-->

革新的な血流ブースト成分S7とは?効果や安全性を徹底調査

公開日:2020/10/26

S7

世界最先端のブースト系成分として海外で話題になりつつあるS7(SPECTRA7)。
アルギニンやシトルリンにとって代わるNO分泌原料として非常に魅力的なサプリなようなのですが、本当に効果はあるのでしょうか?
S7の効果や効能、安全性などを徹底調査しました!

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

S7の正体とは?原料を調査

皆様はS7と呼ばれるサプリや、サプリの配合成分をご存知でしょうか?

おそらく聞いた事がないという方の方が多いはず。

それもそのはず、2018年にFutureCeuticals社が開発した最先端の特殊原料なんです[1]

S7のロゴ

海外のアスリートや本格的なサプリメントを愛用している一部のユーザーの間では人気になりつつある成分ですが、日本ではまだまだレアな希少原料なんです。

短時間でパフォーマンスを圧倒的にブーストするという今までにない画期的な成分なのですが、原料は安全性の高い身近なものばかり。

S7を開発したFutureCeuticals社によれば以下の7種類の素材を独自に配合しているとの事。

  • グリーンコーヒー豆エキス
  • グリーンティーエキス
  • ウコンエキス
  • タートチェリー
  • ブロッコリー
  • ケール

S7の7とは上記7種類の原料を配合している事から来ているようで、正式にはSPECTRA7という名称のようです。

S7の原料

S7(SPECTRA7)が注目されている一番の理由は1日あたりの推奨摂取量が極端に少ないという事。

FutureCeuticals社の公式サイトによれば、S7の一日あたりの推奨量はたったの50mg[2]

血流をブーストさせる目的で使用される事が多い、アルギニンやシトルリンなどと比較すると10分の1以下。それで同等以上の効果が得られるとなれば飲み手としては嬉しい限りですよね。

 

S7に期待出来る効果や効能

それではS7(SPECTRA7)には具体的にどんな効果や効能が期待出来るのかを紹介していきます。

実際の臨床試験において根拠が存在するものを4つ説明しますね。

 

効果1.短期間で一酸化窒素の分泌をブースト

S7(SPECTRA7)が海外で話題となった一番の理由は体内の一酸化窒素(NO)の分泌を著しくブーストするという点。

血管拡張

実際にS7を使用した臨床試験では摂取後3時間で体内の一酸化窒素の量が230%も増加していた事が確認されています[3]

一酸化窒素とは血管の伸縮性を高める事で拡張し、血液の流れを促進する物質です。

シトルリンやアルギニンも同様に一酸化窒素の分泌を促す事で血流を促進する成分ではありますが、メカニズムは全く異なります。

直接一酸化窒素に変換されるシトルリンやアルギニンに比べ、S7は体内で一酸化窒素を分泌し易い状態を作り出す血流ブースト系の成分においては新たな発見となりました。

キスをするカップル

ちなみに血流のブーストは体を動かすにあたって非常に重要であり、以下のような効果が期待されます。

  • 疲労の緩和や早期回復促進
  • 勃起機能など男性力の増大
  • 冷え性緩和
  • 動脈硬化の改善

次の日に疲れを残したくない、トレーニングを効率的に行いたい、夜に女性を満足させたいという活発な男性には非常に魅力的な成分なんです。

 

効果2.酸化ストレスの原因となる物質の軽減

しわやシミなど老化を防止したい!という方にもS7は魅力的と言えるでしょう。

加齢による精力の衰え

なぜならS7には酸化ストレスの原因となる活性酸素の形成を軽減する効果が確認されているためです。

S7による活性酸素の変化

活性酸素は殺菌力が強く、体内では細菌やウイルスを撃退する役目をしています。ところが活性酸素が増えすぎると、正常な細胞や遺伝子をも攻撃(酸化)してしまうのです。(引用:OMRON

活性酸素が一定量存在するのは大切な事なのですが、過剰に発生してしまうと老化や生活習慣病発生の原因となってしまうのです。

ちなみに以下のような習慣や行動、環境は活性酸素の過剰産生の原因を作り出してしまう場合はあるようです[4]

  • 紫外線や放射線
  • タバコ
  • 過度な運動やトレーニング
  • 特定の薬剤の利用

若々しく健康な肉体を維持したいという方にもS7はぴったりの成分です。

 

効果3.酸素の効率的な消費

体を使う仕事をしている、パフォーマンスの質を上げたい、長時間動き続けらえる体力を手に入れたい。そんな方にもS7はぴったり。

健康的な男性

運動をしていると息が切れる・・そんな経験は誰にでもあるはずです。

息が切れるというのは、筋運動が強くなり酸素消費量が増加することで、他の組織からの酸素動員が追い付かなくなり血液中の酸素濃度が低下する事で、呼吸が荒くなるのです[5]

つまり長時間動き続けるには酸素を効率的に消費する必要があるんです。逆に酸素の消費を低下させる事で、より長い時間動き続ける事が可能となるんですね。

実際にS7を使用した臨床試験では、被験者の酸素消費量が約60%も軽減した事が確認されています。

S7による酸素消費量

最近すぐに息が切れるとお悩みの中年男性にはありがたい限りですね。

 

効果4.血糖値の抑制

中高年男性の悩みの種と言えばやはり血糖値ではないでしょうか。

医師のカウンセリング

血糖値とは血中に含まれるブドウ糖の量を指す数値であり、血糖値が高い程血管が傷つき易く、合併症の発症リスクが高くなってしまうのです。

血糖値が高くなると、喉が渇きやすくなる、おしっこの回数が増えるなどの軽微な症状から、疲れやすい、ケガが治りづらくなる、糖尿病の悪化など深刻な症状の原因となってしまう場合もあります[6]

S7を被験者に50mg摂取させた実験では、プラセボ(S7非摂取の被験者)と比較して、血糖値を抑制する効果が確認されています。

S7による血糖値の変化

甘い物を好んで食べる人や糖を欲する傾向が高いストレスを抱えている人、不規則な生活習慣を送っている等の場合、血糖値は高くなり易いため、意識してS7を摂取する事で悩みの解決につながる可能性が期待出来ます。

 

S7の安全性や副作用のリスク

医療面での安全性

少量で高い効果を発揮するS7(SPECTRA7)。しかし利用するにあたり、一番気になる点はやはり安全性ではないでしょうか。

S7に配合されている7種類の原料は全て植物由来かつ、NON-GMO(非遺伝子組み換え食品)なので服用リスクは非常に低いのが魅力です。

また血流ブースト系のアルギニンやシトルリンなどのアミノ酸を大量に摂取すると、胃に負担がかかる場合がありますが、推奨量が1日50mgという少ない量であるS7は体への負担を極限まで低下させられるんです。

ちなみに副作用に関する報告も確認されていないようです。

 

最先端ブースト成分S7は試す価値有り

血流をブーストしてパフォーマンスを高めたい、男として活力漲る体を手に入れたい!

そんな男性にとってS7は非常に魅力的かつ革新的なサプリではないでしょうか。

アルギニンやシトルリン等アミノ酸を外部摂取して、一酸化窒素(NO)の分泌を増やす成分は過去にも存在しました。

しかしS7のように少量を摂取する事で一酸化窒素が分泌され易い体質を作り出す成分は新しいですね。

シトルリンやアルギニン等で満足出来なかったという方は十分試してみる価値がある成分と言えるでしょう。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事