ラブホのコンドームは危険?自分で用意すべき10の理由

公開日:2019/06/17
更新日:2019/06/18

ラブホテルのコンドームのサイズと危険性

ラブホテルにだいたいコンドームが2個置かれています。
ラブホのゴムはどんなサイズなのでしょうか?
実はラブホに置かれているコンドームは危険という噂もあります。
自分で持っていた方が良い10個の理由を紹介します。

  • 記者 WRITER
    Bella Vita

ラブホのコンドームとは

ラブホテルのコンドーム

最近のラブホのアメニティは結構充実していて、シャンプーリンスはもちろん、ローションや大人のおもちゃまで置いてあることがあります。中でもだいたいのラブホに置いてあるのが、コンドーム。「え?どこにあるの?」と思われた方、今度ラブホに行ったらベッドサイドをよーく見てみてください。たいていは箱から出された状態のコンドームが2つ程置かれています。

でもこのラブホに置いてあるコンドーム、実はあまり使う人はいないんです。調べによると、ラブホ利用者の7割は自分で持ち込んだものを使用しているのだとか。逆に使う派の方にとっては「置いてあるのになんでわざわざ持っていくの?」という感じだと思いますが、実はラブホのコンドームにはいくつかのリスクがあるのです。

 

自分で用意したほうが良い10の理由

ラブホに行くときにはコンドームを自前で用意した方がいい明確な理由があります。「これまで何も気にしていなかった」という方にとっては初めて聞く内容も多いかと思うので、ぜひ読んでください。

 

1.穴が開いている可能性

穴が開いている

コンドームは、お互いが安心してセックスするために欠かせない存在です。しかしラブホに置いてあるコンドームには、たまに穴が開いているものがあるのです。これでは避妊具としての役目を果たさず、相手の女性を深く傷つけてしまうことになりかねません。穴があいているのは本当にごくごく稀な話ですが、100%ないとは言い切れないのです。

なんともモラルが低い話ですが、前の利用者がいたずらで穴を開けている可能性もあります。もしそうなら何か痕跡が残っているのが普通ですが、中には袋越しに針で穴を開けるなんていう不届き者も。「一体何が目的なの…?」という感じですが、ラブホは本当に様々な人が利用するので、信じられないようなことが起こる可能性はゼロではないのです。

 

2.品質が劣化している

欠陥のあるコンドーム

ラブホのコンドームでもう1つ怖いのが、品質の劣化です。実はコンドームには消費期限があり、6年が目安と言われています。つまり6年以上前に買ったコンドームは使用を控えた方が無難なのですが、ラブホではしばしば消費期限切れのものがそのまま置かれていることがあります。

ラブホのコンドームは業務用の大容量パックで仕入れることがほとんどです。さらに使う人が少ないので、同じコンドームがいつまでも置かれているなんてことザラにあります。さらに使用期限はたいてい外箱に記載されているので、箱から出されて置かれたコンドームを見ても期限切れかどうか判断できません。

消費期限切れにより品質が劣化したコンドームは、通常よりも破けやすく避妊効果が低下している状態です。古くなったものを使って意図しない結果になるなんて避けたい状況ですね。

 

3.安物のコンドームが基本

安い

ラブホに置かれているのは、ほとんどが安物の業務用コンドームです。高いからといって必ずしも高品質なわけではありませんが、やっぱり安すぎると品質面が心配です。そもそも外箱が取り払われた状態で置かれているので、品質は分からないことだらけです。素材や成分など何が使われているのかさっぱり分かりません。業務用はブランドやメーカーの名前が記載されていることも少ないので、調べてもいまいち情報がでてきません。

ラブホに用意されているのは安物のコンドームが多いので、避妊効果への不安はもちろん、肌が荒れてしまう危険性もあります。男性も女性も性器はとてもデリケートなので、よく分からないコンドームを使うと肌に合わないこともあるので注意しましょう。

 

4.取り換えられていないリスク

再利用

ラブホのコンドームの使用率は約3割です。使われることが少ないので、いちいち捨ててしまうとかなりもったいため、問題がなさそうであればそのままにしておきます。そのため気が付いたらかなり古いものがそのまま置いてあるなんてことも。「使われる頻度は少ないけれど、置いておかないといけない」ので、ラブホ側としても悩みどころなのでしょう。

とはいえ消費期限が切れるくらい昔のコンドームが置かれているのは問題ですよね。大手や高級ラブホはそのあたりの管理も行き届いている場合が多いですが、個人でやっているようなところだと、うっかり昔のコンドームを捨て損なってしまうこともあるみたいです。

 

5.気持ち良さが低下するかも

仲の悪いカップル

ラブホに置かれているコンドームは、サイズも使用感も一般的なものであることがほとんどです。そもそも業務用だからというのもありますが、多くの人が使えるように、1番平均的なサイズと厚さが採用されているんです!

確かに味付きや、柄がついている珍しいものよりは、普通のコンドームの方が使いやすいですよね。でも、たとえば0.01mmなどの薄いタイプを普段使いしているカップルだと、普段のコンドームと比べて感度が低下することもあります。いつもは特に意識していなくても、厚さが違うと結構感触が変わるものです。普段から一般的なコンドームを使っているなら問題ありませんが、そうでないならお気に入りの商品を持ち込んだ方がきっと満足できますよ!

 

6.サイズが合わない

大きくなる

ラブホに置かれているコンドームはレギュラーサイズがほとんどなので、フィット感がいまいちな場合も多いです。特にペニスのサイズが大きい男性は、そもそも入らない可能性もあります。小さなサイズのコンドームを無理に使うと、セックス中に外れてしまう場合があるので要注意。日本人男性の平均サイズは勃起時で約13cmなので、これより大きいサイズの男性は必ず自前のコンドームを用意して行きましょう。

逆にペニスが平均サイズより小さい場合、ぶかぶかのコンドームを使うと外れてしまう可能性が高くなります。見栄を張ってラブホに用意されているものを使って、外れてしまったなんてことがないように、自分で用意すべきです。

近くに大きいサイズや小さいサイズのコンドームが売っていないという方には、ネット通販もおすすめです!「自分のサイズを知られるようで恥ずかしい」という方でも通販なら安心して購入できるのではないでしょうか?

 

7.早漏気味なら特に注意

時間

ラブホのコンドームはごくごく平均的な薄さです。普段薄いタイプを使っている方には物足りない反面、早漏の方には刺激が強すぎる場合があるのです。「早漏でも気にしない」という女性もいますが、セックスするなら長い挿入時間で女性を悦ばせたいのが男心ですよね。

早漏対策として有名なのが、厚手のコンドームを使うこと。コンビニや小さな薬局ではあまり見かけませんが、バラエティショップのアダルトコーナーなどに行くと購入することができます。早漏が気になる方は、ぜひ自前のコンドームを用意しておきましょう。

▼早漏防止効果の高いゴム一覧はこちら

早漏防止におすすめのコンドーム9選&正しい選び方

 

8.潤滑油が少なく女性が痛がる

落ち込む女性

最近のコンドームは潤滑油が多めに使われているタイプが多く、濡れづらい女性や、セックスに慣れていない女性から人気があります。売れ筋上位のコンドームは潤滑油たっぷりタイプがほとんどなので、好んで使っている方も多いでしょう。

一方、ラブホに置いてあるような業務用コンドームは、そこまでの配慮がなく潤滑油が少ないことがほとんどです。潤滑油たっぷりのコンドームに慣れている女性からすると、すべりの悪いコンドームは「痛い」と感じてしまいます。男性側もペニスに痛みを感じるケースがあるようです。お互いがセックスに集中するためにも、一般的な価格のコンドームを持参していくのが無難です。

 

9.何回もプレーする場合は足りない

車の中にいる女性

冒頭でもお伝えしたのですが、ラブホに置いてあるコンドームはだいたい2つです。「もし片方が破けてももう一方を使えば良い」というのと、「2回戦以上するカップルは少ないだろう」ということなのでしょうね。

もし何回もプレイしたい場合は2つじゃ足りなくなってしまいます。3つ以上置かれていることは少ないので、3回戦以上したい場合は自分で持っていく必要があるのです。

また、コンドームをつけるのにまだ慣れていないうちは、失敗するのを考慮して多めに持っていくのがベター。「裏返しにつけてしまう」ことなど、間違った使い方をしてしまうと、そのコンドームはもう使えません。コンドームの装着に慣れていないときには、念のため多めに持参していくことをおすすめします。

 

10.女性もラブホのゴムは不安

落ち込む女性

ある程度経験を積んだ女性だったら「ラブホのコンドームは危ない」という話はなんとなく聞いたことがあります。また、セックス経験があまりなくても、「ずっと置かれたままになっていそうで嫌」という女性は多いですね。

それに、本当に忘れてしまったのならともかく「ラブホにあるから持っていかなくて良いや」なんていう男性はリスク管理の甘さが目についてしまいます。計画性がないイメージを持たれやすく、「真面目に考えてくれていないのかな?」と悲しい気持ちにさせてしまう可能性もあるので注意してください。

女性はラブホに置いてあるものを使うのは色々と不安なので、自前の物を用意して欲しいのが本音です。女性を大切に思う気持ちがあるなら、面倒がらずにコンドームを購入してください。

 

【まとめ】お互い気持ち良くセックスするために

今回紹介したはあくまで可能性の話で、「ラブホのコンドームは絶対にこう!」「だから危ない!」といったわけではありません。ただ、使わない派の7割はこういった可能性を考慮して、なんとなく使用をためらってしまうんだと思います。

お互い気持ち良くセックスするためにも、やはり「安心感」は大切ではないでしょうか?特に女性は心配事がチラつくと思うように快楽を得られない場合があります。

それに、自分に合うサイズや厚さのコンドームを選ぶと、セックスがもっと楽しくなりますよ!セックスを思う存分楽しむためにも、ラブホにはぜひお気に入りのコンドームを持参していきましょう。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERBella Vita

    欧州在住のセクシャルライター。これまで執筆した性に関連する記事は10万PV/月の人気記事を含め1000記事以上!女性ならではの視点から、男性の悩みに刺さるような記事・セックスライフを充実させるためのいろはを提供する記事執筆を心がけています。セックスがより楽しく気持ちよくなる方法をわかりやすく解説することで、あなたの人生を豊かにするお手伝いします。

FOR YOUあなたにおすすめの記事