-->

童貞処女カップルが初セックスで用意すべき11の事

公開日:2020/02/03

童貞処女カップルのセックス失敗談や注意点

幸か不幸か、童貞と処女の出会いは意外と多くあります。
そんなカップルが直面する悩みこそが初セックス。
どちらも経験がないので必ず苦労するはず。
今回はそんな童貞と処女カップル向けに失敗しない12のコツを紹介します。

  • 記者 WRITER
    MASATO(STERON編集部)

童貞処女カップルの初セックスが失敗に終わる理由

童貞と処女のカップルに、初セックスの感想を聞いてみると「痛いだけだった…」なんて回答をされることも少なくありません。

確かに男女とも全く経験もなく、緊張しているため上手にできないことは理解ができます。とはいえ、全ての童貞処女カップルが初セックスを失敗しているわけではありません。「初めてだったけど痛みも無くて気持ちが良かった」、「入り口がわからないなんてことはなかった」なんて成功体験をしているカップルも多くいます。

実は失敗するカップルにはいくつかの共通点があるのです。なぜ童貞処女カップルが初セックスに失敗してしまうのか、その理由を解説します。

 

理由1.焦りすぎ

焦る男性

童貞処女カップルの初セックスががっかりな結果に終わってしまう最も大きな理由は、お互いが焦りすぎているからです。

「童貞が焦る」というのは想像しやすいですが、女の子でも焦るの?と疑問に思う人もいるでしょう。断言します。処女の女の子も焦ります。

周りが次々と童貞処女捨ててんのまじ焦りしかないんすけど(震え声) ーけあき(@CirfVtxBL5zR41H)

”セックス”に対して焦るのはもちろんのこと、いざその場になると”挿入”に対しても焦ってしまうことが失敗の原因なのです。無理矢理入れようとして強い痛みを感じたり、うまく入れられなかったりして残念な初セックスとなってしまうわけです。

 

理由2.準備してなさすぎ

緊張する男性

童貞と処女のカップルは、準備が十分でないまま、その場のノリでセックスしてしまうことも少なくありません。準備不足の結果が失敗の原因となっているのです。

特に初セックスは想定外のことが連続します。緊張しすぎて勃起しない、焦りすぎて入り口がわからない、我慢できないほど痛みを感じるなどです。

しかし、これら想定外のことは、薬や精力剤を用意したりゆっくりとセックス出来る場所で行うこと、ローションを用意することで予防が出来ます。

十分な準備をせずにしてしまう初セックスは、想定外のことを解決する準備が全くできていないため、失敗に終わってしまうのです。

 

理由3.期待が高すぎ

ムラムラする女性

セックスへの期待が大きすぎる童貞処女カップルも、満足出来ないセックスをしてしまいがちです。

セックスは確かに良いものです。肉体的には欲望を満たすことができ、精神的にも充足感を得ることができます。しかし童貞も処女も、セックスから得られる物に対して幻想を抱きがち

例えば、童貞男子であれば、セックスといえばAVみたいなものと考えている人が多く存在します。

リアルなセックスを体験することで、童貞特有のセックスに対する過度な期待と幻想が消え、猛烈な賢者モードに入る。 これによって今までのセックスに対する執着が消え、解脱することができる。
まっくすこーひー。(@cgbultaASADQQd)

エロ漫画やAVみたいな楽しいセックスなんて知識経験ない童貞には絶対に無理だから過度な期待はしない方がええで
(@ZeRo_na_cha)

本当のセックスはAVのようには行きません。AVはあくまでも作り物なのです。最近では女の子向けのAVも増えました。そのため、処女の女の子もAVのような初セックスを夢見てしまうことが少なくありません。

セックスに夢見てる処女かわえーなー
ぷる(@_purururu__)

セックスはリアルなものです。期待しているだけでは何も得られないのですが、それを理解していない童貞処女カップルが多すぎるのです。

 

童貞処女カップルが初セックスを失敗させないコツ

童貞処女カップルが初セックスで失敗してしまう理由を説明しました。「あっ…」と思った童貞処女の方もいるのではないでしょうか。

不安感を感じた人でも、しっかりと準備して適切な期待を持って初セックスに臨めば、「セックスしてよかった!」と思える経験を手に入れられます。

そのために必要なポイントをここからは徹底的に解説していきます!

 

1.野外は絶対にダメ

野外でプレイをするカップル

地方の中学生や高校生がやってしまいがちなのが、野外でセックスしてしまうこと。橋の下や公園のトイレなど、確かにデキそうな場所はたくさんありますが、初セックスには全く適した場所ではありません。

いつ誰が来るかわからない野外は、(ある種の興奮は得られますが)全く落ち着くことができません。

また、野外は非常に不潔。例えば、トイレには人に影響を及ぼす可能性があるバクテリアや細菌が77,000種類ほど存在しているのです[1]。不潔なベッドでセックスするだけで、感染症にかかってしまうリスクもある[2]ほど性器は敏感で繊細な身体のパーツ。ましてや、比較にならないほど不潔な野外でのセックスが、身体に悪影響を及ぼさないわけがありません

その時の雰囲気で”ヤレる”場所を探したくなる気持ちはわかりますが、グッと我慢して清潔なホテルや自分の部屋で初えっちするようにしましょう。

 

2.経験がないことを隠さない

性欲の強い童貞狩り女性

童貞や処女はコンプレックスの1種です。隠したい気持ちはわかります。特に好きな異性には隠したくなるでしょう。しかし、むしろ大切な相手だからこそ、経験がないことを共有して「失敗するかもしれない」と不安に思っていることを共有した方が成功に終わる可能性は高くなります。

事前に告白しておくことで、ベッド上で変にかっこつける必要がなくなり、リラックスした状態で初セックスに臨めるからです。

また、パートナーの高まりすぎた期待を抑える効果もあります。自分よりも相手の方が経験者だと思ったら、「上手に違いない」と思いますよね。でも同じレベルならどうでしょうか。

ちょっと失敗しても、「仕方ないか」と相手も思ってくれるはずです。

「失敗した」「期待外れだった」という結果になるのは、想像していたものよりも実際が良くなかったからです。つまり、事前の期待を下げることで、期待外れに感じることがなくなるわけです。

このような理由から、童貞であること処女であることは事前に共有しておくべきなのです。

 

3.脱がす前に優しく抱き合う

ハグをしているカップル

初めてえっちするという場面では、すぐにベッドインしたくなります。でも、焦りのは禁物です。ベッドに押し倒す前に、まずは優しく抱き合ってお互いをリラックスさせましょう。

ハグにはリラックス効果があるからです。大阪大学と民間の研究機関が行った研究では、ハグをした男女はコルチゾールの分泌量が低下しました。

コルチゾールとは、ストレスホルモンとも呼ばれる物質で、緊張や不安を感じている時に多く分泌されます。つまり、コルチゾールが減るということは、ハグによって緊張や不安が取り除かれているということです[3]

初セックスの失敗原因の1つは”緊張”。リラックス効果があるハグの重要性がよくわかりますね。

 

4.下着は絶対褒める

下着を脱ぐ女性

特に童貞男子にお伝えしたいのですが、女の子の下着は毎回褒めることを忘れないでください。特に初セックスの予感があるときには、女の子も気合いを入れて下着を選んでいます。

「下着のセンスが悪くてがっかりされたらどうしよう」と考えない処女はいません。一言だけでも、「ブラ可愛いね」「シンプルで似合ってる」と伝えるだけでも、女の子は大分リラックスできるはず。

初セックスの失敗を避けるだけでなく、その後の関係性の改善にも効果が期待できるため、下着は必ず褒めることをおすすめします。

 

5.前戯はしっかり

セックスに戸惑う男性

気持ちの良いセックスをするためには前戯の長さも非常に重要です。徐々に興奮を高めていくことで、膣を濡らすことができるので、挿入も簡単になります。個人的にはハグ〜挿入までの前戯で1時間程度の前戯がおすすめです。

また、前戯には体内の化学物質の量も変化させる力があります。例えば、キスには、セロトニンやドーパミンなどの化学物質の分泌を促進する効果があるのです[4]。ドーパミンには、痛みを軽減する効果もあるため、処女の破瓜の傷みも感じにくくしてくれるでしょう[5]

また、クンニリングやフェラチオなどを行うカップルの方が、セックスの満足度が高くなる傾向にあることも研究でわかっています[6]

「童貞や処女で気持ち良くする方法がわからないからしたくない。」なんて言う人もいますが、初セックスを成功させるためには積極的に前戯をしていきましょう。

 

6.付けやすいコンドームを使う

ラブホテルのコンドーム

「初めてのえっちだから、コンドームを使わなくても妊娠しない」なんてことはありえません。初めてのセックスでも妊娠はしてしまいますし、相手が性病にかかっていれば移るリスクもあるため、コンドームを使わない選択肢はありえません。

とはいえ、童貞処女のカップルだとコンドームを付けるタイミングは1つの鬼門。失敗して結局付けずに挿入したくなります。だからこそ、付けやすいをコンドームを前もって用意しておきましょう。

おすすめの付けやすいコンドームは「すぐぴた3000」。紐を引っ張るだけで装着できるような仕組みになっています。「どのコンドームを使えば良いのかわからない」という男性にはぜひ使ってもらいたいです。

[amazon_link asins=’B000FQ6CII’ template=’Copytemplate’ store=’camelback00-22′ marketplace=’JP’ link_id=’5b0c1021-dfb0-442d-b588-702b96bd1909′]

 

7.ローションも活用する

カップルで楽しむローション

「処女膜を破る初めてのセックスは痛みを感じる」というのは有名の話です。我慢できないほどの痛みとも形容される破瓜の傷みですが、ローションを使うことでかなり軽減されます。

激しい痛みが襲うのは、狭いところに大きなものを無理矢理ねじ込もうとするため。そのため、潤滑油の役割も果たすローションを使うことスムーズに挿入できるようになるのです。

インディアナ大学が2,453名の女性を対象に行った調査では、ローションを使用することで痛みを軽減するだけでなく、65%の女性がいつもより良いセックスができると回答しています[7]。同じ調査では、シリコン製よりも以下のような水ベースのローションの方が満足度が高くなる傾向があることもわかっています。

[amazon_link asins=’B06XGCLJ43′ template=’Copytemplate’ store=’camelback00-22′ marketplace=’JP’ link_id=’0f0bdbb0-d9a6-4e40-ae58-5becaad0cc74′]

 

9.無理な体位はしない

体位その4

四十八手というものがあるように、セックスには様々な体位が存在します。数多ある体位を試していけば、2人にとって至高の体位を見つけることも出来るでしょう。

しかし、童貞処女カップルが最初のセックスから、色々な体位を試すことはおすすめしません。特に身体を捻ったり、脚を高くあげないといけなかったり、女の子を持ち上げなければいけないような無理のある体位は厳禁。慣れていない人がすると、痛い思いをする可能性が高いです。

個人的には初セックスは正常位がおすすめ。女の子が脚を開いていることもあり、膣口を見つけやすいからです。コンドームメーカーのDurexの公式サイトでも、初めてのセックスでは正常位が挿入しやすい体位なのでおすすめと記載がありますよ[8]

 

10.セックス後は女の子を労る

ベッドで抱き合うカップル

男性は射精後になんとも言えない虚脱感に襲われます。プロラクチンが分泌されることで、リカバリーモードに入るのです[9]。「動きたくない…」と思う気持ちもわかります。しかし処女だった女の子は痛みでそもそも動くことができないこともあるので、セックスのあとは男がケアしてあげましょう。

特に女の子に水を飲ませるようにしてください。実はセックスのあと、女の子は膀胱炎などの尿路感染症にかかりやすい状態になっています。しかし、ハーバード大学の発表によれば、セックスのあとに十分な水を摂取すると感染率を大幅に下げることが出来るとのこと[10]

水以外にもタオルで汗を拭いてあげたりすると喜ばれます。

このように積極的にケアしてあげることで、「痛かったけどしてよかった」と思わせることができるのです。

 

11.ピロートークではキスを多めに

キスをするカップル

セックスのあとに男性が眠たくなるのは自然なことです。フランスの研究施設が行った調査でも、射精後は実行能力を示す前頭前皮質の活動が弱くなるとのこと[11]

しかし、いくら眠たくなったとしても童貞男性は起きてピロートークを少しはすることをおすすめします。女の子はセックスのあとのハグやキスを強く求めることも研究でわかっているのです[12]

 

事前準備をしっかりして初セックスに臨もう

童貞と処女の初セックスは、どのセックスよりも難しいものかもしれません。

お互いに経験も知識も全くないにも関わらず、どちらも見栄を張りがち。その結果、お互いに高い期待値を持ってしまうので、期待外れで残念な初セックスに終わってしまうのです。

童貞処女カップルが初セックスを成功させるために必要なことは、お互いに思い合ってコミュニケーションを取り合うこと。とはいえ、処女よりも童貞に期待される責任の方が重たいのが事実。

今回の記事で最低限満たすべきポイントは全てカバーしているので、初セックスに臨む前にも参考にしてくださいね!

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERMASATO(STERON編集部)

    STEORN編集部
    「性をロジカルに」をモットーに記事を執筆。これまで感覚的に語られてきた”性”というテーマを学術的・科学的根拠に基づいて伝えていきたい。ティーコンシェルジュの知識を活かし、健康問題の解決に向けたハーブティーのブレンドもこなす。

FOR YOUあなたにおすすめの記事