【調査結果】ペニブースト副作用の危険性と正しい飲み方とは

公開日:2019/07/09
更新日:2019/07/13

話題の増大サプリのペニブーストプレミアム。
リニューアルして配合成分も大幅に変更しています。
一体どんな副作用や危険性があるのでしょうか?
ペニブーストのリスクと飲み方を調査しました。

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    HIROKI

ペニブーストの特徴

ペニブーストという商品をご存知でしょうか。実は最近男性の間で非常に話題になっている増大サプリなのです。増大サプリと聞くと副作用が恐ろしいという印象はありませんか?まずか副作用の調査結果を紹介する前にペニブーストが一体どんな商品なのかを特徴を3つだけ紹介させて下さい。

 

2019年3月にリニューアル

ペニブーストプレミアム

実はこのペニブーストという増大サプリは最近大幅リニューアルしているのです。元々ペニブーストという製品名で販売をしていましたが、2019年3月からペニブースト プレミアム(PENI BOOST PREMIUM)として新たに発売されました。

元々人気な商品ではありましたが配合成分を82種類に増やし、各成分の配合量も大幅にアップしています。サプリ用のカプセルの中でも最も大きな0号サイズのカプセルいっぱいに有効成分をこれでもかと詰め込んでいるのが特徴です。

男性の下半身を元気にするシトルリンやアルギニン等のアミノ酸、トンカットアリやバイオペリンやプロポリス等の希少成分を豊富に配合しています。副作用の危険性のある医薬品として認定されている成分は一切使用されていないため、年齢に関わらず安心して飲めるのが特徴です。

 

返金保証付き

ペニブーストプレミアムの返金保証

増大サプリと聞くとどうしても不信感が募りませんか?私は個人的に増大サプリの類をあまり信用が出来ません。

しかしペニブーストはリニューアル後に今までにはなかった45日間の返金保証サービスが付いているのです。つまり満足出来なければメーカーにつき返して返金してしまえば良いのです。赤字覚悟のサービスをメーカーが提供出来る理由は商品の効果に対する絶対の自信があるからなのでしょう。

 

効果のメカニズム

血流

そもそも増大サプリの効果はどんなメカニズムが採用されているのでしょうか。配合成分を調査した結果分かった事は、一酸化窒素の分泌を促進する事で血管の伸縮性を高めペニスに送り込まれる血液量を増やす事。もう一つはテストステロンを分泌する事で、性欲向上や下半身の成長を促進するのです。

つまりペニブーストには一酸化窒素とテストステロンの分泌を促進する天然由来の成分を凝縮したサプリメントなのです。効果効能については下記の記事をご覧ください。

進化を遂げた「ペニブースト」の成分&口コミに基づく効果7つ

 

配合成分量と副作用の可能性

さてテストステロンの分泌と一酸化窒素の分泌を促進効果のある増大サプリであるペニブーストですが、一番気になるのはその安全性です。増大サプリを飲んで体調を崩したという噂もたまに聞きます。実際にペニブーストにはどんな危険性があるのかを調査してみました。

 

シトルリン|2000mg

シトルリン

ペニブーストプレミアムの主成分の一つがアミノ酸の一種であるシトルリンです。ペニブースト一日分には2000mgのシトルリンが配合されています。シトルリンとはアミノ酸の一種で、天然のバイアグラと呼ばれているスイカに豊富に含まれている成分です。主な作用は血管の伸縮性を高めて拡張する効果のある一酸化窒素の分泌促進です。血流を促進する事で下半身に送られる血液量を増やし、強く大きな勃起を促進します。

食品安全委員会の発表によれば、シトルリンの一日あたりの推奨摂取量は800mg[1]。ペニブースト一日分には2000mgが配合されていますが、アメリカ最大手のヘルスケアメディア「Healthline」は血流の促進(勃起力改善目的)を目的にする場合の一日の推奨量は約3000mg程度が良いと発表しています[2]。ちなみにペニブースト一日分のシトルリン配合量の約4倍の8000mgを被験者に摂取させた実験では全体の14.63%が胃もたれを感じた程度だったそうです[3]

基本的にはペニブーストが推奨する用量用法を守って正しい飲み方を意識していれば、過剰摂取による副作用が発生するリスクは低いでしょう。

 

アルギニン|600mg

アルギニンの化学式

アルギニンもシトルリンと同様アミノ酸の一種で一酸化窒素の分泌を促進する事で血流を促進し、下半身を元気にするのです。ペニブースト一日分に含まれるアルギニンは600mgです。

アルギニンの過剰摂取による副作用として代表的なものは血圧の低下。アルギニンの血流促進効果により、過度に摂取すると血圧が下がり過ぎてしまう場合があるため、高血圧の薬(降圧剤)を服用している場合は、医師に相談のうえペニブーストを利用するようにしましょう。相乗効果で作用が強くなり過ぎてしまう危険性があります。

また手術の前後の服用も控えた方が良いでしょう。血流が促進され下半身が元気になるという事はその分、体を流れる血液の量が多いという事です。傷口がある場合は流血量が増えてしまう危険性があります。

しかしアルギニンの一日当たりの推奨量はアメリカの医療データベース「WebMD」は、一般的に安全とされているアルギニン摂取量は2000mg~3000mgだと発表しています[4]。ペニブーストに含まれるアルギニン一日分は600mgなので何の問題もないでしょう。

 

ニンニク|2200mg

にんにくの精力向上効果

ペニブースト一日分には2200mg相当のニンニク抽出物が配合されています。ニンニクには体内の悪玉コレステロール量を低下させる事で、血流を促進する作用が確認されています[5]。下半身への血流も促進されるため、多くの増大サプリに配合されている成分です。

アメリカの大学( Yeshiva University)はニンニク抽出物の摂取による副作用の発症は非常に珍しく症状もマイルドなものが多いと発表しています[6]

もちろん明らかに過剰に摂取した場合は、血糖値が下がり過ぎてしまったり、血圧の低下胃もたれげっぷ等の副作用の可能性があるため[7]、正しい用量と飲み方を意識しましょう。また以前にニンニクを食べてアレルギー症状を経験した事のある方も控えた方が良いでしょう。

 

トンカットアリ|2000mg

トンカットアリ

ペニブーストには東南アジア原産の漢方植物であるトンカットが一日分で2000mg相当配合されています。トンカットアリが多くの増大サプリに含まれている理由はテストステロンの分泌を促進する作用があるからです。

アメリカの専門機関の調査によると、トンカットアリから抽出したサプリメントを4週間摂取した被験者のテストステロンの値が37%向上したとのことです[8]。また精子の量や質を向上させる男性の妊活目的にも使用されています。

基本的にトンカットアリは古くから利用されている漢方食材であるため、副作用の危険性は低いでしょう。しかし妊娠中の女性や小さな子供、また体の免疫機能が低下しており治療を受けている場合は、かかりつけの医師に相談をする事が推奨されています[9]

 

プロポリス|50mg

ロイヤルゼリー

プロポリスとはミツバチが自分たちの巣を守るために、樹木や植物の樹脂や樹液ミツロウを原料に作る物質です。ミツバチはプロポリスを巣の入り口や壁に塗り付けて、ばい菌やウイルスの侵入を防ぐのです[10]。プロポリスには滋養強壮効果があり、免疫機能を高めて風邪やインフルエンザを予防する作用があります。

医療データベース「WebMD」によると、プロポリスは安全性が高く、副作用の危険性の低い物質です。しかしはちみつや蜂と関連する食材に対してアレルギー症状を経験した事がある場合は利用を避けた方が良いかもしれません[11]

ペニブースト一日分に含まれるプロポリスは50mg相当なので、誤った飲み方をしない限り安全性は高いと言えるでしょう。

 

バイオペリン|5mg

黒コショウの抽出物

ペニブーストにはバイオペリンと呼ばれるアメリカのバイオテクノロジー会社「サビンサコーポレーション(Sabinsa Corporation)」が開発した黒コショウの抽出エキスが配合されています。バイオペリンは米国特許取得の天然由来の成分で、ペニブーストに含まれる有効成分の吸収や効果を高める作用があるのです。

ペニブースト一日分のバイオペリン配合量は推奨量である5mgピッタリです。過剰摂取による副作用の危険性は低いでしょう。医療誌(Journal of Food Safety)によると、バイオペリンを摂取後の血液を調査した結果、大きな変化はなく、安全性が高いと発表しています[12]

 

正しい飲み方

ペニブーストの中身

ペニブーストには副作用の危険性のある医薬品として認定されている成分は配合されています。主成分を調べる限り、基本的に配合成分は全て天然由来の食材です。そのため基本的に副作用という概念自体が存在しないサプリメントとも言えます。

しかし誤った飲み方をすれば効果が低下する事はもちろん、副作用のリスクも高くなります。ペニブーストの正しい飲み方に関する4つのポイントを紹介します。

 

飲み方1.まとめ飲みしない

安全性が高い天然由来の成分を配合したペニブーストですが、まとめて一気に飲む事は避けましょう。基本的に推奨量以上に摂取しても危険性の低いアミノ酸や漢方食材が原料ではありますが、大量に飲んでしまう事で副作用が発生する可能性はゼロではありません。ペニブースト公式によると、正しい飲み方として一日2粒~4粒をぬるま湯で飲むよう推奨しています。

 

飲み方2.継続して飲む

ペニブーストに限らず増大サプリや精力剤はバイアグラのような即効性はありません。基本的な仕組みは血液の循環機能の改善やテストステロンの分泌を促進する事で下半身を元気にする事です。口コミを調査してもペニブーストの効果を実感している男性も数週間から一カ月程度は継続しているようです。

 

飲み方3.食後に飲む

ペニブーストは高栄養価な食材が豊富に含まれています。体に良いのは事実なのですが、人によっては一気に飲んでしまう事で胃もたれを感じてしまう場合もあります。安全な飲み方としては食事と一緒にペニブーストを摂取する事です。食後に飲む事で胃への負担を抑える事が出来ます。

 

飲み方4.特定の薬との併用は避ける

ペニブーストの増大効果の仕組みの一つに血流促進があります。アルギニンやシトルリンには摂取する事で、血管を拡張させ血液の流れをスムーズにする作用があります。言い換えると血圧を低下させる作用があるという事。そのため既に高血圧の薬(降圧剤)を使用している場合は、相乗効果で血圧が下がり過ぎてしまう可能性もあります。

 

用量用法を守れば危険性は低い

ペニブースト

ペニブーストは商品名にかなりのインパクトがあるため、効果は期待出来てもどうしても安全性に不安を感じてしまいがちです。しかしあらためて配合成分を調査してみると、以外にも天然由来の成分を使用した安全性が非常に高い増大サプリである事がわかります。

もちろん大量に飲んでしまう、行為の直前だけ飲むなど誤った飲み方をする事で副作用のリスクが高まったり、期待していた効果を実感出来ないケースもあります。

まずはしっかりと毎日2錠~4錠最低1カ月は継続する事を徹底しましょう。ちなみに45日間の返金保証付きかつ最安値で購入出来るのはペニブーストの公式サイトのみです。リニューアル直後なので割引キャンペーンも豊富なので終了前に入手しましょう。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERHIROKI

    STERON編集部
    メディカルハーブコーディネーター資格保有者
    漢方や天然の食材の効果、効能に関する専門家として天然由来成分の男性機能への影響を日々調査、研究している。STERON記者として自然療法の知識を活用したメンズヘルスケア関連の記事を執筆、監修している。アメリカに留学した経験があり、海外のヘルスケアにも精通。

FOR YOUあなたにおすすめの記事