-->

リンスオナニーのやり方や感想と辞めた方が良い5つの理由

公開日:2021/01/30
更新日:2021/01/31

お風呂場にあるヌルヌルしててオナニーに仕えそうなアイテムと言えば?
そう!リンスです。
今回はリンスを使ったオナニーのやり方や感想、さらにはやめた方が良いという理由も紹介します!

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

リンスオナニー体験者の感想

オナニーは、男の一生の課題であり、日々発想力とともに戦っていくものですよね。

私は探究心が溢れるあまり、リンスオナニーにハマっていたことがあります。

リンスはどこでも手に入るオナニーグッズ。ローションと同じように滑りを良くして刺激を増やせるのですが、実は快感の代償が大きいのです…。

今回の記事ではリンスオナニー体験者の感想を紹介した上で、実はやめたほうがいい理由についてご紹介します。

 

手軽にローションの代わりにできる

リンスローション

リンスは大抵のお風呂場にあるため、なんといってもお手軽。そのヌルヌル感から、ローションの代用としてひらめく方も多いのではないでしょうか。

オナニーに使うローションの代わりにリンスを使っても大丈夫ですかね?(口コミ引用:Yahoo!知恵袋

ネットでついつい探してしまう人は多いと思いますが、実際にリンスはオナニーに使えます!

ローションはリンスに比べると高価ですし、その独特の見た目から、浴室に置いておくと家族からの目は間違いなく悪化します。

リンスならばそんなことはないですし、自分用と言い張れば、家族の目も欺ける(笑)しかも、リンスは快感もかなり良い……。

リンスなら手に塗って手コキするだけでも気持ちいいと思います(口コミ引用:Yahoo!知恵袋

驚くほどのコストパフォーマンス、オナニーの革命、快感のインフレーションです。

リンスオナニーのコスパにペニスが調教されてしまうと、普通のオナニーに戻るのはなかなか難しいです……。

ただし、ヌルヌルしているからといって、AVやエロ漫画のシチュエーションで稀に登場する石けんやシャンプーは絶対に試してはいけません。

リンス以上にヤツらは危険です。使ってしまったら、ペニスがとても痛くなり、しばらくオナニーどころではなくなってしまいます……。

オナニーライフのトラップとも言えるでしょう。

 

亀頭をダイレクトに刺激出来るから気持ちいい

亀頭

亀頭オナニーはなんらかの潤滑剤を使わないと、痛みが強かったり、うまく擦れなかったりと散々な目に…。

リンスオナニーなら、亀頭責めをいとも簡単にできちゃいます。

オナニーで気持ちよくなりたいんですけどいいオナニーの方法はありますか?

今は、亀頭オナニーにはまってます。ちなみに、お風呂でリンスを使ってやっています!(口コミ引用:Yahoo!知恵袋

リンスオナニーでの亀頭への刺激は、オナホールよりも気持ちいい場合があります。

自分のツボを知り尽くしている場合、手コキよりも気持ちいい可能性も……。

 

洗い流せるので後処理がらくちん

シャワーでオナニーする女性

リンスは髪につけた場合、洗い流して使うものです。そのため、リンスをペニスにつけたとしても、もちろん洗い流すことができるのです!

発射した精液もそのまま流せるのは、オナニーライフの産業革命です!

皆さんは亀頭オナをするとき、どこでするんですか?

リンスとかローションとか使うからやっぱお風呂場ですか?(口コミ引用:Yahoo!知恵袋

オナニーライフでは、精液&潤滑剤の処理問題は常につきものです。発射した精液をキャッチした、いわゆる「シコティッシュ」などは臭いの原因になりますし、最悪カビも発生します……。

精液をしばらく放置することがなく、すぐに処理できるのは、リンスオナニーの魅力のひとつです。

 

お風呂場リンスオナニーを辞めた方が良い理由

リンスオナニーは、とてつもない快感を生みますが、リスクが大きいです。これがもう地獄……。まるでハイリスクハイリターンのオナニー……。天国と地獄……。

ここからは、そんなリンスオナニーのリスクと辞めた方がいい理由を解説します。

 

1.尿道にリンスが入り込む

我慢する男

リンスが尿道に入り込んでしまうと、痛みの原因にもなります。

尿道は粘膜のため、リンスでさえもかなりの刺激になるのです。血が出たみたいに充血したり、パンツと擦れて痛みを感じたり……。

リンスなどを使ってオナニーをしていたら、やり終えた後かなりひりひりして、そのままパンツをはいて普通にしていると、尿道の先端が痛くなったので見てみると、血が出たみたいに赤くなってました。用をたすときも少し痛みを感じます。そうすれば直りますか?(口コミ引用:Yahoo!知恵袋

私もリンスオナニーの最中に尿道に入って、激痛でのたうち回りました。

さっきお風呂でリンスをつけてオナニーしてたんですがその後から尿道?がツーンと痛いです。一応洗い流してみたりしたんですけど、排尿するときとかめちゃくちゃ痛いです。病院とかには行きたくないんですけど時間が経てば治りますか?(口コミ引用:Yahoo!知恵袋

こうなってしまうと、オナニーどころではなくなってしまい、数日間、長ければそれ以上の期間おあずけになります。

ペニスが傷ついてしまい、オナニーができない。身体だけでなく、心も大きく傷ついてしまうことでしょう……。

 

2.亀頭がカサカサになって皮がむける

乾燥肌

リンスは髪の毛に良いものですが、だからといって地肌に優しいわけではないのです。特に敏感な亀頭は、リンスオナニーによってカサカサになってしまうリスクも…。

リンスには界面活性剤が入っており、ムスコへ強烈なダメージを与えてくるのです。

リンスオナニー

https://twitter.com/loboyas/status/260000363648778240

界面活性剤は、食器用洗剤などに使われています。

使用後は手がカサカサになったり、皮がむけたりするひとがいますが、それが手より弱いペニスに起こると考えると背筋が凍ります。

リンスオナニー

https://twitter.com/qebebigylug/status/665917940345106436

私がリンスオナニーをしていた時は、亀頭だけではなく玉袋もカサカサになり頻繁に皮がむけていました。

彼女との行為中、愛液がムケた部分に染みた苦い思い出があります…。

 

3.独特の刺激に慣れると本番でイケなくなる

セックスが出来ないカップル

リンスオナニーを行うことで、遅漏になり本番でイけなくなってしまうリスクもあります。

リンスにより潤滑ができるため、リンスオナニーは速く動かし過ぎたり、強く亀頭を刺激しすぎたりする傾向にあるからです。

これは不適切なマスターベーションにあたり、膣内射精障害につながる可能性があります。 (引用:『TENGA』

https://tengahealthcare.com/campaign/chirou-a/

オナニーを楽しむのは結構なことですが、本番に響くのは避けたいもの。

もしリンスオナニーをするなら、強い刺激には要注意です。

 

4.排水溝に精液がたまる

排水溝は実は精液の苗床。お湯で精液に含まれるタンパク質が凝固してしまうため、排水溝が詰まりやすくなってしまいます。

掃除をしている人なら100%オナニーに気づくでしょう。

髪の毛と精液が絡んでしまい、掃除がとても大変になります。掃除のときの不快感は、まるで顔射された女性みたいなものでは……。

百歩譲って、何度も粘膜の接触をしたであろう、彼女や嫁に掃除されるならまだ良いですが、母親や祖母に掃除されていたら、家出を覚悟するレベルです

リンスオナニーをする場合は、くれぐれも排水溝に気を付けましょう。排水溝は、詰まらない限りそう頻繁に掃除するわけでもないので、自分で掃除していればバレるリスクはかなり少ないかも……。

そして、排水溝だけではなく、排水管が詰まってしまった場合は、パイプフィニッシュなどのタンパク質を分解できる薬剤が有効なようです。

体液の多くがタンパク質で作られており、髪の毛も同じタンパク質です。パイプユニッシュはタンパク質を溶かしますので、同様に効果がありそうです。おそらく管内に元々髪の毛がこびりついていて、そこにその体液が絡まったのだと思います。お湯で流していたなら、固まって尚更絡んでしまいますね。(口コミ引用:Yahoo!知恵袋

とにかく、リンスオナニーの際は排水溝は絶対にチェックです。

 

5.お風呂場だとオカズに困る

大量のAV

お風呂はスマホやPCを持ち込めないので、リンスオナニーでは最高のオカズを用意することは叶わず、最適なオナニー環境とは言い難いのです。

実際に風呂場でリンスオナニーをしている人は、妄想や思い出、刺激による快感で楽しんでいます…。

お風呂でオナニーよくします。セフレとのセックスを思い出して射精します。(口コミ引用:Yahoo!知恵袋

また、いざスマホを持ち込んでも、落としてはいけないという意識で、ミスをしてしまうケースもあります。

私はスマホにシャワーの水をかけてしまい、スピーカーとマイクを壊した経験があります……。ムスコが壊れなかっただけ良しとしましょう。

 

リンスオナニーはトータルで考えるとナシ

リンスオナニーは発射した精液がそのまま流せたり、ローションより安かったり、家族から隠せたりして、一見、手軽さがメリットに見えます。

しかし、実際は排水溝や排水管の掃除が必要になったり、治療費がかかって割高になったり、発射した精液が掃除をする家族に見つかったり……リスク考えるとかえって手間がかかります。

ペニスへのダメージも大きいですし、 そこまでの労力をかけるなら、素直にローションを使ったほうがコスパがいいです。

冒険したい諸君、くれぐれも慎重に……。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事