[addtoany]

スマホで出来る精液チェック?おすすめ精子検査キット8選

公開日:2020/02/06
更新日:2020/03/24

自宅でスマホ一台で出来るおすすめ精子検査キット8選

最近話題の男性不妊。
原因の9割近くは精子にある事が判明しています。
今回紹介するのはそんな精子をチェックするための検査キット。
自宅でスマホ一台で出来るおすすめの精子検査キット8つを紹介します。

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    HIROKI

精子検査キットを使うべき理由

不妊で悩んでいる夫婦の方々に絶対におすすめしたいアイテムが今回紹介する精子検査キットです。スマホ一台で自宅でも出来る妊活グッズ。

精子検査キットを使わないとそもそも妊活など始まらないと言っても過言ではない程重要。まずはその理由を簡単に説明していきます。

 

理由1.不妊の48%は男性側に原因有り

男性不妊の割合

https://st.benesse.ne.jp/ninkatsu/content/?id=37500

国立社会保障・人口問題研究所の調査によれば、日本全国の夫婦のうち3組に1組以上が不妊に悩んでいます

不妊を心配したことがある(または現在心配している)夫婦の割合は、35.0%と前回(31.1%)よりも増加した。(引用:国立社会保障・人口問題研究所

今までは不妊の原因は女性にあると言われてきました。そのため妊活に対する悩みやストレスを抱えるのは全て女性。

しかし最近の調査では、不妊症状の約半分は男性側にも原因がある事が判明しています。

東邦大学医療センターは男性が原因となる不妊症状は全体の48%であると発表しています[1]。つまり妊活には男性側の協力が必要不可欠という事なのです。

 

理由2.男性不妊の原因の83%は精子

男性不妊の原因

https://st.benesse.ne.jp/ninkatsu/content/?id=37500

男性不妊とは文字通り、男性が原因で子供を授かる事が出来ない症状。しかし原因は下記のように多岐に渡ります。

  • ED(勃起障害):勃起を維持出来ず射精に至らない
  • 性欲減退:パートナーに魅力を感じない
  • 射精障害:うまく膣内に射精が出来ない
  • 造精機能障害:質の良い精子を作り出せない

そもそもセックス自体に興味が湧かない勃起しないなど男性不妊の種類は様々ですが、圧倒的に多いのが造精機能障害

造精機能障害とは女性の卵巣に届く健康的な精子を十分な量作り出す事が出来ないという症状。医療法人浅田レディースクリニックによると、男性不妊のうち90%は造精機能障害が原因であると発表しています[2]

精子の量が少ない、濃度が低い、運動率が低い。これらは全て造精機能障害の症状です。

ここでお伝えしたいのは男性不妊の最も大きな原因となる精子を調べる事こそが、男の妊活の第一歩になるという事。

 

理由3.自宅でスマホがあれば調査可能

精液の採取

今までは男性の妊活の第一歩となる精子検査。今までは基本的に病院で採取してもらったり、採取した精子を調査期間に送って時間をかけて調べてもらう必要がありました。

しかし最近は人工知能やクラウドサービス、スマートフォンの普及などの恩恵もあり、自宅でスマホ一台でも精子チェックが出来るようになっています。

一昔前の精子観察キットとは違い、明確に自分の精子の量や濃度、運動率、精液の量など、妊娠に必要不可欠な要素を事細かに自宅でスマホ一台で調べる事が可能なのです。

 

精子検査キットの種類と選び方

精子検査キットをAmazonで調べると似たようなものが大量に表示されます。しかし当然どれでも良いわけではありません。

本気で妊活に取り組む気持ちがあるのであれば、自分の精子を正確に知る事の出来る検査キットを利用する必要があります。まずは精子検査キットを購入する上で知っておくべき3つの事を説明します。

 

選び方1.精子検査キットは大きく4種類

スマホタイプの精子検査キット

まずAmazonやその他の通販サイトで購入出来る精子検査キットは大きく次の4種類に分かれます。

  • 自分の目で観察する
  • スマホアプリの画像認識AIが精子を自動チェック
  • 採取した精液を専門機関に配送する
  • 精子のスマホ撮影動画データを専門家に診てもらう

上記4種類の精子検査キットはいずれも病院に行かずに、自宅で完結するという共通点はあります。しかし調査の方法や完了までの時間は大きく異なります。

例えば採取した精子をその場でアプリを使って観察するタイプや、アプリのAI機能で自動判定するタイプのキットは一瞬で調査が終了します。

アプリインストールから精子採取、分析、チェック一連の流れ全てが30分程度あれば問題なく終了するのが特徴。

一方で採取した精子の動画を専門家に送るタイプは数日程度検査完了まで時間がかかります。また採取した精子を直接送るアナログタイプのキットも同様に3~5日程度結果が出るまで時間がかかります。

時間をかけてでも専門家に詳しく見てもらいたい、即日観察したい、間を取って人工知能で判断したい。それぞれメリットデメリットがあるので自分にとってベストなタイプのツールを決めておきましょう。

 

選び方2.調査可能な項目数が異なる

専門家による精子分析

当然ですが、精液の量がドバドバたくさん出れば男性不妊の心配がないわけではありません。

精液の量が多くても、精子の運動率が低かったり、形が正常でない場合、卵巣まで泳いでたどり着く事は不可能。WHO(世界保健機関)が妊活の基準値として定めている指標は主に次の7項目[3]

  • 精液量(射精時の精液の量):1.5ml
  • 精子数:3900万/一回の射精 以上
  • 精子濃度:1500万/ml以上
  • 運動率:40%以上
  • 全身運動率:32%以上
  • 生存率:58%以上
  • 正常形態率:4%以上

つまり精子検査キットを購入する際は、出来る限りたくさんの項目の調査に対応しているものを選ぶのもポイントなのです。

 

選び方3.精子検査キット利用は一回で終わらせない

定期的な精子の状態検査

精子検査キットの購入を検討している男性に最後にお伝えしておきたい事が、精子検査は一度で終わらせてはいけないという事。

精子検査はあくまで妊活の第一歩であり、改善行為ではありません。

自分の精液や精子の状態を調べて問題がある場合は生活習慣の見直しやサプリメント、運動など取り組むべき事が山程あります。

実際に改善活動の効果を確かめるためにも、一定期間後に再度精子の状態が改善されたかを調べる必要があるのです。

同じ環境での再検査が望ましいため、最低でも同じ精子検査キットを2回~3回程度は利用する事も予定しておく事をおすすめします。

ちなみに新しい精子が生成されるのには74日間から約120日の期間が必要と言われています[4][5]。妊活に取り組んでから3カ月たったタイミングでもう一度精子チェックをしてみましょう。

 

おすすめ精子検査キット8選

それでは早速おすすめの精子検査キットをランキング形式で発表していきます。価格や方法、調査可能項目などを総合的に評価した独自のランキングです。

 

8位.元気チェッカー|SOD

(精子観察キット) 元気チェッカー 【2個セット】

総合点★☆☆☆☆
値段2,200円(2回セット)
1,100円(1回あたり)
調査方法スマホレンズ観察
分析対象項目-
結果確定-

おすすめ精子検査キット第8位はソフトオンデマンド社製の元気チェッカーです。

元気チェッカーは2個セットでも2200円と非常にお手頃な値段が魅力的。専用トレイに精子を垂らしてスマホのカメラで観察できる仕組みになっています。

ただし精子検査キットというよりは精子観察ツール。自分の精液の量や精子の形、運動率など妊娠に必要な項目を判断してくれるグッズではありません。

私も実際に使った事がありますが、あくまで精子を観察するコンパクトな顕微鏡といった印象が強く、妊活向きではないというのが正直な感想です。

 

7位.精子郵送検査キット|プレグナクト

精子検査キット プレグナクト 郵送検査サービス 1回検査用 (写真なし、郵送費込み) ( 株 )OES

総合点★★★☆☆
値段3,828円(1回あたり)
調査方法精液郵送
臨床検査技師による分析
分析対象項目精液量
精子濃度
総精子数
正常形態率
結果確定配送後3日前後

7位のプレグナクトの精子郵送検査キットは非常に本格的な妊活ツール。開発販売を行っている株式会社OESは妊活支援グッズの開発を専門とする企業。

スマホで観察検査するタイプではなく、採取した精子を郵送して専門家(臨床検査技師)にチェックしてもらう仕組みになっています。精液量、精子濃度、総精子数、正常形態率の4項目が調査の対象。

採取した精子を送ってから約2、3日程度で結果がメールで届くようになっています。

 

6位.テンガメンズルーペ|TENGA

TENGA MEN'S LOUPE テンガ メンズ ルーペ 【スマートフォン用 精子観察キット】

総合点★★★☆☆
値段1,165円(4回セット)
調査方法スマホアプリでの観察
(目視)
分析対象項目精液量
精子濃度
精子運動率
※全て目視確認
結果確定その場で観察

おすすめ精子検査キット6位は大手オナホメーカーTENGAのグループ会社であるテンガヘルスケア社のテンガメンズルーペ

アマゾンベストセラー1位やAmazon`s Choiceを獲得している人気商品です。魅力は何といってもコスパが良い点。

採取した精液を専用トレイに乗せて、スマホのカメラで観察出来ます。

ただ観察するだけではなく、専用スマホアプリで撮影した精子を見ながら自分の精子の状態に近い写真を選択していく事で、検査する半マニュアル半自動で検査する仕組み

専用の試験官に精液を入れる事で、精子だけではなく自分の精液量も計測する事が可能。コスパの良いバランスタイプの商品です。

 

5位.写真付き精子検査キット|プレグナクトEX

写真付き精子検査キット プレグナクトEX 郵送検査サービス 写真付き1回検査用( 株 )OES

総合点★★★☆☆
値段5,478円(1回分)
調査方法精液郵送
臨床検査技師による分析
分析対象項目精液量
精子濃度
総精子数
正常形態率
※写真付きレポート
結果確定郵送後3~4日

第5位のプレグナクトEXは先ほど紹介した株式会社OESのプレグナクトのハイエンドモデル。

基本的な調査項目は通常のプレグナクトと同様で精液量、精子濃度、総精子数、正常形態率の4項目

プレグナクトとプレグナクトEXの違いはレポートにあります。通常のプレグナクトは文字だけのレポートがメールで送られてきますが、プレグナクトEXのレポートには精子を200倍と400倍に拡大した写真も付いてくるのです。

写真付きのコメントの方が納得感が強く、利用者満足度は非常に高い検査キットです。

 

4位.メンズホームチェッカー培養士レポート付

【スマホではじめる男性妊活】精子活力チェック『メンズホームチェッカー』培養士レポート付

総合点★★★★☆
値段4,180円(1回分)
調査方法撮影動画アップロード
培養士による分析調査
分析対象項目精液量
精子濃度
精子運動率
総精子数
総運動精子数
結果確定アップロード後3日前後

おすすめランキング第4位はスグケア(SuguCare)社製の検査キット。男性医療の専門家として有名な小堀善友医師が監修を行っており、非常に詳細な部分まで分析してもらえるのが特徴。

ほとんどの精子検査キットの調査対象項目は4つですが、スグケアのメンズホームチェッカーは精液量、精子濃度、精子運動率、総精子数、総運動精子数の5つの項目を調べてもらえます。

一番のメリットは郵送タイプとスマホ完結タイプの両方のメリットを採用したハイブリッド検査キットであるという点。

付属の555倍光学レンズで撮影した精子の動画をアップロードする事で、その動画を培養士(生殖補助医療を担う医療従事者)に調査してもらえるという優れもの。

ポストに精子を投函する必要もないので、完全に自宅でチェックが完結するのが売りです。

 

3位.Seem(シーム)|リクルート

スマホでできる、精子濃度・運動率測定キット『Seem』

総合点★★★★☆
値段3,980円(1回分)
調査方法画像認識機能による判定
分析対象項目精子濃度
精子運動率
結果確定即時

第3位のSeem(シーム)は上場企業であるリクルート社が開発販売する検査キット。

Seem(シーム)の一番の特徴は何といってもテクノロジー。採取した精子を専用のスマホアプリの画像認識AIが自動で分析してくれる優れもの。

さらに男の妊活でどんな取り組みをすれば良いのか等のコンテンツや基礎知識も無料で読む事が出来るのです。

分析対象は精子の濃度と運動率の2項目ですが、自宅でスマホ一台で瞬時にチェックの結果が分かるのが人気の理由です。

 

2位.写真付き精子検査キット3回分|プレグナクトEX

写真付き精子検査キット プレグナクトEX 郵送検査サービス 写真付き1回検査用( 株 )OES

総合点★★★★★
値段10,780円(3回)
3,593円(1回あたり)
調査方法精液郵送
臨床検査技師による分析
分析対象項目精液量
精子濃度
総精子数
正常形態率
※写真付きレポート
結果確定郵送後3~4日

おすすめ精子検査キット第2位はプレグナクトEXの3回セット

こちらは先ほど紹介したプレグナクトシリーズのハイエンドモデルが3回分セットになっているキットです。

精液量、精子濃度、総精子数、正常形態率の4項目を専門家に写真付きで3回も分析してもらえます。

本来1回あたり5,140円のキットにも関わらず、3個セットにすると1回あたりの価格はたったの3,266円

写真付き精子検査キット

先ほども説明しましたが、精子チェックは妊活の取り組み開始後にも効果測定のためにも受ける事が必要。

精子が生成されるには約3カ月~4カ月程度かかるため、取り組み開始2カ月目と4カ月目にプレグナクトEXを使う事をおすすめします。

本格的に妊活に取り組みたい男性におすすめの精子チェッカーです。

 

1位.コウノトリ|HC-PRS02M

コウノトリ スマホで精子の状態を観察・確認 男性用妊活グッズ HC-PRS02M

総合点★★★★★
値段5,980円
※繰り返し利用可
※別売り採取キット有
調査方法画像認識AIによる分析
分析対象項目精子の密度
精子活動速度
※97%以上の精度
結果確定即時
分析時間3秒

栄えある精子チェックキットランキング第一はコウノトリのHC-PRS02M

知名度はまだまだですが、機能面においては非常に精度が高く、採取後たった3秒で分析が完了するAI対応チェッカーです。

コウノトリ スマホで精子の状態を観察

医療法人地塩会 大宮レディスクリニックの出居貞義先生が推薦しているツールでもあり、精子の活動速度の精度は97.1%、精子の密度検出精度は97.9%と高精度。

郵送タイプや動画アップロードタイプと比べると調査項目数は少な目ですが、AI対応している分何度でも検査出来るのが魅力のポイントです。

トレイを洗えば再利用出来ますし、専用の採取キット単体でも購入する事が出来るため、妊活の経過を定期的に調べたい男性に最もおすすめしたい検査キットです。

 

男の妊活スタートの第一歩

今までの病院で行う精子検査と比べて、自宅スマホ精子チェッカーの手軽さや精度の高さ、コスパの良さに驚いた方も多いのではないでしょうか。

今回は実際に使用した精子チェッカーを計8つおすすめ順に紹介しました。

手軽さ重視や分析クオリティ重視、バランスタイプなど種類はたくさんあります。しかし重要視してほしい事は定期的にチェックする事。

今あなたの精巣内にある精液や精子は数カ月前のあなたの生活習慣によって作られたものです。

精子検査キットとは日頃から妊活に取り組み、その効果を定期的に測定するためのアイテムだという事を忘れてはいけません。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERHIROKI

    STERON編集部
    メディカルハーブコーディネーター資格保有者
    漢方や天然の食材の効果、効能に関する専門家として天然由来成分の男性機能への影響を日々調査、研究している。STERON記者として自然療法の知識を活用したメンズヘルスケア関連の記事を執筆、監修している。アメリカに留学した経験があり、海外のヘルスケアにも精通。

FOR YOUあなたにおすすめの記事