすすめ出来ません…。

ちなみに凍傷まではいかなくても、皮膚温度と気温差から霜焼けになるパターンもありますよ。

オナクール オナニー

https://twitter.com/LEMON_1st/status/1152523112845414400

遺伝や体質も関係しますが、鼠径部は皮膚が薄い分、放っておくと霜焼けになりやすいです。

興奮で我を忘れないように気をつけたいものですね…。

 

リスク2.心臓への負担の危険性

肺と血管

脚の付け根は精管の他に、リンパ節、動脈などの密集地帯でもあります。

そんな場所でオナクールをするとどうなるか、想像つきますよね。

血の巡りが悪い状態で急激に血流が良くなると、心臓に負担がかかるのです。

実際、オナクールをすると激しい運動をした後のようなバクバクした感覚に陥ります。

オナクール オナニー

https://twitter.com/domdomyaltuhoi/status/1293936955516792835

それだけではなく、心臓にうまく血液が流れなくなったり心臓機能が正常に機能しなくなる危険性があるのです。

体の中という見えない部分に負担が出るため、病みつきになると非情に危険です。

持病がある人以外にも、心臓が弱い人はオナクールをすべきではありません。

それでもしたい人は自己責任で…。

 

リスク3.本番で満足出来なくなる

セックスが出来ないカップル

オナクールの強い刺激に慣れてしまうと、肝心の本番で満足出来なくなってしまいます。

理由は簡単で、強い刺激に慣れると遅漏や膣内射精障害になるリスクがあるからです。

オナクール オナニー

https://twitter.com/ASD_ADHD_OCD/status/1156216015753076736

より快感を求めオナクールを試したいのは分かりますが、本番で満足出来なかったら本末転倒ですよね…。

自分もパートナーも満足するために、やはりオナクールはしない方が賢明です。

 

オナクールはおすすめできない

身体に負担がかかることや膣内射精障害になるリスクを考えると、オナクールはおすすめ出来ません。

誤ったオナニーは本番で満足出来ない体につながりますし、何より体内への負担が大きすぎます。

興味本位でもオナクールはせずに、出来る限り本番に近いオナニーをして健康に射精するのがベストです。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事