そのEDは精神的な悩みが原因かもしれない(メンタルと性機能)

2019.01.27

悩んでいる男性

男性の深刻な悩みの一つであるED(勃起不全)。
もちろん年齢や肉体的な原因の場合が多いとされています。しかし若くて健康なのに上手く勃起しない場合は精神面に原因があるかもしれません。主な原因と対策を紹介します。

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    HIROKI

専門医による調査によると日本人男性の3人に1人はED(勃起不全)に悩んでいるそうです。50代以上に限定するとなんと2人に1人がEDに悩んでいます。

年齢を重ねると、生活習慣や体質が変化し、性欲や勃起に関する悩みは増えてきます。その原因の多くは男性ホルモン量の低下、栄養不足、肥満など、体の健康状態に関するものです。

しかし中には若くて、健康体なのに勃起しない、中折れしていしまうなどの悩みを抱えている男性がいます。このような若年性のEDの原因は体の健康状態だけではなく、精神的な原因のせいで勃起機能が低下してしまう場合があります。

極端な例として戦争でトラウマを抱えている、嫌な思い出のある男性は通常よりも3倍もEDに悩む確率が高いとされています[1]。このようにメンタル面と男性機能には密接な関係性があるのです。

 

EDを引き起こす精神的原因

EDで悩む男性

自分のメンタルの状態を正確に理解している人が少ないように、精神的な原因によるEDは非常に発見が難しいです。

今回は勃起力を低下させ、EDを引き起こしてしまうリスクの高い精神状態5つを紹介します。もし勃起力の低下に悩んでおり、次の症状に実の覚えがある方は注意が必要です。

 

不安

誰にでも大なり小なり不安という感情は存在します。しかし過度な不安はEDの原因になってしまいます。

不安という感情は心拍数や血圧の悪化、疲労の原因など、精神的にも肉体的にも悪影響を与えてしまいます。不安は心因性のEDでは最も多い原因とされています。

 

ストレス

社会人になると、学生時代以上に増えるのがストレスです。特に仕事に関するストレスで悩む男性は多いのではないでしょうか?

もちろんストレスは悪い事ばかりではありません。適度のストレスは緊張感を与え、通常よりも集中して仕事に取り組む事が出来ます。また。ストレスを乗り越えて、体験する成功は精力の源でもあるテストステロンと呼ばれるホルモンの分泌量を増やしてくれます。

しかし過度のストレスは性欲の減退や勃起力の低下を引き起こしてしまいます。専門機関による実験ではED患者を対象に8週間のストレス緩和を目的としたプログラムを提供した結果、EDの改善効果がある事が判明しました[2]

ストレスと性機能には密接な関わりがあります。

 

鬱病

鬱病は仕事でのストレス、人間関係など様々な出来事が原因で引き起こされる精神的な病気の一つです。

鬱病はEDなどの勃起機能に関する症状だけではなく、性欲自体を減退させてしまうリスクもあります。専門機関による発表によると、鬱病はEDのリスクを約2倍(192%)も高めてしまうそうです[3]

また、一部の抗うつ薬にはEDの副作用があるものも存在するため、治療方法に関しては信頼の出来る医師と相談する事をおすすめします。

性欲自体が湧かないと感じてる男性は、自分でも気づかない鬱病に陥っている可能性もあります。しっかりと治療をすれば、性機能が改善される結果も出ているので、早めに相談をしましょう。

 

人間関係

職場での人間関係、友人とのコミュニケーションはもちろんの事、奥さんや彼女などパートナーとの関係性は性機能と密接な関わりがあります。パートナーへの不信感や高頻度の口論、コミュニケーション量の欠如は性欲減退や勃起力低下の原因になります。

パートナーとしっかりとコミュニケーションを取り、お互いの信頼関係を取り戻す事により、EDの悩み改善は期待出来るでしょう。

どうしても2人での解決が難しい場合はセラピストや専門のカウンセラーへの相談がおすすめです。

 

性の悩みや不安

特に若い男性に多い心因性EDの原因が性に関する悩みやトラウマです。一度上手く性行為が出来ないと、次も出来ないのでは?と負担を感じてしまい勃起力が低下したり、中折れしたりしてしまいます。

このような悩みの一番の解決策は成功体験をする事が有効です。パートナーに正直に話して、プレッシャーを軽減する、精力剤やED治療薬などの力を借りて、満足のいく性行為を行う事により、自信を取り戻す事がおすすめです。

 

おすすめの改善方法

セクシーなカップル

精神的な悩みは自分自身でも自覚出来ていないケースが多く、非常に解決が難しいとされています。

もちろんカウンセラーやセラピストに相談をする、医薬品で改善をするといった事後の治療もあるでしょう。しかし、一番重要なのは改善+予防を意識する事です。

おすすめしたい方法はテストステロンと呼ばれる男性ホルモンを意識して増やす事です。

テストステロンは男らしさを司るホルモンで性欲や勃起力を改善する効果があります。また、精神的にもストレスに強く、鬱病にかかりづらくする働きをする事はわかっています。男らしい体格で、積極性の強い性格の男性ほど、このテストステロンの量が豊富だと言われています。

テストステロンを増やしてモテる人生を楽しもう!

肉体的にも精神的にも健康を促進してくれるテストステロンを増やすよう意識してみてはいかがでしょうか。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERHIROKI

    STERON編集部
    メディカルハーブコーディネーター資格保有者
    漢方や天然の食材の効果、効能に関する専門家として天然由来成分の男性機能への影響を日々調査、研究している。STERON記者として自然療法の知識を活用したメンズヘルスケア関連の記事を執筆、監修している。アメリカに留学した経験があり、海外のヘルスケアにも精通。

FOR YOUあなたにおすすめの記事