なかなかイケない?遅漏の男性におすすめのコンドーム3つ!

2019.01.24

遅漏にならないコンドーム

コンドーム、ちゃんと付けてますか?望まない妊娠や性病感染を避けるためにも必ず付けるようにしたいですよね。ただ、「コンドームを付けると遅漏になる」と悩む男性が少なくないのも事実です。そこで今回は装着しても遅漏にならずにしっかりいけるコンドームをご紹介します。

  • 記者 WRITER
    氷見 ひであき(STERON編集部)

女性とのセックスで絶対に必要になのがコンドームです。避妊という意味合いもありますし、病気の感染を防ぐという意味合いもあり、必ずしなければなりません。

しかし、コンドームをつけると遅漏になってしまってイケないと悩んでいる男性は意外と多いんです。なぜコンドームを装着すると遅漏になってしまうのか、答えは単純でコンドームを装着する事によりペニスへの刺激が緩和されてしまうからです。そんな些細な事で遅漏になるの?と思われるかもしれませんがコンドームの種類によってあり得ることなのです。

今回はコンドームを装着すると遅漏になる理由や、感度が落ちにくいコンドームをご紹介させていただきます。

 

あなたは本当に遅漏?

遅漏とは?

皆さんは遅漏と聞いてどのくらいの時間を想像しますか?もともと遅漏というのは性的刺激を受けてから射精するまでに長時間を要する場合に使われる言葉です。例えば、オナニーを開始して1時間いけない場合や、セックスを開始して、挿入してから射精までに数時間かかる場合など。これらは極端な例ですね。では、遅漏がはっきりと定義されているのか見ていきましょう

遅漏の定義は

実は遅漏は明確な定義が決められていません。現在国際性機能学会で議論している段階です。

ただ、日本人男性の平均挿入時間がだいたい10分ほどで、女性の理想とする挿入時間が15分ほどとなります。

それらを踏まえてあえて定義を作るとした場合は

  • 膣内挿入から20分以上射精できない
  • 射精コントロールが全く出来ない、またはほとんど出来ない
  • 射精に苦痛が伴う場合

この3つの内1つに当てはまる場合は遅漏といってもいいのではないでしょうか。

ただし、結局遅漏かどうかを判断するのは「パートナー」次第です。例えば挿入が3分以内が良いというバートナーからすれば10分もセックスをすれば十分に遅漏に入りますし、1時間は挿入してほしいと思っているパートナーであれば1時間イケなくても遅漏にはなりません。「女性次第」というのが最もピッタリくるのではないかと考えられます。

 

遅漏と早漏どっちがいい?女性の希望挿入時間。

先ほども軽くお伝えしましたが、女性の求める平均挿入時間は15分と言われています。
あるアンケートサイトで女性200人へ「人生最高の前戯時間と、人生最高のセックス時間」のアンケート調査を実施した結果がこちら。

女性の希望挿入時間グラフ

半数以上の女性が6~20分ほどのセックス時間が良いと答えているという事になります。STERONチームでのパートナーにアンケートを採ったところ、同じような結果になったため、実際の希望時間と大差ないと言えるでしょう。

 

コンドームは絶対につけた方が良い

コンドームは必ず付ける

「コンドームを装着すると遅漏になってしまう・・・」という事がわかっていてもコンドームは外すべきではありません。マナーとしてコンドームをつけるのは当然ですし、つけずにセックスをすることは夫婦以外ではあってはなりません。なぜコンドームを付けなければならないか、その理由は冒頭でも少しだけご紹介させていただいた「望まない妊娠」と「性病」2つです。

 

望まない妊娠をさけるため

望まない妊娠を避ける

コンドーム無しのセックスは妊娠の可能性が高くなります。「外で出すから」「膣内では射精しないから」と言う男性がいますが、ほとんど意味がありません。ペニスから出る先走り液(我慢汁)にも精子は含まれており、挿入するだけで妊娠する確率がグンっと上がることになるのです。

子供が出来てしまった場合、取れる方法は「産む」か「中絶」です。産む場合はパートナーと結婚をし、そのまま子供を育てる事になるでしょう。

一方で中絶の場合は10万円近くのコストと、女性の心と体に深い傷を与えます。なにより、新しく宿った命を奪うことになるのです。倫理観的にも、パートナーの身体のことを考えても、避けるべき状態に違いありません。そのためにもコンドームを装着することは非常に大切です。
※コンドームを付けても100%避妊が成功するわけではありません、妊娠する確率を低くする手段の1つです。

 

性感染症をさけるため

性病を防ぐため

性病の事を現在では「性感染症(STD)」と言いますが、性行為により感染する病気の総称です。痒みや痛みがでるものから、命の危険にかかわるものまで、様々な病気が存在します。

主な性感染症の病気

  • 淋病:感染すると排尿の際にペニスに激痛が走り、黄色の膿が出る。
  • クラミジア:尿道にむずかゆさを覚え、ペニスに痒みが出る。
  • 梅毒:ペニスに痛みを伴わない硬いしこりが発生し、その後身体全身に小さな斑点が出る。放置すると死亡の恐れがある恐ろしい病気。
  • ヒト免疫不全ウイルス(HIV):一度発症すると急激な体重の減少に加え寝汗、下痢など脱水症状を引き起こす症状が続き、数年で死に至る病気。

 

コンドームを装着せずに行う性行為には、これら性感染症のリスクが伴い、命が危険に晒される可能性もあります。また、自分が感染するだけではなく、相手にも感染させてしまう可能性もあるのが厄介な部分です。

自分を守るだけではなく、相手も守るためにコンドームはしっかりとして望まない妊娠や性感染症を防がなければなりません。これらのリスクを回避する為、いくら遅漏になるという理由でコンドームなしでセックスを行うことは絶対に避けましょう。

 

快感を損なわないコンドームを使おう

適切なコンドームを使う

コンドームをすると遅漏になる、でもコンドームは外せない。ではどうすればいいのか。

感度が鈍くならないコンドームを利用するのはいかがでしょうか。

サガミオリジナル0.02

コンドームの大定番と言っても過言ではありません。ポリウレタンを使用しておりゴムの臭いは全くしないのと、ゴムアレルギーの人にもオススメ。

薄さが0.02mmなので、まるで装着をしていないかのようなセックスの感覚を味わえるのが特徴です。

 

サガミオリジナル0.01

最薄コンドームの定番がこのサガミオリジナル0.01です。0.02よりも薄くなっており、現在あるコンドームではこれ以上薄いものは存在していません。

その効果はかなりのもので、口コミでも「生と同じ感覚が味わえた」「彼女に生でするなと怒られた」など、今まで使っていたコンドームと天と地ほどの差がある事がわかります。0.02mmでは遅漏が改善しない、満足しなかったという人はコレを使ってみてください。

created by Rinker
サガミオリジナル

 

オカモトゼロワン

こちらも最薄0.01mmのコンドームです。サガミオリジナル0.01と素材などは一緒ですが、値段が違います。サガミオリジナル0.01は1個250円に対して、オカモトゼロワンは1個320円です。基本的な違いはありませんので、一度両方使ってみて使用感の良い方を使うようにするのがオススメです。

 

0.01mmのコンドーム。強度は大丈夫?

薄いコンドームは大丈夫か。

0.01mmの薄さという事はそれだけ破れやすくなってるんじゃない?と思う人は非常に多いようですが、各社しっかりとテストを行っており国際規格のISOで定められている「空気量で18L以上、破裂圧力で1.0kPa以上」をクリアしています。

その為、説明書に記載されている使い方をしている限りは安全と言えます。

 

コンドーム以外の遅漏改善方法

使用するコンドームを変更する以外にも、改善方法はいくつかあります。

自慰行為の回数を減らす

射精への欲求は精巣内の精子の量に比例します。つまり、過度な自慰行為で精巣が空の状態だとそもそも射精への欲求が起こりにくいのです。

 

刺激の強い自慰行為を避ける

床オナニーなど、刺激の強い自慰行為に慣れると、膣の刺激では射精できなくなります。適切な自慰の方法を学ぶことで、ペニスが適切な感度を保つことができ、遅漏を改善することができます。TENGAなどのオナホールを活用することで、自慰の時の適切な刺激を学ぶことができるでしょう。

間違ったオナニーは遅漏の原因!正しいオナニーの方法とは?

 

セックスの前のアルコールを避ける

適度な飲酒であれば、リラックス作用から射精しやすくなりますが、過度な飲酒は感覚を麻痺させてしまうので注意が必要です。セックス前は適度な飲酒に抑えましょう

 

体調を整える

生殖器官は非常に繊細です。少し体調が優れないだけで、遅漏症状が発生することもあります。しっかりと体調を整えてセックスに臨みたいですね。

 

射精しやすい身体を作る

射精とはそもそも精液がないとできません。つまり、精液をつくりやすい身体を作れば射精もしやすい状態になります。そのためには、身体を鍛えることや適切な睡眠を取ること、しっかりと栄養を摂ることが重要です。

睡眠不足で性欲減退?睡眠と性機能の関係性

 

いくつかの工夫で遅漏を改善しよう。

今回はコンドームをすると遅漏になってしまう男性はどうすればいいかをご紹介しました。最薄のコンドームを使用する事はもちろんですが、射精頻度をへらしたり、自慰行為の刺激を弱くするなど色々な工夫をすることで遅漏は改善できます。これらに加えて、射精しやすい身体をつくる手助けをしてくれるサプリメントを試してみるのもいいでしょう。これらをひとつずつ試してみて効果を確かめることをおすすめします。まずはやってみる事が大切です。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITER氷見 ひであき(STERON編集部)

FOR YOUあなたにおすすめの記事