ペニスが小さくなる7つの原因【医師監修】

公開日:2018/12/28
更新日:2019/03/27

小さいペニス

男性であれば誰でも気になる自分のペニスのサイズ。
特に歳を取ると昔はもっと大きかったのにと感じる事も多いのではないでしょうか?
今回は専門家がペニスが小さくなる主な原因について解説します。

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    HIROKI

男性であれば、自分のペニスが大きいのか小さいのか気になるポイントでしょう。

実際、公衆トイレや温泉で他人のペニスのサイズをちらちら見てしまった経験があるのでは?

そんな男性にとって死活問題とも言えるペニスサイズ。しかしながら、日常生活の中に潜むちょっとした理由で小さくなることがあるのです。

ペニスが少し小さいからといって生殖器官として役に立たないことはありません。ちなみに、実際に病気として認定されるのは勃起時のサイズが7cm未満の場合なんです。

しかしながら、男としてペニスが小さくなるのはなんとしても避けたい状態ですよね。

そこで、今回はペニスが小さくなる生活習慣や原因をご紹介します!

 

ペニスが小さくなる7つの原因

ペニスのサイズが小さくなる理由は多く考えられますが、ここではその中でも可能性が高い7つの原因をご紹介します。

 

加齢

胸やけ

年齢を重ねると男性ホルモンのテストステロン量が徐々に減少します。それに伴い、ペニスのサイズが小さくなる可能性も十分に考えられます。

また、動脈の働きも年齢ととも低下するのです。これは動脈内部に徐々に脂肪分が蓄積されることで、血液の流れを阻害してしまっていることも1つの原因です。特に体脂肪が高い人は中年以降に動脈が一気に硬くなるため注意が必要です[1]

それによって、血行が悪化するため、結果的に必要な時に以前のようなペニスサイズまで勃起させられなくなります。

 

喫煙

喫煙

喫煙がさまざまな健康デメリットをもたらすことはよく知られている事実でしょう。喫煙の有無で余命が10年変わるとも言われているほどです[2]

もちろん、喫煙はペニスのサイズやそもそもの男性機能にも悪影響をもたらします。なぜなら、タバコには血管内部にダメージを与える化学成分が含まれているから。

傷付けられた血管は、勃起時にスムーズに膨らむことができなくなるため、逞しい勃起やサイズを維持できなくなるのです。

もちろん、勃起不全(以下ED)の原因とも言われています。2004年の専門機関によるヘビースモーカーに関する調査では、喫煙者は非喫煙者よりも遥に高い割合でEDに悩んでいることが判明しました[3]

特に、若い人の器質性EDの原因はほとんどが喫煙であると言われています。

 

肥満

肥満

肥満もペニスサイズが小さくなる原因の1つです。

日本人は比較的健康的なイメージがありますが、実際にはどれくらい太っている人がいると思いますか?

2017年の厚生労働省による調査では、なんと日本人男性の約3割がBMIが25以上であり過体重であると発表をしています[4]

体重が増加すると、最初に脂肪がつくのはお腹周りや下腹部周辺。ここに脂肪がつくと、ペニスへの視界が遮られるため、小さくなったように感じるのです。

また、女性から見た場合も、やせ型の男性と肥満体形の男性では、例え実測値が同じだとしても肥満体形の男性のペニスの方が小さく見えてしまうんですよ。

もちろん、脂肪が付くことで実際の長さが小さくなることもあります。ペニスが脂肪に埋まってしまうことで、露出部分が減る=サイズが小さくなるのです。

それだけでなく、肥満の人は血行が悪い傾向にあるため、そもそもの勃起力が低下しています。これもまた、肥満男性のペニスサイズが小さくなる原因です。

血行が悪いのは高コレステロールが原因です。勃起力の低下だけでなく、動脈硬化や心不全など深刻な病気の原因にもなり得る肥満。

栄養管理と適度な運動で解決したいですね。

 

前立腺の手術

手術

前立腺ガンの手術もペニスのサイズを小さくさせるリスクがあることがわかっています。

治療の際に前立腺と周辺組織を摘出する手術を行った男性の約7割がペニスのサイズが小さくなったといった報告もあるほど[5]

前立腺は尿道を取り囲むように存在しており、手術で摘出後に膀胱の出口と尿道の断端をつなぎ治すことになります。このときに、筋肉や海綿体が多少体内に引っぱられるため、ペニスが短くなってしまうのです。

また、前立腺がんの治療では男性ホルモンを遮断するホルモン療法と呼ばれる治療を行うことがあります。これも前立腺ガンの治療でペニスが小さくなる原因の1つでしょう。

前立腺は男性ホルモンが多く存在する器官のひとつです。また、テストステロンを活性度の高いジヒドロテストステロンに変換するなど、男性ホルモンの作用全体に影響を与える器官が前立腺です。

このように男性ホルモンと密接に関連している機関だからこそ、取り除いたり、手を加えることでペニスのサイズが小さくなるのかもしれません。

 

ペロニー病

診断

ペロニー病とはペニスの海綿体にしこりが出来る良性の病気で中高年に多いとされています。アメリカで行われた調査では60代男性の4%が、ペロニー病で悩んだ経験があるとのこと[6]

ペロニー病患者のペニスは勃起時の痛みや陰茎の湾曲、勃起障害(ED)などの症状により、満足に性行為ができない場合あります。

これら症状に加え、ペイニー病にはペニスの短くかつ細くしてしまう可能性もあります。手術でペロニー病の組織を取り除く場合にも、ペニスの組織も一部取り除いてしまうため、小さくなります。

 

不摂生

不摂生

ラーメンやハンバーガー、ステーキなど脂肪分の高いものばかり食べていませんか?

脂肪分が高いものを常に食べていると、ペニスが小さくなってしまう可能性が高くなります。

そもそも、これらの食べ物は高カロリーになりがち。つまり、毎日のように食べていれば、肥満気味になってしまってもおかしくありません。

体重は変わらずとも、体内の変化は確実に起こるでしょう。

脂肪分の多い食生活を送っていると、血中コレステロール値が上がり、血液がスムーズに流れなくなります。勃起力低下の原因ですね。

 

医薬品の常用

薬の常用

薬の常用もペニスを小さくする原因になりえます。

特に病院で処方される薬は、市販薬よりも強力であるため、性機能への影響があっても不思議ではありません。

性機能を低下させる薬として、最も有名かつよく使われているのは、抗うつ剤として使用されているSSRIでしょう。

SSRIには興奮作用があるドーパミンの分泌を抑制する効果があるため、性機能が低下するのです[7]

何らかの薬を常用していて、性機能の低下を悩んでいるのであれば、かかりつけの医師に相談してみましょう。

性機能への影響が少ない薬へ変更してもらえる可能性がありますよ。

 

まとめ:何気ない生活習慣の中にペニスサイズダウンの原因は隠れている!

いかがでしたでしょうか。

今回は、ペニスのサイズが小さくなってしまう原因をご紹介しました。

前立腺の病気や加齢など、中年男性には避けられない病気や減少がサイズダウンに繋がることは否定できません。

一方で、肥満や喫煙はあなたの意志次第で、コントロールできること!

少し意識するだけで、逞しい勃起と男らしいサイズを取り戻すことができるかもしれません!

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERHIROKI

    STERON編集部
    メディカルハーブコーディネーター資格保有者
    漢方や天然の食材の効果、効能に関する専門家として天然由来成分の男性機能への影響を日々調査、研究している。STERON記者として自然療法の知識を活用したメンズヘルスケア関連の記事を執筆、監修している。アメリカに留学した経験があり、海外のヘルスケアにも精通。

FOR YOUあなたにおすすめの記事