筋トレは女子ウケが悪い?筋トレ男子がモテない理由18選

公開日:2022/01/26
更新日:2022/02/09

一見モテそうなイメージがある筋トレ男子ですが、実は意外と女子ウケが悪いってご存知ですか?
と言っても筋トレ自体が悪いわけではないので、立ち振る舞い次第ではモテモテになれるかもしれません!
今回は筋トレ男子がモテない理由18選を紹介します。
この記事を参考に、女性にモテる筋トレ男子を目指しましょう!

  • 記者 WRITERステロンライター
    H_Maki

筋トレ男子がモテないってほんと!?

インターネットを調べると、”モテたければ筋トレをしろ!”なんてブログや記事がゴロゴロ出てきます。

そういった話を聞いて「よーし、女の子にモテるために筋トレするぞ!」と一念発起する方も多いでしょう。

でも、それって本当でしょうか?

https://twitter.com/toshi_190/status/1310381341922402304

筋トレしてもモテない、ということを2年間かけて証明し続けている人を発見。

更には、女性から直接距離をとるような言葉を投げかけられた人もいました。

久しぶりに会った女友達に「なんかすごい体系がっちりしてるね」って言われて「運動しなさすぎたからジム行って運動してた」というと「え?いつからそんなナルシストになったの?」と言われかなりショックでした・・・・(引用:Yahoo!知恵袋

女性からしてみれば男性が筋トレする理由はパッとわからないものですから、筋トレをしているというだけで偏見の目で見られてしまうようです。

では、どうして筋トレ男子はモテないのか?モテるためには本当はどうしたらいいのか?

今回は筋トレ男子がモテない理由を18個紹介します。

モテない理由をきちんと理解して、真にモテるための方法を見つけましょう!

 

筋トレ男子が女性からモテない理由18選

では早速、筋トレ男子が女性からモテない理由18選をご紹介。

かなりリアルな女性の声が多いので、ダメージにはお気をつけて!

これを知れば、筋トレだけではモテない理由がわかります。

 

1.SNSが上裸の自撮りだらけ

筋トレ男子がモテない理由1つ目は、SNSが上裸の自撮りだらけだから。

女性のなかには男性が裸を見せびらかすことに不快感を覚える人がいるのです。

https://twitter.com/Usagisansan1/status/1460964766181040128

特にSNSでは画像がパッとタイムラインや一覧で表示されてしまうため、女性の不快感を強めてしまいます。

好きな女性とせっかくSNSで繋がったのに、上裸の自撮りのせいで振られてしまうという悲劇もあり得るでしょう。

いくら鍛えられた肉体美とはいえ、他者からすれば見知らぬ人の「裸」。

自慢したい、載せたいと思っても思いとどまるようにした方がいいですね。

 

2.お店選びに気を使うのがめんどくさい

筋トレ男子は食事に気を使っている人が大半です。

野菜多め、タンパク質メイン、揚げ物は食べない…などなど、筋トレのために強いこだわりを持って食事制限する人も。

https://twitter.com/love_in_1992/status/1484513262570213377

女性からすれば、そんな筋トレ男子をいつも尊重して食事する場所やメニューを選ぶなんてめんどくさい以外のなにものでもありません。

特に筋トレに興味のない女性なら、相手と食事を一緒に楽しめなくて気持ちが冷めてしまうでしょう。

自分磨きも大切ですが、女性にモテたいなら一緒の時間を楽しむ努力も忘れてはいけません。

 

3.抱き心地が悪い

筋肉をどんどんつけて鍛え上げた身体は、パートナーと触れ合いたい女性にとってあまり好ましくありません。

なぜなら筋トレによってついた筋肉は硬く、抱き心地が悪いからです。

https://twitter.com/u1eM3CfJIl7JWj6/status/1352486644994084866

さらに、身体の厚みが増すほど抱きしめづらかったりそばにいて暑苦しさを感じたりと、触れ合いにくさが増していきます。

モテるためにと一生懸命筋トレをしても、抱き心地が悪そうな身体になってしまえば結局モテない男子の出来上がり。

筋トレもほどほどにしたほうが良いでしょう。

 

4.肉体のバランスが悪い

筋トレによって鍛えた体は、時にアンバランスな体型になってしまうことがあります。

例えば低身長の人が筋トレで鍛えまくってマッチョになると、ずんぐりむっくりとしたダルマのような印象に。

また、鍛えやすい部位、鍛えにくい部位があるせいで筋肉がある場所と全くない場所などの偏りが出てしまいます。

https://twitter.com/00_____7/status/1482663917059198977

腕は太いのに胸筋がないなどのバランスの悪さが目に付くと、女性にとってはマイナスポイントに。

筋トレに励むのはいいことですが、自分の肉体のバランスにも十分気をつけないといけません。

 

5.二人の時間より筋トレを優先しがち

筋トレは日々の積み重ねが大事。

では、彼女と筋トレならどっちが大事でしょう?

非常に答えにくい質問ですが、これは実際に女性からされてしまうこともあり得る質問です。

筋トレを日課にしているがために、パートナーとの時間が自然に削れてしまうのが筋トレ男子の難点。

身体をキープするためには筋トレは欠かせませんが、それによって女性を怒らせてしまうケースも多いようです。

二人の時間より自分の身体、なんて自分本位な男性はモテなくて当たり前ですね。

女性にモテたいなら、女性の視点に立って寄り添ってあげることが大切ですよ。

 

6.筋トレしていない男子を見下す

筋トレして身体が鍛えられると、自然と自信がついてきます。

しかしその自信が間違った方向に働いてしまう人もいます。

「自分は筋トレしていて偉い!筋トレしていない男は俺より劣っている!」。そんな思考に陥ってしまうことがあるのです。

https://twitter.com/miyagi_traner/status/1400689548590403587

これが言動に現れると、女性はもちろん周囲の人からも距離を取られてしまうこと間違いなし。

無意識に見下してしまう人も多く見られますから、筋トレするなら身体と同時に自分の精神面も見つめなおすことも大切です。

 

7.喧嘩っ早い

筋トレ男子には喧嘩っ早い人が多い、というイメージがあります。

これも筋トレによってついた自信が悪い方向に働いている例です。

筋トレによって筋肉がついているから、身体が大きいからと喧嘩しても勝てるという気持ちが沸き、喧嘩っ早くなってしまうのでしょう。

https://twitter.com/ksksryo/status/328889102705491968

むしろ自分の筋トレの成果を見せつけたい、喧嘩で勝ってやりたいという気持ちが同時に沸いてしまう場合も。

他者からすれば喧嘩っ早い男性は怖くて近づきたくない存在。

誰かと喧嘩したり打ち負かすことで自分の肉体を自慢する、なんて行為は絶対にやめましょう。

 

8.おしゃれより筋肉を露出することを優先する

オシャレな服を着るより、露出の多い服を着て筋肉を自慢したがる筋トレ男子がいます。

腕の出るタンクトップであればまだ普段着とも言えますが、中にはわざとワンサイズ小さい服を着て筋肉ラインを見せつけたがる人も。

筋トレ男子本人は自分の肉体美を見せつけられて満足かもしれませんが、隣を歩く女性にとっては嫌な話です。

せっかくのデートやお出かけで女性はおしゃれをしてきているのに、男性は筋肉を見せびらかす気満々の服装。

これでは楽しい気持ちもさーっと冷めてしまいます。

ほとんどの女性は一緒に歩くときは恥ずかしくない、オシャレな服でいてほしいはず。

自分の服装が女性にどんな印象を与えているか、見直してみるのが良いでしょう。

 

9.飲みに行こうとしない

大人のコミュニケーションといえばお酒の席。

男女の仲もお酒を飲むことで深まることが多いですよね。

しかし、筋トレ男子はアルコールが筋肉に悪いと考えているため、飲みの席になかなか参加することはありません。

これではせっかくモテるために筋トレしていても出会いがないので、結果的にモテないということになってしまいます。

 

10.スーツが似合わない

女性が男性をカッコいいと思う瞬間の王道として、スーツ姿を見た時、というものがあります。

筋トレ男子は残念ながら、筋肉がつきすぎてスーツが似合わない身体になりがち。

男性のスーツ姿に期待を寄せる女性からすると、スーツが似合わない男性というのは「微妙」という評価になってしまいます。

 

11.ガタイは良いくせに気が弱い

モテるために鍛えた筋トレ男子の筋肉は、スポーツで誰かと競って培った筋肉ではないため、身体は立派なのに気が小さいというパターンも。

ガタイがいいせいでちょっとしたことでも普通の人より気の小ささが目立ってしまいます。

https://twitter.com/free01471884/status/1271464438575460353

筋肉を見て強そう!かっこいいかも?と思った男性が、実は気が弱いと知ったときのがっかり感は相当なもの。

筋トレしてもモテない、というのはこのあたりの理由が大きそうです。

 

12.興味のない筋トレ話をしてくる

筋トレ男子にとっては、自分の肉体やそれを作り上げてきた日々の努力こそが自慢

むしろそこを魅力として見てくれ!という姿勢の人も多いため、日ごろから筋トレの話をよく人にする筋トレ男子も。

https://twitter.com/mmin_xx/status/1450009945982726149

しかし女性からすれば「ベンチプレスを~キロあげられるようになってさ!」なんて話はピンとこないし、興味もない…。

興味のない話を会うたびにされれば、カッコいいと思っていてもうざったくなってくるもの。

モテたいなら自分の話題選びを一度振り返ってみた方がよさそうです。

 

13.威圧感があって関わりづらい

筋肉量が増えた男性

筋肉で包まれた身体は大きく、威圧感を与えます。

性格をよく知らない筋骨隆々の男性ともなれば、特に小柄な女性などは怪獣のような威圧感を感じることも。

そんな相手には当然話しかけにくいですし、男性側から話しかけられても怖いと感じてしまいます。

https://twitter.com/coron_cham2525/status/1012728710997262336

仲良くなりたいと思って距離を詰めても、見た目に威圧感を感じると恋愛対象から外れてしまう場合もあるでしょう。

モテたい筋トレ男子からすると、これは由々しき事態。

自分の見た目がほかの人に威圧感を与えてはいないか、今一度自分を見直してみましょう。

 

14.筋肉ばかりで持久力がない

筋トレ男子の筋肉モリモリな身体を見て女性が思うのは、「スポーツをしてるのかな?」「鍛えてるんだから体力がすごそう」といった感想。

しかし、実際には筋トレでついた筋肉は体力や持久力を与えてはくれません。

女性が期待をかけてエッチに臨んだはいいものの、筋トレ男子がすぐにバテたため期待外れに終わったというケースも。

https://twitter.com/lWiwklUMKSHgd2g/status/1479609822270324740

鍛えられた身体はそれだけで様々な期待やギャップを女性の中に生んでしまいます。

筋肉を鍛えるのであれば、そういった女性の期待に応えられるよう体力や持久力も鍛えるのがベストです。

 

15.目立つので隣を歩きたくない

筋トレで鍛えた大きな身体は、どこに行っても目立ってしまいます。

ジム通いの筋トレ男子にとっては自分のような肉体の人は見慣れているでしょうが、そういった場所に行かない女性にとってはそうはいきません。

他の人と比べて体の大きい男性は変に目立って見えて、横を歩く自分も浮いて見えてしまうのが恥ずかしいという女性もいます。

筋トレ男子は自分の鍛えた体が注目されて気持ちがいいかもしれませんが、隣にいる女性の気持ちも気にかけてあげましょう。

 

16.減量時はイライラして当たられる

筋トレ男子は筋肉を鍛え脂肪を落とすため、減量に励むこともあります。

減量となると厳しい食事制限やストイックな運動が必要になるため、心の余裕がなくなりイライラしやすくなる場合も。

そうなると日常的なイライラを間近で見る羽目になるのはパートナーの女性や家族です。

筋トレ男子からすれば必要なことなので仕方ないと思えるでしょうが、周囲の人間からすれば八つ当たりや理不尽にほかなりません。

イライラして誰かに当たり散らすほどの過度な食事制限をするくらいなら、一緒に美味しく食事をしたり毎日を過ごす方がよほどよいでしょう。

 

17.料理を作っても栄養面で小言を言う

家庭的な女性なら男性に料理を作る機会もありますよね。

しかし、筋トレ男子は食事制限をしているなどの理由で料理に意見をいう場合も…。

https://twitter.com/rkmario_ACR/status/1447840431706763272

理由は何であれ、せっかく心を込めて作った料理に文句をつけられれば女性はいい気がしませんよね。

しかもタンパク質が、脂質が、と栄養面で細かいことを言われるとそれはもはや小言です。

女性が作ってくれた料理には小言をつけず、笑顔でお礼が言えるような心構えでいましょうね。

 

18.汗っかきで清潔感がない

筋肉の多い身体は非常に代謝が良く、汗をよくかきます。

それ自体は仕方のないことですが、傍から見ている女性にとっては汗をよくかいて服にシミを作っている男性は清潔感に欠ける印象に。

https://twitter.com/yuri32ux/status/1156126540226125824

臭そう、触るとべたべたしそう…なんて思われたが最後、女性は離れていってしまうでしょう。

汗を抑えるために服装などで体温管理をしっかりして、制汗剤を利用するなど、清潔感を保つようにするのが効果的です。

 

モテるために必要なのは筋トレじゃなくてテストステロン

さて、以上が筋トレ男子がモテない18個の理由でした。

では肝心の、モテるために必要なものというのはなんなのでしょうか?

モテるために必要なのは鍛えまくった筋肉よりも、モテホルモンと呼ばれる「テストステロン」。

テストステロンは男性の身体作りを助け、体力や持久力の底上げをサポートする効果がある男性ホルモンです。

むやみに筋トレをして身体を鍛えるよりもずっと効果的に、女性にモテる細マッチョな身体作りをすることができます。

テストステロンを増やすために、適度な運動、十分な睡眠、一日15分以上太陽を浴びるなどが効果的。

しかしそういった生活スタイルの面から変えていくのは非常に労力がかかってしまいます。

そこで一番手っ取り早く効果的な方法としておすすめなのが、サプリメントでテストステロンを摂取する方法です。

テストステロン配合のサプリメントの中でも筆者がおすすめするのは、国内製造で安心して飲める、高配合なサプリメント、「テストフェン」。

気になった方はぜひ、下のリンクからチェックしてみてください。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERH_Maki

    猫ちゃんと一緒に暮らす毎日。リサーチ&執筆が趣味ってくらい楽しんでます。
    読者の皆さんにも記事を楽しんでいただけたら嬉しいです。

FOR YOUあなたにおすすめの記事