凄十の錠剤はドリンクよりも効果が強い?実際に飲んでみた

公開日:2019/04/10
更新日:2019/06/21

凄十の錠剤の効果

精力ドリンクの王道「凄十シリーズ」に錠剤タイプがあるのをご存知ですか?
実は錠剤タイプの凄十はドリンクと同様コンビニでは販売されているのです。
ドリンクとの違いはあるのでしょうか?
実際に飲んで効果を調査しました!

  • 記者 WRITER
    江原 まさと(STERON編集部)

コンビニ精力剤で有名な凄十シリーズ

凄十シリーズ

最も身近な精力剤と言えば凄十ではないでしょうか。全国のコンビニやドラッグストアの栄養ドリンクコーナーに配置されているあの凄十です。良く目にするのはドリンクタイプの凄十ではないでしょうか。

実は精力ドリンクとして有名な凄十には大きく3種類の商品が存在するのです。一つ目はおなじみのドリンクタイプの凄十(凄十MAX ENERGY)、2つ目は最近発売されたグミタイプの商品(凄GUMI)です。

そして最後が今回紹介する錠剤タイプの凄十(1-day pack)です。凄十の1-day packは持ち運びに適したポケットサイズの商品です。

▼錠剤以外の凄十はこちらをご覧ください

 

錠剤タイプの凄十(1-day pack)

created by Rinker
宝仙堂の凄十
¥970 (2019/08/22 10:53:15時点 Amazon調べ-詳細)

錠剤タイプの凄十である1-day packは実は凄十シリーズの中でも最も歴史の古い商品なのです。

錠剤タイプの凄十のパッケージ裏面に書かれている名称は「スッポン粉末含有加工食品」です。主成分はスッポンエキスなのでしょう。実際に、凄十の公式ページでは黒焼きにしたスッポンを粉末化したものが含まれていることが記載されています。

ちなみにこのスッポンの黒焼きのエキスは錠剤のみに含まれている成分です。スッポンの健康効果は継続的に利用しなければ実感できないからかもしれませんね。即効性のドリンクタイプと継続的利用の錠剤タイプで商品の目的が異なることがなんとなくわかりますね。

もちろん凄十にはスッポン以外の成分も多く入っています。

スッポン抽出オイル、トナカイ角粉末、オットセイ粉末、タツノオトシゴ粉末、ウアナルポマチョ末、スッポン黒焼粉末、サソリ粉末、亜鉛含有酵母、アカガウクルワ末、ガラナエキス、マカエキス、大豆油、ゼラチン、植物レシチン、グリセリン、ビタミンE、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、ヘム鉄、ビタミンB1(出典:宝仙堂

滋養強壮食材として有名なスッポンをはじめとした動物系の食材から、精力向上効果のガラナなど植物系の食材まで、男性の健康に有用だと言われている食材を多く使っていますね。これらの配合成分から錠剤タイプの凄十に期待できる効果を見ていきましょう。

 

1.強精効果

錠剤タイプでメインの配合成分として使われているスッポンには強精効果があります。これはスッポンが非常に多くの栄養素を含んでいるからです。亜鉛などのミネラル分をはじめとして、アルギニンやアスパラギン酸などのアミノ酸も含んでいます。

 

2.運動能力の向上

錠剤タイプの凄十に含まれているガラナには、カフェインが豊富に含まれています。コーヒーの2倍と言えばどの程度豊富に含まれているのかわかりやすいのではないでしょうか。このカフェインには、覚醒作用があるだけでなく、運動能力の向上効果もあります。2004年まではオリンピックにおいて禁止成分に指定されているほどの効果があるのです。

凄十に含まれるガラナエキスを経由してカフェインを摂取することでベッド上での運動能力も向上するかもしれません。

 

3.テストステロンの分泌促進

すっぽんに加え、マカにもテストステロンの分泌量を増加させる効果があることが分かっています。実際に、古来からマカを強精食材として活用しているペルーで行われた研究では、マカを8週間摂取し続けたところ、テストステロンの血中濃度が向上しました[1]

 

凄十を1週間飲んでみた

男性にうれしい効果がある漢方を多く含んでいる凄十ですが、本当に効果があるのでしょうか。実際に1週間毎日飲んでみる事にしました。

 

ドリンク同様おなじみのデザイン

凄十パッケージ

今回凄十を購入したのは、オフィス近くのファミリーマート。1日分で460円(税別)です。デザインはドリンクでもおなじみの分かりやすいデザインですね。さらに最新のバージョンなのか「grade up」の文字も印字されています。

 

商品の名称はスッポン粉末含有加工食品

凄十裏面

凄十のパッケージの裏側には「スッポン粉末含有加工食品」と記載があることから、凄十にはスッポンエキスがメインで含まれている事が分かりますね。スッポンの他にはトナカイ角やサソリ、タツノオトシゴなどの文字を見つけることができます。

 

箱の中には内袋が

凄十パッケージの中身

外箱の中には、錠剤を包んでいる小袋が入っています。実はこの小袋の裏側にも「芯からみなぎる。先までみなぎる」と記載があります。公式ページにはない隠しキャッチコピーなのでしょうか。

 

中にはコーティングされた4粒の錠剤

凄十錠剤

小袋は切れ目が入っているため、簡単に開けられます。はさみなどは必要ありません。小袋の中には4粒の錠剤がふくまれています。開封時も小皿に出したときも漢方の独特な匂いは感じませんでした。ほとんど無臭です。

錠剤は飲みやすい小さなサイズ

凄十錠剤を指に乗せたときのサイズ感

錠剤の大きさはおよそ8mmです。しっかりとコーティングされており、喉もスムーズに通ったため、大きさは気になりませんでした。

口に含んだときにも匂いも味もほとんどしません。あえて、口の中で溶かそうとしてみましたが、溶けなかったので諦めました。口の中にいれてから水を用意しても、カプセルが溶けてしまって不快な思いをすることはないでしょう。

1回飲んだだけでは特に何も効果は感じませんでした。

 

1週間続けて感じた5つのこと

継続

1:ドリンクタイプよりも継続が楽ちん

今回購入した1Dayパックは1日分の摂取量が全て小分けになっています。

通常サプリを飲むときは大きな袋に100粒くらい入っていて毎日必要量を取り出し飲むということをイメージすると思うのですが、取り出す作業は意外と面倒くさいですよね。小分けになっていると持ち運びも楽なのでとても便利でした。

さらにドリンクよりも価格が安いので経済的にも負担が少ないのはうれしいです。

 

2:味が気にならない

ドリンクタイプの凄十は匂いとクセが強いので毎日飲むのはなかなかツライです。しかし錠剤の場合、味も匂いもないので特に毎日飲むのが苦になりませんでした。

 

3:少し朝起きるのが楽になった気がする

漢方成分を毎日摂取したことで、朝のダルさが少しなくなったような感じがしました。1週間なので劇的な効果を実感する事は有りませんでしたが、目覚めは悪くなかった気がします。

 

4:飲んで勃起が強くなる事はなかった

こちらも1週間なので期間が足りなかっただけかもしれませんが、立ちが良くなった事を実感する事はありませんでした。成分量が公開されていない商品ですが、立ちをよくするアルギニンやシトルリン、ピクノジェノールなどの成分はあまり配合されていないのかもしれません。

 

凄十よりも良い精力剤はある?

凄十シリーズはコンビニでも購入出来る非常に身近な男性向けサプリメントです。しかし配合量の記載がない事や、実際に飲んでも勃起や持続力、性欲が強くなるような実感をする事は出来ませんでした。

凄十1-day packと同じ錠剤タイプの精力剤で個人的なおすすめは医師が開発監修したペプチアです。ピクノジェノールとアルギニンを含んでおり、海外で行われた実験ではこの2種類の成分をED患者に摂取させたところ、2カ月で8割、3カ月で92.5%が勃起力向上を実感する結果となりました。100種類を超える精力剤を調査したSTERONの中でもペプチアはダントツの1位です。

▼おすすめ精力剤ランキングはこちら

【精力剤ランキング】専門家の選び方&おすすめサプリTOP10

 

凄十1-day packの良いところ悪いところ

凄十のパッケージ

最後に凄十1-day pack(錠剤)の良いところと悪いところをまとめてみました。良いところはやはりドリンクよりも継続し易く、続ければ効果を実感出来る可能性があるところです。

  • ドリンクより持ち運びし易く継続し易い
  • 無味無臭で毎日飲める
  • 継続すれば朝起きやすくなる可能性はある

凄十に改善をして欲しいと感じた一番のポイントは配合量の表示です。漢方成分がたくさんの種類配合されているのは分かりますが、どのくらいの量が含まれているか分からないのが残念です。勃起力アップを目的に効果のある成分量を明記した医師監修のサプリもある中で、凄十はいまいち何の目的で飲むのかが不明な感じがします。

  • あくまで漢方成分の滋養強壮サプリ
  • 配合量が明確ではないので精力改善効果があるかは不明
  • ドリンクよりは安いが毎日飲むとやはり高い

最近凄十はグミタイプを発売したり新商品の開発も積極的に行っています。今後さらに良い商品が発売される事を期待したいですね。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITER江原 まさと(STERON編集部)

    STEORN編集部
    「性をロジカルに」をモットーに記事を執筆。これまで感覚的に語られてきた”性”というテーマを学術的・科学的根拠に基づいて伝えていきたい。ティーコンシェルジュの知識を活かし、健康問題の解決に向けたハーブティーのブレンドもこなす。

FOR YOUあなたにおすすめの記事