--> 【経験者は語る】部下とのセックスをしない方がいい9の理由 | STERON

【経験者は語る】部下とのセックスをしない方がいい9の理由

公開日:2021/10/11
更新日:2021/11/06

上司と部下のイケナイ関係。
背徳感ビンビンの刺激的な行為ですが、やめておいたほうが得策です。
今回は、なぜ部下とセックスしないほうがいいのかを徹底解説します!
今まさに関係を持っている人・これからチャレンジしようと考えている人は、まずこの記事を読んでくださいね!

  • 記者 WRITER
    テリーウーマン

部下とのセックス、実はしている人が多い!?

女性がいる職場で働いていると、一度は部下とセックスしてみたいと思う人もいるのではないでしょうか。

付き合う付き合わないは置いといて、部下とのセックスは妄想するだけでも刺激的なもの。

ハリのない毎日が一変して刺激的な日常に変わり、お互い秘密を共有しているような独占欲も満たされますよね。

“会社の人とセックスしたい!”実はそう思っている人は少なくありません。むしろ女性のほうが積極的だったりします。

婚活・恋愛に勝つための情報サイト『愛カツ(あいかつ)』の調査によると、およそ半分以上が付き合っていない職場の人とセックスをした経験があると回答。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000014982.html

つまり会社の人とのセックスは日常的に起こりうることで、あなたと部下とのセックスも必然的に起こってしまうということ。

ある程度信頼関係ができている部下と上司であれば、ちょっとしたキッカケでそのまま男女の仲へ…というのはよくある話です。

相手が受け入れてくれる以上は断る理由もないですしね。しかも相手が部下となると自分を慕ってくれるので気分もいいでしょう。

しかしちょっと待ってください。

仕事で活躍したい・出世したいと考えている人ほど部下とのセックスは避けるべき。

安易な刺激を求めたばかりに、仕事のパフォーマンスが下がるだけでなく、あなたの人生までも変える可能性もあるからです。

性欲に流されて後悔しないために、部下とセックスをする危険性は知っておきましょう。

 

部下とのセックスをしない方がいい9つの理由

部下とセックスをするリスクを9つご紹介いたします。

これで安易に部下との関係を持たないほうがよい理由がわかるはず。

後悔しか見えない現実をどうぞご覧ください。

取り返しの付かない事態になってからでは遅いですよ。

 

1.部下に強く出れなくなり仕事がし辛くなる

相当な遊び人でない限り、セックスをした相手に情が移ってしまうのが人間というもの。

それまで叱るときはきちんと叱るなどメリハリをもって接していたのに、セックスをした途端、部下に強く出れなくなってしまいます。

部下とのセックスがちらついてつい甘くなってしまうんですね。

さらに“私は上司の特別な女”と思うタイプの部下だと、上司指示に反発する可能性も。

「これくらいはいいでしょ」と仕事に甘えを出してきます。

これではフラットな気持ちで部下と仕事がしづらくなり、結果が出せません。

また、強く出れない態度は周りの社員も気づきます。

だって今までの態度と違うんですから。そこからあっという間に社内では上司と部下の関係が噂になります。

https://twitter.com/pacossu/status/1071841104188719104?s=20

部下とセックスをする前とした後の態度が変わるだけで、周りの反応が変わります。

「仕事は仕事」と割り切る意識がなければバレるのは時間の問題でしょう。

 

2.部下だけでなく周囲からの信頼が揺らぐ

半ば強引に部下を誘った形でセックスすると、なかには「上司もただの男だったんだ…」と上司への信頼が揺らぎます。

例えお互い合意の元でセックスをした上司と部下でも、関係がバレれば社員からの信頼を失うことも。

さらに同僚、部下の同僚や後輩、部下に好意を寄せている男性社員など、職場全体の人間関係に亀裂が生じる可能性もあるんです。

公になっていなければ表面上仕事は回るかもしれませんが、もはや上司としての尊厳はゼロ。

“部下に手を出す上司”と周囲からレッテルを貼られ、信頼を回復させるのは不可能に近いでしょう。

https://twitter.com/kiyocchu/status/1108016535958749184?s=20

職場という戦場に欲情を挟んでしまうと、多くの戦友から見放されてしまいます。

仕事は一人では成り立ちません。上司としての信頼を失うことは、その後のキャリアを失うことと同じなんです。

 

3.関係が気になり日中のタスクまで終わらないハメに

2人の関係がうまくいっていれば、秘密の関係がスパイスとなり仕事にもメリハリがつくでしょう。

しかし時として男女関係はぶつかることもあり、大きなストレスになる場合もあります。

ましてや秘密の関係ともなれば、周りに言うこともできず一人で抱えこみがち。

さらに部下に対し恋愛感情をもってしまうと部下の色んな姿が目に入り、感情の浮き沈みが激しくなります。

部下が男性社員と仲良く話している、あるいは2人きりで残業をした、部下の服が昨日と一緒だったなど。

そのため一度考えるとマイナスな感情がどんどん膨らみ、脳のキャパシティがとられてしまうんです。

恋愛は自由ですから、本人同士が良いのなら良いのかもしれません。でも私は、そんな二人を信頼して、これから仕事を続けていく事に今不安を感じています。食事も喉を通らず、仕事中に楽しそうに話している二人を見ると、絶望で何も考えられなくなる。(引用:Yahoo!知恵袋

これではやらなければならない業務が遂行できず、仕事の効率・生産性がダウン。

小さなミスも出てくるため、周囲から指摘されることが増える…という事態にも。

「仕事が遅くなった」「ミスが増えた」など周囲の信用も失いかねません。

 

4.上長にバレて出世を断たれる

上長とはざっくり言うと立場や年齢が上の人を指します。

出世欲が強い人であれば、上長から嫌われたくないと思うのが自然です。

しかし部下との関係を持ったばかりに、その噂は社内に広まり上長の耳に入ることも珍しくはありません。

中にはあなたの出世を妬んで積極的に上長に報告、なんてケースも考えられます。

事情を知った上長は、たとえ噂程度でも放置はしません。何かしらの調査が入ります。

今ではコンプライアンスの観点から社内規定に社内恋愛禁止を記載している企業も多いんです。

つまり現場を見つけた社員が会社に報告しやすい環境になっているため、昔よりも人事や上長にバレやすい構図に。

https://twitter.com/fukusanity/status/1204198986384470016?s=20

今はバレていなくてもどこからバレるかわからない。

部下と一回の情事のせいで「いつかバレるかもしれない」と毎日怯えることにもなります。

たとえクビとはいかなくても、違う部署に配属されるなどの処分もあり得ると考えましょう。

そうなれば自身が思い描いていた出世コースから外れる恐れがあります。会社でのし上がりたい人にとっては絶対に避けたい事態です。

同僚同士であれば普通の恋愛で終わることでも、上司と部下では事の重大さが違います。

上長に「部下に手を出す男」とだらしない印象を持たれてしまっては出世はないと思っておきましょう。

 

5.本気にされると結婚を迫られてしまう

“一夜の過ち、恋愛感情は抜きに”

自身はそう割り切れても、果たして相手はどうでしょうか。

最初はお互いに割り切りを決め込んでいたとしても、相手が恋愛感情を持ち始めてしまうと止められません。

なんとか自分が本気の女になろうと様々な手段をけしかけてきます。

特に結婚願望がある部下だと、結婚を迫られるケースも。

なかには結婚を焦るあまり「妊娠した」と嘘を言いふらす可能性もあります。

それだけ本気にされるとなりふり構わないのが女という生き物なんです。

女は、不倫だろうがなんだろうが、自分が好きになった男が自分に振り向いてくれて、好きだよって言ってくれたら、燃え上がってしまうし、人生かけて本気になってしまう。(引用:GINZA MAGAZINE

「とんでもない部下とセックスしてしまった」と思っても時すでに遅し。

女性は感情で動きます。本気にされ結婚を迫られ、万が一断り方を誤ると取返しの付かない事態に発展しかねません。

 

6.部下が会社に来なくなる

社内恋愛はお互いがラブラブなうちは一緒にいる時間も多く楽しいもの。仕事もサクサク進みます。

しかし、ケンカや破局ともなれば職場にいるのが辛くなり、仕事どころじゃないですよね。

上司であるあなたは、たとえ辛くても仕事をする力はあるかもしれません。でも部下はどうでしょうか。

部下の精神年齢が低いほど、突然会社に来なくなる可能性が高くなります。

気分次第で欠勤や早退をおこなう可能性もあります。急に早退されたり休まれたりすることで、周囲の人はそのフォローをしなければいけません。結果として仕事量が多くなってしまって残業になるなど、負担が大きくなるケースも多いでしょう。(引用:パートナーエージェント

まして不倫などの秘密の関係ともなれば、部下が罪悪感に押しつぶされるケースも。

耐え切れず部下が退職を選ぶとなれば、上司であるあなたも罪悪感に苛まれるでしょう。

さらに部下が会社を辞めたことで関係が明るみになれば、上司も無傷では済まされません。

 

7.SNSに晒される

何かしらのSNSを活用している人が多い現代だからこそ、そこから関係がバレることもあります。

上司と部下である閉鎖的な関係から、自分の中だけでは留めておけず上司との情事や日常を投稿している部下もいるんです。

https://twitter.com/chutan28/status/785521382763302913?s=20

たとえ姿を映さなくとも、社内の人が見れば一発で分かる写真も載せているなど。

秘密の関係をSNSで晒す人は、総じてネットリテラシーが低いのも特徴。知らない人達も見るSNSには承認欲求が働き、つい投稿したくなるんです。

上司が部下に対しダラダラと適当な付き合いを続けていれば、そのうち上司の愚痴や見た目などの特徴を書き込んだりします。

https://twitter.com/mki725news_com/status/1178309472436944897?s=20

こんな感じで上司との赤裸々なセックス事情まで投稿されると、バレた時の恥ずかしさは相当なもの。

後ろ指を指されながら会社に居続けるのは不可能に近いでしょう。

 

8.最悪の場合はクビ

上司と部下が不倫、あるいは既婚者同士のW不倫である場合、バレてしまえば即クビということも考えられます。

たとえ不倫関係でなくとも、現代はコンプライアンスに厳しい企業が増えているだけに上司と部下の恋愛関係は問題視されがち。

あのマクドナルドの元CEO兼社長も、部下との関係がバレてクビになりました。お互い独身同士の合意の元であるにも関わらずです。

会社側からみると上司と部下の恋愛関係はセクハラ・パワハラにつながるリスク、そして社内の重要な機密事項が漏れるリスクが考えます。

そういった背景から社内規定で部下と上司の恋愛に制限を設けている企業もあるんです。

企業秩序や法的リスクの視点から、程度問題とはいえ社内恋愛を禁止すること自体は全く不合理とまではいえないので、就業規則にルールとして定めることはできると考えられます。(引用:弁都市費用保険の教科書

クビ自体も痛いですが、もっと痛いのは「部下とセックスをしたからクビ」になったと周りにバレることです。

仕事でバリバリ働きたい、出世したい、会社に貢献したい。

高い志を持っている人にとって、一時の欲情で人生がすべてパーになるなんて耐えられないですよね。

 

9.裁判沙汰になる

裁判

おもに部下と上司が不倫関係にある場合ですが、意外に多くの人が配偶者にバレています。

スマホのメールなどで不倫の事実を知った、配偶者や関係者が不倫現場を目撃した、などがありますがそれだけではありません。

なんと部下が直接奥さんにバラすケースもあるんです。

実際、お互いの関係に限界を感じた女性が恐ろしいツイートをしています。

https://twitter.com/momoka30435153/status/1424760688417800192?s=20

不倫はお互いの不貞行為。配偶者は夫にも慰謝料を請求する権利があります。

さらに部下も既婚者であるW不倫となれば、相手の夫からも慰謝料を請求をされる可能性があるんです。

それまで上司と部下の不倫関係が会社にバレなかったとしても、裁判ともなればバレるのは時間の問題。

たとえクビにならなくても信用は地に落ち取引先から契約打ち切りの可能性も。

裁判を起こされたことによって会社側に損害が起きれば、損害賠償を請求される恐れもあります。

 

部下とのセックスはやめておけ…

職場で働きにくくなる、信頼を失う、最悪裁判沙汰になる。

部下とのセックスは、かなりリスクの高い行為であるのがお分かりになったと思います。

どんなに部下とイイ感じになって「今日絶対イケる!」と確信しても一線は超えないのがベター。

その甘さが人生を大きく変えてしまうスイッチになります。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※本記事内掲載のTwitter等SNS投稿の削除依頼はコチラよりメールでお願いします。3営業日以内に対応いたします。

  • 記者 WRITERテリーウーマン

    某大手出版社で働く傍ら個人的に興味のあるラブグッズ記者としても活動。
    女性目線でカップルで楽しめるちょっとドキドキするアイテムを調査していきます!

FOR YOUあなたにおすすめの記事