腹上死とは?原因は?どれくらいの確立?疑問点を徹底調査

2019.02.15

腹上死の原因とは?

アクション映画やサスペンス映画で性行為の最中に死んでしまう腹上死。
実は本当に起こりえる現象なんです。今回は、実際に発生しうる腹上死の原因と、どれくらいの割合で発生するのかをお調べしました!

  • 記者 WRITER
    皿良 まゆ(STERON編集部)

男のロマン…なんて言われることもある「腹上死」。映画やドラマの中で見るならいいですが、自分の身に起こるのは絶対に避けたいですよね。

腹上死で死亡する確率は非常に低いので、健康な男性であればまず心配はいらないでしょう。

とは言え、やはり腹上死の原因や、どんな人がなりやすいのかなど気になることはたくさんあるのではないでしょうか?

今回は、腹上死の原因や、確率について徹底的に調査しました!

 

そもそも腹上死とは?

腹上死とは?

腹上死は、性行為がトリガーとなり突然死することを指します。

セックスの最中にセックスが原因で突然死亡してしまう…というイメージがありますが、実際は、セックスの最中に死亡することは非常に珍しく、行為を終えた直後~数時間以内に死亡するケースが多いのです。

もともと高血圧の人がセックスの最中に脳溢血を起こした場合など、すぐには症状が出ず、場合によっては数日後に死亡するともあるんですよ。

テレビや映画の中で見るような、行為の最中に男性が女性の上で腹上死…というのは、レアなケースなんですね。

また腹上死は、セックスの最中、後、のみならず自慰によっても引き起こされることがわかっています。非常に稀ではありますが、過去に女性が自慰のあと、腹上死を起こしたケースもあります。

膣内に空気が入り、それが血栓の原因になったと考えられています。

30年間にわたり500例以上の腹上死に遭遇した、元東京都監察医務院院長の上野正彦氏によると、500例以上のうち、自慰の最中の急死も8%含まれることがあきらかになっています。

みなさんがイメージされている「腹上死」と実際の腹上死はかなり違うことがお分かりになったのではないでしょうか。

 

腹上死の原因は?

腹上死の原因は?

腹上死とは、他の突然死と同様、心血管系や脳血管系の持病や成人病などの疾患が、セックスの興奮により急激に悪化することが伝院となります。

心血管系の病気では心筋梗塞や冠状動脈硬。脳血管系は、くも膜下出血や脳出血などが腹上死の原因となる代表的な症状です。

これらの疾患は前兆に気がつきにくい病気です[1]

今は発症していなくても、乱れた生活をしている方はいつの間にか、「いつ発症してもおかしくない」身体になっているかもしれません。セックス中に急に倒れるということもあるかもしれませんよ。

次にご紹介する項目が当てはまる方は、生活習慣や日々の生活を改めることで、腹上死のリスクを少しでも下げることができるでしょう。

 

高血圧

高血圧

高血圧と心臓系の病気には深い関係があります。

心臓は全身に血液を送り込むポンプの役目をしていることはみなさんご存じでしょう。

しかし高血圧の状態が長く続くと、心臓はより強い力が必要となります。

その結果心臓の壁がどんどん厚くなり心肥大が起こります。

また、高血圧が続くと心臓に養分と酸素を送り込む冠動脈に動脈硬化が生じ、血管がつまったり、細くなったりして、狭心症や心筋梗塞の原因になります[2]

高血圧になる原因はいろいろありますが、塩分の多い食事の摂取や、運動不足、飲酒や喫煙などの生活習慣が一番の原因です。

この中でも高血圧の発症と最も関連が強いのが「塩分の摂り過ぎ」でしょう。濃い味付けを好む方は、塩分を摂り過ぎていないか食生活を見直す必要があります。

また自然界に存在する成分の中には、血圧を調節し、高血圧を改善する効果があるものもあります。カルシウム、カリウム、マグネシウムなどがその代表的な成分です[3]

近年「アルギニン」も血圧を低下させる働きがあることが明らかになりました[4]。アルギニンは、牛や豚などの肉類や豆類に多く含まれる傾向があります。

もちろんアルギニンを豊富に含んだサプリも市販されています。

塩分控えめの食生活を意識しつつ、アルギニンを摂取。カバーできない時はサプリで摂るという方法がオススメです。

 

喫煙

喫煙

喫煙が健康を損なうことは広く知られた事実です。実際に様々な心疾患を引き起こす原因になります[5]

タバコに含まれる成分の中には、血液を固まりやすくさせ、血栓の原因となることがあります[6]

さらに、タバコは交感神経をが刺激することで、心拍数や血圧が上がり、心臓に酸素や栄養を与える冠動脈が収縮してしまうことも。これが、心筋梗塞の原因になることがあるのです。

また、喫煙が原因で狭心症が引き起こされることもあるんですよ。健康面から考えると、タバコは百害あって一利なしです。

心疾患のリスクを減らし、いつまでも健康でいるためにも喫煙習慣のある方は思い切って禁煙にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

高コレステロール

肥満のもと

高コレステロールもまた、心筋梗塞の発症率を高める原因になります。

なぜなら、高コレステロールの状態が長く続くと、悪玉コレステロールが血管壁に入り込んで、動脈が硬く伸縮しなくなる「動脈硬化」状態にしてしまいます。この動脈硬化が進むと、心筋梗塞、狭心症を引き起こすと言われているのです。

高コレステロール血症もまた、生活習慣が原因にあげれれますが、その中でも食べ過ぎ、特に脂質のとり過ぎが一番の原因です。

高コレステロールと肥満、メタボはついセットで考えがちですが、見た目がまったく普通体型にも関わらず高コレステロールな人もいますので、日頃から脂っこい食事を好む傾向がある方は要注意ですね。

近年心筋梗塞の罹患者が増加している原因は、食事の西欧化も関係しているのではないかと考えられています。

魚と野菜がメインの伝統的な和食に食生活をスイッチすることで、コレステロール値は大幅に改善されるはずです。

柑橘類に多く含まれるビタミンCやEも高コレステロールには有効なので、意識して食べるようにしましょうね[7]

 

過度のアルコール摂取

アルコール

「酒は百薬の長」という言葉がありますね。

適度な飲酒習慣は健康に良い、ということなのですが、心筋梗塞の予防にも適度なアルコールが有効であるという説があります。

特に急性心筋梗塞の予防には、適量の飲酒習慣が有効であることは、以前から欧米の研究機関を中心に主張されてきました[8]

しかし、これはあくまで「適量」の場合です。

体質や体格によって、またその日の体調によっても、適量の定義は変わってきますが、厚生労働省が推進する国民健康づくり運動「健康日本21」によると、「節度ある適度な飲酒」は1日平均純アルコールにして約20g程度とされています。

ちなみに純アルコール20g程度は以下のようになります。

  • ビール・・・中瓶1本
  • 日本酒1合
  • 焼酎0.6合
  • ウィスキーダブル1杯
  • ワイン1.5杯
  • チューハイ1.5缶

※女性や高齢者の方、お酒に弱い方はこの基準より少なめが適量と言えるでしょう

過度のアルコール摂取は、肝臓、消化器、神経、筋肉、循環器など全身のさまざまな臓器にも障害を引き起こす原因になります。高血圧、心筋症、不整脈の罹患率があがることも明らかになっています。

飲み過ぎの自覚がある方は、少しずつ飲酒量を減らしましょう。

 

刺激の強すぎるセックス

刺激の強すぎるセックス

セックスはスポーツだ、という人がいますが、医学的に見てもセックスは全身運動です。

そんゆえ、心臓に負荷をかけ、虚血性心疾患の原因になることもあります[9]

医学的には、セックスは早足で3階まで階段を登るのと同程度の運動負荷とされています。

つまりこの程度の運動で極度の息切れや動悸がある方は、セックスにおいてもリスクがあると考えられます。

このような人は刺激の強すぎるセックスは避けたほうがよいでしょう。腹上死の原因になりかねません。

不倫相手との行為や負担の大きい体位、刺激的なアダルトグッズの使用などは興奮度が高くなるため、心臓にさらに大きな負担がかかります。すぐに息切れする人は注意が必要です。

 

ED治療薬の服用

ED治療薬の服用

ED治療薬を服用し行為に及んだ結果、腹上死を招いたケースがいくつか報告されています。本来ED治療薬は、医師が診察をし処方されるものです。心疾患がある人や、高血圧の人には処方されません。

しかし、今日は、医師の診察を受けずに個人輸入でED治療薬を入手することができます。

しかしED治療薬を服用できないコンディションの方が自己判断で服用することは非常に危険です。

また、ネットで入手できるED治療薬には粗悪な模造品や、有効成分が過剰に配合されているものもあり、大きな健康被害が懸念されます。中国で製造された偽物のバイアグラには、プリンター用のインクなども使われていました。

自覚がなくても血圧が高かったり、コレステロール値が高い人はいますから、医師の診断を受けて購入することで正規品を安全に服用することができますよ。

 

腹上死の割合は?

腹上死の割合は?

さて、この記事を読んでくださっている方にとって気になるのは腹上死の「原因」そして「確率」だと思います。

しかし、腹上死は直接的な死因ではなく、突然死や変死として扱われますので、正確な数を把握し確率を出すのは非常に困難です。米国で2002年から2015年に一定地域で心停止が理由で亡くなった4300人のうち、腹上死が原因と思われるのは、うち34人でした。

細かく見ると、セックスの最中に亡くなった人が16人、残り18人は行為の後に亡くなったということです[10]。これを確率にすると、わずか0.7%。

腹上死は、非常に稀にしかおこらず、健康な男性がセックスを楽しむ分にはまず起こりえないと言えるでしょう。

 

まとめ:健康体であればほとんど心配する必要はない

いかがでしたか?今回は腹上死の原因や確率についてお話しさせていただきました。先ほどもお話した通り、確率的には腹上死は非常に稀なケースです。

腹上死をされた方の多くは、心臓系の疾患があったり、高血圧であったりと、腹上死を誘発する何かしらの原因があったケースが多いのです。

健康な男性であれば、まず腹上死の心配をする必要はないでしょう。

しかし、腹上死の原因となる、高血圧、高ステロール、喫煙、過度のアルコール摂取は、健康に大きな害をもたらすものばかり。

健康であり続けるためにも、そして安心してセックスを楽しむためにも、ぜひあなたも生活習慣の見直しをしてみましょう。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITER皿良 まゆ(STERON編集部)

FOR YOUあなたにおすすめの記事