--> 熟女好きは異常性癖!?心理と診断8選 | STERON

熟女好きは異常性癖!?心理と診断8選

公開日:2021/09/16
更新日:2021/09/18

ジェントロフィリア

老人に対して性的興奮を覚える「ジェロントフィリア」。
世の中に熟女好きの男性は大勢いますが、場合によってはジェロントフィリアに当てはまるかも知れません。
今回は、熟女好きの心理を紹介します。
ジェロントフィリア診断もできるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

熟女好きに共通する3つの心理とは

タイトルで熟女好きは異常性癖と書きましたが、もちろん熟女好きの全員が異常性癖というわけではありません。

熟女好きの人は色気や包容力に惹かれる傾向がありますが、これ自体は普通のことです。

しかし、色気や包容力に惹かれる方の中に、異常性癖に当てはまる方がいる可能性があることもまた事実。

そこでまずは、熟女好きに共通する3つの心理を紹介していきます。自分が当てはまっているかどうかを、確認しながらご覧ください。

 

1.歳を重ねた事による包容力が好き

熟女の魅力と言われて誰もが真っ先に思い浮かべるのは、やはり包容力でしょう。

男性側が若ければ若いほど、歳を重ねて人生経験の豊富な熟女なら、自分を受け止めてくれるかもしれないという期待感が発生します。

また、若い女性には話せない悩みも包容力あふれる熟女になら打ち明けることが可能です。

熟女好き

https://twitter.com/20K2h/status/1434693609157115908?s=20

そして実際、若い女性に比べると熟女は包容力があります

熟女とのセックスは単にエロいだけではなく、人生を豊かにするためにも有効な方法なのです。

 

2.熟女ならではの色気

よく熟女の魅力を語る際、「色気」という言葉が使われますが、なぜ若い女性よりも熟女の方に色気を感じるのでしょうか?

その答えは、女性は年齢を重ねるほどエロくなっていくからです。

男性の場合、30代~40代と歳を重ねるにつれて性欲は衰えますが、女性の場合は年齢が上がるほど性欲も上がっていくことが、科学的に証明されています。

アメリカの医療サイト「WebMD」による実験の結果、女性の性欲は27歳~45歳にかけてピークを迎えるということが証明されました。

男性の性ホルモンであるテストステロンが外見に影響を与えるように、歳を重ねてピークを迎えた性欲は熟女に色気を与えます。

したがって我々男性は、熟女に性的な魅力を感じることになるのです。

 

3.相手が衰えて弱った姿に興奮する

熟女好きに共通する3つ目の心理が、相手の衰えた姿に興奮するというものです。

当然のことながら、若い女性に比べて熟女の方は体力的に弱っていますよね。したがってセックスの際には、クタクタになりながらもこちらを責めたり、崩壊寸前のような身体で感じたりする姿を見ることができます

熟女好きの中には、弱った女性の姿を見て支配欲や献身欲が満たされ、性的な充足感を覚える人もいるのです。

 

以上が熟女好きに共通する3つの心理ですが、特にこの3つ目の心理に当てはまった方は後述する異常性癖の可能性が高くなっています。

次の章では、異常性癖かを判断するための8つの診断基準を見ていきましょう。

 

熟女好きは異常性癖かも?ジェロントフィリア診断8選

熟女好きは『ジェロントフィリア』という性的倒錯に該当する場合があります。

ジェロントフィリアとは日本語で老人性愛と呼ばれるもので、極端に年齢差のある人、平たく言えば老人に対して興奮を感じる人を指す言葉です。

進化論的に考えれば、健康に子孫を残せる若い人に欲情するのが当たり前。老人とセックスをしても子孫を残すことはできません。そうした観点から、ジェロントフィリアは異常性癖と考えられているのです。

ここからは、ジェロントロフィリアに該当するかどうかの判断基準を8つご紹介していきます。自分に当てはまるかどうか考えながらご覧ください!

 

1.閉経後の女性に惹かれる

一口に熟女好きと言っても、好きになる対象はかなり幅広いもの。若い男性が30代の女性を好む場合もあれば、60代~80代のおばあちゃんを対象にする場合もあります。

ジェロントフィリアの基準としては、生殖機能を失った女性に対してなお惹かれるかどうかに大きな力点が置かれます。

一般的に閉経が起こる年齢は、40代後半~50代以上。つまり、40代後半よりも上の年齢の女性を好きになる場合、ジェロントフィリアの可能性が高いということになります。

反対に、熟女好きの中でも閉経していない30代〜40代前半が好みの場合、ジェロントフィリアではないことも考えられるでしょう。

 

2.シワやたるんだ身体がセクシーに感じる

ジェロントフィリアの男性が興奮を感じる代表的な例が、老人特有のシワや身体のたるみです。

顔や手のシワ垂れさがったおっぱいなどは加齢の証。そうした部分をセクシーに感じるのは、ジェロントフィリアに顕著な性的嗜好です。

熟女好き

https://twitter.com/akira43takamaru/status/1371495325081477123?s=20

特に顔中のシワが強調される笑顔などは、ジェロントフィリアの大好物。引用したツイートのように、ある時突然シワの魅力に目覚めるケースもあるようです。

以上の心理に当てはまる方は、ほぼ間違いなくジェロントフィリアと判断して良いでしょう。

 

3.薄毛や白髪も性癖の対象

相手との年齢差を感じさせるものとして、薄毛や白髪なども性癖の対象に挙げられます

かっこよく歳を重ねた白髪おじさんに魅力を感じる女性は多いですが、男性としても女性の白髪はセクシーに見えることがあるものです。

中には髪の毛だけではなく、白髪となった陰毛に興奮を感じるケースもあり、こうした場合はジェロントフィリアの可能性が高くなります。

熟女好き

https://twitter.com/soz_35_zkk/status/1436677942466121729

また、薄毛の女性からはどこかくたびれた雰囲気や哀愁が感じられますよね。疲弊した熟女を見て、「この女性を征服してやりたい」という気持ちに駆られることもあると考えられます。

シワやたるみには何も感じなくても、白髪や薄毛に興奮した場合ジェロントフィリアの可能性が濃厚です。

 

4.加齢を気にしている姿がいじらしい

若い女性にはない熟女の魅力として挙げられるのが、加齢に対する恥じらいです。

自分より若い男性に対し、「こんなおばさん…」と自虐的に恥じらう姿はかなりの興奮を誘います。AVなどでもよくある光景ですよね。

熟女好き

https://twitter.com/fsmy_k/status/993884313811804160?s=20

ただ恥じらう姿を楽しむのもいいですが、ツイートのように「そんなことない」と褒めてあげて相手の反応を楽しむのもまた一興。

自分の若さに自信を持っている女性も魅力的ですが、自分の年齢に対してどこか引け目を感じている熟女というのはいじらしくて可愛いものです。

 

5.おばあちゃんの匂いフェチになる

おばあちゃんの家などに行った際に鼻腔を刺激する、独特の匂い。女性の加齢臭とされるあの酸っぱい匂いも、ジェロントフィリアには性癖の対象となります。

基本的には「臭い」と嫌がられるものですが、ジェロントフィリアにとってはむしろご褒美のようなものです。

「若い女性の匂いが良いに決まってる!」と思う方にとっては、ちょっと理解しがたいものかもしれません。

この性癖も他と同じく、本能的・体質的な部分がほとんど。しかし、幼少期におばあちゃんっ子だったとか、反対におばあちゃんがいなくて欠落感を抱えていたという経歴が影響している可能性も考えられます。

 

6.熟女に尽くしてあげるのも好き

単なる熟女好きに多いのが、「熟練したテクニックで責めてもらいたい」などに代表される受け身の姿勢です。熟女好きにMの男性が多いのも、基本的には「してもらう」ことを好む男性が多いからでしょう。

しかしジェロントフィリアの場合、「熟女相手に奉仕をして満足してもらいたい」と感じることが特徴です。こちらから熟女を責め、相手の満足そうな姿を見ることで精神的な充足を獲得します。

熟女好き

https://twitter.com/3JHO21GWBPl9jnJ/status/1010867350533369858?s=20

ジェロントフィリアの間で介護のイメージプレイが人気なのは、ジェロントフィリアには奉仕する心を持つ男性が多いからです。

つまり、ジェロントフィリアに属する男性は、他人のために尽くせる優しい心を持った人物ともいえるでしょう。

もちろん、ジェロントフィリアの中にも責められるのが好きなケースもあります。「受け身好きだから自分は単なる熟女好きだ」と判断せず、他の基準も参考にしながら考えていきましょう。

 

7.入れ歯フェチになる

入れ歯に対してフェチを覚えるのも、ジェロントフィリアの特徴です。入れ歯というのはシワなどと同じく加齢の象徴のようなものですから、ジェロントロフィリアが好むのもある種当然と考えられます。

入れ歯そのものに興奮する方や、入れ歯を使ってペニスをしごいたりする方など、楽しみ方は人それぞれ。

中には、入れ歯を外した状態の女性にフェラをしてもらうという、逆張り的なプレイに興奮を感じる方もいます。

「珍しい性癖だな」と感じる方もいるかと思いますが、入れ歯フェチは意外と多い性癖

自分がジェロントフィリアかもしれないと思う方は、これを機会に一度試してみるのもおすすめです!

 

8.息子・孫扱いされると満たされる

一般的な恋愛の場合、どれだけ歳が離れていても対等な関係が基本です。

しかしジェロントフィリアの場合、擬似的な親子関係や、おばあちゃんと孫の関係などに性的な魅力を感じます

熟女好きの場合もあくまで関係は恋愛や不倫であり、疑似的な親子や孫にまで発展することはありません。

5つ目の特徴の部分でも触れましたが、マザコンやおばあちゃんっ子はジェロントフィリアになりやすい傾向があります。

子・孫扱いされると満たされるのは、マザコンやおばあちゃんっ子が発展してジェロントフィリアに発展した証ということになるでしょう。

 

その熟女好き、実は性癖かも…?

シンプルに「熟女好き」と括られることが多い世の中ですが、今回紹介したように「ジェロントフィリア」という少し特殊な性癖に該当することもあります。

今回紹介した8つの診断基準が複数当てはまったという場合は、ジェロントフィリアの可能性が高いです。

とはいえ、世の中にあふれる危険な性癖を比較すると、ジェロントフィリアは安全な性癖

「自分は変わった性癖を持ってるんだ」と抱え込む必要もないので、今後も自分の好きなエロを謳歌していきましょう!

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※本記事内掲載のTwitter等SNS投稿の削除依頼はコチラよりメールでお願いします。3営業日以内に対応いたします。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事