セクササイズはダイエット効果なし?セックスの消費カロリー調査

公開日:2019/12/02

セクササイズのやり方やダイエット効果

トレーニング大国アメリカではセックスもエクササイズの一つ。
ダイエット目的のエッチはセクササイズと呼ばれています。
本当にセックスで痩せる事は出来るのでしょうか?
どのくらいのカロリーを消費できるのでしょうか?
セクササイズのやり方や効果を徹底調査してみました。

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    HIROKI

セクササイズとは

セックスをする男女カップル

セクササイズとはセックスとエクササイズの二つの言葉が組み合わさって作られた造語です。海外でもSexerciseとして知られるほどメジャーなエクササイズ方法の一つなのです。

セクササイズの意味はもちろん文字通り、カロリー消費によるダイエット効果や筋力アップ、リフレッシュ効果を目的にパートナーとセックスする事です。

海外の大手ヘルスケアメディアの「Bad Girls Bible」はセクササイズのメリットについて次のように説明しています。

セクササイズはカロリー消費や汗を流す、筋力強化などの方法の一つです。ジムに行く時間がない、パートナーと愛し合う時間がない?セクササイズとはそれを同時に行う事が出来る一石二鳥のエクササイズです。原文: It’s a way to burn more calories, sweat and build muscles all while getting off. Don’t have time to work out and have sex? Don’t choose one or the other. Sexercise combines both. Of course(引用:Bad Girls Bible

確かに実際にセックスをして痩せるという声や、ダイエット効果があったという感想はSNS等でもたくさん見受けられます。

https://twitter.com/jha_c8/status/1199337150442962945?s=20

セックスは手っ取り早く痩せるためのダイエット方法の一つであると推奨する女性がいる一方で、全然痩せないという不満の声もあるようです。

一体どんな方法でセックスをすれば、どの程度のカロリー消費が出来て、どれくらいダイエット効果があるのでしょうか?

今回はセクササイズのやり方や効果を徹底調査していきます。

 

セックスの消費カロリーとダイエット効果

さてまずはセックス自体に痩せる効果があるのかどうかを調査してみましょう。

男性の場合、よく昔一回の射精で学校のグラウンド一周を全力疾走したのと同等の体力を消費するという噂を聞いたものです。

でも明らかに全力ダッシュをした方が汗もかきますし、疲れますよね。科学的な調査に基づいて一般的なセックスにどの程度のダイエット効果があるのかを調べてみました。

 

セックスによるカロリー消費

セックスで汗をかくカップル

まず射精をするしない、女性であればイク、イカないにもかかわらず、セックスは一定時間体を動かし続ける行為です。そのため絶頂を体験出来なくてもダイエット効果が期待出来ます。

アメリカの医療誌である「New England Journal of Medicine」の調査によれば、平均的な一回のセックス(約6分程度)で、消費されるカロリーは21キロカロリー程度だそうです[1]

平均的セックス1回で消費できる21キロカロリーとはトマト1個分、もしくはキュウリのスライス数枚分程度です。

ちなみにポテチ一袋(約71g)のカロリーは約400キロカロリー程度[2]。ちなみにポテチは一袋に大体80枚程度入っているため、「一回のエッチ=ポテチ4枚分」のダイエット効果しかありません。

え・・・って感じですね。正直セックスには痩せる効果などないのでは?と思ってしまいますね。

 

絶頂によるカロリー消費

激しいオーガズムを感じる女性

セックスにはダイエット効果がない、痩せないならもういいやと思った方。少し待ってください。

実は前戯から挿入、絶頂までの一連のエッチの中で、最もダイエット効果が高いのが絶頂の瞬間なのです。

絶頂とはただ気持ち良くなったり、精液が排出されているだけではありません。

実際に川崎医科大学の研究チームが絶頂の瞬間を超音波で調査した結果、絶頂前に前立腺や骨盤周辺の筋肉が激しく収縮している事も確認されています[3]。つまり意図せずに体の内部が激しく運動をして発生するのが射精やイクという行為なのです。

アメリカの大手メディア「The SUN」によれば、絶頂によって消費されるカロリーは60~100キロカロリー。つまりイクという行為には挿入の3倍~5倍ものダイエット効果があるという事なのです。

つまり痩せたい場合は必ず絶頂に達してからエッチを終了させると痩せる効果が高くなるのです。

 

セックスをすれば確実に痩せられるのか

セックスをしてダイエットするカップル

先ほど紹介したように1回の行為で挿入(21キロカロリー)と絶頂(60~100キロカロリー)で、上手くいけば100キロカロリー以上を消費できる事が分かりました。

ではセックスを高頻度で行えば、効率的に体重を落として痩せる事が出来るのでしょうか?

セックスで痩せられるのであれば、ジムに行って運動したり、ジョギングをする必要もありませんよね。

実際に専門家の意見を聞いてみましょう。ダイエットボディガイドの和田清香先生は1キロ痩せるための方法を次のように説明しています。

1kgの脂肪をカロリーにすると約7000kcal。つまり、7000kcalを消費しないと体重が1kg減らないということになります。
では、どうやってこの1kgを減らしていけばよいか?
ダイエット中の体重を減らすペースというのは、1カ月に1kgぐらいずつが理想。7000kcalを30日(1カ月)で割ると、1日約230kcalずつ減らせばよい計算になります。(引用:MSNライフスタイル

え・・一日に230キロカロリーを消費する必要がある?

一回のエッチで約100キロカロリーを消費できるとすると、毎日2.3回もセックスをしないといけないという事です。

毎日欠かさず2回も3回もセックスは出来ませんよね。特に男性の場合は精液に限りがあるので物理的に一般的なセックスだけでしっかりと痩せる事は不可能と言えるでしょう。

しかしこれは通常のセックスを行った場合のカロリー消費に限ります。

実は普段のセックスの体位を少し工夫してセクササイズするだけで、ダイエット効果をグッと高める事も出来るのです。

 

セクササイズの代表的なやり方や方法

早速ダイエット効果がより高まるセクササイズのやり方や代表的な方法について紹介をしていきます。実際に海外の女性向けヘルスケアメディア「Bad Girls Bible」で紹介されている8つのやり方を順番に紹介していきます。

 

やり方1.バランスボール

セクササイズその1

https://badgirlsbible.com/sexercise

セクササイズのやり方一つ目はバランスボールを使い、バックから女性に挿入をする体位です。

やり方はいたってシンプル。女性のお腹をバランスボールに乗せて、床に手を突きます。

男性側は中腰の状態で腰を振るため、特に太ももに力が入ります。太ももの筋肉(大腿四頭筋)は人間の体の筋肉の中で最も体積が大きい部位です。

さらにバランスボールで不安定なため、スクワット効果も期待出来ます。

女性側は一見バランスボールに乗っているだけなので、楽に感じるかもしれません。しかし実はバランスボールにはインナーマッスルを鍛える効果があるのです。

インナーマッスルを鍛える事で、基礎代謝を上げる事が出来ます。基礎代謝が上がると脂肪燃焼効率が上がるため、よりダイエットし易い体質になるのです。

 

やり方2.手押し車

セクササイズその2

https://badgirlsbible.com/sexercise

続いて紹介するセクササイズのやり方は女性が床に手をついて、男性が腕の力で女性の腰を持ちあげて後ろから挿入する体位です。

見た目からしても男性、女性共にかなり体力を使いそうなセクササイズのやり方ですよね。

特に男性は女性を持ちあげて自分の腰を振らないといけないため、かなりの腕力が必要となります。途中で女性を落としてしまうと、ケガにもつながるので必死になる分、カロリー消費も激しそうですね。

ちなみにこの方法は女性側も意外と腕力を使います。腕立て伏せの時に動かずに同じポジションをキープするだけでも意外と体力を使うのとおなじです。

 

やり方3.ブリッジ

セクササイズその3

https://badgirlsbible.com/sexercise

セクササイズのやり方3つ目はブリッジと呼ばれる体位です。先ほど紹介した手押し車と同じですが、女性が天井の方向を向いた体位です。

小学校の組体操などでブリッジをした事があるため、意外とこの体位になれている女性も少なくないでしょう。

手と足を床について腰を浮かせたところに、男性が挿入をします。男性側は一見楽そうに見えるセクササイズですが、実は女性の腰をしっかりと支えているため、腕力強化にもつながります。

 

やり方4.北斗七星

セクササイズその4

https://badgirlsbible.com/sexercise

セクササイズのやり方4つ目は北斗七星と呼ばれる体位です。

図のように安定性の高い家具などを上手く使って、男性が中に浮いた状態を作り出すセクササイズの体位です。同じサイズの安定した椅子を二つ使うと良いです。

男性は足と手をそれぞれ家具について、空中に浮いた状態で女性が騎乗位をします。

女性側は中腰、男性側は背筋で腰を浮かせているため、腕だけではなく背中の筋肉も鍛える事が出来ます。ちなみに背筋で腰を浮かせる動きは格闘技ではエビと呼ばれており、プロ格闘家も準備運動として日頃から行っています。

男性は両手、両足を使えなくなるため、実は女性が積極的にパートナーを責める体位でもあるのです。積極的になりたい女性や、たまには責められたい男性におすすめのセクササイズの体位ですね。

 

やり方5.ピストン

セクササイズその5

https://badgirlsbible.com/sexercise

セクササイズのやり方5つ目はピストンと呼ばれる体位です。男性と女性が向き合い抱き合いながらエッチが出来るため、女性受けも良いセックスの方法です。

このセクササイズでは男性は直立、女性は男性に腰を支えてもらうのですが、全体重が男性にかからないように、足だけをベッドや椅子に載せます。

ピストンは腕力に自信がない男性にはちょうど良い初心者向けセクササイズの方法です。女性側も背中から落ちないように男性の首に手をかけ続けないといけないため、意外と力を使います。

しっかりと顔を見ながらエッチをしたいと感じるカップルにはピッタリの体位ですね。

 

やり方6.小北斗七星

セクササイズその6

https://badgirlsbible.com/sexercise

このやり方は数あるセクササイズの中でも最も女性に負担がかかる方法です。

男性が下になり、女性は二つの椅子に両手両足を突きます。両手両足を突いた状態で腰を上下に動かし、騎乗位のように挿入を楽しむセクササイズです。

男性側は大した運動にはならないので、カロリー消費をして痩せたいという女性のおすすめのエッチです。

 

やり方7.ジェリーフィッシュ(クラゲ)

セクササイズその7

https://badgirlsbible.com/sexercise

セクササイズのやり方7つ目はジェリーフィッシュ(クラゲ)と呼ばれる体位です。

図のように少し変わった体位で行うエッチです。確かに見た目はクラゲのようですね。

まずは男性が軽く膝を曲げて中腰になります。その上に女性が男性に座るようにしてペニスを挿入します。

重りを持ってスクワットをするようなイメージです。そのため男性側の消費カロリーはかなりのもの。女性側も中腰の状態でペニスが抜けないように意識をしないといけないため、かなりのダイエット効果があります。

ポイントはしっかりとお互いの腰を密着させる事。腰が密着していないと、より付加がかかりかなりハードなエッチになってしまいます。

このジェリーフィッシュの注意点は身長差があり過ぎるカップルの場合は難易度が高くなってしまうという事。足や腰、顔の位置が近いほど成功し易いセクササイズの方法です。

背の高い彼女がいる場合は一度試してみると良いでしょう。

 

やり方8.サイドサドル

セクササイズその8

https://badgirlsbible.com/sexercise

おすすめセクササイズ8個目はサイドサドルと呼ばれるエッチの体位です。

こちらの方法は男性がベッドの上に横になり、女性が後ろから男性の上に座り込むような形で行います。

女性の手は男性の太ももの内側、男性の手は女性のお尻に当ててて、女性の腰が上下するのをサポートしてあげます。

こちらも女性側により強い負荷がかかるため、男性よりも女性の方が消費カロリーは高いでしょう。

注意点は女性側がコントロールする体位になるにも関わらず、挿入部分が見ていないという事。そのため女性が激しく動きすぎると、ペニスが抜けてしまい、抜けたペニスの上に座り込んで潰してしまうという最悪の事態が発生してしまう危険性もあるのです。

まずはゆっくり動いて慣れてきたら少しずつスピードを上げていくと良いでしょう。

 

【まとめ】普段のセックスにセクササイズを取り入れよう

残念ながら一般的なセックスをどれだけ高頻度で行っても、痩せられる可能性はかなり低いと言えるでしょう。

しかし少し普段のエッチの体位を工夫してセクササイズを取り入れる事で、筋トレ効果やダイエット効果を高める事が出来ます。

しかし毎日ハードな負荷をかけるセクササイズをするわけにはいきません。

しっかりと痩せたい場合はさぼらずにジムに通ったり、ジョギングをするなど日頃からの運動も継続して行い、たまにパートナーと一緒にセクササイズをするのがおすすめです。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERHIROKI

    STERON編集部
    メディカルハーブコーディネーター資格保有者
    漢方や天然の食材の効果、効能に関する専門家として天然由来成分の男性機能への影響を日々調査、研究している。STERON記者として自然療法の知識を活用したメンズヘルスケア関連の記事を執筆、監修している。アメリカに留学した経験があり、海外のヘルスケアにも精通。

FOR YOUあなたにおすすめの記事