女性の性欲と年齢の関係性とは?彼女の性欲を高めるポイント【女性が教える】

2019.01.25

セックスで大事なポイントを抑えて、よい関係性を保つ

セックスに誘うのは自分ばかり、断られることすらある...彼女には性欲ががないの?と不安に思っている男性は意外に多いものです。
しかし女性の性的な欲求は年齢によって大きく異なるのです。
今回は彼女との性生活に悩む男性の方に向けて、女性の性欲が高まる年齢や、高める方法について詳しくご紹介していきます!

  • 記者 WRITER
    皿良 まゆ(STERON編集部)

彼女とセックスをしたくなって誘ったら「今日はそんな気分じゃないの」なんて断られた…こんな経験、男性なら一度はあるのではないでしょうか?

一度ならともかく、何度も断られると男性としての自信をなくしてしまいますよね。

しかし、女性の性欲には波があることをご存じですか?

この波をしっかり理解しておけば、彼女にセックスを断られる確率は格段にダウンします。

米国デュレックス社が行った調査によると、日本人の年間セックス回数は平均45回程度[1]。月に4回程度です。男性の中にはもっとしたい!といる方も多いと思いますが、彼女に断られてしまうとどうもできないですよね。

しかも彼女の性欲のバイオリズムを理解せず、むやみやたらに誘っているといずれ、二人の間に亀裂が入ってしまうことだってあるのです!

でも、彼女の性欲を高めることができたらどうでしょう?自然とセックスの回数は増え、よりパートナーと親密な関係を築くことができるかもしれません。

そこで今回は「女性の性欲と年齢。彼女の性欲を高めるポイント」というテーマでお送りしていきたいと思います!

 

性欲は年齢によって変わる

年齢で性欲の強さは異なる

さて冒頭部分でもお話した通り、女性の性欲には「波」があります。ただし、一言で「性欲の波」と言っても、その波には大きくわけて2種類あります。

年齢という大きなスパンの波、そしてある程度の年齢まで毎月繰り返される小さなスパンの波です。

 

まずは大きな波、つまり、年齢ごとの女性の性欲を理解するところから始めてみましょう。

女性の性欲は年齢によってどう変わっていくのか、20代~50代以降まで年齢ごとにご紹介していきます!

 

20代女性はまだまだセックスに受け身

20代女性は性欲低め

まずは20代という若い年齢の女性の性欲について見ていきましょう。

セックスはどうしても男性がイニシアティブを取ることが多いですよね。これは身体的構造上、女性が「受け入れる」立場であるという理由が大きいのですが、若い年齢の女性は特にセックスは受け身であることが多いのです。

経験値が低く、セックスに対する恥じらいやためらいがある女性も多いのがその理由です。セックスを気持ちいい経験がしたことがないため、セックスを煩わしく感じたり、乗り気になれず断ったり、誘いに応じるもどうしても受け身になってしまうんですね。

性行為自体より、セックスに至るまでの雰囲気、肌を合わせることで得られる精神的な充足感を好む女性が多いのもこの年齢の特徴です。

これは決してこの年齢の女性に性欲がないということではありません。

しかし性欲を感じても、その解消方法としてセックスよりオナニーという手軽な方法を選ぶ女性が多いとは言えるでしょう。

 

セックスを楽しみ始める30代女性

性に積極的になる

次は大人の魅力あふれる30代という年齢について見ていきましょう。

30代は女性がもっともセックスを楽しめる年齢と言われています。特に30代前半の女性はセックスに積極的な人が多いようです。

これには医学的な根拠があります。女性は初潮を迎えた後は、セオリー上は閉経するまで妊娠・出産の可能性があります。しかし、最も適した年齢は30代前半と言われているのです。

実際、今日の日本でも第一子出産平均年齢は30.7歳です[2]。身体能力のみに焦点を当てるなら、若い年齢の方が出産には適しているように思われます。

しかし、精神的な成熟、経済的基盤の確立を含めて考えると、30代前半という年齢が、もっとも妊娠・出産に適する年齢ということになるのでしょう。

矛盾するようですが、同時に出産のリミットが近づいてくるのもこの年齢です。

そのため「子を持ちたい」という本能の部分が妊娠を急ぎ、そのため性欲が高まり、セックスにより積極的になると考えられているのです。また経験を重ねたことでセックスの悦びに目覚め、より気持ちいいセックスをしたい!と性欲旺盛になるとも考えられています。

自分から積極的にパートナーを誘ったり、これまでとは違ったセックスを求めたり・・・ようやくセックスを楽しみ始めるのが30代という年齢、と言えるかもしれませんね。

 

より濃厚なセックスを望む40代女性

40代女性

今度は円熟期とも言える40代という年齢の女性の性欲について見ていきましょう。

実は女性の性欲が一番強いのは40代と言われていることをご存じですか?40代と言えば、女性ホルモンの分泌量は30代よりさらに少なくなり、閉経を迎え、更年期の症状が出る女性も出てくる年齢です。

男性の中には、40代の女性の性欲が強いなんて信じられない、という方もいらっしゃるかもしれません。しかしこれもまた医学的な裏付けのある事実なのです!

あまり知られていない事実ですが、女性は女性ホルモンだけでなく男性ホルモンも併せもっています。

そして、この男性ホルモンこそが女性の性欲の「鍵」になっているのです。後ほど詳しくお話しさせていただきますが、40代は、女性ホルモンの分泌量が低下していくことで、男性ホルモンの優位性が高くなる年齢です。

そのため、40代の女性の中には、「抑えがたい性欲」に悩む人がいるほどです。そう、男性が若い年齢の時に経験するような性的衝動です。

また、40代という年齢ははいよいよ妊娠のリミットです。40代女性には性欲の増加のみならず愛液の分泌量がアップしたり、体の感度が高まるなどの変化が見られます。性欲増加と性機能アップの相乗効果でさらにセックスは気持ちいいものになるのです。

特定のパートナー以外の男性とのセックスを望んだり、いろんな体位を試したり、アダルトグッズや、ちょっと変わったプレイ…より濃厚なセックスを望むのがこの年齢の女性なのです。

 

50代以降

50代以降

50代という年齢はと「初老」と言ってもおかしくない年齢なわけですが、女性の中には枯れるどころかますます性欲が旺盛になる人もいます。

妊娠のリスクから解放され、まさに今開花したかのごとく、セックスを楽しむ女性も多いのがこの年齢の特徴です。しかし、この年齢になると個人差が大きいのもまた事実です。

抑えがたい性欲に悩む女性がいる半面、閉経を迎え、更年期の症状が出始めることで、性欲とは無縁になる女性もいるのです。

また、女性ホルモンの減少によって、愛液の分泌量が減り性交痛を訴える人が多いのがこの年齢。それに加え、自身の容貌の衰えがコンプレックスとなりセックスに積極的になれない女性も。

個人差が大きい50代の女性の性欲ですが、男性はこの点を見極め、臨機応変の対応をしていくことで、パートナーと良好な関係を保つことができるのではないでしょうか。

60代以降の女性でも、性欲旺盛な人はいますが、パートナーの男性機能の衰えでセックスを楽しめないという悩みを抱えている人も少なくないようです。

 

女性の性欲が高まるタイミングとは

女性の性欲が高まるタイミング

前項では「年齢」という大きなスパンで女性の性欲についてお話しさせていただきました。年齢と女性の性欲には密接な関係があり、年齢によって性欲も変化することがおわかりになっていただけたかと思います。こ

れが女性の性欲の「大きな波」です。しかし女性の性欲にはもっと小さな波もあります。それは、閉経を迎えるまで毎月繰り返されます。

つまり10代~50代という幅広い年齢の女性に共通してみられる性欲サイクルなのです。女性の性欲の大きさや高まりはその中でも約一か月サイクルで変化するのです。毎月性欲が高まるポイントを知っておけばより彼女と濃厚なベッドタイムを楽しむことができます。

この項では、女性の性欲が高まるタイミングについて詳しくご紹介していきます。

 

排卵日の前後はホルモンの増加とともに性欲が発生

「女性はホルモンに支配されている」という言葉があります。そしてそのホルモンの変化の最もわかりやすいものが「月経」です。

初潮を迎えてから、閉経するまで毎月繰り返さえられる月経(生理)ですが、この月経サイクルと性欲には切っても切れない関係があるのです。

女性の性欲がピークに達するのは「排卵日」です。

もっとも妊娠の可能性が強い時期に性欲が旺盛になるというのは、子孫繁栄のための自然の摂理、原始的な欲求と言えますね。

ちなみに排卵日は、生理が始まってから14日前後で訪れます。これは28日周期の場合ですので、あくまで「目安」として覚えておいてくださいね。

生理周期が不規則な女性の場合は、毎月基礎体温をつけることで、だいたいの排卵日を予測することができます。

また排卵日前後は、イライラ、強烈な眠気、食欲増進、顔に吹き出物が出る…などの症状が出る女性が多いでしょう。

*排卵日前後は女性の性欲もアップしますが、妊娠する確率もアップしますので、妊娠を望まない方は避妊対策は忘れずにしたいですね。

 

生理前にはPMSが性欲に影響

そしてもう1つ「生理前」も性欲が高まるタイミングと言えます。この時期は、女性ホルモンの分泌量が減り、男性ホルモンの優位性が高まるため、性欲がアップするのです。

先にご紹介した排卵日前後は、女性によってはPMS(月経前症候群)の症状が強く出て、性欲より体調不良を感じる場合もあります。お腹が痛くなったり、眩暈がしたり、イライラしたりという女性特有の症状に悩む方も多いのです。

彼女がPMSが強く出るタイプの場合は、排卵日より生理前の方が性欲が高まっている可能性が高いでしょう。実際、生理前は妙に体がウズウズしてオナニーをしてしまうという女性も多いものです。

 

性欲はホルモンの影響を受ける

女性ホルモンに関する知識

https://www.tsurukawadai.jp/column/20180405

女性の性欲が高まるタイミングについてはわかっていただけたと思います。

みなさんは、さきほど「女性の性欲の鍵となるのは男性ホルモンである」とお話したことを覚えていますか?その男性ホルモンとは「テストステロン」です。性欲や男性的な身体的特徴、嗜好形成に大きな影響を与えるホルモンです。

そんなテストステロンは女性の副腎や卵巣でも分泌されます。血中テストステロン値は男性の5~10%に程度と言われていますが、その影響力は決して少なくありません。

テストステロンは「天然の媚薬」という異名を持つほど、性衝動に非常に大きな影響を与えるホルモンです。科学的にテストステロンの分泌量が高まる時期は性欲もアップすることが明らかになっています。

しかし男性ホルモンだけが女性の性欲に影響を与えるわけではありません、女性ホルモンもまた女性の性欲に大きな影響を与えます。エストロゲンのように性欲をアップささせるものもあれば、プロゲストロン(黄体ホルモン)のように、逆に性欲を減退させるものも。

女性の体は生理、体調、妊娠、加齢、閉経など様々な要因でホルモンバランスが変化するため、性欲にも波があるんですね。そういう意味では、男性の性欲より少し複雑かもしれません。

ちなみに、年齢にかかわらず妊娠中、出産直後は性欲が低下することがあります。また、精神的に不安定になる女性も多いため、セックスのお誘いは慎重にした方がよいでしょう。

特に授乳中は「プロラクチン」という女性ホルモンが分泌されるのですが、これは著しく性欲を低下させる働きがあることがわかっています。たとえ相手が夫であっても、セックスどころか体に触られるのもイヤ!という女性さえいるんですよ。

このタイミングでセックスを断られても、それはあなたに対する愛情がなくなくなったわけでも、セックスが嫌いになったわけでもありませんので、少し長い目で見守ってあげてくださいね!

 

年齢に関わらず、彼女の性欲をあげる方法

よく「あの人は性欲が弱い」なんて言い方をしますが、性欲はアプローチ次第でどんどん上げていくことができます。

性欲をアップというよりは「その人が持っている性欲を引き出す」といった表現の方が的確かもしれません。

この項では、彼女の性欲を高めるためにあなたがすべことを「体の中」からのアプローチと「体の外」からのアプローチの両面からお話していきたいと思います。

栄養摂取で体の中からアプローチ

テストステロンを増やす食材

女性の性欲の鍵とも言えるテストステロンは、副腎や卵巣で分泌される男性ホルモンですが、意図的に補充することもできるのです。

それによって、性欲アップ効果が期待できます。特にテストステロンの分泌量が少ない20代前後の若い女性に有効です。と言ってもテストステロンをそのまま注入したりするわけではありません。

次にあげる栄養素を摂取することで、テストステロンを増やすことができるでしょう。

  • 亜鉛
  • アミノ酸
  • ビタミンD
  • Lアルギニン
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • セレン
  • アスパラギン酸

これらの栄養素を含んでいる食材や料理を覚えておいて彼女に作ってもらうことでコミュニケーションにもなり、より親密な関係を築けるのでないでしょうか。

また、栄養素の摂取だけであれば、サプリメントを活用することで手軽に摂取することができます。

これらの栄養素は性欲アップ効果以外にも、健康・美容効果、免疫アップ効果がありますので、どんな年齢の彼女にもオススメの方法です。

特に、20代などの若い年齢の彼女にはより大きな効果が見られるはずです。

テストステロンは、男性にとっても勃起力に直結する大切なホルモンです。年齢が上がると分泌量が低下してきますので、加齢による精力低下に悩む男性は、彼女と一緒にサプリを服用するとよいですね!

性欲と勃起力アップに効果がある14の食事

 

性欲のスイッチを入れる体の外からのアプローチ

体の外からアプローチ

それでは体の外からのアプローチにはどんなものがあるのでしょうか?

女性の性欲は五感を刺激することで高めることができます。

例えば、AVや濃厚なベッドシーンがある映画を一緒に見る、という方法があります。男性は画面の中のセックスシーンを見る時は女優の体に釘付けになり興奮する人が多いかと思います。

しかし女性は、画面の中の女性に感情移入し欲情するのです。視覚からの刺激はダイレクトな興奮となって彼女の性欲を高めてくれます。

また、マッサージも非常に効果的です。パートナーに体を触れられるだけで性欲を刺激する効果がありますが、全身の血行が良くなることで性器周辺も充血しソノ気になるのです。部屋にアロマをくゆらせるという、臭覚からのアプローチもオススメです。

アロマの効能は欧米では医療機関でも用いられるほど効果が認めらています。

中にはリラックス効果を高め、催淫効果のあるものもあります。代表的なものは「イランイラン」などです。官能的な香りは、男性の精力をアップさせる効果もあるとされています。

すべての年齢の女性に効果がありますので、ぜひ興味あるものから試してみてくださいね!

【女性が教える】マンネリ夫婦の5つの解消方法

 

性欲のサイクルを理解することが重要

いかがでしたか?

今回は「女性の性欲と年齢。彼女の性欲を高めるポイント」というテーマでお送りさせていただきました。

性欲は人間の持つ三大欲求の1つ。一見淡泊に見える女性だって、性欲は必ず持っています。大切なことは、彼女の性欲のサイクルを理解するということではないでしょうか?

どんな年齢の女性でもアプローチ次第で性欲を高めることができますので、ぜひあなたも彼女の性欲を高めてより充実したベッドタイムを!

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITER皿良 まゆ(STERON編集部)

FOR YOUあなたにおすすめの記事