中高年男性に必須のジオスゲニンとは?7つの効果と副作用

公開日:2019/07/23

ジオスゲニン

なぜ山芋は精力や活力の源と言われるのでしょうか?
その理由がジオスゲニンです。
一体ジオスゲニンにはどんな効果があるのでしょうか?
ジオスゲニンの効果や副作用、効率的な摂取方法を紹介します。

  • 記者 WRITER
    江原 まさと(STERON編集部)

山芋には男性に必要不可欠な栄養素が豊富に含まれている事をご存知でしょうか?あのウサインボルトも「強さの秘密は山芋」と言っているほど[1]

今回紹介するのはそんな山芋に豊富に含まれる「ジオスゲニン」。一体どんな効果があるのか?どんな副作用があるのか?徹底解説します。

 

ジオスゲニンとは

山芋

ジオスゲニンとは、山芋から抽出することができる栄養素です。男性ホルモンのテストステロンへと変化するデヒドロエピアンドロステロン(以下DHEA)と類似した構造をもち、滋養強壮脂肪燃焼に効果があることがわかっています。

ジオスゲニンは山芋にそのまま含まれているわけではありません。ジオスチンと呼ばれる成分がジオスゲニンの基になる成分です。体内に入り込んだジオスチンは胃酸の作用によってジオスゲニンへと変化するのです。

実は、日本の山芋を食べてもジオスゲニンは思ったよりも取ることができません。ジオスゲニンは苦みやえぐみのもとなるために、品種改良によって含有量が減ってしまっているのです。また、ジオスチンからジオスゲニンへの変換率は決して高くありません。

つまり、山芋を食べることで十分な量のジオスゲニンを摂取するのは現実的ではないのです。

実はこの問題を解決したのが、元九州大学助教授の野中先生が開発したジオパワー15と呼ばれる特許成分[2]。ジオスゲニンを多く含む中国原産の懐山芋を特許製法[3]で加工してジオスゲニンを高濃度抽出した成分です。ジオパワー15を含んだサプリを飲むことが、最も効率的にジオスゲニンを摂取する方法なのです。

 

テストステロン増加の噂は本当?

テストステロン量の低下

山芋に精力を向上させる効果があると言われる理由は、ジオスゲニンと呼ばれる成分が配合されているからです。男性の精力の源がテストステロンであるということを考えると、ジオスゲニンにテストステロンを増やす効果があるということなのでしょうか。

結論からお伝えすると、ジオスゲニンを摂取することでテストステロンは向上します。

立命館大学がネズミを用いて行った実験では、ジオスゲニンを与えたネズミはテストステロンを含む性ステロイドホルモンの量が増加していました[4]。中国で行われた実験もネズミを対象としたものですが、山芋の抽出エキスを30日間与えた結果、テストステロンなどの前駆体であるDHEA[5]分泌量が摂取していない個体と比較して2倍以上になりました[6]

テストステロンの分泌が少なくなっている男性ほど高い効果が出ていると報告されています。40代になるとテストステロンの分泌量は一気に減少するため、ジオスゲニンは中高年の男性にピッタリの成分です[7]

 

期待出来る7つの効果効能

ジオスゲニンがもたらすテストステロンの分泌促進は体にさまざまな健康効果をもたらします。もちろんジオスゲニンに期待できるのは、テストステロンに関連する効果だけではありません。ジオスゲニンがもたらす代表的な効果を紹介します。

 

効果1.性欲の向上

手をつなぐカップル

ジオスゲニンを飲むことで期待できる効果の1つが性欲の向上です。性欲はテストステロンの分泌量が増えることで沸き起こることがわかっています。実際にテストステロンの分泌量が減少することで性欲が弱くなることは実験でも検証されています[8]

逆にテストステロンを増やす治療を施すことで、性欲が向上したとする論文も存在するのです[9][10]

「最近ムラムラすることも減った」とおい男性はテストステロンの分泌量が減っているのかもしれません。ジオスゲニンを摂ることで、適切な値まで増やすことができるかもしれませんよ。

 

効果2.EDと早漏の改善

ベッドに横たわるカップル

男性にとって下半身の元気が無くなるのは死活問題。ちなみに50代の二人に一人はEDに悩んでいます[11]。さらに勃起力に悩む男性が同時に悩みがちなのが早漏の問題です。勃起力に不安があると、どうしても射精のコントロールが疎かになってしまうため、我慢できずに絶頂に達してしまうのです[12]

ジオスゲニンには、こ2つの問題を同時に解決する効果が期待できます。Santa Chiara Regional Hospitalで行われた実験では、143名の早漏とEDに悩む男性の被験者にジオスゲニンを含むサプリメントを摂取させました。

3ヶ月の実験期間を完了後、国際的な勃起機能指標であるIIEFのスコアを計測したところ、60%も改善していたとのこと(摂取前:8.7、摂取後:14.01)。フォローアップの調査を行った時には、143名中97名の男性が勃起のレベルと射精を我慢する能力が向上したと回答したそうです[13]

 

効果3.運動能力の向上

定期的な運動

ジオスゲニンを摂ることで期待できる三つ目の効果が運動能力の向上です。より正確にはジオスゲニンの摂取によるテストステロンの増加によって運動能力が向上します[14]

アメリカのボストン大学で行われた実験では、テストステロンの分泌量が減少してきている50代前後の被験者252名にテストステロンを投与した結果、筋肉量が大幅に増加しました。特に総筋肉量の70%も占めると言われている下半身の筋肉が発達しやすく、この実験に参加した被験者は平均で25kgもリフティングできる重さが増加したとのことです[15]

 

効果4. 成長ホルモンの分泌

健康な状態になる

ジオスゲニンは体を成長させたり、代謝促進に欠かすことができない成長ホルモンの分泌量を増やす効果もあります。

その名前から成長ホルモンは成長期の子供にしか分泌されないと思われがちですが、実は成人後も新陳代謝を促す働きをします[16]。つまり年齢に関係なく体を動かすために必要不可欠なホルモンなのです。

韓国の医学研究施設(Korea Institute of Oriental Medicine)が行ったジオスゲニンのもととなるジオスチンが成長ホルモンの分泌に与える影響を調査した研究では、ジオスチンを投与したグループは投与されていないグループと比較して、2倍もの成長ホルモンの分泌量が計測されました[17]

 

効果5.認知症の改善

脳

2025年には高齢者の5人に1人がなってしまうと言われている認知症[18]。ファイトケミカルが良いなんてことを聞いたことがあるかもしれませんが、ジオスゲニンはまさしくファイトケミカルです。

富山大学と医薬品メーカーのレジリオ株式会社(公式ページ)が共同で行った実験では、28名の被験者に8mgのジオスゲニンを配合したサプリメントを12週間摂取させたところ、認知力を測定するスコア(RBANS:Repeatable Battery for the Assessment of Neuropsychological Status)が大幅に改善したとのこと。副作用も全くでなかったことから、山芋から抽出されるジオスゲニンが認知症の予防にピッタリの安全性の高い成分であると結論付けています[19]

 

効果6.糖尿病の予防

糖尿病

糖尿病は現代習慣病としてテレビで紹介されることも多い病気ですが、実はEDの原因になることも多い病気であることを知っていますか?糖尿病の男性は糖尿病ではない男性と比べると、ED発症のリスクが3倍も高いのです[20]

そんな糖尿病にもジオスゲニンが効果的です。立命館大学は糖尿病の状態にしたネズミに対して3mg/kgのジオスゲニンを与えたところ、血糖値の減少を観測できたと報告しています[21]

人間に換算すると、70kgの男性であれば210mgのジオスゲニンを摂取することで糖尿値を抑えることができるかもしれないのです。

 

効果7.脂肪肝の予防

肝臓

糖尿病などの生活習慣病を患っている人が注意しなければいけないのが、NAFLD(Non-Alcoholic Fatty Liver Disease、ナッフルディー)です。いわゆる脂肪肝。放置しておくと肝硬変や肝がんに移行することもある恐ろしい症状です[22][23]

ジオスゲニンはこの脂肪肝の予防にも効果があると報告されています。中国の複数の大学と病院が共同で行った研究では、太らせたネズミにジオスゲニンを与えたところ、AMPKとLXRと呼ばれる細胞内のエネルギーをコントロールする作用のある神経伝達物質が活発に作用するようになったとのこと。これらが活発になることで、余分なエネルギーが効率的に消費されるようになるため、脂肪肝の予防にも効果が期待できるとされています[24][25]

 

副作用のリスクや服用の危険性

病院での診療

ジオパワー15の開発元である野中烏犀園の発表によると、ジオスゲニンの推奨摂取量は1日25mg〜50mgで、推奨の上限摂取量は75mgとなっています[26]

とはいえ、推奨摂取量以上のジオスゲニンを摂取したからと副作用が危険性は低いです。日本食品分析センターが行った実験では、ネズミに2,000mg/kgのジオスゲニンを最長で28週間与えたときにも大きな副作用は発生しなかったと報告しています。70kgの男性に換算すると、140gものジオスゲニンを毎日摂取しても副作用や中毒症状は発生しないということになります。

とはいえ、サプリから摂取する場合には、そのサプリの用法用量を守るようにしてください。ジオスゲニン以外の成分も含まれている場合がほとんどなので、ほかの成分による副作用や中毒症状が発生する可能性があります。

 

ジオスゲニンを含むおすすめサプリ

ヴォルスタービヨンドブラスト一日分

ジオスゲニンを効率的に摂取するのであれば、山芋ではなく専用のサプリメントの摂取が必要です。ジオスゲニンのみを配合したサプリメントは意外と少なく、基本的には目的に応じて複数の成分がブレンドされた製品が主です。

主には中高年男性向けの活力サプリや精力剤に含まれている事が多いと言えます。男性向けサプリでジオスゲニンを多く含んでいるのが自信増大サプリの「ヴォルスタービヨンド」です。

高濃度のジオスゲニンを含む特許成分であるジオパワー15が、一日の必要摂取量である220mgぴったり配合されています。さらにその他男性の活力や精力向上効果のある天然由来の成分が計236種類も配合されたおすすめサプリです。

▼ヴォルスタービヨンド詳細はこちら

ヴォルスタービヨンドブラストの効果7つと正しい飲み方

 

【まとめ】中高年男性ほど積極的な摂取がおすすめ

中高年男性にとって強い味方となるジオスゲニン。もともとの成分は山芋に含まれているものですが、残念ながら山芋だけで十分な量を摂取することは難しいため、上手にサプリを使って補給するようにしてくださいね。

またジオスゲニンやジオパワー15をより効率的に摂取するためにも大切な事が、吸収率を高めるための成分の組み合わせや配合量です。

もしあなたが活力回復や精力向上を目的にジオスゲニンの服用を検討しているようであれば、様々な精力剤に目を向けてみる事をおすすめします。

▼効果の高い精力剤ランキングはこちら

【精力剤ランキング】専門家の選び方&おすすめサプリTOP10

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITER江原 まさと(STERON編集部)

    STEORN編集部
    「性をロジカルに」をモットーに記事を執筆。これまで感覚的に語られてきた”性”というテーマを学術的・科学的根拠に基づいて伝えていきたい。ティーコンシェルジュの知識を活かし、健康問題の解決に向けたハーブティーのブレンドもこなす。

FOR YOUあなたにおすすめの記事