男性ホルモンが少ない人は収入も少ない、年収とホルモンの関係

2019.01.16

最近海外では「精力の強い」男性は「年収が高い」と言われています。
精力の強さや高年収と関わりの強いテストステロンについて調査しました。
テストステロンとビジネスの関係性、はかり方、増やし方を紹介します!

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    HIROKI

日本ではまだまだ研究の進んでいないテストステロンという物質。

テストステロンは男性ホルモンの一種で精力や積極性、たくましい体つきなどを作るため、「モテホルモン」や「セックスホルモン」とも呼ばれいています。

このテストステロンですが海外の最近の研究ではなんとビジネスマンとしての能力にも関わりがある事が判明しました。

海外のメディアではテストステロンが多い男性ほど、収入が高く、ビジネスの世界でも活躍している人が多いと話題になっています。

今回はそんな海外での最新の調査結果を基に、テストステロンについて解説をしていきます。

 

テストステロンとは

テストステロン

まず最初にテストステロンという成分を始めて聞いた方向けに、一体どんなものなのかを簡単に説明いたします。

テストステロンとは男性ホルモンの一種で主に男性の睾丸の中で生成される成分です。

異性に対する興味や性欲朝立ちの原因など、男性の精力の強さに影響するホルモンです。テストステロン量の多い男性ほど、積極的で、精力が強く、ポジティブ思考の傾向が多いと言われています。

また、精力以外の面でも、男らしい脂肪の少ない筋肉量の多い体作りを促進する効果があります。

テストステロンの効果

  • 精力(性欲、勃起、精子の質)を高める
  • 男らしい肉体や体質を作る
  • ストレスに強く、積極的な性格を促進

 

テストステロンと収入

日本では精力アップやモテるなどの性に関する効果があると有名になったテストステロンですが、最近の研究では収入とも密接な関係性があるという事が分かってきました。

テストステロンとビジネスの関係性について代表的な例を3つ程紹介致します。

 

テストステロンと平均年収

裕福な男性

まずはビジネスや会社での成功の指標として一番わかりやすい年収についてです。イギリスの大学(University College London)で行われた調査によると、年収の高い人は年収の低い人よりもテストステロン量が多いと発表をしています。年収が約455万円($42,000)以上の人と約92万円($8,500)以下の人を比較すると、年収が455万円以上のグループは平均してテストステロン量が10%以上も多かったのです[1]

テストステロンが低く、年収の低い人は寿命も短いとされています。

テストステロンが低い男性は肥満や糖尿病、心血管疾患のリスクが高く、不健康になるリスクが高いため、年収の高い男性と比べると寿命も平均して8年も短いと発表しています[1]

テストステロンが高いと高収入かつ長寿となる傾向があるようです。

 

ビジネスシーンでの積極性

攻撃的なビジネスマン

ビジネスシーンでの成功に欠かせないのが「出世」です。

出世するには知識量や仕事の細かさだけではなく、他の人がやっていない新しい事に恐れずに取り組む、積極性攻撃性が重要です。

ロシアの専門機関で行われた調査では、テストステロンには出世に大切なリスクを負って積極的に挑戦するアグレッシブさを高める効果があると発表されています[2]

 

集中力と判断力

優秀なトレーダー

非常に高いレベルの集中力判断力が求められる職業の一つとして有名なのがトレーダーです。

実はトレーダーの意思決定や獲得利益とテストステロンにも関連性があります。最近のケンブリッジ大学による、17名の男性トレーダーを対象にした実験では、テストステロン量が高い状態の時ほど、より多くの取引を実行し、獲得する利益が高い結果が出ました[3]

人間はストレスやうつなどネガティブなメンタル状態では、判断能力が低下します。テストステロン量が高い男性はネガティブな感情に対する耐性が強く、攻撃的かつ、正常な判断力を維持する事が出来ます。

 

テストステロン量を調べる

年収やビジネスでの成功とテストステロンに深い関わりがある事はわかりました。

次に気になるのが「自分のテストステロン量が多いのか少ないのか?」ですね。もちろん一番正確に測る事が出来るのは専門機関での計測ですが、そこまで本格的に調べる人はいないでしょう。

今回はテストステロン量が高い男性の特徴を紹介します。

一番わかりやすい方法としては右手の人差し指と薬指の長さを図る方法(2D:4D Ratio)です。

 

テストステロン量の調べ方

http://bundlehaber.com/detay/cafa2e7f-a090-4ed6-b671-2f7150cd6142

  1. 右手を平らな場所に置く
  2. 人差し指と薬指の長さを比べる
  3. 薬指の方が長いほどテストステロン量が多い

 

また、テストステロン量が低下している場合には次のような症状が現れる事が多いです。

  • 性欲の減退
  • ED(勃起力の低下など)
  • 肥満、筋肉量の低下
  • やる気がなくなる、ネガティブな思考が増える

 

テストステロンを増やす成分

有効成分

テストステロンは30歳を超えたあたりから年々分泌が減少をする傾向にあります。

もちろん日頃からしっかりと運動をして、質の良い睡眠を取る事により、意識的に分泌量を増やす事が出来ます。

より効果的にテストステロンを増やすには原料となる有効成分を摂取する事が重要です。日頃の食事からの必要量を摂取するのは困難なためサプリメントの利用が最適です。

テストステロン量を増やす効果のある成分や食材

  • マカ:マカの根の部分の粉末やエキス
  • 亜鉛:性欲や精子の質を高めるミネラル
  • クラチャイダム:黒ショウガで男性機能の改善効果がある
  • ビタミンD:男性の生殖機能を高める

これらの有効成分を摂取するにあたり、重要なポイントとなるのが、「最適な組み合わせで摂取をしているか?」です。

体は摂取した成分の栄養を100%吸収する事は出来ません。相性の良い成分と同時に摂取する事により、より効率的に栄養を吸収する事が可能になります。

おすすめは男性向けに作られたメンズサプリの利用です。

男性の性機能の減退や活力の低下などテストステロン量に関する課題の解決を目的に、最適なブレンドがされたメンズサプリがたくさん販売されています。

【メンズサプリランキング】精力&活力改善効果の高いメンズサプリ5選と理由

 

まとめ

成功したビジネスマン

本屋さんやネットを少し調べると年収を増やすための思考や自己啓発の方法に関する様々な情報商材が出回っています。もちろん収入を増やすために、知識やノウハウを増やすのは良い事です。

しかし会社でよい結果を出すための、積極的な姿勢、モチベーション、健康的な肉体と精神といったインフラを作り出すのはテストステロンです。

豊富なテストステロン量はビジネスマンからアスリートまで成果を上げている人の共通点の一つです。

一度試してみてはいかがでしょうか。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERHIROKI

    STERON編集部
    メディカルハーブコーディネーター資格保有者
    漢方や天然の食材の効果、効能に関する専門家として天然由来成分の男性機能への影響を日々調査、研究している。STERON記者として自然療法の知識を活用したメンズヘルスケア関連の記事を執筆、監修している。アメリカに留学した経験があり、海外のヘルスケアにも精通。

FOR YOUあなたにおすすめの記事