ミノキシジルを使うと性欲減退する?主な副作用を解説

2019.03.30

ミノキシジルの副作用

薄毛改善に有効とされているミノキシジル。
しかしミノキシジルをはじめとする育毛成分やAGA治療薬には性欲減退の噂を耳にする事が多いですね。
ミノキシジルにはどんな副作用があるのでしょうか?
性機能低下の危険性はあるのでしょうか?

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    HIROKI

ミノキシジルとは

男性向けヘアケア用品

ミノキシジルとは皆様ご存知の通り、男性の薄毛や抜け毛など、AGA治療を目的に利用されている成分の一種です。主に男性向けのシャンプー錠剤(タブレット)に配合されている事が多いですね。

日本ではミノキシジルは医師の処方が必要ない一般医薬品として販売されている事もあり、数ある薄毛対策の成分の中でも非常に身近なものになりました。

ミノキシジルは本来高血圧の症状改善のためにアップジョン社(現在のファイザー製薬)が開発した医薬品でした。高血圧の改善を目的にミノキシジルを利用した男性から髪の毛が生えてきたという声が上がったため、薄毛改善を目的とした商品が開発されたのです。

 

効果のメカニズムは

発毛のサイクル

AGA治療薬や育毛剤の印象が非常に強いミノキシジルですが、実のところ効果のメカニズムはいまいち判明していないのです[1]。判明している効果としては主に次の2つです。

  • 新しい毛及び既存の毛の成長促進
  • 体内の血流の促進効果

ミノキシジルの一つ目の効果は毛髪の成長促進です。毛包に作用して、細胞増殖やタンパク質の合成を手助けする効果があります[2]

二つ目は血流の促進効果です。ミノキシジルは元々バイアグラと同様に血流を促進する事により、血圧を下げる事を目的に開発された医薬品です。血流が促進される事によって、頭皮や髪の毛により多くの栄養素を効率的に運ぶ事が出来るのです。

AGA治療薬として有名なプロペシア(フィナステリド)の薄毛の原因を作る酵素の働き阻害の効果に対して、ミノキシジルは発毛を促進する事が目的の商品なのです。

 

ミノキシジルは性欲を低下させる?

悩んでいる男性

AGA治療薬や育毛剤を利用した男性の悩みとして多いのが性欲が減退した、ED(勃起力の低下)、射精が困難になった等の性に関する悩みです。

AGA治療薬による副作用の中でも性欲の低下に悩む人は多いのにも関わらず、医師には相談しづらい事から、ほったらかしになるケースが多いのです。ネットで少し検索するだけでこれらの副作用に悩む人の声はたくさん見つかります。

一番気になる事はミノキシジルにも性欲減退の副作用があるのか否かですね。よく勘違いされやすいのですが、実はミノキシジルには性欲や勃起不全といった性機能低下に関する医学的な根拠は存在しないのです。

2014年に行われた調査によるとミノキシジルが性欲と関わりのある男性ホルモン受容体(アンドロゲン受容体)に影響を与える事が判明しました[3]。しかし実際に影響があるのは髪の毛(毛包)部分であり、性機能との関係性は確認されませんでした。

 

なぜミノキシジルに性欲減退の噂があるのか

良い意見と悪い意見

ミノキシジルの利用による性欲低下の医学的な根拠は存在しません。それではなぜ性欲が低下したという噂が立つのでしょうか。

一番の原因は他のAGA治療薬に性欲減退やED、射精困難、男性不妊の副作用があるからです。例えばAGA治療薬として代表的なプロペシアにはこれら性機能低下の副作用がある事が判明しています。

性の悩みを抱えているミノキシジル利用者の声を調査した結果、多くの方がミノキシジルに加えてプロペシア等他の商品併用している事が判明しました。薄毛改善の商品を併用している場合は、他の商品の成分に性欲減退の副作用があるかもしれません。

プロペシアは発毛促進ではなく、男性ホルモンと関わりの強い5αリダクターゼと呼ばれる酵素の機能を低下させています。性欲減退の明確なメカニズムは判明していませんが、精力と関わりの強い部分に影響を与えている事が原因とされています。

▼プロペシアによる性欲減退についてはこちらをご覧ください。

プロペシアが性欲減退やEDの原因?薄毛治療薬の副作用

 

ミノキシジルには勃起力を高める効果がある

コンドーム

ミノキシジルにはED等の勃起力を低下させるようなリスクも医学的に確認はされておりません。しかし逆にミノキシジルを利用する事により、勃起力が改善されるケースもあるのです。

カナダのトロント大学で行われた調査ではミノキシジル配合の液体をペニスに塗り付けたところ、勃起の持続時間が向上するケースが確認されました[4]。本来ミノキシジルは血管を拡張して血流を促進する事により、高血圧の症状を改善するための成分であったため、当然と言えば当然ですね。

もちろん発毛促進系の商品はED治療や勃起力向上を目的に開発販売されているわけではにので、劇的な効果はなかったようです。

▼ED改善の正しい方法についてはこちらをご覧ください。

ED改善に効果的な方法11選!若い頃の勃起力を取り戻す

 

ミノキシジルの主な副作用

医師の見解

性欲減退などの医学的な根拠は存在しないミノキシジルですが副作用がないわけではありません。「WebMD」によるとミノキシジルには次の副作用が確認されているそうです[5]

  • 塗布部分の発疹や痒み、かぶれ
  • 頭痛やめまい、意識の遠のき
  • 手足のむくみやしびれ

ミノキシジルを塗ってみて肌や体質が合わない場合は直ぐに利用を辞めて、かかりつけの医師に相談をしましょう。

また、日本皮膚科学会は内服薬タイプのミノキシジルは効果や副作用に関する臨床実験が十分ではない事から、積極的な利用は行わない方が良いと発表をしています[6]。今のところ内服薬タイプのミノキシジルで確認されている副作用は多毛症が多いようです。

 

性欲の低下を感じた場合は

ミノキシジルを利用した事によって性欲の減退を感じるのであれば、まずは他にAGA治療薬発毛剤を使用していないかを確認しましょう。プロペシアは性機能障害の副作用がある代表的なAGA治療薬です。

もちろんAGA治療薬以外にも性欲を低下させる原因はたくさん存在します。特に日頃の生活習慣や行動は性機能に大きな影響を与えます。

▼性欲低下の原因が気になる場合はこちらをご覧ください。

性欲を減退させる14の習慣と行動!性欲がない原因を知ろう

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERHIROKI

    STERON編集部
    メディカルハーブコーディネーター資格保有者
    漢方や天然の食材の効果、効能に関する専門家として天然由来成分の男性機能への影響を日々調査、研究している。STERON記者として自然療法の知識を活用したメンズヘルスケア関連の記事を執筆、監修している。アメリカに留学した経験があり、海外のヘルスケアにも精通。

FOR YOUあなたにおすすめの記事