イエスノー枕とは?元ネタや使い方・おすすめ商品を徹底解説

公開日:2021/12/01
更新日:2022/02/09

「イエスノー枕」と聞いて懐かしく思う人も多いはず。
実は最近、イエスノー枕が密かなブームとなっているんです!
昔ながらのデザインから最先端のおしゃれなものまで、種類も豊富。
そこで今回は、イエスノー枕の使い方とおすすめ商品をご紹介!
より充実したセックスライフを送るために活用してみてくださいね!

  • 記者 WRITER
    テリーウーマン

イエスノー枕の元ネタとは?

イエスノー枕とは、枕にそれぞれYES・NOが書いてあり「今夜セックス出来るかどうか」の意思表示ができるアイテムです。

イエスノー枕の元ネタは、視聴者参加型番組「新婚さんいらっしゃい!」のペアマッチゲームの賞品から始まりました。

「新婚さんいらっしゃい!」は50年前(1971年)から放送開始。当時、夜の夫婦生活は”下ネタ”としてタブー視されていた時代です。

公式に発表されていませんが、同番組は新婚をターゲットにしていたため「家族計画の一環」としてこのイエスノー枕が発案されたと思われます。

新婚生活に慣れない夫婦のための”セックスを意思表示する橋渡し的な役目”がイエスノー枕というわけです。

ちなみに番組ではイエスノー枕の説明が一切なかったため、視聴者が大人になって初めてイエスノー枕の意味を知ったという人も。

https://twitter.com/gummy_mimi/status/1157516901498540032?s=20

「性欲がある=はしたない」という価値観が根付いていた昭和時代。

さらに言えば、妻(女)側から誘うのはご法度とされていただけに、このイエスノー枕は夜の夫婦生活を大きく進歩させたアイテムとも言えます。

しかし令和になった今も、女性からセックスを求めるのは全世代の4.6%という結果に。

女性では 4.6%に過ぎず、20 代 6.7%、30 代 6.9%、40 代 5.1%、50 代 2.8%、60 代 2.9%で、僅かながらとはいえ、若い世代ほど「自分から」の回答が増えています。(引用:JEX JAPAN SEX SURVEY 2020 調査結果の概要

カップルや夫婦と言えども「今日セックスしよう」とストレートに言い合えるケースはそれほど多くありません。

勇気をもって誘っても断られてしまったり、セクシーな下着を着て何となく雰囲気を作ろうとしてもスルーされて気まずい思いをしたり。

恥ずかしい気持ちを抑えつつ勇気を出して誘っても、断られれば誰でもショックを受けますよね。

https://twitter.com/pUY6Hy811R24eBj/status/1443000469735948292?s=20

そんなショックが「今日も断られるんじゃないか」という不安がストレスになり、だんだん誘わなくなりセックスレスへ…というパターンに。

特に日本は性に対しオープンな人種ではないため、セックスに誘うハードルが高いと感じる人が多いのも原因です。

そんな時にイエスノー枕があれば、枕をひっくり返すだけで夜の意思表示ができます。

それだけじゃなく、面と向かって拒絶される不安を解消するためにも、イエスノー枕はうってつけなんです。

https://twitter.com/KandaNbo/status/1445349083959357444?s=20

現在もイエスノー枕は進化を遂げ、結婚祝いにチョイスされる贈り物としても人気です。

枕のタイプはひっくり返してYES・NOを表すリバーシブルタイプと、YES・NOがそれぞれ独立したセットタイプの2種類。

口に出さなくとも意思表示ができる、目の前で傷つくこともないイエスノー枕は、今の時代だからこそ必要なのではないでしょうか。

セックスライフを楽しく快適に過ごすためにも、イエスノー枕はないよりあったほうが断然いいと言えます。

しかも単に「セックスをする・しない」といった慎ましい使い方だけでなく、イエスノー枕はセックスを盛り上げるアイテムにも使えるんです。

本サイトがその画期的な使い方と、おすすめのイエスノー枕をご紹介いたします。

 

イエスノー枕の画期的な使い方5選

イエスノー枕があると普段のセックスが盛り上がるだけでなく、2人のコミュニケーションが濃厚に。

セックスの合図だけに使うのはもったいない、今以上に2人がラブラブになれる使い方をご紹介いたします。

 

1.寝込みを襲ってもらうプレイの合図

寝ているところを襲ってほしいと思う女性は案外多いもの。

理由は予測不可能なショックが興奮に繋がって、セックスが余計に盛り上がるからなんですよね。

https://twitter.com/muuuchan_21/status/1368725165245308930?s=20

Mっ気がある女性なら多少眠くとも相手の言いなりになって、無理やりヤられている状態を楽しむこともできるでしょう。

そんなカップルや夫婦だったらそもそもイエスノー枕なんて必要ないかもしれません。

https://twitter.com/shake_love_it/status/1431649504818696200?s=20

しかしそんなバランスの優れたカップルばかりじゃありません。

もっとも避けたいのが、嫌がる相手を「嫌がってるけど本当はされたいんだろ」と勘違いしてプレイを続行してしまうパターン。

睡眠を邪魔されるのが本当に嫌な人もいるため、アポなし寝込みはそれだけで嫌われる可能性もあります。

そんな時にイエスノー枕があれば寝込みプレイを承諾する合図変わりに。

相手が”イエス”の枕で寝ている日は襲ってもOK!

この時代、ガチで寝込みを襲うのは無謀すぎます。

なお互いが事前にわかっていれば、嫌な思いをすることなく夜這いプレイを快適に楽しめますよ。

 

2.サイコロのように使ってYESが出たらいたす

最近のイエスノー枕は、細長いものだけでなくクッションのように丸っこいものもあります。

綿がパンパンに詰まっているので、コロコロと転がりやすいのが特長です。

 

このようにクッションタイプでなおかつリバーシブルなイエスノー枕は、投げやすくサイコロのように使えます。

これがエッチなゲームにうってつけなんです!

https://twitter.com/Demoness_K/status/537190947163881472?s=20

YESが出たらいたそうと決めることでゲーム感覚でセックスを誘えるため、お互いに楽しいんですよね。

さらに「~の恰好でセックスする」「プレイ中は声を出さない」など条件をつけたりするのも面白いですよ!

 

3.YESの枕を持って誘う

昔からストレートに口に出すよりも、何かアイテムや隠語を使って想いを伝えられたほうがキュンとするのが人間の性というもの。

イエスノー枕も同じく、あえてYESの枕で相手を誘惑するのも一つの誘い方です。

誘う方は言葉にしない誘いやすさがあり、誘われる方は言葉に出さない誘い方に可愛げを感じてしまいます

https://twitter.com/sheep_TRPG/status/1008413906350608384?s=20

本来のイエスノー枕は、寝室で枕の状態を知るのが従来の使い方。

しかしこの場合は、枕単体を見せるのではなく自分で枕を持つこと。

自分と枕をセットにすることで「めっちゃセックスしたい」と積極的なアピールアイテムになるんです。

慎ましく誘うために生まれたイエスノー枕を、あえてガンガンに攻めるための誘惑グッズに。

セックスがマンネリになっているカップルにもおすすめです!

 

4.NO枕を使って相手を焦らす

NO枕は「拒絶」だけに使わなくてもいいんです。

セックスがOKでも、あえてNO枕を使ってムラムラ時期を溜めておくプラスのアイテムとして使うのもアリ。

https://twitter.com/kenkourando/status/577971152158507009?s=20

相手も焦らされるし自分も焦らす。枕に忠実な相手がかわいく見えたりして違う発見もできたり。

そう思いながらモンモンと過ごしたあとのYESはたまりません!

人間は我慢したぶん反動が大きくなる生き物。セックスがめちゃくちゃ盛り上がること間違いなしです!

その流れで普段使ったことがないエッチなグッズで誘う、なんてことも案外できちゃいますよ!

 

5.毎日YESにしといて愛情表現

イエスノー枕なんかいらない、セックスライフ順調です!という人でもイエスノー枕は大活躍!

いつでもYESにしておくことで「毎日セックスしたいくらい大好き」と相手の愛情表現に使えるんです。

https://twitter.com/Oomisaki12oO/status/1347170973779283968?s=20

不思議なことに「好きだよ」と言葉にするのが恥ずかしくても、セックスが順調なカップルは多く存在します。

そんな時は言葉の変わりにYES枕で愛を伝えるんです。

「言葉で言わなくてもセックスで愛情表現できてるから大丈夫」

もしそうだったとしても別の切り口で愛を伝えられたら相手は絶対嬉しいもの。

最近言葉で愛を伝えていないカップルは、こんな使い方をしてお互いのコミュニケーションを深めてみてはいかがでしょうか。

ただし、セックスレス気味のカップルがこの方法を使うと相手がプレッシャーに感じる人もいるかも…。

イエスノー枕が愛情表現ではなく“無言の圧力”になってしまうからです。

嫁がいつも「Yes・Noまくら」をYesにして寝ています プレッシャーがかかります(口コミ引用:Yahoo!知恵袋

男性はプレッシャーがかかると余計にセックスが億劫になります。

あくまでも愛情表現のひとつとしてイエスノー枕を活用するのがおすすめです。

 

令和版イエスノー枕おすすめ商品4選

イエスノー枕の画期的な使い方が分かったところで、使い方に合わせたおすすめのイエスノー枕をご紹介いたします。

 

1.無難な物が欲しいなら昔ながらのやつ

イエスノー枕の元ネタは「新婚さんいらっしゃい!」の賞品です。当時のデザインはYES・NOが書いてあるだけのシンプルな作り。

今の時代から見ると安っぽいデザインですが、それがかえってウケがいい場合もあるんですよ。

こちらはのイエスノー枕は昭和っぽいチープ感があり、結婚式の二次会やウケ狙いの結婚祝いとして選ばれています。

こちらはYES・NOがそれぞれ独立しているセットタイプ。

通常の枕よりも若干小さく一人用のベッドに2つ並べてもしっかり収まるので、シングルベッドで寝ているカップルにおすすめ!

このように独立しているイエスノー枕はプレイの合図はもちろん、YES枕を持って誘ったりNO枕で焦らしたい時にピッタリです!

 

2.場所を取りたくないならリバーシブルクッション

1個で表裏にYES・NOが書いてあるリバーシブルタイプのイエスノー枕は場所を取りません。

また、クッションタイプのものはデザインがスタイリッシュなものが多く、部屋に置いていても違和感がないんです。

一人暮らしのベッドに置いてもかさばりませんし、ぱっと見いかにもエロ目的っていう感じがないのがいいですよね。

ファッション的なエロさがあるデザインのイエスノー枕はこちらです。

パンパンに綿が詰まっているので、ゲーム感覚でセックスするかを決めるサイコロ変わりにピッタリ!

毎日の愛情表現にも使いやすいでしょう。

また、インテリアのひとつとしてベッドにクッションをたくさん置いてオシャレに見せるデコラティブピローとしても大活躍します。

オシャレな部屋を意識するなら、イエスノー枕もオシャレな物がいいですよね。

セックスライフをスマートにかつスタイリッシュに盛り上げてくれるはずですよ!

 

3.若いカップルにはより刺激的なラブピロー

「ヤるか寝るか」

こんなストレートなカップルにおすすめするイエスノー枕がこちら!

デザインがシンプルかつフォントがオシャレで若いカップルにはピッタリです。

同棲カップルのおしゃれな部屋に置いてあると、遊び心もプラスされて一気にセンスのいい寝室に!

その気が無くても「F♡CK」の文字をつい見せたくなっちゃいます。

誘う言葉が刺激的なので、自然にセックスも刺激的になりそうですよね。

愛情表現も強くなるので、お互いが好きでしょうがないラブラブバカップルにはうってつけ!

イエスノー枕は古臭くて恥ずかしい。そんなカップルや夫婦にとってはまさにこんなイエスノー枕がバッチリ合います!

 

4.オシャレ重視ならジェラピケ

イエスノー枕は欲しいけど、インテリアや服のようにオシャレで質のいい物がいい。

そんなカップルにはジェラートピケのイエスノー枕が最適です。

“大人のデザート”をファッションコンセプトにしているジェラートピケ。

フワフワとした着心地はもちろん、着る人のテンションが上がるようなデザインが特長です。

「おしゃれなルームウェアならジェラピケ」と呼ばれるほど、ジェラートピケは男女ともにウケがいいブランドなんですよ。

そんなジェラピケにもイエスノー枕があるんですから、オシャレだけじゃなく肌触りも重視したい人はジェラートピケのイエスノー枕で決まり!

高密度のコットンガーゼを使っているので使えば使うほど柔らかくふんわりと馴染んできます。

こちらはピローケース(枕カバー)となりますので、お持ちの枕が一気にウケのいいイエスノー枕に変身しちゃいますよ!

 

イエスノー枕は古典的だが使い方次第で現代でも楽しめる

イエスノー枕が誕生したのは、まだセックスがタブー視されていた1970年代でした。

時は流れ、セックスレスの深刻化問題が広まり性に対する偏見がなくなりつつある現代。

しかし多様化が進むことで人との関わりが希薄になっているのも事実です。

イエスノー枕は、現代のカップルや夫婦にこそ必要なアイテムだと断言します。

ひとつの愛のコミュニケーションツールとして、ぜひイエスノー枕を活用してくださいね。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERテリーウーマン

    某大手出版社で働く傍ら個人的に興味のあるラブグッズ記者としても活動。
    女性目線でカップルで楽しめるちょっとドキドキするアイテムを調査していきます!

FOR YOUあなたにおすすめの記事