-->

オナニーで抜け毛増?オナ禁で体毛が濃くる?都市伝説を解明

公開日:2020/02/02
更新日:2020/09/02

オナニーすると体毛が濃くなる。
抜け毛が増えてハゲる。
そんな噂を聞いた事はありませんか?
今回は自慰行為の体毛への影響を科学的根拠に基づき解説します。

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    HIROKI

噂のオナニーと体毛に関する都市伝説

男性の脱毛サービス利用率

最近は美容男子などという言葉も流行り出しており、女性に限らず男性も体毛を気にする時代。

リサーチ会社マクロミルの調査によれば、20代男性の脱毛サービス利用率は13.5%。30代も10%以上と、若い男性の10人に1人以上が脱毛経験があるそうです[1]

そんな事もあってか、近年オナニーと体毛の濃さに関する都市伝説が急増中。実際の体毛とオナニーに関する噂を見てみましょう。

オナニーしたら体毛が濃くなるのでしょうか?
新聞で体毛を生やす細胞が変化して頭の毛が抜ける細胞になると書いてあったのですが、本当でしょうか?
自分は体毛が濃い方なので怖いのです(´o`;(引用:Yahoo知恵袋

このように毛が濃くなるハゲる等の噂が非常に多いのです。そもそも毛髪は体毛の一種ですよね。体毛が濃くなる事を心配しつつ、毛髪が抜ける事を心配している時点で相当混乱しているようです。

オナニーして、禿げるか、体毛が増えるか心配なんです。それに一週間に一回とか7日間に一回とか、適度にやっています。それって問題ないんでしょうか。でも禿げたくないです。禿げを防止する食べ物や方法ありますか。教えてください!真面目に!(引用:Yahoo知恵袋

こちらも髪の毛が抜けてしまう恐怖心と、体毛が増える恐怖心が共存しているようです。

特に高頻度でオナニーをしている男性は、深刻に悩んでいるようですね。今回はそんな男性と女性の悩みの体毛の濃さや抜け毛とオナニー(自慰行為)の関係について解説をします。

 

オナニーの体毛への影響3つ

さてそれでは早速自慰行為による体毛や毛髪への影響を解説していきます。

 

影響1.オナニーが体毛に影響する可能性は低い

オナニー

まずいきなり結論を言ってしまうと、オナニーをする事で体毛に影響が及ぶ事はほとんどありません

ネットで不安視されているマスターベーションによって体毛が濃くなる噂ですが、これはオナニーによる男性ホルモンの増減から来ています。

まずは毛深い理由ですが、頭髪以外の体毛はテストステロンの作用によって生えて育ちます。この営みはテストステロンの量に比例する為、テストステロンが多ければ多い程毛深くなるのが一般的です。(引用:神戸中央クリニック

つまり先天的にテストステロン量が豊富な男性は毛深く、テストステロン量が少ない男性は体毛が少な目なのです。

テストステロンとは男性ホルモンの一種。テストステロン量が豊富な事は他にも次のような特徴が身体に現れやすいのです。

  • 筋肉が付きやすい
  • 脂肪が付きづらい
  • ペニスが大きい
  • 骨が太く丈夫になり易い

つまりテストステロンが豊富=より男らしい体になり易いのです。ではオナニーをするとそんなテストステロンにどんな影響を及ぼすのでしょうか。

海外の医療誌「Journal of Endocrinology」の52号によれば、マスターベーションや女性とのセックス等、体が性的興奮状態にある場合、体内のテストステロン量は増加すると発表しています[2]

では体毛が濃くなるのでは?と思いませんか?

しかし射精する事で高まったテストステロン量は一時的に低下し、その後直ぐに通常値に戻るのです。

つまりオナニーによる体内の状態変化はほんの一瞬。体毛に大きな影響を与える可能性は極めて低いと言えます。

 

影響2.オナ禁すると体毛が濃くなる可能性はある

体毛の濃い男性

オナニーをして射精したところで毛が濃くなる原因のテストステロンに劇的な影響はありません。

しかし定期的にオナ禁をする事で体毛が濃くなりやすくなる可能性はゼロではありません。

実はマスターベーションを一定期間控えるオナ禁にはテストステロン量を増やす作用が確認されているのです。ではどれくらいの期間オナ禁すると体毛が濃くなるのでしょうか?

中国の大学(Hangzhou Normal College)が28名の男性に一週間オナ禁をさせた結果、血中のテストステロン量はオナ禁開始前と比べてなんと45.7%も上昇している事が判明しました[3]

またオナ禁を3週間行った実験でもテストステロン量が高くなる傾向がある事が確認されています。

つまり1週間から3週間程度のオナ禁を何度も続けていると、体内は体毛が濃くなる原因であるテストステロンが常時高い状態にあるという事。

しかし長期間のオナ禁は逆にテストステロン量が低下する傾向がある事が確認されています。

 

影響3.ハゲや抜け毛の原因はジヒドロテストステロン

頭皮ケア

続いて気になるのは頭の抜け毛に関する事。

体毛が濃くなる以上にハゲてしまう事に対する恐怖心は強いはず。

男性ホルモンが増えるとハゲてしまうという噂も良く耳にしますよね。ではテストステロン量が増えるオナ禁をすると抜け毛は増えるのでしょうか?

答えは否!

確かに抜け毛と男性ホルモンには密接な関係性があります。しかし男性ホルモンとオナニーによって増えたり減ったりするテストステロンと、抜け毛の原因になる男性ホルモンは別物。

まずは男性ホルモンとは一体何なのかを知る必要があります。

男性ホルモンとは複数のホルモンの総称であり、正式な名称はアンドロゲン(Androgen)。基本的に男性ホルモンと呼ばれるホルモンは次の3つ。

  • テストステロン
  • ジヒドロテストステロン(DHT)
  • デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)

この中でオナ禁をする事で増えたり減ったりする男性ホルモンは一つ目のテストステロン。

抜け毛の原因になる男性ホルモンは二つ目のジヒドロテストステロン

ジヒドロテストステロンはテストステロンが変換されて発生するホルモンです。しかしテストステロンを変換する酵素(5αリダクターゼ)の活動量は先天的な要因によって決まります。

ハゲは遺伝と言われる所以はこの5αリダクターゼの活発性にあるのです。幸か不幸かオナニーと抜け毛に直接の関係性はないのです。

 

【まとめ】オナニー以上に気にすべき点は山ほどある

さてここまでオナニーと体毛の濃さや抜け毛の関係性について解説してきました。

一つ言える事はオナニーの頻度や回数などは体毛に大きな影響を与えないという事。オナニーの回数を減らしたり増やしたりしても、体毛が薄くなったり濃くなったりする事はまずないでしょう。

確かにテストステロン量の高さと毛の濃さには関連性があります。

しかし勘違いしてはいけないのはテストステロン量が豊富な事は健康の証拠

男らしい骨格や大きな筋肉、ストレスに負けない強靭なメンタル、大きく逞しいサイズのペニス。これは全て男性ホルモンが豊富な男性の特徴なのです。

間違っても体毛を薄くしたい、抜け毛を防ぎたいという理由から、間違った知識でテストステロンを減らす取り組みをしてはいけません。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERHIROKI

    STERON編集部
    メディカルハーブコーディネーター資格保有者
    漢方や天然の食材の効果、効能に関する専門家として天然由来成分の男性機能への影響を日々調査、研究している。STERON記者として自然療法の知識を活用したメンズヘルスケア関連の記事を執筆、監修している。アメリカに留学した経験があり、海外のヘルスケアにも精通。

FOR YOUあなたにおすすめの記事