「天然のバイアグラ」と呼ばれるスイカに勃起力向上がある理由!知らないと損な6つの知識!

2018.12.28

スイカ アイキャッチ

スイカが天然のバイアグラと呼ばれていることを知っていましたか?
これが本当なら、勃起力が気になってきたあなたにもぴったりの食べ物かもしれません。
そこで今回は、スイカに本当に勃起力向上効果があるのかどうか、その他にどのような健康効果が期待できるのか、どれくらい食べればいいのかなどをお調べしました!

  • 記者 WRITER
    江原 まさと(STERON編集部)

男性の永遠のテーマと言っても過言ではないのが「勃起力」です。

若い時は精力体力共に元気なので気にする必要はありませんが、年齢を重ねるごとに勃起力は低下してしまうものです。

早ければ20代後半から、平均すると30代前半くらいから勃起力は低下し、勃起不全(ED)や中折れに悩まされることも少なくありません。

病院に行って精力剤を処方してもらうのも一つの手ではありますが、医薬品はどうしても副作用の存在や保険適用外であることからお金がかかりがちです。

今回はそんな勃起力低下に悩む男性にとって救世主とも言える果物「スイカ」をご紹介します。

このスイカ、なんと「天然のバイアグラ」とも呼ばれているほど勃起力向上に高い効果を発揮する野菜だったのです。

 

スイカが勃起力向上に効果あるって本当?

サイズアップ

先ほどお伝えしたようにスイカには「シトルリン」という成分が含まれています。このシトルリンは血液の循環を改善し、血流促進や血管を弛緩する効果があり勃起力が向上します。

そもそも勃起不全になる原因の一つとして「ペニスへの血の巡りが悪い(血流の巡りが悪い)」事があげられます。

シトルリンの効果で血の巡りを良くしてあげる事により、ペニスに流れ込む血の量と勢いが増えることで勃起力の回復に繋がります。

更に、シトルリンは体内に入ると「アルギニン」という成分に変換されるのですが、アルギニンは「精子を元気にさせる(精子数、精子運動性増加)」作用があり、不妊治療を受ける男性や女性にも効果的と言われています[4]

血の巡りを良くして勃起力を高め、精子を元気にさせて精力も高める効果があるんですね。

 

勃起力以外にスイカに期待できる6つの効果

バイアグラと比較されることもあるスイカですが、期待できる健康メリットは勃起力の向上だけではありません。

実は、驚くべき効果を持っているのです。

水分補給にぴったり

水分補給にぴったりの野菜

成人であれば、人体の60〜65%は水分でできています[1]。それほど水は人間にとって必要なものなのです。

だからこそ、人間は常に水分を補給する必要がありますが、水分を補給する方法は飲み物をのむだけではありません。

水分を多く含んだものを食べることからも摂取することができます。

スイカの92%は水分。そのため、スイカは水分補給の面で素晴らしい食べ物と言えるでしょう[2]

 

美肌や健康的な髪の維持

男性美容

スイカには美容効果をもたらす多くの栄養素も含まれています。

例えば、ビタミンA。ビタミンAは健康的な肌を保つために欠かせない栄養素です。

肌荒れや日焼けなどでダメージを受けた肌を再生するため、皮膚の細胞の生成を促す効果があります。

ビタミンCもまた美肌や健康的な髪を維持するために欠かせない栄養素。ビタミンCはコラーゲンの生成やアミノ酸の生成を促します。

さらに、トマトに多く含まれることで有名なリコピンには、日焼けダメージを和らげる効果があることがわかっています[3]

スイカにはトマトの1.5倍もリコピンが含まれているのです。

 

筋肉疲労の軽減

筋肉疲労の軽減

スイカに豊富に含まれるシトルリンには、筋肉疲労を和らげる効果が期待できるかもしれません。

アスリートにスイカジュースを飲ませたところ、運動後の筋肉痛が軽減されました。

また、運動後の心拍数が正常に戻るまでの時間も、早かったとのこと。

シトルリンの吸収率は、スイカをそのまま食べるよりも、スイカジュースから摂取する方が効率的でした[4]

 

炎症や酸化ストレスの軽減

炎症を抑える効果

トマトの1.5倍のリコピンが含まれるスイカ。炎症や酸化ストレスの軽減も期待できるでしょう。

リコピンやビタミンCには、炎症を抑制する作用があることがわかっています。

トマトジュースを飲んだ被験者は、炎症の状況が緩和し、体内の抗酸化物質が増加したと発表されています[5]

 

心臓の健康状態の改善

心臓を健康にする

リコピンは生活習慣病の1つでもある高コレステロールの解消に効果があるかもしれません。さらに、血圧の低下効果も期待できます。

また、スイカに多く含まれるシトルリンには、血管拡張作用が期待できます。血管が広がることで、血圧が低下するでしょう。

つまり、スイカはリコピンとシトルリンの2つの成分から強力に血圧を低下させるのです[7][8]高血圧に悩む方にとっては見逃せない情報ですね。

ちなみに、シトルリンの血管拡張作用は勃起力の向上にも非常に効果的です。

 

がんの予防

がんの予防

リコピンにはガンの予防効果もあるかもしれません。特に胃がんなど消化器官系のガンの予防に効果的とのこと。

明確なメカニズムは不明ですが、トマトを多く食べる地域では、ガンの発症率が低いことがわかっています。実際に欧米では、トマトの摂取が多いほど前立腺ガンの割合が低かったと報告されています[9]

 

スイカの副作用とED治療薬の副作用

バイアグラなどの医薬品には副作用リスクがある。

バイアグラのような効果が期待できると言われているスイカですが、食べすぎによる副作用はほとんどありません。

ただし、90%以上が水分で構成されているため、食べすぎることで体が冷えてしまいます。風邪気味の人などは食べすぎに注意しましょう。

一方で、バイアグラなどのED治療薬は大なり小なり副作用が発生する可能性があります[10]

  1. 頭痛がする
  2. 吐き気がする
  3. 顔のほてりや目の充血
  4. 動悸がする
  5. 鼻がつまる

軽度な症状であれば上記のような副作用ですが、重度な症状となると心筋梗塞のリスクが高まります。このような副作用があるため、バイアグラやシアリスなどの勃起薬は医師の処方箋が必要なのです。

海外通販で購入することもできますが、偽物や副作用が強い製品にすり替えられていることもあるので、絶対に購入しないでください。

中国で作られていた偽物のバイアグラには、プリンターのインクが使われているくらい危険です。

一方で、スイカであればこれらの副作用に対する心配はそこまでする必要はなくなります。

バイアグラの副作用についてはこちらの記事でまとめているので、参考にしてくださいね。

知らないと危険?バイアグラの副作用と注意点【医師監修】

 

勃起力を得るために必要なスイカの量

勃起りょkうを得るために必要なスイカの量

とはいえ一体どれくらいのスイカを摂取すれば勃起力増強としての効果があるのでしょうか。この疑問もテキサスA&M大学が研究し発表しています。

バイアグラ1錠の効果を得るためには「スイカ6切れ」。だいたい半玉のスイカを食べるとバイアグラ1錠の効果に匹敵するとのことです。

ただし、バイアグラは身体の大きい外国の人を基準に作られており、日本人は半錠でも十分な効果が得られます。

そう考えると、4分の1ほどのスイカを食べれば同じくらいの効果があるという事でしょう。

 

スイカが買えない冬の代替策

ウリ科の野菜

ご存じのようにスイカは夏の野菜です。冬で購入できることはまれでしょう。

では冬にどうすればよいか。それは、スイカと同じ勃起力を向上させる成分を含んだ食材を食べればいいのです。スイカに含まれる勃起力を向上させる成分は「シトルリン」です。

しかしながら、このシトルリンはあまり食材には含まれていません。

ウリ科に比較的多く含まれていますが、それでもスイカの次に多く含まれているメロンは3分の1のみです。

そのため、勃起力を向上させるためにシトルリンを摂取するのであれば、サプリメントがベストな選択肢と言えるでしょう。

シトルリン配合量が多い植物

ウリ科のシトルリン含有量。スイカが最も多く100g当たり180mg。次点のメロンは3分の1以下しか含んでいない。

サプリメントに加えて、もう一つ代替策があります。

アルギニンを摂取することです。

アルギニンは体内でオルニチン回路と呼ばれるプロセスにて、シトルリンに変換されます。つまり、アルギニンを摂取することで間接的にシトルリンも摂取することができます。

アルギニンは、肉類や大豆類に多く含まれています。おすすめの食材をこちらのページで紹介しているので参考にしてくださいね。

参考:【医師監修】精力向上に!アルギニンを多く含む食材

 

積極的にスイカを摂取することで勃起力の改善が期待できる

スイカに含まれるシルトリンは勃起力増強、精力増強に非常に効果的な栄養素です。

ただ、どうしても食材だけで効果を得ようとするとかなりの量を食べなければなりません。出来れば精力増強サプリと併用して服用する事をオススメします。

夏はスイカ、夏以外の季節はメロンやきゅうり、ニンニクと意識的食べながら、シトルリンを含んだ精力剤を摂取することで、勃起力をあげられるでしょう。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITER江原 まさと(STERON編集部)

    STEORN編集部
    「性をロジカルに」をモットーに記事を執筆。これまで感覚的に語られてきた”性”というテーマを学術的・科学的根拠に基づいて伝えていきたい。ティーコンシェルジュの知識を活かし、健康問題の解決に向けたハーブティーのブレンドもこなす。

FOR YOUあなたにおすすめの記事