全5種類のTENGA 3Dをレビュー&オススメランキング

公開日:2022/07/11

世界的にもっとも有名なオナホと言えば「TENGA」!
そんなTENGAから、おしゃれな見た目で今までのイメージを覆す『TENGA 3D』が発売されました。
オブジェにすらできるほどのTENGA 3D。
今回はTENGA 3D全5種類のレビューと、おすすめランキングを紹介します!

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

TENGA 3Dの3つの特徴

日本人男性なら、知らない人はいないであろうTENGA。

ヤクルトが大きくなったような個性的な見た目で、誰がどう見ても「オナニー用だ」とわかってしまうインパクト…。

そのため、部屋なんかに無造作に置いておけない代物でした。

しかしこの度、TENGAから見た目重視の3Dシリーズが登場したんです!

今回は女性との触れ合いよりもTENGAといる時間の方が長いオナニーマニアの私が、TENGA 3Dを実際に使った感想を赤裸々レビューします。

 

特徴1.見られることを前提に作られたオシャレな外観

TENGA 3Dの最大の特徴は、オシャレになった外観。

オシャレな卓上ライトやモダンな彫刻オブジェに見えるほど、シンプルでスタイリッシュな見た目をしています。

これまでのTENGAは、男性器への刺激や快感のみが追求されてきました。

オナニー用品ですから当然ですが、オナニーはどこでするのか…。

そう!オナニーは自分の部屋で行いますよね。

それなのに刺激ばかり追求したTENGAは、誰の目から見てもオナニーグッズでしたから、気軽に飾っておくなど言語道断。

しかし今回発売されたTENGA 3Dは、外観がオシャレにリニューアルされました。

オシャレなオナホを求める20代から私のような羞恥心を持った30代まで、さらに大人の威厳を保ちたい50代男性までも幅広く愛用し、気軽に部屋に置いておけるようになったのです。

同期が誕プレにTENGA 3Dくれた
オ◯ホっぽくない外見だから今日一日研究室の机の上に置いてあったけど教授にバレなかった笑(男性・社会人)

自室ではなく、研究室の机に置いてみたツワモノも…!

鋭い観察眼を持つ教授にさえバレなかったTENGA 3D。

まさに、オナニーを楽しむ全ての男性が求めていた造形美です!

 

特徴2.繰り返し使える高耐久&抗菌ゲル

TENGA 3Dは従来のTENGAと違い、洗って繰り返し使える高耐久

また抗菌Agゲルで作られているので、長く衛生的に使用できます。

今までのTENGAは、ペットボトルのような硬いプラスチック製だったため、隅々まで洗浄できませんでしたね。

しかしTENGA 3Dはシリコン製のような特殊ゲル素材で作られているため、ひっくり返して内部全てをまるっと洗えるようになったのです!

裏返し洗浄を前提として設計されているので、何度ひっくり返しても割けたりボロボロ破損したりしません。

使い終わった後は徹底的に洗浄し、そのまま裏返しの状態でしっかり乾燥させられるので生臭さも徹底排除!

さらに、抗菌試験で効果が認められた新素材”抗菌Agゲル”を採用しているのでとにかく衛生的。

ここまでお手入れが簡単でしっかりでき、抗菌や臭いに配慮したアダルトグッズもそうありません。

 

特徴3.内部構造の異なる5種類のラインナップ

TENGA 3Dは、内部構造が異なる5種類のラインナップを取り揃えています。

5種類全てが特徴的な内部構造をしていて、形によって異なる極上の快感が得られるのです。

そもそも造形美や衛生面はもちろん大事ですが、オナニーグッズですから気持ちよくなければ始まりませんよね!

今まで外観にこだわり過ぎたあまり、刺激が弱くなって衰退したグッズをいくつ目にしたことか…。

TENGAも近年の外見至上主義やら潔癖風潮に従って、快感を蔑ろにしたんじゃないかと心配していましたが、さすが日本を代表する老舗アダルトグッズメーカー!

5種類全て内部形状にこだわっていて、男性それぞれが求める刺激を追求・提供しているのです。

ゾクゾク・ザワザワするような亀頭刺激が好きな人もいれば、ヒダの不規則吸引刺激が好きな男性もいますよね。

こうしたピンポイントな性癖・性感帯に、マルチヒットするTENGA 3D。

TENGA 3Dマジでどれがいいんだろ。ポリゴンが洗いやすいらしいがZENが一番気持ちいいらしいし悩む(男性・投資家)

Twitter上でも、異なる刺激を持つTENGA 3D5種類の中で、何を買おうか迷う投稿が多数見つかりました。

可能であれば5種類全てを試し、自分にマルチヒットする製品を見つけたくなりますよね。

 

TENGA 3Dの購入から使用までを徹底レビュー

従来のTENGAを愛用し、時々他社メーカーオナホに浮気して早十数年。

使ったオナホの種類数なら、おそらく誰にも負けないでしょう。

それだけオナホに厳しい目を持つ私自ら、TENGA 3Dをガチンコレビューします!

後半では、TENGA 3Dから登場している5種類全てを試してみた結果判明した気持ちよさランキングをご紹介。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

1.購入はAmazonが最安値

TENGA 3Dは、AmazonもしくはTENGA公式ストアで購入できます。

販売元 AmazonTENGA公式ストア
値段2,693円3,080円
送料410円無料
配送ルール注文後翌日発送
外部から見えないように厳重梱包
当日発送(正午までに注文)
中身がわからない梱包
合わせ買いのしやすさ様々な商品を合わせ買い可能TENGA商品のみ合わせ買い可能

本体価格のみだと、Amazonでの購入の方が300円くらいお安め。

ただし、送料を含めるとTENGAの方が安く購入できます。

Amazonプライム会員であれば送料無料なので、Amazonの方がお得です。

さらにお得に購入するなら、Amazon・TENGAどちらにも備わっているまとめトクを利用しましょう。

ただAmazonのまとめトクは主に日用品が対象で、日用品との同時購入でポイント還元率が高くなるだけ…。

TENGAのまとめトク(よりどり定期便)は、ローションや従来のTENGA商品を選んで最大40%OFFになるものの、まとめ買い対象の商品ラインナップは少なめです。

もし金額関係なく早く試してみたいと思っているのなら、TENGAでの購入がオススメ。

正午までに注文すると当日発送してくれるので、地域によって異なりますが翌日すぐに楽しめます!

梱包は、どちらも中身がわからない仕様。

特にTENGAは、商品名も社名も記載されていない徹底配慮ぶりです。

一緒に購入したい日用品があるならAmazonで、ローションなど定期購入する商品がある人や早く欲しい人はTENGA公式ストアで注文しましょう!

 

2.思ったよりもコンパクトで洗練されたデザイン

ちなみに私は、早さ重視なのでTENGA公式ストアで購入。

見事に、翌日の午前中に到着しました。

何が入っているかわからないように配慮されたコンパクトな段ボールに、入っていましたTENGA 3D!

写真で見るよりももっとスマートで、なおかつ高級感もありました。

アダルトグッズ特有のズッシリ重い感じはなく、それでいてチープさを感じさせない適度な重量感

パッケージシールの”オブジェ”表記も納得の仕上がりです!

しっかりとしたケースを外すと、ソフトな手触りのTENGA 3D本体の登場!

ケースを外した状態でも、オナホとは思えない造形美。

このまま机の上に置いといても、彼女に気付かれる心配もなさそうです。

長らく彼女はいませんが…。

右手の負担を確認したかったので、すぐに台座から本体を取り外してみました。

オナホ本体の重さって、かなり重要ですからね!

抗菌ゲルの肌触りも気になっていたのですが、モチモチとした極上の肌触りと、柔らかすぎない高反発ぶりに期待が膨らみます。

TENGA 3Dの手触りに感動しつつ、気になったのは台座に入っている付属品?

同梱品はないかと思いきや、台座の下部にコンドームのようなローションらしきものが入っていました

台座の穴に指を入れて引っ張るとケースが外れて、中から同梱品が出てきます。

ローション付属とか書いてるけど付いてるの?
無駄にデカいAmazonのダンボールの中には無かったので、別便で後から来るのかしらねぇ?w
まぁ、atomローションを一緒に買ったから今さら欲しくは無いが、
凡ミスか、デカいの買ったんならいらんだろうと入れなかったのか。(口コミ引用:Amazon

このように気付かない人もいるので、必ず台座を確認しましょう!

同梱品は、小さく折りたたまれた取扱説明書ローション

取り出した後は、台座を元に戻しさっそく中身確認です。

同梱品&本体を並べてみても、オナホ&オナホグッズとはわかりませんね。

簡易的な掃除用品や、マッサージアイテムのようにも見えます…!

同梱されていたローションを、ちょっとだけ出してみました。

粘度は中程度

ほどよく伸び、ナチュラルなウェット感。

サラサラ過ぎないので、流れない&乾きにくそうでオナホとの相性が良さそうです。

ローションの次は、本体観察。

上品で真っ白。

従来のオナホのようなボテッとした肉厚感もなく、どこまでもスマート。

挿入口はかなり狭そうで、挿入後の圧迫感が気になります。

本体の大きさは、大体13.5cm

スマホと同じくらいの大きさで、他のオナホと比較してもコンパクトな印象です。

 

3.シリコンは分厚く伸縮性は少し低い

新開発された抗菌ゲルで作られたTENGA 3D。

素材感や臭いが気になりますね!

まずは、ボディーの分厚さから計測。

物の厚みを計測するノギスを持っている自分に感心しつつ、計測してみると厚さ1.3cmでした。

十分な厚みがあったので、ホールド感が期待できそうです!

薄すぎるオナホだと、手で握っている感触と大差なく楽しみが減ってしまうんですよね。

続いて、狭そうで不安を感じた挿入口を計測。

直径は1.77cm

勃起時の亀頭直径の平均値は3.53cmですから、ゆる過ぎる心配はないでしょう。[1]

しっかりとした柔軟性・伸縮性があれば、挿入時も痛みを感じずにすみますね。

両手でビヨンビヨンと伸ばしてみたところ、やや硬さは感じたものの柔らかさは普通程度。

戻りに重さがあったので、伸縮性は少し低いように感じました。

ただし、すぐに亀裂が入りそうな硬さではなかったので合格ラインです。

次に気になったのが、臭い&べたつき。

無臭ではないものの、シリコン製品特有の臭いはさほど感じませんでした。

今度はべたつきをチェックするため、紙を使ってみました!

TENGA 3Dを紙の上に乗せて5分放置。

5分後接触面には、綺麗な油染みが付いていました。

やはり、少々のべたつきはあるようですね。

シリコンのオイリーさに敏感な人や、使っているうちに本体がベタついてきたと感じた人は、ベビーパウダーでの対策するのがオススメ!

本体に軽く振りかけて手で伸ばすと、オイリーさがなくなって快適に使えます!

スーパーの小さなビニール袋に本体を入れ、ベビーパウダーを振りかけてからシャカシャカ振るのもオススメです。

まんべんなく綺麗に付けられるので、オイリーさが気になる人はぜひ試してみましょう。

 

4.空気を抜いてから挿入するとバキュームが発生する

TENGA 3Dを観察しつつ、さっそく挿入してみると「あれれ…」な使用感。

刺激が全然ないので「おかしいな…」と思っていたら、実はTENGA 3Dはひっくり返して使うタイプのグッズだったと判明。

私と同じように届いたままの状態で挿入してビックリした人は、1人や2人じゃないはず…!

「不良品だ!」と捨ててしまわず、しっかりと裏返してから挿入しましょうね。

個性的な模様がしっかり内側に配置された、靴下みたいな状態。

より一層シンプルな見た目になったので、刺激が楽しめるのか少々不安を感じました…。

ひっくり返した後、挿入口がさらに狭くなったようにも感じたので再び計測。

意外にも、ひっくり返す前と全く同じで一安心です。

あまり小さすぎると、皮が引っ掛かりそうで不安ですからね。

ちょっとだけ試したローションを、中にドボドボ挿入。

挿入口は小さいですが同梱ローションが適度な硬さだったので、入れやすかったです。

挿入シーンを実際にお見せできないので、ディルドで疑似オナニーを…!

TENGA 3Dシリーズは種類によって刺激が異なりますが、内部は総じて小さめ。

ホール内がややキツいのが特徴です。

私のような日本人平均サイズ男性には快適ですが、Mサイズ以上だと締め付けが強いと感じる人もいるでしょう。

疑似オナニー動画を見てみると、従来のTENGAが白くなっただけのように感じますよね。

しかし空気をしっかり抜いてから挿入すると…!

柔軟性のあるTENGA 3Dの形がディルド型に変わってしまうほど、しっかりと吸引力のあるバキューム感が楽しめます!

私も見た時は、非常に興奮しました。

亀頭を吸い上げているような、オナホ全体が吸い付いているような、フェラ以上の密着度が期待できる外観。

ワクワク・ドキドキが止まりません!

 

5.堂々とオナホを乾かせる

TENGA 3Dを試したくてウズウズしているでしょうが、まだ待ってください!

使う前に、後始末の方法もご紹介しましょう。

TENGA 3Dの魅力は、なんといっても衛生的なところ。

グリングリンひっくり返して、中も外も綺麗に洗浄できるのです。

さらに裏返した状態で乾かせるので乾きも早く、生乾きによる菌や臭いの発生も気になりませんね!

乾かす時は、本体が乗っていた台座を利用します。

輸送時のズレ防止に設置されていたキャップを外すとスタンドに立てやすくなるので、試してみてくださいね。

さてさて、オナホを乾かす時もっとも気になるのが家族バレ…。

彼女にバレるよりも恥ずかしいのが、親バレ・兄弟バレですよね。

しかしスタイリッシュでオシャレなTENGA 3Dなら、全く心配ありません。

見た目がオシャレすぎるので、堂々と部屋に置いて乾かしていてもオナホだと気付かれる恐れがないのです。

もし気付いたとしたら、その人もTENGA 3Dを持っていると考えていいでしょう(笑)

乾かす時、写真のように下の部分を少し開けた状態にすると、内部もしっかり乾きます。

我が家では、約半日で乾きました。

夏場だともっと早いでしょう。

完全に乾いたらケースを閉めます。

最初からケースを閉めると乾きにくかったり、ケースの内側に水滴が残るので注意です。

おっと!忘れちゃいけないのが、ケースのシール。

赤地にデカデカと”快感のオブジェ”と記載されているアレです。

このシールを外さないと、オナホだとほぼ確実にバレてしまいます…。

せっかくスタイリッシュに進化したTENGA 3Dも涙です。

シールは剥がしてもベタベタが一切残らない仕組みになっています。

細部までこだわっているところが、非常にありがたいですね。

 

全5種徹底比較!TENGA 3Dのおすすめランキング

TENGA 3Dは内部構造の異なる5種類のバリエーションを展開していますが、金銭的な問題からポケットテンガのように全種類を試すのは難しいですよね。

そのため「本当に気持ちいいものを1種類だけ購入したい」と考えている人も多いでしょう。

そんな人のために全種類購入し、私自身(遅漏気味)が挿れ比べてリサーチした、TENGA 3Dおすすめランキングを発表したいと思います。

購入後に「思ってたのと違った」とならないために一種類だけの購入を検討している人はぜひ参考にしてください。

 

5位.POLYGON

第5位はランダムな三角形の多面体で構成されたPOLYGON(ポリゴン)

外見はまるでオブジェの岩!って感じですね。

挿入をすると複数の三角形によって生じるエッジがグリグリ亀頭を刺激するのがPOLYGONの特徴。

ゴツゴツしていて一見強い刺激が楽しめそうな内部構造ですが、個人的には正直物足りない。

映像で見るよりもエッジの凹凸があまりはっきりしていないため、刺激がぼやけてしまっているのがPOLYGONが最下位になった理由です。

そのため強い刺激を求めている人にはPOLYGONはお勧めできませんが、ゾワゾワするような強い刺激が苦手でまったりオナニーを楽しみたい人にとっては良いかもしれませんね。

とはいえ、内部構造を改良しもっと凹凸をはっきりさせたら絶対に気持ちいいので、是非ともリニューアルしてほしいですね。

 

4位.MODULE

第4位は高低差のある無数の正方形で構成されたMODULE(モジュール)

ブロック型はTENGA通にはお馴染みの内部構造ですよね。

MODULEは内部のエッジがPOLYGONより圧倒的に多いため、細かく連続した刺激を楽しめます。

TENGA公式の商品ページでは凸が強い刺激、凹がやや弱い刺激を生み出し2種類の刺激が気持ちいいと書かれていましたが、正直凸の刺激しかわからない。

気持ち良さとしては悪くはないんですが、MODULEもブロックの凹凸が控えめなため、どうしても刺激がマイルドなのが残念なポイント。

とはいえブロック型の内部構造はオナホの中ではとても珍しいので、まだブロックシリーズを使ったことがない人は楽しめると思います。

一方、ポケットテンガのブロックエッジを使ったことがある人は、同じような気持ちよさだろうと思い購入すると失敗するので注意してください。

TENGA 3Dは外見をとても重視しているため、美しさを考えるとブロックエッジほどのゴリゴリの凹凸をつけるのは難しいんでしょうね。

 

3位.PILE

第3位は、今までのオナホには無い三角形を積み重ねたような内部構造が特徴的なPILE(パイル)

一見ただ単に三角形の模様が積み重なっているように見えますが、よーくみると根本は三角形がびっしり敷き詰まっているのに対して先端に行くほど間隔が空いてるんです。

PILEはこの上部と下部の異なる内部構造により、1ピストンの中で変化する刺激を味わえるのが楽しくて右手が止まらなくなります。

ホールの下部は繊細な細かい刺激なのに対して、奥に進むほどエッジが大きくなり強く大振りの刺激に変わっていくのが明確にわかるので、MODULEやPOLYGONのような凹凸の物足りなさは一切感じません。

オナニーしている時に常に同じ刺激だと飽きてしまうという人にはぜひおすすめです!

 

2位.SPIRAL

第2位はドリルのような螺旋状の内部構造が特徴的なSPIRAL(スパイラル)

SPIRALはただねじれているだけでなく、全体的に細かい横のヒダヒダがついているので捻り+ジョリジョリの2種の刺激を同時に楽しめるんです。

内部の様子を見ると、挿入に合わせて勝手にホール内がねじれているのがよくわかりますよね。

TENGA 3Dシリーズは全体的に内部が締め付けが強めの設計になっていますが、その中でも締め付けの強さはSPIRALが一番

しかも締め付けの強さは一定ではなく、奥に進めば進むほど、内部が捻れれば捻れるほど締め付けが強くなるんです。

ピストンするたびに締め付けがキツくなったり、緩くなったりする感覚を楽しみたい人はぜひ使ってみてください。

 

1位.ZEN

栄えある第一位は、斜めに入った無数のヒダヒダが特徴的なZEN(ゼン)

外見が平凡なので購入した時、気持ち良さにおいて正直一番期待していなかったZENがまさかの一位。

ぱっと見た感じ螺旋状+ヒダヒダだからSPIRALとほぼ一緒じゃない?と思ったんですが、実際の使用感は全然違いました。

挿入するとSPIRALのように捻れるのではなく、今まで感じたことのないような規則性のない不思議な刺激が。

何が起きているのか気になって内部を撮影してみると、ホール内はまるで時空が歪んでいるように不規則にグニャグニャうねっていたんです。

なんだこれ。

よくわからないけど、予想がつかない刺激が次から次に押し寄せてきてめっちゃ気持ちいい。

しかも、一つ一つのヒダヒダのエッジが大きいので、刺激の強さもTENGA 3Dシリーズの中で最強

遅漏気味の私ですら、わずか10分で果ててしまいました。

仮にTENGA 3DシリーズでZENだけ値段が高かったとしても私は迷わずZENを買いますね。

それくらい気持ちいい。

ここまで読んで5種類のうちどれかにしようかまだ迷っている人にはZENを強くおすすめします!

 

オシャレと快感を兼ね合わせたTENGA 3Dは絶対購入すべき!

ここまでTENGA 3Dシリーズについてまとめてきました。

結論、オトコなら1本持っておいて損はないレベルのグッドアイテムだと思います!

今回はランキングをつけましたが、どの商品もハイレベルで、正直好みで選んでも満足できるでしょう。

あなたもTENGA 3Dシリーズで部屋とオナニーライフを彩りましょう。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事