--> 【過去50年を遡る】昔の大人気AV女優を年代別に33名紹介! | STERON

【過去50年を遡る】昔の大人気AV女優を年代別に33名紹介!

公開日:2021/09/27
更新日:2021/09/24

昔のAV女優

美しい容姿、あらゆるテクニックで見る者を楽しませてくれるAV女優は、昔から凄かった!
現代のAVやレジェンド女優が存在するのも、昔のAV女優の功績があってこそと言っても過言ではありません。
今回は過去50年まで遡り、過去〜現代までの人気AV女優を年代別にご紹介!
いろいろ見比べて楽しんでくださいね!

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

【デビュー・活躍した年代別】昔の人気AV女優33名

いつの時代も世の男性を虜にしてきたAV女優。

AVには40年以上の歴史があり、今でも「伝説」として語り継がれている女優さんは多くいます。

本記事では、昭和から平成までの時代を彩ったAV女優さんを33名ご紹介します。

AVの歴史に名前を刻んだ名女優さんを遡って見ていきましょう!

 

1980年代

まずは、アダルトビデオ創成期である1980年代に活躍したAV女優をご紹介します。

40年以上経った今でも語り継がれる伝説の名女優が魅せるプレイは必見です!

 

1.畑中葉子

畑中葉子さんは、1980年に日活ロマンポルノに出演した女優・歌手です。

元々は1978年にアイドル歌手として有名になった畑中葉子さんですが、芸能界を生き残るためにセクシー路線へと変更。当時流行していた日活ロマンポルノ(成人向け映画)で女優としてデビューしました。

大ヒットを記録した清純派アイドル歌手からの異例の路線変更。主演・主題歌を務めた「後ろから前から」は、話題性とセクシーな演技により、空前のヒットを飛ばしました。

まず畑中さんが作品中でも歌う主題歌「後ろから前から」がセクシーでいい。畑中さんの魅力、風祭さんの魅力があふれているのはもちろん、作品半ば、芸能プロダクションを名乗る男に抱かれるデビルの二人の女なども色気があり、充実のラインナップ。昭和70年代の古き良き時代の青春群像。(引用元:FANZA

AVでは味わうことができない日活ロマンポルノならではの生々しく艶かしい映像、本格的な演技、ストーリーなどの魅力で、今なお愛されている作品です。

その後も5作品ほど日活ロマンポルノに出演した畑中葉子さん。ポルノ映画で人気を獲得した畑中葉子さんは、還暦を迎えた今でもドラマや映画で女優・歌手として大活躍しています。

 

2.葉山レイコ

葉山レイコさんは、1988年に1作品だけAVに出演した女優さんです。

元々は歌手・グラビアタレントとしてデビュー。グラビアタレントとして雑誌で初ヌードを披露したことが話題になり、人気沸騰のままAV作品へと出演しました。

当時、葉山レイコさんは圧倒的な美貌と抜群のプロポーションを武器に活躍していた人気グラドル。葉山レイコさんのAV出演は世の男性達に衝撃を与えました。

発売された「処女宮 うぶ毛のヴィーナス 」は、爆発的なヒットを記録。一説では80億以上の売り上げがあったとも言われています。

現代の女優と比べても全く引けを取らない美貌、グラビアクイーンの称号に恥じないセクシーなボディ…。

ただエロいだけではない芸術的な葉山レイコさんの作品は、男性を惹きつけて虜にします。

芸能人というインパクトの原点。何よりも過激さは皆無、レイコの美貌のみで終止する清潔感のある作風がいい。不朽の古典的名作であり、AVの教科書である。映像も音もとても美しい。絡みも一応は抜けるが、芸術的な作品だ。(引用元:FANZA

葉山レイコさんは伝説となる1本を発表後、女優やタレントとして今なお活躍し続けています。葉山レイコさんの魅力が全て詰め込まれた1作品しかない貴重なAVを是非堪能してみてください。

 

3.小林ひとみ

小林ひとみさんは、1986年〜2003年の間に活躍したAV女優です。

美しい容姿、巨乳、引き締まったスレンダーボディで多くの男性ファンを魅了。絶大な人気を誇り、デビュー作だけで5億円、引退するまでに約60億円を売り上げた記録を持っています。

当時はまだあまり世間に認知されていなかった「AV女優」を世に広めた功労者であり、元祖AV女優として名前を挙げる人も多い伝説の女優さんです。

色気のある妖艶な雰囲気に美しすぎる容姿とボディ。現代の女優と比較しても全く引けを取らない惹きこまれる魅力を持っており、今でも男性から根強い人気があります。

エロ過ぎる 小林ひとみエロ過ぎる 体つきがたまらん。顔立ちがエロい。体の動きがエロい。今見てもお綺麗だったと思います。(引用元:FANZA

小林ひとみさんの全盛期はデビューからの約3年間。結婚と同時に休業しましたが、10年後の1998年にAV復帰を果たし、全く衰えない美貌とプロポーションで人気熟女女優として活躍しました。

人気絶頂期であった当時の若々しい姿、年齢を重ねて大人の色気を醸す姿、どちらも魅力的な小林ひとみさんを楽しむことができるので、気になる方は是非作品をチェックしてみてください。

 

4.樹まり子

樹まり子さんは、1989年〜1994年の間に絶大な人気を誇ったAV女優です。

エキゾチックな顔立ち、巨乳が特徴的な魅惑のボディ、妖艶な雰囲気でデビュー直後から絶大な人気を誇り、絶頂期の1989年〜1990年の間に50本以上の作品に出演。

たった2年弱の活動ながら強烈なインパクトを残し、AV界の一時代を築くスーパー女優へと駆け上がりました。

当時からカリスマ的存在であったAV男優・加藤鷹さんと交際、同棲していたエピソードも有名。樹まり子さんが他のAV女優とは異なる魅力を放っていた事が分かるエピソードです。

圧倒的な美貌はもちろんですが、艶があるなんともイヤらしいボディから繰り出される腰使いは今見ても全く見劣りしません。

あの腰使いは最高ですね。今でもあんな腰使いが出来る女優さんはいないですよ。あの時代ではもちろんNo.1でしたが今でも充分にエロエロな腰使いですよ。自分にとってNo.1女優です。やっぱ樹まり子はエロくて最高です。(引用元:FANZA

短い活動期間ながらNo.1女優としての地位を確立した樹まり子さん。復刻版AVも数多く販売されており、引退した今でも男性ファンに愛され続けている女優さんです。

 

1990年代前半

レンタルビデオの普及でAVが急激に発展した1990年代前半。

ここからは、そんな発展期である1990年代前半に活躍したAV女優さんをご紹介します。

 

5.桜樹ルイ

桜樹ルイさんは、1989年〜1991年の間に活躍した1990年代を代表するAV女優です。

グラビア、女優として活動した後、AVに転身。当時はまだ「擬似セックス」が主流の中、本番を売りにしたハード路線で大ブレイクを果たし、前述した樹まり子さんと並ぶ「AVクイーン」としての地位を確立しました。

30年以上業界で活躍し続けるレジェンド男優・田淵正浩さんは、当時の業界を振り返り桜樹ルイさんを絶賛。

田淵が”最高によかった”というセクシー女優が、90年代にAVクイーンと呼ばれた桜樹ルイ。「別格ですね。AV業界の人ってほとんど挨拶しないんですけど、桜樹さんは最初から挨拶をしてくれて、この人すごい、最初から挨拶してくれる。スタイルはいいし、顔は奇麗だし、実際に本番でカパってやり始めたらプロ以上にうまい」と語る。(引用元:テレ東プラス

美貌、スタイル、テクニック、全てを兼ね備え「AV女優として要求される全ての訴求点を満たした究極の存在」とまで言われる様になりました。

AVから離れた後は女優、ストリッパー、歌手としても活躍しましたが現在は芸能界を完全に引退。専業主婦として穏やかに過ごされているそうです。

全盛期には新作が発売される度に1億円以上の売り上げを記録した桜樹ルイさん。「AVクイーン」として間違いなくAVの歴史に名を刻む伝説の女優です。

 

6.白石ひとみ

白石ひとみさんは、1990年〜1995年の間に活躍したAV女優です。

類稀なる美貌、お嬢様系の清楚な雰囲気、「擬似セックス」とは思えない抜群の演技力で超一流女優として大活躍。全盛期のギャラは1本1000万円であり、これは単体女優の歴代最高額を記録しています。

清楚な雰囲気ながら抜群の色気を放ち、イヤらしい表情を浮かべながら感じる姿。

白石ひとみさんが魅せるプレイは現在のAVと比較しても全く引けを取らない興奮を与えてくれます。

一流女優としての地位を確立した白石ひとみさん。歴代AV女優の中でNo.1に掲げる男性ファンも少なくありません。

ダントツのトップスター。今のAVからすれば映像や構成が全く別世界のような感じですが、当時は白石ひとみ中心でAV界が回っていたような感がありました。果たして彼女を超える女優さんが、これ以降出てきたのか・・・・。本当の美人ではないかと思う。モザイクが大きいのは気になるが、これほどの女優は今いない。(引用元:FANZA

美貌と演技力を生かし、ドラマや映画にも多数出演。2021年現在は「落合雪恵(本名)」名義で脚本家として活躍しています。

桜樹ルイさんと並び、1990年代のAV業界を牽引した女優の1人です。

 

7.飯島愛

飯島愛さんは、1992年〜1994年の間に活躍したAV女優です。

AV女優として活動していた期間は短かったですが、圧倒的な美貌、プロポーション、性欲を駆り立てる褐色肌を武器に多くの男性ファンを魅了。90年代を代表するAV女優となりました。

飯島愛さんは引退後、テレビタレントとして大活躍。数多くのテレビ番組に出演し、当時は「AV女優からタレントへ転身して成功した唯一の例」とも言われていました。

https://twitter.com/Dmp1225MERIDA/status/1032563307402547200

飯島愛さんは「AV女優」がメディアに出演できる現代の状況を作った先駆者であり、メディア・AV業界の時代を塗り替えた人物。2021年現在、AV女優がバラエティ番組に出演できているのは、飯島愛さんの存在がかなり大きいと言えます。

AV女優として短い活動期間ながら、絶大な人気を誇った飯島愛さん。後にタレントとしても大ブレイクを果たす貴重なAV作品を是非チェックしてみてください。

 

2000年代前半

アダルト業界が最もパワーを持っていたと言われている2000年代。

ここからは、そんなAV黄金期前半を駆け抜けた女優さん達をご紹介します。

 

8.風間ゆみ

風間ゆみさんは、1997年〜2021年現在まで現役で活躍し続けているレジェンドAV女優です。

風間ゆみさんが注目され始めたのは2000年代前半。AV業界では90年代末から2000年代にかけて「熟女」にフォーカスを当てた作品が作られる様になり、当時20代半ばながら抜群の色気を放っていた風間ゆみさんは数多くのオファーを受ける様になります。

妖艶な雰囲気とグラマラスなボディを武器に2000本以上の作品に出演。全盛期を迎えてから20年間、AV女優の第一線で活躍し続けています。

20代とは思えない色気、美しく艶かしい雰囲気にグラマラスなボディがたまりません!今も昔も変わらず熟女ファンの男性の心をしっかりと掴んでいます。

ゆみさんのお色気と豊満ボディにメロメロ。最近の熟女路線ゆみ嬢は非常に良いです。体が人妻、義母のエロさを醸し出しているようです。ゆみさん、10年前も現在も素晴らしい。(引用元:FANZA

今では熟女女優として不動の地位を確立している風間ゆみさん。若い頃も現在に劣らない色気とボディを持っており、熟女好きから絶大な人気を獲得していました。

 

9.堤さやか

堤さやかさんは、2001年〜2003年の間に活躍したAV女優です。

愛らしい童顔と華奢な体型からロリ役として数多くの作品に出演。2年間の短い活動期間ですが、引退から15年経過した現在でも注目される「伝説のロリ女優」として活躍しました。

可愛らしい童顔はもちろん、微乳、キュッと引き締まったウエスト、美しすぎるスレンダーボディが魅力。「完璧な美少女」が魅せる情熱的かつイヤらしいセックスは、現在でも全く色褪せることなく興奮を与えてくれます。

堤さやかさんは親友であった桃井望さん(AV女優)の死がきっかけで人気絶頂期にAV業界を引退。引退後の情報はほとんどありませんが、今なおファンから根強い人気を誇っています。

https://twitter.com/hiroshimamania/status/1255424949973651461

今なお多くの男性を虜にしている堤さやかさん。短い期間で200本以上の作品に出演し、AV業界の一時代を築いた伝説のロリ女優です。

 

10.森下くるみ

森下くるみさんは、1998年〜2011年まで活躍したトップAV女優です。

大手AVメーカー「SOD」の専属女優第1号としてデビュー。ロリ女優として10年以上圧倒的な人気を誇り、AV業界のトップで活躍し続けてきました。

森下くるみさんは、今では当たり前となった「ハードジャンル」を構築したAV業界の功労者。当時はNGが多かった女優の中で、イラマチオ、ごっくん、黒人とのセックスなど、どんなプレイでも果敢にこなして人気を獲得していました。

「森下くるみさんが居なければ今のSODはなかった」「森下くるみさんの売り上げでSODの自社ビルが建った」

などと噂されるほどの絶大な人気があり、2000年代を代表する女優としてAVの歴史に名前を刻んでいます。

引退後は文筆家として活動。自身の体験を綴った著書『すべては「裸になる」から始まって』は映画にもなり、文筆家としても大活躍しています。

森下くるみさんは2018年に「作品販売等停止申請」を行い、AV女優としての全ての作品の販売を中止。残念ながら当時のAV作品は見ることはできません。

AVではありませんが、一時代を築いた当時の森下くるみさんの姿を見たい方は、写真集を是非チェックしてみてください。

 

11.及川奈央

及川奈央さんは、2000年〜2004年の間に活躍した業界を代表するAV女優です。

中でも2001年〜2003年が全盛期であり、当時業界の中でもトップクラスの美貌とスタイルを武器に数多くの男性を魅了。引退するまでの作品数は80本とそこまで多くありませんが、抜群の存在感で艶系女優としてトップまで上り詰めました。

ハリと艶っぽさを兼ね備えた美しすぎるスレンダーボディは現代のAV女優と比較しても全く見劣りなし。歴代女優の中でN0.1として名前を挙げる男性も少なくありません。

最高でした!今現役でもトップ女優は間違いないですね。とにかく最高の体です。まだまだヘビーローテーションでいけます。若人よ、見るべし。やっぱり及川奈央は、素晴らしい。未だに私にとって最高のAV女優(引用元:FANZA

AV引退後は女優、タレントとして活躍。ドラマ、映画、舞台を中心に数多くのメディアに出演して、女優としても世間に認知される様になりました。

AV女優としての実力、知名度、人気の全てを兼ね備えた及川奈央さん。引退して10年以上経っても語り継がれている伝説のAV女優が魅せるプレイは、今見ても興奮すること間違いなしです。

 

12.朝河蘭

朝河蘭さんは、2001年〜2003年の間に活躍したAV女優です。

「清水優香」としてデビューした当初はあまり目立ちませんでしたが、「朝河蘭」に改名後に大ブレイク。デビューから1年後の2002年には212タイトル、翌年の2003年には304タイトルもの作品に出演しており、これは歴代最多出演記録になっています。

https://twitter.com/SAL_MAN/status/6001239161

朝河蘭さんは日本人離れした淡麗な顔立ち、妖艶な雰囲気を漂わせる美しい黒髪、抜群のスレンダーボディが特徴。

痴女女優としても有名であり、美しい容姿で男性を誘惑、責め立てる姿は必見。美しさ、ボディは時を経ても全く色褪せることがなく、当時の人気ぶりも納得です。

10年以上前にブレイクした大女優、朝河蘭。懐かしく観てみましたがこれだけ時間が経っても昔の女優さんとは思えない美しさです。10年以上前のAVともなるとメイクや髪型のせいか古臭く感じるのが常ですがそれを感じさせません。当時人気を博したのが改めてよくわかりました。(引用元:FANZA

短い活動期間ながら及川奈央さんと共に2000年代を代表する大スター女優となった朝河蘭さん。歴代1位の年間出演本数を誇る豊富な作品から、お気に入りAVを見つけてみてください。

 

13.紋舞らん

紋舞らんさんは、2002年〜2007年の間に活躍したAV女優です。

全盛期は2003年〜2006年。デビュー当時は特に話題になりませんでしたが「松浦亜弥さん」に激似のルックスを活かしたパロディAVをきっかけに大ブレイクしました。

まるで松浦亜弥さん本人のAVを見ているかの様な激似ぶり。パロディAVは、歴代有数のヒットシリーズとなりました。

激似の容姿に加えて、小柄で程よく肉付いたムッチリFカップボディで数多くの男性を魅了。明石家さんまさんが一押しの女性として紋舞らんさんの名前を挙げたことで、AVファンだけでなく、一般層にも存在を知られる様になりました。

AVはもちろん、バラエティ番組にも頻繁に出演する様になり、大ブレイクを果たした紋舞らんさんですが、2006年に突然の引退。

  • 執拗なストーカーに被害
  • パニック障害
  • マネージャーと駆け落ち

などが引退の理由として噂されていますが、真相は未だに明らかになっていません。

歴代有数のヒットシリーズを生み出した紋舞らんさん。現代でも人気ジャンルである「激似シリーズ」の先駆者となった有名な女優さんです。

 

14.夏目ナナ

夏目ナナさんは、2004年〜2007年の間に活躍した伝説のAV女優です。

大手AVメーカー「SOD」からデビューして以降、ショートカットがよく似合う淡麗な顔立ちと高身長Gカップスレンダーボディを武器に大活躍しました。

引退するまでの4年間で出演した作品は50本未満。決して多くない出演本数ながら累計100万本以上を売り上げ、金額にして30億円を稼ぎ出しています。

30億円の売り上げはAV史に残る大記録。当時低迷していた「SOD」を救った功労者として語り継がれています。

https://twitter.com/daddydaddy29/status/941477676954669056

男性向けのAVはもちろん、当時は異例であった女性向けのAVにも出演。爆発的な売り上げを記録し、男性だけではなく女性からも大人気の女優さんとなりました。

女性向け作品を広めてAV業界のスタイルを大きく変えた夏目ナナさん。伝説のAV女優として引退した後は、女優・タレントとして数多くのドラマや映画に出演して活躍しています。

 

15.川上ゆう

川上ゆうさんは、2004年〜2021年現在まで現役で活躍し続けているレジェンドAV女優です。

デビュー当時は愛らしいルックスから「森野雫」名義で痴女系ロリ女優として活躍していました。

川上ゆうに改名後はロリ女優から熟女女優に転身。グラマラスボディと妖艶な雰囲気が大人気となり、2000年代前半に全盛期を迎えます。

https://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=h_067nade559/

まだ20代とは思えない色気とムッチリとしたボディは男性の心をしっかりと掴み、熟女女優として一時代を築きました。

痴女からM女役まで幅広く演じ、累計出演本数はなんと1,000本以上。

改名後に全盛期を迎えてから、

  • 2009年 – 熟-1グランプリ
  • 2009年 – マドンナハウスAV女優大賞
  • 2011年 – スカパー!アダルト放送大賞熟女女優賞

など、数多くの賞を受賞しており、No.1熟女女優としての不動の地位を確立しています。

2021年現在も男性を狂わせる色気は健在。アラフォーを迎え、熟女女優として今よりも更なる活躍が期待できます。

 

16.RUMIKA

RUMIKAさんは、2008年〜2011年の間に活躍した元祖黒ギャルAV女優です。

性欲を駆り立てる美しい褐色肌、キュッと引き締まったスレンダーボディ、エロすぎる圧巻の痴女プレイで数多くの男性を魅了。活動期間は3年間と短めですが、圧倒的な魅力と実力で黒ギャルAV女優のトップに上り詰めました。

特に男性を魅了したプレイは、RUMIKAさんの代名詞である長い舌を使った「魅せるフェラチオ」。

長い舌をペニスに絡ませながらの超絶舌技はエロさ満点!RUMIKAさんの「舌」にフォーカスした作品は数多くあり、今でも男性ファンを魅了し続けています。

いやらしい舌使いのRUMIKAちゃん。舌が広いRUMIKAちゃん。ベロチューもいやらしいです。舌を絡ませるベロチュウが最高!アヒル口でのキスでは舌の絡ませ方が良く、舌先で尿道を舐め回したりするフェラ、舌への発射後にゴックンし、お掃除フェラも奥までくわえて、見応えあり。(引用元:FANZA

引退してもなお語り継がれる伝説の黒ギャル女優。「黒ギャル」を人気ジャンルへと押し上げた元祖黒ギャル女優が魅せるプレイは、AVファンであれば絶対に見逃せません!

 

17.泉麻那

泉麻那さんは、2009年〜2012年に活躍した黒ギャル女優です。

前述したRUMIKAさんと共に、「黒ギャル」を人気ジャンルへと押し上げた業界の功労者。カリスマ黒ギャル女優として500本以上の作品に出演し、全盛期の月収は170万円だったとも語っています。

金髪にド派手なメイク、一切無駄のない引き締まった褐色スレンダーボディ、ヘソピアス&舌ピアスなど、黒ギャルとして完璧な外見を持つ泉麻那さん。

ピストン時に浮き上がる鍛え上げられた腹筋はたまらない興奮を与えてくれます!

泉麻那さんは人気絶頂期の2012年に現役を引退。数多くの男性ファンが引退を惜しみ、今でも人気が高い黒ギャル女優です。

デビュー作品は衝撃を受け、私の中ではRUMIKA嬢と不動の2トップでした。依頼、数十本の作品でお世話になりました。私にとってはハズレのない作品を提供してくれる女優さんでした。何から何までイケイケMAXで,めちゃくちゃ抜けた女でした。トップAV黒ギャル女優なので,引退は残念です。(引用元:FANZA

引退後はヘアメイク、AVのプロデュース、モデル業など幅広く活躍しており、現役時代よりもタトゥーやピアスが増えた魅力的な姿になっています。

https://twitter.com/izumana0629/status/1421059283697823746

3年間の短い活動期間でしたが、圧倒的な人気でAV業界の歴史に名前を刻んだ泉麻那さん。絶大な人気を誇ったカリスマ黒ギャル女優による痴女プレイを是非チェックしてみてください。

 

2000年代後半

空前のAVブームが到来した2000年代。

競争が激しいAV黄金期後半に活躍した女優さんは、今なお語り継がれるレジェンドばかりです!

 

18.小澤マリア

小澤マリアさんは、2005年〜2010年の間に活躍した元祖ハーフAV女優です。

カナダ人と日本人とのハーフであり、彫りの深い顔立ちにすらりとした鼻、吸い込まれる様なぱっちり瞳が特徴。Eカップのスレンダーセクシーボディに加え、フェロモン溢れる妖艶な雰囲気で数多くの男性を虜にしました。

小澤マリアさんの美しさと抜群のプロポーションは今見ても全く見劣りせず、歴代の女優の中でもトップクラスと言えるでしょう。

全盛期はAV一本200万円を稼ぎ出していた逸話を持っており、金額からも当時の人気ぶりが伺えますね。

引退後はストリッパーやバーの経営などで活躍。海外からも評価が高く、2008年には「フィリピンで一番有名な日本人ランキング」で3位にランクインしています。

引退するまでの6年間で300本以上の作品に出演。「元祖ハーフ女優」として一時代を築き、圧倒的な美貌とスタイルでAV業界を牽引した歴代トップクラスのハーフ女優です。

 

19.麻美ゆま

麻美ゆまさんは、2005年〜2015年に活躍したトップAV女優です。

デビュー直後から人気が爆発し、デビュー作は半年間で5回も売り上げ1位を記録。その後もAV女優として数多くの賞を受賞し、引退するまでトップを走り続けてきました。

アイドルとしても活躍するキュートなルックス、明るいキャラクター、色白のHカップグラマラスボディが魅力。

グラマラスボディのエロさはもちろん、どんな作品でも愛嬌のある笑顔で楽しそうにプレイする姿に数多くの男性が心を掴まれました。

デビューから5年後の2010年にはアイドルユニット「恵比寿マスカッツ」のリーダーに就任。2年間リーダを務め、人気・実力共に全盛期を迎えます。

トップ女優として活躍し続けていた麻美ゆまさんですが2013年にガンを発症し、子宮と卵巣を摘出。ガンを克服後、2015年に惜しまれつつAV女優を引退しました。

引退作品のレビューはファンからの感謝が溢れ返っており、麻美ゆまさんが本当に愛されている女優であることが分かります。

麻美ゆまさんはレジェンドの一言に尽きる。どの作品も本当に男性に対しての優しが滲み出ています。
体調を崩して引退後、お元気にはなられたようですがご自分の事を一番に考えて無理せず生きて行って欲しいと思います。ゆまちん、本当にありがとう!!

今までゆまチンには大変お世話になりました。その感謝と敬意を込めて購入させていただきました。彼女の笑顔が見れて大変幸せです。(引用元:FANZA

多くの男性ファンから愛された麻美ゆまさん。今なお根強い人気を誇り、男性を魅了し続けているトップAV女優です。

引退後は歌手・タレントとして活躍しており、メディアやYouTubeなどで元気な姿を見ることができます。

 

20.蒼井そら

https://news.tokimeki-s.com/archives/sie18020401_aoi_sora.html

蒼井そらさんは、2002年〜2011年の間に活躍したAV女優です。

「妹系」と称された幼いルックスと小柄なGカップムッチリボディとのギャップを武器にグラドルからAVデビュー。

童顔少女のムッチリボディが醸し出すたまらない色気、臨場感たっぷりの激しめのプレイは多くの男性を魅了し、デビューしてから瞬く間に大人気女優へと駆け上がりました。

https://news.tokimeki-s.com/archives/sie18020401_aoi_sora.html

2005年にはエスワンの最優秀女優賞を受賞。AV女優としてだけではなく、ドラマや映画にも多数出演しており、2005年のインターネット検索ランキングでは女性部門第2位に輝いています。

人気・実力・知名度、全てを兼ね備えたトップ女優。蒼井そらさんは国内だけでなく、中国でも爆発的な人気を誇り、世界的にも有名なAV女優となりました。

引退後、蒼井そらさんの作品は販売停止となってしまいましたが、今なお日本と中国で絶大な人気を誇るトップAV女優です。

 

21.吉沢明歩

吉沢明歩さんは、2003年〜2019年の間に活躍したAV女優です。

元々はグラビアアイドルとして活躍していましたが、2003年にAV女優へと転身。グラドルとして活躍していた淡麗なルックス、高身長Eカップの魅惑ボディでデビュー直後から注目を集めました。

2007年〜2008年にかけて女優賞・作品賞を受賞。2008年にはアイドルユニット「恵比寿マスカッツ」に加入し人気は絶頂へと達しました。

  • 単体女優としての出演本数351本
  • イベント数1000回以上
  • 売上総本数1000万以上

など、AV女優としてトップの記録を樹立。15年間業界を牽引し続け、多くのファンから愛されたまま引退を迎えました。

吉沢明歩さん!お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。僕の青春でした。素晴らしい作品をありがとう。(引用元:FANZA

引退後はタレントとして活動。ラジオやテレビなどのメディア、YouTubeで自身の経験を武器に活躍しています。

 

22.みひろ

みひろさんは、2005年〜2010年に活躍したロリ系レジェンド女優です。

AVデビューは有名メーカである「アリスJAPAN」と「マックス・エー」の2社専属契約。元々「お菓子系アイドル」としてヌードモデルなどで活動していたこともあり、華々しいデビューとなりました。

ロリっ気のある愛らしいルックスと愛嬌のある性格を武器に数多くの男性を魅了。ロリ女優として大ブレイクを果たし、瞬く間にトップ女優となりました。

AV女優としてだけではなく、バラエティ番組・ドラマ・映画でも活躍。人気絶頂期にAV・ヌードモデル共に引退してしまいましたが、現在も女優として大活躍しています。

https://twitter.com/mihiro0519/status/1417692243943575554

アラフォーを迎えても全く衰えることなく、可愛らしく若々しい姿を魅せてくれるみひろさん。

残念ながらAV女優時代の作品は販売中止となってしまいましたが、ドラマ・映画・YouTubeなどでみひろさんの素敵な姿を見ることができます。

 

23.鮎川なお

鮎川なおさんは、2007年〜2010年に活躍したS系AV女優です。

淡麗な顔立ちとEカップ美乳、キュッと引き締まったスレンダーボディが特徴。痴女プレイに定評があり、ドS女王としてM男から絶大な指示を得ていました。

https://twitter.com/erodouga_heaven/status/667991116189294592

AV女優としての活動は短めですが、3年弱で200本以上の作品に出演。数多くの痴女作品に出演し、「ドS女王」としての地位を確立しました。

鮎川なおさんに魅了された男性は多く、引退して10年以上経過した現在でもファンから根強い人気を誇っています。

https://twitter.com/linescolor/status/1154722694769680385

現在、鮎川なおさんの作品は販売中止。引退後のメディア出演も少なく、本人のSNSなども見つからないので、残念ながら現在の情報を得る事はできません。

短い期間ながらドS女王としてAV業界に名を残した大人気女優さんです。

 

24.真咲南朋

真咲南朋さんは、2006年〜2008年の間に活躍したAV女優です。

AV女優時代は「安藤なつ妃」名義で活動。デビュー当時からロリ系女優として陵辱・レズ・アナル・スカトロなどのハード作品に出演しており、マニアから絶大な支持を得ていました。

これはすごいです!マニア限定かと思いますが、今までにない感動すら覚えるエロ可愛さ!マニアの入り口から、さらに一歩引きずり込まれた気がします(汗笑顔で嬉しそうに鼻から精子や尿や唾を飲む姿がたまりません。逆に嬉しそうなのが痴女&変態度UPで、かなりGOOD!(引用元:FANZA

徐々にロリ女優から熟女女優へと路線を変更。グラマラスなボディで魅せるハードプレイはエロさ満点です!

一貫してハード作品に出演し続け、人気絶頂期に惜しまれながら引退を迎えました。

引退後はデビュー前から目標であったAV監督として活動。AV女優時代のハードプレイ経験を活かした作品作りで大人気となり、2016年にAV OPENで最優秀監督賞を受賞しました。

今ではアダルトショップに「真咲南朋作品コーナー」設けられるほどの人気ぶりです。

 

25.Rio(柚木ティナ)

https://twitter.com/TREASON_GUSSAN/status/1030462178862587905

Rioさんは、2005年〜2016年の間に活躍したハーフAV女優です。

スカウトマンに声をかけられた事がきっかけとなり「柚木ティナ」としてAVデビュー。ポルトガル人とのハーフであり、日本人離れした圧倒的な美貌とプロポーションを武器に人気を獲得してきました。

https://5ch-echiechi.doorblog.jp/archives/2681206.html

2007年に活動名義を「Rio」に改名。改名後も人気は衰えず、数多くの作品に出演しました。

  • スカパー!アダルト放送大賞女優賞
  • AV30周年記念人気投票 10位

など、AV女優として輝かしい賞を受賞。歌手デビューも果たし、AV女優として全盛期を迎えます。

2016年に惜しまれながら引退を迎え、現在AV女優時代の作品は販売中止。引退後は美貌を活かしてタレント・モデルとして活躍しています。

10年間業界の最前線で活躍し続け、AVの一時代を築いたトップレジェンドAV女優です。

 

26.穂花(下村愛)

穂花さんは、2004年〜2008年にデビューしたAV女優です。

元々は芸能界に憧れてグラビアアイドルとして活躍していましたが、2004年にAVの世界へ。モデル並みの淡麗なルックス、Fカップスレンダーボディ、高い演技力を武器に数多くの作品に出演しました。

圧倒的な美ボディで2005年からナイスボディ賞を2年連続受賞。更にアダルト放送大賞を受賞するなど、人気・実力共に絶頂期を迎えました。

人気AV女優として活躍していた穂花さんですが、

  • AV出演の強要
  • CD制作担当者からの肉体関係の強要
  • 家庭内での性的虐待
  • 養護施設での生活

など、壮絶な過去を持っており、特にデビュー時のAV出演強要エピソードは話題となりました。

単にエロいだけではない男性を惹きつける穂花さんのプレイ・演技は、壮絶な過去の経験が影響しているのかもしれません。

2008年には引退を発表。「下村愛」に改名後、念願だった芸能界デビューを果たし、女優として数多くの映画・ドラマに出演しています。

 

27.つぼみ

つぼみさんは、2006年〜2021年現在まで現役で活躍している業界トップクラスのロリ系AV女優です。

「清純派アイドル」を体現した様な愛らしいルックス、透き通るような白い肌、ムッチリとしたマシュマロボディ。完璧なロリ女優として華々しくデビューしました。

デビュー当初から絶大な人気があり、AV業界のトップを走り続けてきたつぼみさん。「ロリ界の神」「終身名誉処女」などの異名を持ち、歴代トップクラスのロリっ娘女優として2,000本近くの作品に出演しています。

  • 2009年AVグランプリ素人&フェチ作品部門最優秀賞
  • FLASH 2020年現役最強セクシー女優BEST100 読者投票 31位
  • 2021現役AV女優SEXY総選挙 10位

など、AV女優として輝かしい数多くの賞を受賞。さらに、AV30周年記念企画の人気投票では、歴代2万人以上のAV女優の中から見事1位に輝いています。

まさにAV界の「生きる伝説」。

https://twitter.com/rio70nist/status/526786382966964224

多くの男性ファンから支持され、業界の最前線で活躍し続けるつぼみさん。デビュー15周年を迎え、今後も更なる飛躍が期待できるレジェンド女優です。

 

2010年代〜

最後は2010年代に全盛期を迎えたAV女優さん達を見ていきましょう。

現役で活躍している方も多いので、気になる女優さんがいたらデビュー当時と比較して楽しんでみてください。

 

28.上原亜衣

上原亜衣さんは、2011年〜2016年の間に活躍したトップクラスの人気を誇るレジェンドAV女優です。

綺麗な黒髪とパッチリとした瞳のロリフェイス、色白美肌のもっちりスレンダーボディが特徴。

デビュー当時から人気があり、2013年〜2014年にかけて、

  • DMMの2013年年間AV女優ランキング1位
  • 2014年DMMアワード最優秀女優賞

など、AV女優として輝かしい賞を受賞し、全盛期を迎えます。

「NGなし」女優としても有名で、SM、アナル、浣腸、精飲など、超ハードプレイ作品に挑戦し続けてきました。

https://twitter.com/hdt0m1Zn8RsfjsO/status/1052153201082789889

伝説のレジェンド女優が魅せる上原亜衣さんの超ハードプレイは必見です!

引退するまでの約5年間で超ハード作品を含む1,000本以上の作品に出演。引退して5年以上経った今でも根強い人気を誇っており、YouTubeの登録者は60万人を超えています。

 

29.明日花キララ

明日花キララさんは、2007年〜2020年の間に活躍したAV女優です。

「整形してなりたい顔ランキング」で1位に輝いた美しいルックスとGカップの高身長スレンダーボディが特徴。

デビューすると徐々に人気が上がっていき、2010年から全盛期を迎えます。

AV女優としての人気はもちろん、アイドルとしても絶大な人気を誇っており、2015年には「恵比寿マスカッツ」4代目リーダーへの就任。映画やドラマにも出演するなど、AV以外でも活躍の幅を広げていました。

2018年からAV女優としての活動を休止しており、2020年に正式に引退を発表。大人気AV女優の引退は話題となり、多くの男性ファンから感謝の言葉が寄せられました。

https://twitter.com/fujimon_soccer/status/1224664161797279745

引退表明はTwitterのトレンド入り。アダルトジャンルを超えた明日花キララさんの人気ぶりが伺えますね。

引退後はモデル・タレント・YouTubeなどで活躍。AV女優は引退してしまいましたが、現役時代の作品は今なおファンから愛され続けています。

 

30.成瀬心美

成瀬心美さんは、2009年〜2013年の間に活躍したロリ系AV女優です。

あどけなさが残る愛らしいルックスと、小柄で程よく肉付いたムッチリボディで数多くの男性を魅了。

https://twitter.com/heiseieroga/status/758860852090904576

活動期間は短めですが、1,000本近くの作品に出演しました。

2011年〜2012年にかけて全盛期を迎え、

  • SOD大賞2011優秀女優賞受賞
  • SOD大賞2012優秀女優賞受賞
  • スカパー!アダルト放送大賞2012年度女優賞受賞

などのAV女優として輝かしい賞を数多く受賞しています。

AV女優として人気絶頂時に突然の引退発表。AV以外にもメディアに出演しており、順風満帆に思えた成瀬心美さんでしたが、本人は「次の目標が分からずに悩んでいた」と語っています。

今後の私は何を目標に頑張ればいいのだろうって。とにかく負けず嫌いだから、今まであえて休みなく働いて、自分を追い込むことで困難を乗り越えてきました。やっぱり、登る山がないと頑張れない性格なんです。だんだん自分の中で違和感が大きくなって、悩んでいるうちに体調を崩してしまったんです(引用元:日刊SPA

負けず嫌いと頑張り屋の性格があったからこそ、厳しいAV業界で大人気になれたと言えますね。

引退後はタレントとしてテレビやラジオを中心に活躍。AV作品は今なお根強い人気を誇り、現代のAVと比較しても全く見劣りしない興奮プレイを魅せてくれます。

 

31.鈴村あいり

鈴村あいりさんは、2013年〜2021年現在まで現役で活躍しているトップAV女優です。

清純系の美少女ルックス、透き通る様な白く美しい肌が魅力。圧倒的なポテンシャルの高さから業界・ファンから期待の新人として注目されてきました。

女性も人柄。躰は、綺麗、美しい。好かれて人気もUpすると思うよ。お身体は、万人が観ても、素晴らしい、綺麗、美しいと感じるハズ。申し分ない女優さんだと思います。鈴村あいりさんがAV女優として活躍されることを期待し、心の中で応援していきたいと思います。(引用元:FANZA

デビュー後は期待通りの活躍を見せ、2013年のDMMランキングでは1位を総なめ。

そのまま全盛期を迎え、2015年にはプレステージ出演女優歴代1位となる「DVD累計売上枚数50万枚&売上金額5億円」の大記録を叩き出しています。

出演本数は100本程度とかなり少なめですが、デビューから現在まで人気が衰えることがなく、ランキングは常に上位。抜群のルックスとボディで男性を魅了し続けています。

大手AVメーカーであるプレステージ史上最も売れたAV女優が魅せる極上のセックスは必見です!

 

32.浜崎真緒

浜崎真緒さんは、2012年〜2021年現在まで現役で活躍しているベテランAV女優です。

圧倒的な美貌、身長165㎝の高身長Eカップスレンダーボディを武器に1,000本以上の作品に出演。「AV女優を引退するまでに事務所NG以外は全て制覇したい」と語るハードプレイ女優としても有名です。

2013年から「企画単体女優」となり、徐々にハードプレイを解禁。果敢にハードプレイ作品に出演する浜崎真緒さんは話題となり、上原亜衣さんに並ぶハード女王として全盛期を迎えます。

中でも、102発・350mlの精子を全てゴックンした作品は伝説。多くの男性ファンから称賛の声が集まりました。

今の時代にあってこのようなハードなザーメン物の企画が通る。そして、それに挑戦する浜崎真央。これこそ偉業でなければなんでしょう!私はこの作品に関わった人たちに感謝を言いたいです。この作品を作ってくれてありがとう!

マジすばらしいです。それに真緒ちゃんすごいな、おつかれ。すばらしい。すばらしい。すばらしいいい。ごっくんものの最高峰の作品ですね(引用元:FANZA

全盛期を迎えてから人気は衰えることなく、

  • 2016・2019年スカパー!アダルト放送大賞女優賞Wノミネート
  • 2020年現役最強セクシー女優BEST100 読者投票 第38位
  • 2021年現役AV女優SEXY総選挙 第25位

など、数多くの輝かしい賞を受賞。2021年現在も業界の最前線で活躍しており、ハード女王として今後の作品も期待ができるレジェンド女優さんです。

 

33.波多野結衣

波多野結衣さんは、2008年〜2021年現在まで現役で活躍しているカリスマAV女優です。

愛嬌がある可愛らしいルックスとEカップ高身長スレンダーボデイを武器に2,000本以上の作品に出演。日本のみならず、世界各国でも圧倒的な人気を誇り「世界のハタノ」の異名を持っています。

デビュー当初から魅惑のボディ、興奮を駆り立てるプレイで人気を積み上げていき、2014年に「スカパー!アダルト放送大賞」を受賞した事がきっかけとなりブレイク。同年に「DMMのAV女優ランキング」で1位を獲得し、そのまま全盛期を迎えます。

https://ja.porn-images-xxx.com/image/sky-perfectv-adult-broadcasting-awards-2014-actress-hatano-yui-chan-pictures/

当時の人気は凄まじく、伝説のAV男優「村西とおる」さんもインタビューで波多野結衣さんを絶賛。

頭もよくて容姿も淡麗、もちろんアソコもよくなければならない。今年AVクイーンになった業界ナンバーワンの波多野結衣ちゃんなんて、私も撮ったことがありますが、頭がいい、気立てがいい、体がいい、足の付け根もいいと4拍子、5拍子揃った子で、会ったら「こんな子がAVやるのか?」と思いますよ。中国でも一番人気で、スケジュールは3カ月先までびっしりという売れっ子です。(引用元:ダ・ヴィンチニュース

波多野結衣さんがデビューした2008年はAV業界で「花の2008年」と言われており、後にレジェンドになるライバル女優が多い中でも圧倒的な人気を誇っていました。

全盛期を迎えてからの勢いは現在まで衰えることがなく、作品数や人気を伸ばし続け、AV女優として輝かしい賞も数多く受賞。

中でも出演本数2,000本超えは超人的な記録であり、2021年には「前人未到の3,000本出演」が期待できるとして注目されています。

 

昔の人気AV女優を偲んで抜こう

本記事では、昭和から平成までの時代を彩った人気AV女優さんをご紹介しました。

一昔前のAV女優は、現代の女優と比較しても全く色褪せない美しさと色気を兼ね備えている人ばかり。AVの歴史に名を刻み、今でも伝説として語り継がれている名女優の作品は必見です。

当時の活躍を知っている男性も、現代の作品しか知らない若い男性も、ぜひ今回ご紹介した女優さんのAVをチェックして楽しんでみてください。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※本記事内掲載のTwitter等SNS投稿の削除依頼はコチラよりメールでお願いします。3営業日以内に対応いたします。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事