ユンケルに精力アップ効果はある?おすすめのユンケルシリーズと配合成分を徹底調査!

公開日:2019/01/30
更新日:2019/03/28

ユンケルを知らない人はほとんどいないでしょう。
コンビニやドラッグストアでは、精力ドリンクと一緒に並んでいるので「精力アップ効果があるかも?」と感じたことはありませんか?
そこで今回は、各ユンケルシリーズの配合成分を調査し、精力アップ効果があるかもしれない商品と、配合成分をご紹介します。

  • 記者 WRITER
    江原 まさと(STERON編集部)

コンビニやドラッグストアなど様々なところで見るユンケル。以前はタレントのタモリさんがCMを担当していたので、名前だけでも知っている方も多いのではないでしょうか。

滋養強壮に効果があることはわかるけど、精力アップに効果があるのかどうか不思議に思ったことはありませんか?

また、ユンケルシリーズでどれが一番精力アップに効果があるのか知りたいですよね。

そこで今回は、ユンケルに含まれる成分を徹底的に調査し、どれが一番精力向上に効果がありそうなのか、そもそもユンケルは精力向上に効果があるのかを調査しました!

 

ユンケルとは?

ユンケルとは?

https://www.yunker.jp/

ユンケルとは佐藤製薬株式会社が開発販売している滋養強壮ドリンクです。

全国のコンビニやドラッグストアで購入することができること、積極的にCMを放送していることなどが理由で名前を聞いたことがある人や商品を見たことがある人は多いでしょう。

ちなみにユンケルの由来はドイツ語で貴公子を意味するJUNKERなんですよ。ユンケルをのむことで1つ上での生活レベルを体現できそうですね。

そんなユンケルですが、ユンケルシリーズとしてシリーズ化されているのです。

2019年1月時点で39種類も販売されています。種類が多すぎてどれを飲むべきなのか迷うのではないでしょうか。

そんなあなたのために佐藤製薬では「ピッタリのユンケルを探す」機能も用意されています。

いかがでしたでしょうか。

「代わりがいないだから休めない・・・」など滋養強壮効果がわかる選択肢はありますが、精力向上効果に関するものは見受けられませんね。

つまり、ユンケルに精力向上効果は期待できないのでしょうか。

真偽のほどをしっかりと調べるために、含まれる成分から徹底的に調査しました。

 

精力向上効果の高いユンケルは

各ユンケルの配合成分を調査したところ、精力向上効果が期待できる可能性があるユンケルは次の3つです。

  • ユンケルファンティー
  • ユンケル スター
  • ユンケル黄帝液

精力向上効果という観点から考えると値段は張りますが、「ユンケルファンティー」が最も精力向上効果があるかもしれません。

created by Rinker
ユンケル
¥1,380 (2019/07/17 08:15:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

ユンケルファンティーに含まれる成分と効果

ユンケルの配合成分

1本のユンケルファンティーに含まれる成分は次の通りです。

人参流エキス・1,500mg、イカリソウエキス・400mg、大棗エキス・240mg、当帰エキス・60mg、杜仲流エキス・300mg、菟糸子流エキス・300mg、茯苓エキス-N・10mg、蛇床子流エキス・0.3mL、黄耆流エキス・300mg、五味子流エキス・300mg、竜眼肉エキス・90mg、冬虫夏草流エキス・0.33mL、海馬チンキM・250mg、反鼻チンキ・100mg、シベットチンキ・250mg、ローヤルゼリー・150mg、ビタミンB2リン酸エステル・10mg、ビタミンB6・10mg、ビタミンE酢酸エステル・10mg、ニコチン酸アミド・20mg、無水カフェイン・50mg

 

実に21種類もの成分が1本の瓶に含まれているのです。

これらの成分の中から、精力向上に効果的だと思われる成分をご紹介していきましょう。

 

人参流エキス

高麗人参

高麗人参は古くからアジア地域で滋養強壮効果があると言われている漢方の1つです。

韓国や中国北部で自生していた植物でしたが、奈良時代に中国からの貢ぎ物として伝わって以来、精力増強に加え様々な健康効果があるとして重宝されてきました。

実際に、精力向上に効果があることも報告されています。

ブラジルのサンパウロ大学で行われた実験では、30人のED患者に対して1000mgの高麗人参を1日3回、12週にわたって摂取させたところ、66%の患者が症状が明確に改善したと感じたとのこと[参照]

また、韓国で不妊で悩む男性を対象として実験を行ったところ、高麗人参を摂取させた男性の精子の数、運動量、生存率が向上したと報告しています[参照]

ただし、テストステロンや黄体化ホルモンの値に大きな変化はなかったとのことで、なぜ精子の質が向上したのか明確なことは不明とのことです。

これらの結果から、高麗人参に精力向上の効果を期待してもいいのではないでしょうか。

 

冬虫夏草流エキス

冬虫夏草

冬虫夏草は古くから強壮作用があると言われているキノコの1種です。

普通のキノコと違うのはその生長方法です。土の中に潜む特定の蛾に寄生し、蛾の幼虫から養分を吸い取って成長します。冬の間は虫の中で、夏になると土から出てくるので、冬虫夏草と呼ばれるのです。

性機能の改善効果が報告されており、8週間冬虫夏草のエキスを摂取させたところ、精子の数は33%、奇形精子の割合が29%減少し、精子の生存率が79%向上したとのことです[参照]

また、冬虫夏草には性欲を向上させる効果もあります。

はっきりとしたメカニズムは不明ですが、冬虫夏草のエキスに含まれる物質が、性腺を刺激するホルモンである「黄体化ホルモン」に似ているため、脳が勘違いを起こし性欲を引き起こす「テストステロン」を分泌させるのではないかと言われています。

 

杜仲流エキス

杜仲

杜仲は抗酸化作用や肥満防止作用、心臓病の予防などの効果が報告されている漢方です。いずれの効果も勃起力を維持改善するためには重要な効果ですね。

精力は血行と密接に関連しています。

そもそも勃起とはペニスに血液が集まり、圧力が高まることで発生する生理現象。抗酸化作用には血行をサラサラにする効果あるため、効率的に血液を運ぶことができるようになります。

肥満は、血中コレステロールを高め、血液をドロドロにして血行悪化を招きますが、抗酸化作用はこれも予防してくれるとのこと。

さらに、血液を運び出している心臓も健康に保つ効果があるとのことで、精力向上にはこれ以上ない成分のようです。

ただし、効果を得るためには杜仲の摂取量を増やす必要があるでしょう。鼠で行われた実験では、体重1kgごとに500mgー1000mgを摂取させて効果がでたと報告されています[参照]

人間の体重に置き換えると現実味のない摂取量になりそうです。

 

精力向上を期待してユンケルを飲むとがっかりする?

さて、ユンケルに含まれる精力向上効果がありそうな成分をご紹介しました。

今回の記事のメインポイント「ユンケルに精力向上効果はあるのか」の疑問に対する答えは、「ありそうだけど、精力向上効果を期待して買うと後悔するかもしれない」です。

その理由は次にあげる2つです。

 

含有成分が本当に精力向上効果があるのか不明確

配合成分や配合量を考えると本当に効果があるのか疑問

ユンケルファンティーには確かに精力向上効果が期待できそうな成分が含まれています。

しかしながら、どの成分も十分な研究がされているわけではなく、サンプル数が少ないことやメカニズムが解明されていないため本当にその成分に精力向上効果があるのかわからない状態です。

また、ユンケルに含まれる量は被験者が摂取した量よりも少ないため、その量で本当に効果が出るのか不明確な点もあります。

 

精力増強を考えるとコストが高い

コストが高い

配合成分の有効性を証明することを目的とした研究はいずれも数週間実施されています。

それと同じ期間を摂取しようとすると非常にコストが高くつくことも精力増強を期待して購入するとがっかりするポイントです。

精力向上を目的とするならば、1日の値段が10分の1程度で効果もより多くの研究で証明されているサプリメントはたくさん存在します。

 

本気で精力を上げるために必要なこと

本気で精力を向上させるためには、体質改善、ストレス緩和、生活習慣の改善などによる身体のトータルケアが不可欠です。STERONでは次にあげる項目を意識することを推奨しています。

  • 定期的な運動
  • 適切な睡眠時間の確保
  • 喫煙
  • 減量
  • 必要な栄養素の摂取

各項目の詳細はこちらの記事でお話しています。参考にしてくださいね。

勃起力は回復出来る!改善のための生活習慣8つ

 

精力向上よりも疲労回復の効果を期待

いかがでしたでしょうか。ユンケルに精力向上効果があるのかどうかを成分からお話しました。結論は、「精力向上効果はなくはないけど、より適切な商品がありそう」です。

ユンケルはあくまでも滋養強壮ドリンクです。ローヤルゼリーやビタミン、その他の成分も精力よりも疲労回復などに効果が強い成分のため、疲れた時に飲むこというような使い方をした方がより適切でしょう。

一方で、精力を向上させるためには身体のトータルケアが不可欠で、ユンケルよりも栄養面もコスト面も適切な商品があることをお忘れ無く!

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITER江原 まさと(STERON編集部)

    STEORN編集部
    「性をロジカルに」をモットーに記事を執筆。これまで感覚的に語られてきた”性”というテーマを学術的・科学的根拠に基づいて伝えていきたい。ティーコンシェルジュの知識を活かし、健康問題の解決に向けたハーブティーのブレンドもこなす。

FOR YOUあなたにおすすめの記事