遅漏改善にオナホールが効果的って本当?おすすめのオナホール

2019.01.15

女性に痛みを感じさせてしまうこともある遅漏の症状。あなたは悩んでいませんか?実は遅漏はオナホールを有効に活用することで改善することができるのです。遅漏改善にぴったりのオナホールを知って、パートナーを傷つけないよりよい性生活を送りませんか?おすすめのオナホールをご紹介します!

  • 記者 WRITER
    大川 けんじ(STERON編集部)

男性の30%、つまり、日本国内だけでも1,000万人ほどが遅漏に悩んでいると言われています。

最近では、射精障害の一種として、重要な問題として医学的にも認識され始めています。

実際に遅漏改善を目的としたオナホールも開発されているくらいです。そこで今回は、そもそも遅漏とはなにか?

遅漏改善にオナホールが効果的なのかどうか?遅漏改善効果が期待できるオナホールはどれかというポイントをお話します。

そもそも遅漏とは?

遅漏とはどのような症状?

あなたは遅漏ではありませんか?

急にこんなことを言われてもわからないですよね。ではそもそも遅漏の定義とはどのようになっているのでしょうか。まずは定義から見ていきましょう。

遅漏とはセックスの時に射精するまでの時間が異常に長い事、または射精できないことを指します。

では明確に、「○○分以上射精に至ることができない場合は遅漏である」というような定義はあるのかというと、実は遅漏の定義は明確には定まっていません。

国際性機能学会では性についての様々な事柄が議論されるのですが、遅漏の定義に関してはいまだ「議論中」になります。

「仮」の定義として、次の3つの項目のいずれかに当てはまると遅漏だと言われています。

  1. 膣内挿入から20分以上射精をする事が出来ない
  2. 射精コントロールが全く出来ない、またはほとんど出来ない
  3. 射精に苦痛が伴う場合

いかがですか?

あなたはどれか1つに当てはまっていないでしょうか?

でも安心してください。

遅漏は改善することができる症状です。ただし、改善するためには原因をしっかりと理解する必要があります。次の段落では遅漏の原因を見ていきましょう。

 

遅漏の原因は何?

遅漏の原因はなに?

どのような問題も解決のためには、しっかりと原因を探ることが大切です。

これは遅漏を改善するにも同じですね。一般的に言われている遅漏の原因は次の4つです。

  1. 不適切な自慰行為による強すぎるペニスへの刺激
  2. 刺激の強いアダルトコンテンツへの慣れ
  3. 性行為に対する過去のトラウマや性的興奮の薄れ
  4. 男性ホルモンの低下など肉体的な問題

この中で、若年性に特に多いのが「不適切な自慰行為による強すぎるペニスへの刺激」です。

具体的には、シーツや畳にペニスをこすりつける「床オナニー」、大腿部に挟んで陰茎に腹圧をかけるなど手を用いないマスターベー ション、強すぎる握力などが遅漏の原因となっています。

テンガヘルスケアの調べによると、20代のおよそ20%がこのような間違ったオナニーで日常的に強すぎる刺激をペニスに与えてしまっていると言います。

その結果として、女性の膣圧による刺激が不十分となり、射精までに時間がかかったり、射精に至らない遅漏の男性が増えているとのことです。

遅漏に繋がるオナニーをしている人の割合

 

遅漏改善にオナホールが効果あるって本当?

遅漏改善のオナホールがあるって本当?

結論からお伝えすると、オナホールによる遅漏改善効果は期待できます。

研究によれば、オナホールによる遅漏改善トレーニングを行った場合、75%の人がオナホール内で射精することができるようになり、さらに31% の人が膣内で適切に射精することができるようになったと報告されています。

つまり、オナホールによる射精トレーニングには、遅漏改善に大きな効果があると医学的にも認められているのです。

遅漏の原因は不適切な自慰行為による強すぎるペニスへの刺激がほとんどです。

したがって、遅漏に悩んでいる方は、正しいオナニーの方法を知ることが改善への第一歩です。しかしながら、オナニーの方法は思春期からの長期間の癖があるため、正しい仕方を学んでも、実践するには長期間にわたるトレーニングが必要となります。

あなたにも自覚があるのではないでしょうか。だからこそ、比較的手軽にペニスにに適切な刺激を加えることができるオナホールを使った射精トレーニングが効果的なのです。

数あるオナホールの中でも、TENGAは医学的な治療のためにも活用されているなど、非常に信頼度の高いオナホールとされています。TENGAには以下のような特徴があります。

  1. 一定のグリップ圧を保つことができるため、強く握りすぎるということがない
  2. 遅漏改善を目的としたシリーズもあり、レベルに応じて異なる製品が用意されている。
  3. 使い捨てであるためオナホールを清潔に利用できる。
  4. 従来のオナホールに女性の裸の絵などいやらしい飾りなどがなく、デザイン性に優れているのでインテリアとしても配置できる。
  5. 製造元、販売元が明らかになっているので安心。

TENGAの製品でも、特に遅漏改善には、「テンガトレーニングカップ」がおすすめです。

5段階の締め付け具合があり、遅漏の方の場合は、刺激が強い製品から使用して徐々に実際の膣の刺激に近づけることで遅漏を改善できます。

テンガトレーニングカップ

https://tengahealthcare.com/products/mtc/

 

「テンガトレーニングカップ」以外オナホールでは以下の製品に遅漏改善効果があった口コミが見つけられました。

  • TENGA(テンガ)−ディープスロートカップスタンダード
  • TENGA(テンガ)−プレミアムテンガバキュームカップスタンダード−
  • TENGA(テンガ)−メンズトレーニングカップ キープトレーニングセット−
  • トイズハート−セブンティーンボルドーソフト−
  • RIDE(ライド)−ヴァージンループハード−

各製品に異なる特徴がありますので、いくつか試してみることであなたの症状を改善するオナホールが見つかると思いますよ。

 

遅漏改善に効果のあるその他の要素

遅漏改善に最も効果的なことは正しいオナニーの方法を学び、適切な刺激でも射精できるようにトレーニングすることです。

ただし、それ以外にも次に挙げる方法で遅漏を改善することができるかもしれません。

1.自慰行為の時にアダルトコンテンツを使用しない

オナニーにアダルトビデオを使わない

射精に至るためには、興奮状態にあることも重要です。そのため、自慰行為のときにアダルトビデオなどのアダルトコンテンツを使用する男性も多いのではないでしょうか。

しかし、これらのコンテンツは見ている人が興奮できるように、実際の性行為よりも刺激的に設計せれていることに注意が必要です。

例えば、アダルトビデオの内容になれてしまうと、パートナーとの性行為で興奮できなくなり、結果的に射精まで時間がかかる遅漏症状に陥る可能性があります。

 

2.男性ホルモンを増やす

テストステロン増加で遅漏改善

性欲が低い場合、挿入時に性的興奮が薄れることで射精に必要な快感を得ることができないこともあります。

性欲はテストステロンと呼ばれる男性ホルモンと密接に関わっています。

そのため、テストステロンの値を向上させて性欲を高めることで、性行為中も性的な興奮を維持できることができ、適切なタイミングで射精できるようになる可能性もあります。

 

まとめ:遅漏はオナホールで解決できる

遅漏は、射精困難という射精障害の一種です。

性行為に対する充足感と男性不妊症の2つ目の観点から医学的にも重要な問題として認識されるようになっています。

遅漏になる原因のほとんどはペニスに対して不適切な刺激を与え続けてきたことです。そのため、ペニスに適切な刺激を与える方法をきちんと実践することで徐々に改善されていくでしょう。

オナホールは遅漏改善に効果があると医学的にも証明されています。

ただし、遅漏改善には適正な刺激をペニスに与えること以外にも心理的な影響なども複雑に関わっています。改善のためにはパートナーの協力も必要となるため、長期的な視点で改善していくことが大切です。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITER大川 けんじ(STERON編集部)

FOR YOUあなたにおすすめの記事