金玉の大きさはなぜ変化する?原因5つとサイズアップの方法

公開日:2019/08/10

金玉の大きさや平均サイズと大きくする方法

男性にとって非常に大切な器官が睾丸(金玉)です。
しかしサイズは人それぞれ異なります。
また成人後に大きさが変化するケースもあります。
大きさが変わる理由は大きくする方法について調査しました。

  • 記者 WRITER
    江原 まさと(STERON編集部)

金玉の平均的な大きさとは

睾丸

金玉の平均的なサイズは大きさは4 x 3 x 2 cm(縦の長さ x 幅 x 厚み)くらいと言われています[1]。もちろん金玉は幼少期は小さく、サイズは1cm3とされており、思春期にペニスと同時にサイズが大きくなるとされています。

とはいえ人によって睾丸のサイズは異なります。中には左右で大きさが異なるケースも多々あるため、両方のサイズが異なるからといって深刻に悩み過ぎる必要はありません

しかし、異常なほど睾丸のサイズが左右で異なるようであれば、すぐに医師へ相談することをおすすめします。例えば片方の金玉が急に重たくなったり、硬くなったり、形が明らかにおかしくなった場合には、内部で炎症が起きており、最悪の場合は精巣ガンの可能性がゼロではありません[2]

特にここ最近明らかな異常やサイズの変化を感じる場合は深刻な症状が発生しているケースも考えられます。異変を感じたらすぐに泌尿器科へ相談してみることをおすすめします。

 

金玉のサイズが変わる原因

金玉の大きさは生涯通りして同じ大きさであるわけではありません。体の成長とともに徐々に大きくなっていきます。しかし、成長以外でも金玉のサイズが大きくなったり、小さくなってしまう事もあります。睾丸の大きさに変化を与える主な原因を紹介します。

 

理由1.ホルモンバランスの異常

テストステロン量の低下

金玉の大きさは男性ホルモンの一種であるテストステロンと関係があります。テストステロンの95%は金玉で作られる[3]ため、テストステロン量が少ない、もしくは多すぎる場合は睾丸の機能にも異常がある可能性があります。

スペインのバルセロナ大学医学部で行われたテストステロン量と金玉の大きさの関連性を調べた研究では、テストステロンが明らかに少ない男性(5nmol/L以下)の男性の金玉は正常な男性(12nmol/L)の男性の半分以下の大きさでした[4]

泌尿器科医で、早漏改善点が「メンズトレーニングカップ」の監修を行った小堀医師は金玉のサイズについて次のように述べています。

その長径が4cm以上あれば精巣容積15ml以上ある事になるので正常です。しかし、3cm以下の場合は6ml以下であり、高校生以上では注意が必要です。(引用:yomidr

睾丸が小さくテストステロン量が明らかに少ない場合、ペニスが小さい体毛が薄い骨格や筋肉量が少ないなどの症状も合わせて発症し易いとされています。

 

理由2.加齢による体質の変化

加齢による精力の衰え

10代前半から男性は思春期に入り、体内のテストステロン分泌量が一気に増えます。結果として金玉やペニス、筋肉や骨格が成長し、より男らしい体つきになります。しかしこれらの成長は永久に続くわけではありません

テストステロンは思春期にピークを迎え、40代になるとピークの時と比較して20%も減少します[5]60代だと40%も低下するのです。金玉のサイズがテストステロンの分泌量に比例することを考えると、年齢とともに小さくなるのもわかりますね。

そのため昔よりも筋肉量が落ちた、骨格が小さくなったと感じるのと同様にペニスや金玉が小さくなるケースは珍しい事ではないのです。

 

理由3.性病(性感染症)の影響

性病にかかった男性

意外かもしれませんが、性病にかかると金玉が大きくなることがあります。ただしこれは健康的に金玉が成長しているわけではありません。精巣の内部で炎症が起きている事による一時的サイズアップです。

例えば淋病にかかると排尿時の痛みや、ペニスから膿のようなものがでてくるなどの症状に加えて、金玉が腫れて痛くなることがあります[6]。また2010年と比較して患者数が8倍にも増えた梅毒やクラミジアにも金玉が腫れる症状が発生する事が確認されています[7][8]

コンドームを付けないでセックスをした後に、金玉が急に大きくなるようなことがあった場合には、これらの性病にかかった可能性があるので、すぐに泌尿器科で処置を受けましょう。間違っても、そのまま他の人とセックスをするようなことはしないでください。

 

理由4.性病以外の病気の影響

下半身の痛み

性病ではなく、普通の病気でも金玉が大きく腫れ上がってしまうことがあります。それが「陰嚢水腫」と呼ばれる病気です。日本泌尿器科学会による陰嚢水腫の説明は以下の通り。

陰嚢内(睾丸の周り)に水が溜まる病気です。小児の一部を除いて、多くの場合原因不明です。(引用:日本泌尿器科学会 – 睾丸(精巣)が腫れてきた・陰嚢(内容)が大きくなってきた

陰嚢水腫は内服薬では治すことができないため、1週間程度入院して手術を受けなければいけません。

金玉に腫瘍ができてしまった場合にも、サイズが大きくなります。原因ははっきりとは不明ですが、放置すると死亡する可能性もあるため[9]、睾丸が明らかに腫れているような感覚を覚えた場合にはすぐに泌尿器科へ行くことをおすすめします。

 

理由5.セックスの時

色っぽいカップル

一時的ではありますが、セックスの時にも金玉は少しだけ大きくなります。ペニスを勃起させるために、大量の血液が性器に流れ込むためです。残念ながら、射精をして勃起が収まると金玉のサイズももとの大きさに戻ってしまいます。あくまで一時的なパンプアップ効果と言えます。

 

金玉を大きくする方法は存在するのか

研究

ここまで、金玉の大きさが変わる原因をご紹介しました。しかしどれも一時的なものだったり病気による危険なサイズアップが主です。結局のところペニスを健康的に大きくする方法は存在するのでしょうか?

最初に結論を言ってしまうと、残念ながらソフトシリコンで作られた偽金玉を陰嚢の中に入れる[10]以外には、科学的な根拠の存在する増大方法は存在しません

テストステロン補充治療を行った男性も、精子の数や質は改善したものの金玉の大きさはほとんど変わらなかったとのことです[11]。テストステロンが少ないと金玉が小さくなることはわかっていますが、テストステロンを追加すれば金玉も大きくなるというわけではないようです。

MITで行われた実験では、ヨーグルトを与えたネズミは栄養素の少ない餌を食べていたネズミよりも15%も金玉が大きくなったとのこと[12]。研究者はヨーグルトの整腸作用が睾丸にも影響があるのかもしれないと話しています。しかし、残念ながら人にも効果があるのかを確かめている人はいないようです。

つまり、記事執筆時点(2019/08)では人間の金玉を確実に大きくする科学的な裏付けのある方法は報告されていないということになります。

 

大きくすると言われている方法4つ

金玉を確実(もしくは高確率で)大きくする科学的に証明された方法はないとお伝えしましたが、実際のところ大きくなった事が確認されている方法も存在します。いくつか代表的なサイズアップの方法を紹介します。

 

方法1.金玉袋(陰嚢)を引っ張る

引っ張る

金玉袋(陰嚢)を引っ張ることで金玉そのものが大きくなると紹介していることがありますが、注意が必要です。引っ張ることで大きくなるという科学的な裏付けがないどころか、強く引っ張りすぎてしまうと金玉袋の皮膚や神経を傷付けてしまう可能性があります。

 

方法2.睾丸マッサージ

マッサージする女性

風俗店で、勃起力や射精の勢いを向上させる効果があるとして、サービスで行われることもある睾丸マッサージですが、科学的な根拠はありません

むしろ金玉は非常に繊細な器官であるため、押されたりねじられたりすることで、痛みを感じるだけでなく内部に傷が付いてしまう可能性もあります。精子の産出にも関わる問題になる可能性があるので、注意が必要です。特に妊活に取り組んでいる方は控えた方が良いでしょう。

 

方法3.液体注入手術

手術を受ける

シワを伸ばす整形手術に使われるボトックスと呼ばれる物質を金玉袋に注入する「Scrotox(スクロトックス)」という手術が密かに人気を集めています。金玉袋の収縮による痛みの軽減や、袋のシワ取り効果とのことですが、金玉が大きくなるという間違った噂が流れてしまっているので気をつける必要があるでしょう。

スクロトックスに使われるボトックスは、副作用でかすみ目や慢性的な疲労、不整脈などが報告されています[14]。そもそもスクロトックスを受けても金玉は大きくならないと紹介している海外医療メディアも少なくありません[15]

 

方法4.テストステロンの補充療法

テストステロン

テストステロンの分泌量が減少すると金玉のサイズも小さくなることはわかっています。そのため、テストステロンを配合したクリームを直接塗る付けることで、金玉が大きくなるのではないか?と思ってしまいます。確かにテストステロン注射の結果、ペニスと睾丸両方のサイズがアップした事例も確認されています。

しかしテストステロン量が十分な若い男性が行う事で、前立腺腫瘍の発症リスクが高くなる等のリスクもあります。テストステロン配合のクリーム「グローミン」を製造している大東製薬工業株式会社に寄せられた質問と回答をご紹介します。

Q:睾丸がものすごく小さくなってきました。睾丸サイズを大きくし、ある程度それを維持することを目的とした場合、「グローミン」の使用は適切でしょうか。

A:恐れ入りますが、適切ではありません。最悪の場合、逆効果になる恐れがございます。このような目的で、「グローミン」をご使用しないで下さいませ。
(引用:大東製薬工業 – FAQ

テストステロン配合クリームは、あくまでも男性ホルモン量低下による更年期障害や勃起不全、性欲減退等の治療を目的とした医薬品です。

 

正常な睾丸を維持するために必要な事

結局、金玉を大きくするには、ソフトシリコンを金玉袋に入れるしか確実な方法はないのです。とはいえ、金玉を大きくする必要がそもそもあるのでしょうか。人間に最も近い類人猿と呼ばれるオランウータン[16]の場合、むしろ金玉が小さい方がイケメンでモテるという論文もあるほどです[17]

大切なのは睾丸の大きさよりも、健康的な精子を生み出すことができる正常な働きです。男として健康的な下半身の機能を維持するために必要な5つのポイントを紹介します。

 

1.定期的な運動

定期的な運動

定期的な運動を行うことは金玉を健康的な状態に保ち、質の高い精子を作り続けるために欠かすことができません。筋肉量を増やす事でテストステロン量を増やす効果も期待出来ます。

また睾丸の働きを改善し、健康的な精子を増やすには少し息切れするくらいのジョギング(強度の有酸素運動)を1回30〜40分程度、週三回行う事が効果的です[18]。金玉の中で保管されている精子は熱に弱いため、蒸れの原因になるようなピタッとしたレーニングパンツは避けた方がよいでしょう。

 

2.ストレスの解消

ストレス緩和

ストレスを受けると体の中ではストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが分泌されます。実はコルチゾールはテストステロンのもととなるDHEAと同じ、副腎で分泌されるのです。つまり、コルチゾールの分泌が多くなるとテストステロンが減少します[19]

もちろん金玉の健康にもストレスは悪影響です。男性不妊の原因の1つはストレスの蓄積とも言われるほどなのです[20]。アメリカで行われた実験では、仕事のストレスを多く抱えているほど、金玉の働きを示す精子の質が低下する傾向にあったと報告しています[21]。またストレスは性欲減退や勃起力低下など男としての機能や能力低下にも大きな影響を与えます。

 

3.通気性の良い下着を履く

下着を履いた男性

通気性は実は非常に大切。なぜなら、金玉(精子)は熱に非常に弱いからです。睾丸が最も効果的に働き、精子の質を良い状態で保つ事ができる温度は体温よりも少し低い35度前後[22]

長時間のサウナや膝の上にPCを置いての作業などは金玉に余計な負荷をかけてしまうので、注意が必要です。また下着も非常に重要で、通気性の良く、金玉を圧迫しないゆったりとした物を選ぶと良いでしょう。

 

4.バランスの良い食事

バランスの取れた食事

食事の質を改善することも正常な金玉の機能には欠かすことができません。特に摂るべきなのは、オメガ-3脂肪酸ナッツや魚に多く含まれる栄養素です。不妊症の患者向けのコラムを数多く執筆している京野アートクリニック高輪では、おすすめの食事や食材をご紹介しています。

・地中海料理(オリーブオイル、全粒穀物、野菜、果物、豆、ナッツが豊富でチーズやヨーグルトも頻繁に食される)

・魚介類、家禽、穀物、豆類、脱脂乳、果物と野菜の摂取が多い食事

(引用:京野アートクリニック高輪 – 男性不妊:精子に良い食事とは?

ちなみに、女性ホルモンに似た働きをする大豆製品は避けるべきと言われることもありますが、学術的根拠は弱いとのことなので、納豆や豆腐、ソイプロテインが好きな男性も安心して食して下さいね。

 

5.男性向け精力サプリで男らしい体質を

増大サプリ

バランスの良い食事が大切であるということをお伝えしましたが、毎日地中海料理を食べるのはなかなか難しいですよね。急に栄養素を意識して食事をするのはなかなか骨の折れることでしょう。救世主となり得るのが、男性向けの精力剤です。

金玉の健康を維持するだけで無く、勃起力や性欲向上を促進する亜鉛アルギニン、シトルリン等のテストステロンの分泌下半身の血流を促進する成分がバランス良く配合されています。

▼効果の高い精力剤ランキングはこちら

【精力剤ランキング】失敗しない選び方&おすすめサプリ10選

 

【まとめ】大きさよりも正常な働き維持が重要

残念ながら、金玉を大きくするのは難しいと言えます。しかし金玉の大きさにそこまでこだわる必要はないと言えます。もちろん明らかに腫れてしまった場合は病気の可能性もあるため医師への相談が必要です。

問題は睾丸の大きさではなく、その原因となるテストステロン量が欠如している事による、精子の質や量の低下、勃起力の減退、性欲低下の発生です。金玉を大きくする事は困難ですが、精子の質改善やED治療等は精力剤や日頃の生活習慣で十分に治療する事は出来ます。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITER江原 まさと(STERON編集部)

    STEORN編集部
    「性をロジカルに」をモットーに記事を執筆。これまで感覚的に語られてきた”性”というテーマを学術的・科学的根拠に基づいて伝えていきたい。ティーコンシェルジュの知識を活かし、健康問題の解決に向けたハーブティーのブレンドもこなす。

FOR YOUあなたにおすすめの記事